管理センターのExchangeショートカットExchange Online

多くのユーザーは、管理者センター (EAC) Exchangeのキーボード ショートカットが、より効率的Exchange Online役立ちます。 四肢の障碍や視覚障碍を持つユーザーにとって、キーボード ショートカットは、マウスを使用する代わりとなる重要な手段です。

開始する

EAC Internet Explorerキーボード ショートカットを使用して移動し、EAC で動作する適切な Office 365 または Microsoft 365 サブスクリプションと管理者の役割を持っている必要があります。 EAC を開き、開始します。 EAC の詳細については、「 Exchange Online の Exchange 管理センター」を参照してください。

ブラウザーとキーボードを使用して EAC 内を移動する

EAC が含まれている Exchange Online は Web ベースのアプリケーションであるため、キーボード ショートカットとナビゲーションが Exchange 2016 のものと異なる場合があります。Exchange 管理センターでのアクセシビリティ

Exchange Online の EAC での作業で最高の結果を得るには、ブラウザーとして Internet Explorer を使用してください。詳しくは「Internet Explorer 11 のキーボード ショートカット」をご覧ください。

EAC の多くのタスクでは、ポップアップ ウィンドウを使用する必要があります。 ブラウザーで、ユーザーまたはユーザーポップアップ ウィンドウMicrosoft 365有効Office 365。

サブスクリプション プランOffice 365またはMicrosoft 365確認する

Exchange Onlineは複数のサブスクリプション プランに含まれていますが、プランによって機能が異なる場合があります。 この資料に記載されている関数がお客様の EAC に含まれていない場合は、ご利用のプランにその関数が含まれていない可能性があります。

サブスクリプション プランの Exchange Online機能の詳細については、「What Office 365 Business製品またはライセンスに関する情報」および「サービスの説明」を参照Exchange Onlineしてください

キーボード ショートカットの使用

注意:

  • このトピックのショートカットは、米国のキーボード レイアウトを表します。他のレイアウトのキーは、US キーボードのキーに厳密に対応していない可能性があります。
  • ショートカットとして 2 つ以上のキーを同時に押すことが必要な場合、このトピックでは、プラス記号 (+) でキーを区切ります。1 つのキーの直後に別のキーを押す必要がある場合、コンマ (,) でキーが区切られます。
  • アクセラレータ キーまたは KeyTips を使用しないよう、EAC は Web ブラウザーで実行されます。たとえば、Alt キーを押すと、フォーカスはブラウザーのメニュー バーに移動し、Ctrl + P (印刷) や F1 キー (ヘルプ) などの使い慣れたショートカットは、EAC コマンドではなく、ブラウザー コマンドを実行します。

画面上で EAC 領域を順番に移動するには、Ctrl + F6 キー (進む) または Ctrl + Shift + F6 キー (戻る) を押します。Ctrl + F6 キーのナビゲーション サイクルの順序:

  • 左側の機能ウィンドウ、またはプライマリ ナビゲーション リンク
  • メニュー バー、またはセカンダリ ナビゲーション リンク
  • ツールバー
  • メイン ウィンドウの一覧のビュー
  • 右側のウィンドウの詳細ビュー
  • Microsoft 365またはOffice 365起動ツール


目的 使用するキー
領域間の移動 Ctrl + F6 キーまたは Ctrl + Shift + F6 キー
領域間または個々のコントロール間の移動 上方向キーまたは下方向キー : Tab キーと Shift+Tab キーは、EAC メニュー項目間の移動にはサポートされていません。
リスト内の項目間を移動する。 上方向キー、下方向キー、Home、End、PageUp、または PageDown
: 上方向キー、下方向キー、左矢印キー、または右矢印キーを使用して、オプション ボタン間またはチェック ボックスのグループ内を移動することもできます。
アイテムを選択する Enter キーまたは Space キー
メニューまたはモードを終了する Esc