Active DirectoryActive Directory

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange Server 2013 は、Active Directory を使用して、ディレクトリ情報を格納し、Windows と共有します。Microsoft Exchange Server 2013 uses Active Directory to store and share directory information with Windows. Exchange 2013 の Active Directory フォレスト設計は、Exchange Server 2010 に似ていますが、以下で説明するいくつかの点が異なります。Active Directory forest design for Exchange 2013 is similar to Exchange Server 2010, except in a few ways, which are discussed below.

Active Directory ドライバーActive Directory driver

Active Directory ドライバーは Microsoft Exchange のコア コンポーネントであり、Exchange サービスでの Active Directory ドメイン サービス (AD DS) データの作成、変更、削除、およびクエリを可能にします。The Active Directory driver is the core Microsoft Exchange component that allows Exchange services to create, modify, delete, and query for Active Directory Domain Services (AD DS) data. Exchange 2013 では、active Directory へのすべてのアクセスは Active Directory ドライバー自体を使用して行われます。In Exchange 2013, all access to Active Directory is done using the Active Directory driver itself. 以前は、Exchange 2010 で、DSAccess は SMTP、メッセージ転送エージェント (MTA)、および Exchange ストアなどのコンポーネントにディレクトリ検索サービスを提供していました。Previously, in Exchange 2010, DSAccess provided directory lookup services for components such as SMTP, message transfer agent (MTA), and the Exchange store.

Active Directory ドライバーは、Microsoft Exchange Active Directory トポロジ (MSExchangeADTopology) も使用します。これにより、Active Directory ドライバーはディレクトリサービスアクセス (DSAccess) トポロジデータを使用できます。The Active Directory driver also uses Microsoft Exchange Active Directory Topology (MSExchangeADTopology), which allows the Active Directory driver to use Directory Service Access (DSAccess) topology data. このデータには、Exchange の要求を処理するために使用可能なドメインコントローラーおよびグローバルカタログサーバーの一覧が含まれています。This data includes the list of available domain controllers and global catalog servers available to handle Exchange requests. Active Directory ドライバーの詳細については、「 Active Directory ドメインサービス」を参照してください。For more information about the Active Directory Driver, see Active Directory Domain Services.

Active Directory スキーマの変更点Active Directory schema changes

Exchange 2013 は、Active Directory ドメインサービススキーマに新しい属性を追加します。また、既存のクラスおよび属性に対するその他の変更も行います。Exchange 2013 adds new attributes to the Active Directory domain service schema and also makes other modifications to existing classes and attributes. Exchange 2013 をインストールするときの Active Directory の変更の詳細については、「 exchange 2013 Active directory スキーマの変更点」を参照してください。For more information about Active Directory changes when you install Exchange 2013, see Exchange 2013 Active Directory schema changes.

関連情報For more information

Exchange 2013 による Active Directory へのアクセスを計画できるように Active Directory 内の情報を格納および取得する方法の詳細については、「 access To Active directory」を参照してください。To learn more about how Exchange 2013 stores and retrieves information in Active Directory so that you can plan access to it, see Access to Active Directory.

Active Directory フォレスト デザインの詳細については、「AD DS デザイン ガイド」を参照してください。For more information about Active Directory forest design, see AD DS Design Guide.

Active Directory ドメイン内で Windows を実行するコンピューターおよび名前空間に不整合があるドメイン内での Exchange 2013 の展開の詳細については、「名前空間の不整合のシナリオ」を参照してください。To learn more about computers running Windows in an Active Directory domain and deploying Exchange 2013 in a domain that has a disjoint namespace, see Disjoint namespace scenarios.