Exchange Server の可用性サービスAvailability service in Exchange Server

可用性サービスは、Outlook および web 上の Outlook (旧称 Outlook Web App) クライアントで空き時間情報を利用できるようにします。The Availability service makes free/busy information available to Outlook and Outlook on the web (formerly known as Outlook Web App) clients. 空き時間情報サービスは、セキュリティで保護された一貫性のある最新の空き時間情報を提供することによって、インフォメーション ワーカーの予定表や会議のスケジュール調整の操作を向上させます。The Availability service improves information workers' calendaring and meeting scheduling experience by providing secure, consistent, and up-to-date free/busy information.

Outlook と Web 上の Outlook は、次に示す処理の実行に空き時間情報サービスを使用します。Outlook and Outlook on the web use the Availability service to perform the following tasks:

  • Exchange メールボックスの現在の空き時間情報を取得するRetrieve current free/busy information for Exchange mailboxes

  • 他の Exchange 組織から現在の空き時間情報を取得するRetrieve current free/busy information from other Exchange organizations

  • 以前のバージョンの Exchange 上のメールボックスのパブリックフォルダーから公開された空き時間情報を取得するRetrieve published free/busy information from public folders for mailboxes on previous versions of Exchange

  • 出席者の就業時間の表示View attendee working hours

  • 会議時間のお勧めの表示Show meeting time suggestions

Exchange Server での可用性サービスの動作How the availability service works in Exchange Server

可用性サービスは、ターゲットの Exchange メールボックスから空き時間情報を直接取得します。The Availability service retrieves free/busy information directly from the target Exchange mailbox.

Outlook は、Exchange 自動検出サービスを使用して、空き時間情報サービスの URL を取得します。Outlook uses the Exchange Autodiscover service to obtain the URL of the Availability service. 自動検出サービスの詳細については、「自動検出サービス」を参照してください。For more information about the Autodiscover service, see Autodiscover service.

Exchange 管理シェル を使用して空き時間情報サービスを構成できます。Exchange 管理センター (EAC) を使用して空き時間情報サービスを構成することはできません。You can use the Exchange Management Shell to configure the Availability service. You can't use the Exchange admin center (EAC) to configure the Availability service.

可用性サービス API は、開発者がサードパーティ統合ツールを記述できるようにするための web サービスとして利用できます。The Availability service API is available as a web service to let developers write third-party integration tools.

空き時間情報サービスと自動返信メッセージAvailability service and automatic reply messages

空き時間情報サービスは、ユーザーが長期間不在にするときに送信する自動返信メッセージへのアクセスを提供します。The Availability service provides access to automatic-reply messages that users send when they are out of the office or away for an extended period of time.

インフォメーション ワーカーは、電子メール メッセージに応答できないとき、Outlook および Web 上の Outlook の自動返信機能 (以前は不在時機能と呼ばれていました) を使用して他の人に通知できます。Information workers use the Automatic Replies feature (formerly known as Out of Office) in Outlook and Outlook on the web to alert others when they're unavailable to respond to email messages. この機能により、インフォメーションワーカーと管理者の両方の自動応答メッセージの設定と管理が容易になります。This functionality makes it easier to set and manage automatic reply messages for both information workers and administrators.

空き時間情報を取得するために使用する方法Methods used to retrieve free/busy information

次の表は、さまざまな単一フォレストのトポロジで空き時間情報を取得するために使用する方法を示しています。The following table lists the methods used to retrieve free/busy information in different single-forest topologies.

クライアントClient ソースメールボックス空き時間情報の取得Source mailbox retrieving free/busy information ターゲットメールボックスTarget mailbox 空き時間情報の取得方法Free/busy retrieval method
Outlook 2010 以降Outlook 2010 or later Exchange 2010 以降Exchange 2010 or later Exchange 2010 以降Exchange 2010 or later 可用性サービスが、対象のメールボックスから空き時間情報を読み取ります。The Availability service reads free/busy information from the target mailbox.
Outlook on the web または Outlook Web AppOutlook on the web or Outlook Web App Exchange 2010 以降Exchange 2010 or later Exchange 2010 以降Exchange 2010 or later Outlook on the web または Outlook Web App が可用性サービス API を呼び出します。これにより、対象のメールボックスから空き時間情報が読み取られます。Outlook on the web or Outlook Web App calls the Availability service API, which reads the free/busy information from the target mailbox.