EF Core に EF6 EDMX ベース モデルの移植Porting an EF6 EDMX-Based Model to EF Core

EF Core は、モデルの EDMX ファイルの形式をサポートしていません。EF Core does not support the EDMX file format for models. これらのモデルに移植する最適なオプションでは、アプリケーションのデータベースから新しいコード ベースのモデルを生成します。The best option to port these models, is to generate a new code-based model from the database for your application.

EF Core NuGet パッケージをインストールします。Install EF Core NuGet packages

インストール、 Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools NuGet パッケージ。Install the Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools NuGet package.

モデルを再生成します。Regenerate the model

既存のデータベースに基づくモデルを作成する、リバース エンジニア リング機能を使えるようになりました。You can now use the reverse engineer functionality to create a model based on your existing database.

パッケージ マネージャー コンソールで、次のコマンドを実行 (ツールが NuGet パッケージ マネージャーを -> パッケージ マネージャー コンソールを ->)。Run the following command in Package Manager Console (Tools –> NuGet Package Manager –> Package Manager Console). 参照してくださいパッケージ マネージャー コンソール (Visual Studio)コマンド オプションのテーブルなどのサブセットをスキャフォールディングします。See Package Manager Console (Visual Studio) for command options to scaffold a subset of tables etc.

Scaffold-DbContext "<connection string>" <database provider name>

たとえば、SQL Server LocalDB インスタンスで Blogging データベースからモデルをスキャフォールディングするコマンドを示します。For example, here is the command to scaffold a model from the Blogging database on your SQL Server LocalDB instance.

Scaffold-DbContext "Server=(localdb)\mssqllocaldb;Database=Blogging;Trusted_Connection=True;" Microsoft.EntityFrameworkCore.SqlServer

EF6 モデルを削除します。Remove EF6 model

EF6 モデルをアプリケーションから削除するとようになりました。You would now remove the EF6 model from your application.

これを EF6 の NuGet パッケージ (EntityFramework) をインストールすると、そのままに EF Core と EF6 が同じアプリケーションで並列で使用できます。It is fine to leave the EF6 NuGet package (EntityFramework) installed, as EF Core and EF6 can be used side-by-side in the same application. ただし、アプリケーションの領域で EF6 を使用する場合は、パッケージをアンインストールし、役立つの注意が必要なコードのコンパイル エラーが発生します。However, if you aren't intending to use EF6 in any areas of your application, then uninstalling the package will help give compile errors on pieces of code that need attention.

コードを更新しますUpdate your code

この時点では、コンパイル エラーをアドレス指定と EF6 と EF Core の動作の変更に影響するかどうかを確認コードの問題になります。At this point, it's a matter of addressing compilation errors and reviewing code to see if the behavior changes between EF6 and EF Core will impact you.

ポートをテストします。Test the port

アプリケーションをコンパイルするためにだけしないわけでは EF Core に移植が正常にします。Just because your application compiles, does not mean it is successfully ported to EF Core. None、動作の変更と、アプリケーションが悪影響を受けることを確認するアプリケーションのすべての領域をテストする必要があります。You will need to test all areas of your application to ensure that none of the behavior changes have adversely impacted your application.

ヒント

参照してください既存のデータベースでの ASP.NET Core での EF Core の概要既存のデータベースを操作する方法に関するその他のリファレンスについてはSee Getting Started with EF Core on ASP.NET Core with an Existing Database for an additional reference on how to work with an existing database,