アクティブ マネージャーActive Manager

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange Server 2013 には、データベース可用性グループ (DAG) とメールボックスデータベースコピーを含む高可用性プラットフォームを管理する、アクティブマネージャーというコンポーネントが含まれています。Microsoft Exchange Server 2013 includes a component called Active Manager that manages the high availability platform that includes the database availability group (DAG) and mailbox database copies. アクティブマネージャーは、すべてのメールボックスサーバー上の Microsoft Exchange Replication サービス (Msexchangerepl.exe) 内で実行されます。Active Manager runs inside the Microsoft Exchange Replication service (MSExchangeRepl.exe) on all Mailbox servers. DAG のメンバーではないメールボックスサーバーでは、1つのアクティブマネージャーの役割があります。スタンドアロンのアクティブマネージャーOn Mailbox servers that aren't members of a DAG, there is a single Active Manager role: Standalone Active Manager. DAG のメンバーであるサーバーでは、アクティブマネージャーの役割はプライマリアクティブマネージャー (PAM) とスタンバイアクティブマネージャー (SAM) の2つです。On servers that are members of a DAG, there are two Active Manager roles: Primary Active Manager (PAM) and Standby Active Manager (SAM). PAM は、DAG 内のアクティブ マネージャーの役割で、どのコピーをアクティブまたはパッシブにするのかを決定します。PAM is the Active Manager role in a DAG that decides which copies will be active and passive. PAM は、トポロジの変更通知を取得し、サーバーの障害に対応します。PAM is responsible for getting topology change notifications and reacting to server failures. PAM 役割を持つ DAG メンバーは、必ずクラスターのクォーラム リソース (既定のクラスター グループ) を現在所有しているメンバーです。The DAG member that holds the PAM role is always the member that currently owns the cluster quorum resource (default cluster group). クラスターのクォーラム リソースを所有するサーバーに障害が発生すると、PAM 役割は、自動的に存続しているサーバーに移動し、存続しているサーバーがクラスターのクォーラム リソースの所有権を取得します。If the server that owns the cluster quorum resource fails, the PAM role automatically moves to a surviving server that takes ownership of the cluster quorum resource. また、保守やアップグレードのために、クラスターのクォーラム リソースをホストするサーバーをオフラインにする必要がある場合は、まず、PAM を DAG の別のサーバーに移動する必要があります。In addition, if you need to take the server that hosts the cluster quorum resource offline for maintenance or an upgrade, you must first move the PAM to another server in the DAG. PAM は、データベース コピー間でのアクティブの指定の移動をすべて制御します (特定のタイミングでは、1 つのコピーのみアクティブにすることが可能で、そのコピーはマウントまたはマウント解除が可能です)。The PAM controls all movement of the active designations between a database's copies. PAM は、ローカル データベースの障害およびローカル インフォメーション ストアの障害の検出といった、ローカル システム上の SAM 役割の機能も実行します。(Only one copy can be active at any specified time, and that copy may be mounted or dismounted.) The PAM also performs the functions of the SAM role on the local system (detecting local database and local Information Store failures).

SAM は、クライアント アクセス サービスまたはトランスポート サービスなどのアクティブ マネージャー クライアント コンポーネントを実行している Exchange の他のコンポーネントに、どのサーバーがメールボックス データベースのアクティブ コピーをホストするかについての情報を提供します。SAM は、ローカル データベースおよびローカル インフォメーション ストアの障害を検出します。データベースがレプリケートされている場合は、PAM にフェールオーバーを開始するよう要求し、障害に対応します。SAM は、フェールオーバーのターゲットを決定しません。また、PAM 内のデータベースの場所の状態を更新することもしません。アクティブなデータベース コピーの場所の状態にアクセスして、受信したデータベースのアクティブ コピーについてのクエリに応答します。The SAM provides information on which server hosts the active copy of a mailbox database to other components of Exchange that are running an Active Manager client component (for example, Client Access or Transport services). The SAM detects failures of local databases and the local Information Store. It reacts to failures by asking the PAM to initiate a failover (if the database is replicated). A SAM doesn't determine the target of failover, nor does it update a database's location state in the PAM. It will access the active database copy location state to answer queries for the active copy of the database that it receives.

注意

Exchange 2013 は、クラスター化されたアプリケーションではありません。Exchange 2013 isn't a clustered application. 代わりに、クラスター、グループ、クラスター ネットワーク (ハートビート)、ノード管理、クラスター レジストリ、およびいくつかの制御コード関数のために、clusapi.dll に実装されたクラスター ライブラリ関数を使用します。Instead, it uses the cluster library functions implemented in clusapi.dll for cluster, group, cluster network (heartbeating), node management, cluster registry, and a few control code functions. さらに、アクティブ マネージャーは、アクティブ データとパッシブ データ、およびマウントされたデータなど、クラスター データベース内 (別名、クラスター レジストリ) の現在のメールボックス データベース情報を格納します。In addition, Active Manager stores current mailbox database information (for example, active and passive data, and mounted data) in the cluster database (also known as the cluster registry). 情報は直接クラスター データベースに格納されますが、その他のコンポーネントによって直接アクセスされることはありません。Although the information is stored directly in the cluster database, it isn't accessed directly by any other components.

Exchange 2013 では、Microsoft Exchange Replication サービスは、マウントされているすべてのデータベースの正常性を定期的に監視します。In Exchange 2013, the Microsoft Exchange Replication service periodically monitors the health of all mounted databases. また、I/O エラーや障害がないか、Extensible Storage Engine (ESE) も監視します。In addition, it also monitors the Extensible Storage Engine (ESE) for any I/O errors or failures. このサービスで障害を検出すると、アクティブ マネージャーに通知されます。When the service detects a failure, it notifies Active Manager. その後、アクティブ マネージャーは、マウントする必要があるデータベース コピーと、アクティブ マネージャーがそのデータベースのマウントに必要とする機能を決定します。Active Manager then determines which database copy should be mounted and what it requires to mount that database. また、メールボックスデータベースのアクティブコピー (データベースの最後にマウントされたコピーに基づく) を追跡し、クライアントが接続しているクライアントアクセスサーバーに追跡結果情報を提供します。In addition, it tracks the active copy of a mailbox database (based on the last mounted copy of the database) and provides the tracking results information to the Client Access server to which the client is connected.

最適なコピー選択Best Copy Selection

レプリケートされたメールボックスデータベースのアクティブコピーへのアクセスを妨げる障害が発生した場合、アクティブマネージャーは、影響を受けたデータベースの最適なパッシブコピーを選択して障害から回復するためのいくつかの手順を実行して、アクティブ化します。When a failure occurs that prevents access to the active copy of a replicated mailbox database, Active Manager takes several steps to recover from the failure by selecting the best possible passive copy of the affected database to activate. このプロセスは、Exchange 2010 では最適なコピー選択 (BCS) と呼ばれ、Exchange 2013 では最適なコピーとサーバーの選択 (BCSS) と呼ばれるようになりました。This process was known as best copy selection (BCS) in Exchange 2010, and it's now known as best copy and server selection (BCSS) in Exchange 2013. この通常のプロセスは、次の順序で発生します。The general process occurs in the following order:

  1. 管理可用性またはアクティブ マネージャーが障害を検出するか、または管理者がターゲットレス スイッチオーバーを開始します。Managed availability or Active Manager detects a failure, or an administrator initiates a targetless switchover.

  2. PAM がBCSS の内部アルゴリズムを実行します。The PAM runs the BCSS internal algorithm.

  3. [最後のログをコピーしています] (acll) というプロセスが発生し、障害またはスイッチオーバーの前にアクティブなデータベースコピーをホストしていたサーバーから、不足しているログファイルのコピーが試みられます。A process called attempt copy last logs (ACLL) occurs, which tries to copy any missing log files from the server that hosted the active database copy prior to the failure or switchover.

  4. ACLL プロセスが完了すると、データベースのコピーをホストしているメールボックスサーバーのAutoDatabaseMountDialの値が、アクティブ化されているデータベースのコピーキューの長さと比較されます。After the ACLL process has completed, the value of the AutoDatabaseMountDial for the Mailbox servers hosting copies of the database is compared with the copy queue length of the database being activated. この時点で、以下のいずれかの状態となります。At this point, either:

    • 不足しているログファイルの数がAutoDatabaseMountDialの値以下の場合、ステップ5が発生します。The number of missing log files is equal to or less than the value of AutoDatabaseMountDial, in which case Step 5 occurs.

    • 不足しているログファイルの数がAutoDatabaseMountDialの値を超えています。この場合、アクティブマネージャーは次の最適なコピーがあれば、そのコピーをアクティブ化しようとします。The number of missing log files is greater than the value of AutoDatabaseMountDial, in which case Active Manager will try to activate next best available copy, if there is one.

  5. PAM は、リモート プロシージャ コール (RPC) を使用して Microsoft Exchange Information Store にマウント要求を発行します。この時点で、以下のいずれかの状態となります。The PAM issues a mount request to the Microsoft Exchange Information Store via remote procedure call (RPC). At this point, either:

    • データベースがマウントされ、クライアントが利用できる状態になります。The database mounts and is made available to clients.

    • データベースがマウントされず、PAM が次に最適なコピーがあれば、それに対してステップ 3 および 4 を実行します。The database doesn't mount, and PAM performs steps 3 and 4 on the next best copy (if one is available).

Exchange 2010 では、BCS プロセスが各データベース コピーの複数の側面を評価して、アクティブ化する最良のコピーを判別しました。In Exchange 2010, the BCS process evaluated several aspects of each database copy to determine the best copy to activate. これらには次のようなものがあります。These included:

  • キューの長さをコピーCopy queue length

  • 再生キューの長さReplay queue length

  • データベースの状態Database status

  • コンテンツ インデックスの状態Content index status

Exchange 2013 では、アクティブマネージャーは同じ BCS のすべてのチェックとフェーズを通じて実行されますが、この時点では、正常性状態の降順の制約も使用できます。In Exchange 2013, Active Manager runs through all of the same BCS checks and phases, but it now also includes the use of a constraint of the decreasing order of health states. 具体的には、BCSS には、Exchange 2013 の組み込み済みの可用性監視コンポーネントの一部であるいくつかの新しい正常性チェックが含まれています。Specifically, BCSS includes several new health checks that are part of the built in managed availability monitoring components in Exchange 2013. アクティブマネージャーによって実行される、次の4つの新しい追加チェックが行われます (実行される順序で表示されます)。There are four new additional checks performed by Active Manager (listed in the order in which they are performed):

  1. すべて正常: すべての監視コンポーネントが正常な状態にある、影響を受けるデータベースのコピーをホストしているサーバーを確認します。All Healthy: Checks for a server hosting a copy of the affected database that has all monitoring components in a healthy state.

  2. 正常稼働している場合: すべての監視コンポーネントが正常な状態であることを示す、影響を受けるデータベースのコピーをホストしているサーバーを確認します。Up to Normal Healthy: Checks for a server hosting a copy of the affected database that has all monitoring components with Normal priority in a healthy state.

  3. ソースよりも優れている: 監視コンポーネントをホストしているサーバーが、影響を受けるコピーをホストしている現在のサーバーよりも高い状態にあることをチェックします。All Better than Source: Checks for a server hosting a copy of the affected database that has monitoring components in a state that's better than the current server hosting the affected copy.

  4. ソースと同じ: 監視コンポーネントがある、影響を受けるデータベースのコピーをホストしているサーバーが、影響を受けるコピーをホストしている現在のサーバーと同じ状態にあるかどうかをチェックします。Same as Source: Checks for a server hosting a copy of the affected database that has monitoring components in a state that's the same as the current server hosting the affected copy.

モニタリング コンポーネント (たとえば、フェールオーバー レスポンダー) によってトリガーされたフェールオーバーの結果として BCSS が起動されると、ターゲット サーバーのコンポーネントの正常性がフェールオーバーが発生したサーバーよりも高くなければならないという追加の必須制約が適用されます。If BCSS is invoked as a result of a failover that's triggered by a monitoring component (for example, via a Failover responder), an additional mandatory constraint is enforced where the target server's component health must be better than the server on which the failover occurred. たとえば、Outlook Web App で障害が発生した場合、フェールオーバーレスポンダーを経由してフェールオーバーをトリガーするには、BCSS で、影響を受けるデータベースのコピーをホストしているサーバーを選択する必要があります (Outlook Web App が正常な状態)。For example, if a failure of Outlook Web App triggers a failover via a Failover responder, BCSS must select a server hosting a copy of the affected database on which Outlook Web App is healthy.

最適なコピー選択プロセスBest copy selection process

データベース障害 (プロトコルエラーではない) に関して、Exchange 2013 のアクティブマネージャーは、Exchange 2010 で行われたのと同じチェックを実行します。With respect to database failures (not protocol failures), Active Manager in Exchange 2013 performs the same checks as it did in Exchange 2010. アクティブマネージャーは、アクティブ化の候補となる可能性のあるデータベースコピーの一覧を作成することによって、最適なコピー選択プロセスを開始します。Active Manager begins the best copy selection process by creating a list of database copies that are potential candidates for activation. 到達不能なデータベース コピー、または管理上アクティブ化がブロックされているデータベース コピーは、選択プロセスでは無視され使用されません。Any database copies that are unreachable or are administratively blocked from activation are ignored and not used during the selection process. リストの順序は、 AutoDatabaseMountDialの値に応じて異なります。The order of the list depends on the value of the AutoDatabaseMountDial:

  • AutoDatabaseMountDialが、データベースのコピーをホストするすべてLosslessのサーバー上ではなく、任意の値で構成されている場合、アクティブマネージャーは、コピーキューの長さを主キーとして使用して、結果の一覧を並べ替えます。If the AutoDatabaseMountDial is configured with any value other than Lossless on all servers that host a copy of the database, Active Manager sorts the resulting list using the copy queue length as the primary key. 計算は (コピーから見た) LastLogInspected に基づくため、コピーの一覧は LastLogInspected の最大値 (コピー キューの長さが最短のコピー) から降順で並べ替えられます。The calculation is based on LastLogInspected (from the copy's point of view), so the list of potential copies is sorted by the highest value for LastLogInspected (which will be the copy with the lowest copy queue length). 必要に応じて、Active Manager は、2 つ以上のパッシブ コピーのコピー キューの長さが同一の場合にタイ ブレーク条件となる二次キーとしてアクティブ化の優先順位を使用し、2 回目の並べ替えを実行します。If necessary, Active Manager sorts the list a second time, using the value for activation preference as a secondary key to break any tie conditions where two or more passive copies have the same copy queue length. アクティブ化の優先順位の値が最も小さいコピーが、一覧でより上位の優先順位となります。The copy with the lowest activation preference value has the higher priority on the list.

  • データベースの** コピーをホストするサーバー Lossless上で AutoDatabaseMountDial が構成されている場合、アクティブマネージャーは、アクティブ化の優先度の値を主キーとして、結果の一覧を昇順で並べ替えます。If the AutoDatabaseMountDial is configured with a value of Lossless on any server that hosts a copy of the database, Active Manager sorts the resulting list in ascending order by using the value for activation preference as the primary key. さらに、管理者が対象を指定せずにロスレス サーバーまたはデータベースのスイッチオーバーを実行した場合も、Active Manager は、主キーとしてアクティブ化の優先順位の値を使用して結果の一覧を昇順に並べ替えます。In addition, when an administrator performs a lossless server or database switchover without specifying a target, Active Manager also sorts the resulting list in ascending order by using the value for activation preference as the primary key.

次に、アクティブ マネージャーは、状態が Healthy、DisconnectedAndHealthy、DisconnectedAndResynchronizing、または SeedingSource のメールボックス データベース コピーを一覧から探し、順序に関する 10 個の条件セットを使用して、一覧上の各コピーがアクティブ化できるかどうかを評価します。アクティブ マネージャーは、アクティブ化の候補が次の 1 番目の条件セットに合うどうかを判断します。Next, Active Manager attempts to locate a mailbox database copy on the list that has a status of Healthy, DisconnectedAndHealthy, DisconnectedAndResynchronizing, or SeedingSource, and then evaluates the activation potential of each of the copies on the list by using an order set of ten criteria. Active Manager determines if any of the candidates for activation meet the first set of criteria:

  • Healthy 状態のコンテンツのインデックスを持っている。It has a content index with a status of Healthy.

  • コピー キューの長さが 10 ログ ファイル未満。It has a copy queue length less than 10 log files.

  • 再生キューの長さが 50 ログ ファイル未満。It has a replay queue length less than 50 log files.

最初の条件セットに合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは次の2番目の条件セットに合うデータベースコピーを探します。If none of the database copies meet the first set of criteria, Active Manager tries to locate a database copy that meets the second set of criteria:

  • クロール状態のコンテンツのインデックスを持っている。It has a content index with a status of Crawling.

  • コピー キューの長さが 10 ログ ファイル未満。It has a copy queue length less than 10 log files.

  • 再生キューの長さが 50 ログ ファイル未満。It has a replay queue length less than 50 log files.

2番目の条件セットに合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは次の3番目の条件セットに合うデータベースコピーを探します。If none of the database copies meet the second set of criteria, Active Manager tries to locate a database copy that meets the third set of criteria:

  • Healthy 状態のコンテンツのインデックスを持っている。It has a content index with a status of Healthy.

  • 再生キューの長さが 50 ログ ファイル未満。It has a replay queue length less than 50 log files.

3番目の条件セットに合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは次の4番目の条件セットに合うデータベースコピーを探します。If none of the database copies meet the third set of criteria, Active Manager tries to locate a database copy that meets the fourth set of criteria:

  • クロール状態のコンテンツのインデックスを持っている。It has a content index with a status of Crawling.

  • 再生キューの長さが 50 ログ ファイル未満。It has a replay queue length less than 50 log files.

4番目の条件セットに合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは次の5番目の条件セットに合うデータベースコピーを探します。If none of the database copies meet the fourth set of criteria, Active Manager tries to locate a database copy that meets the fifth set of criteria:

  • 再生キューの長さが 50 ログ ファイル未満。It has a replay queue length less than 50 log files.

5番目の条件セットに合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは次の6番目の条件セットに合うデータベースコピーを探します。If none of the database copies meet the fifth set of criteria, Active Manager tries to locate a database copy that meets the sixth set of criteria:

  • Healthy 状態のコンテンツのインデックスを持っている。It has a content index with a status of Healthy.

  • コピー キューの長さが 10 ログ ファイル未満。It has a copy queue length less than 10 log files.

6番目の条件に合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは次の7番目の条件セットに合うデータベースコピーを探します。If none of the database copies meet the sixth criteria, Active Manager tries to locate a database copy that meets the seventh set of criteria:

  • クロール状態のコンテンツのインデックスを持っている。It has a content index with a status of Crawling.

  • コピー キューの長さが 10 ログ ファイル未満。It has a copy queue length less than 10 log files.

この7番目の条件セットに合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは次の8番目の条件セットに合うデータベースコピーを探します。If none of the database copies meet the seventh set of criteria, Active Manager tries to locate a database copy that meets the eighth set of criteria:

  • Healthy 状態のコンテンツのインデックスを持っている。It has a content index with a status of Healthy.

この8番目の条件セットに合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは次の9番目の条件セットに合うデータベースコピーを探します。If none of the database copies meet all of the eighth set of criteria, Active Manager tries to locate a database copy that meets the ninth set of criteria:

  • クロール状態のコンテンツのインデックスを持っている。It has a content index with a status of Crawling.

この9番目の条件セットに合うデータベースコピーがない場合は、アクティブマネージャーは、状態が正常、DisconnectedAndHealthy、Disconnectedandhealthy 同期、または SeedingSource (1 番目の条件セット) のすべてのデータベースコピーをアクティブ化しようとします。If none of the database copies meet the ninth set of criteria, Active Manager tries to activate any database copy with a status of Healthy, DisconnectedAndHealthy, DisconnectedAndResynchronizing, or SeedingSource (the tenth set of criteria). この 10 番目の条件セットに合うデータベース コピーが見つからない場合は、データベース コピーを自動的にアクティブ化することはできません。If it can't find any database copies that meet the tenth set of criteria, it isn't able to automatically activate a database copy.

1つまたは複数のコピーが配置されている1つ以上の条件セットに一致すると、ACLL プロセスが実行され、元のソースから新しいアクティブなコピーにすべてのログファイルがコピーされます。After one or more copies are located that meet one or more sets of criteria, the ACLL process runs to copy any log files from the original source to the potential new active copy. ACLL プロセスが完了すると、PAM はマウント要求を発行し、データベースをマウントして、クライアントが使用できるようにします。また、データベースがマウントされていない場合は、PAM は次の最適なコピーを検索します (使用可能な場合)。After the ACLL process has completed, the PAM issues a mount request and either the database mounts and is made available to clients or the database doesn't mount and the PAM searches for the next best copy (if one is available).