自動検出サービスAutodiscover service

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange 2013 の Exchange 自動検出サービスについて説明します。Learn about the Exchange Autodiscover service for Microsoft Exchange 2013. Exchange 自動検出サービスの機能と動作、および展開オプションの機能について説明します。You'll learn what the Exchange Autodiscover service does and how it works as well as what the deployment options are.

Microsoft Exchange 2013 には、自動検出サービスという名前のサービスが含まれています。Microsoft Exchange 2013 includes a service named the Autodiscover service. このトピックでは、サービスの概要と、そのしくみ、Outlook クライアントの構成方法、およびメッセージング環境に自動検出サービスを展開するためのオプションについて説明します。This topic gives an overview of the service and explains how it works, how it configures Outlook clients, and what options there are for deploying the Autodiscover service in your messaging environment.

自動検出サービスは、次のことを行います。The Autodiscover service does the following:

  • Microsoft Office Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 を実行しているクライアントおよびサポートされている携帯電話に対して、ユーザープロファイルの設定を自動的に構成します。Automatically configures user profile settings for clients running Microsoft Office Outlook 2007, Outlook 2010, or Outlook 2013, as well as supported mobile phones. Windows Mobile 6.1 またはそれ以降のバージョンを実行している電話がサポートされています。Phones running Windows Mobile 6.1 or a later version are supported. 電話が Windows Mobile phone でない場合は、携帯電話のマニュアルで、サポートされているかどうかを確認してください。If your phone isn't a Windows Mobile phone, check your mobile phone documentation to see if it's supported.

  • Exchange メッセージング環境に接続されている Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 クライアントの Exchange 機能へのアクセスを提供します。Provides access to Exchange features for Outlook 2007, Outlook 2010, or Outlook 2013 clients that are connected to your Exchange messaging environment.

  • ユーザーの電子メールアドレスとパスワードを使用して、Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 クライアントおよびサポートされている携帯電話にプロファイル設定を提供します。Uses a user's email address and password to provide profile settings to Outlook 2007, Outlook 2010, or Outlook 2013 clients and supported mobile phones. Outlook クライアントがドメインに参加している場合は、ユーザーのドメインアカウントが使用されます。If the Outlook client is joined to a domain, the user's domain account is used.

自動検出サービスの概要Overview of the Autodiscover service

自動検出サービスを使用すると、outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 と一部の携帯電話を簡単に構成できます。The Autodiscover service makes it easier to configure Outlook 2007, Outlook 2010, or Outlook 2013 and some mobile phones. Office Outlook 2007 より前のバージョンの Outlook で自動検出サービスを使用することはできません。You can't use the Autodiscover service with versions of Outlook earlier than Office Outlook 2007. 以前のバージョンの Microsoft Exchange (Exchange 2003 SP2 以前) および Outlook (Outlook 2003 以前) では、Exchange にアクセスするためにすべてのユーザープロファイルを手動で構成する必要がありました。In earlier versions of Microsoft Exchange (Exchange 2003 SP2 or earlier) and Outlook (Outlook 2003 or earlier), you had to configure all user profiles manually to access Exchange. メッセージング環境に変更が発生した場合、これらのプロファイルを管理するには、特別な作業が必要でした。Extra work was required to manage these profiles if changes occurred to the messaging environment. そうしないと、Outlook クライアントは正常に機能しなくなります。Otherwise, the Outlook clients would stop functioning correctly.

自動検出サービスを使用して、Outlook はユーザーのメールボックス GUID + @ + ユーザーのプライマリ SMTP アドレスのドメイン部分から構成される新しい接続ポイントを検出します。Through the Autodiscover service, Outlook finds a new connection point made up of the user's mailbox GUID + @ + the domain portion of the user's primary SMTP address. 自動検出 サービスは、次の情報をクライアントに返します。The Autodiscover service returns the following information to the client:

  • ユーザーの表示名The user's display name

  • 内部および外部接続用それぞれの接続設定Separate connection settings for internal and external connectivity

  • ユーザーのメールボックスサーバーの場所The location of the user's Mailbox server

  • 空き時間情報、ユニファイドメッセージング、オフラインアドレス帳などの機能を制御するさまざまな Outlook 機能の UrlThe URLs for various Outlook features that govern functionality such as free/busy information, Unified Messaging, and the offline address book

  • Outlook Anywhere サーバーの設定Outlook Anywhere server settings

ユーザーの Exchange 情報が変更されると、Outlook は自動検出サービスを使用してユーザーのプロファイルを自動的に再設定します。When a user's Exchange information is changed, Outlook automatically reconfigures the user's profile using the Autodiscover service. たとえば、ユーザーのメールボックスが移動された場合や、クライアントがユーザーのメールボックスに接続できない場合、または Exchange の使用可能な機能に接続できない場合、Outlook は自動検出サービスに接続し、ユーザーのプロファイルを自動的に更新して、メールボックスおよび Exchange の機能に接続するために必要な情報を含めます。For example, if a user's mailbox is moved or the client can't connect to the user's mailbox or to available Exchange features, Outlook will contact the Autodiscover service and automatically update the user's profile to include the information that's required to connect to the mailbox and Exchange features.

自動検出サービスのしくみHow the Autodiscover service works

Exchange 2013 でクライアントアクセスサーバーをインストールすると、自動検出という名前の既定の仮想ディレクトリが、インターネットインフォメーションサービス (IIS) の既定の web サイトの下に作成されます。When you install a Client Access server in Exchange 2013, a default virtual directory named Autodiscover is created under the default website in Internet Information Services (IIS). この仮想ディレクトリは、次の状況で、Outlook 2007、Outlook 2010、Outlook 2013 クライアント、およびサポートされる携帯電話からの自動検出サービス要求を処理します。This virtual directory handles Autodiscover service requests from Outlook 2007, Outlook 2010, and Outlook 2013 clients and supported mobile phones under the following circumstances:

  • ユーザーアカウントが構成または更新されたときWhen a user account is configured or updated

  • Outlook クライアントが Exchange Web サービスの Url の変更を定期的に確認するときWhen an Outlook client periodically checks for changes to the Exchange Web Services URLs

  • Exchange メッセージング環境で基盤となるネットワーク接続の変更が発生した場合When underlying network connection changes occur in your Exchange messaging environment

さらに、クライアントアクセスサーバーをインストールするサーバーに、サービス接続ポイント (SCP) という名前の新しい Active Directory オブジェクトが作成されます。Additionally, a new Active Directory object named the service connection point (SCP) is created on the server where you install the Client Access server.

SCP オブジェクトには、そのフォレストの 自動検出 サービスの権限リストが含まれます。The SCP object contains the authoritative list of Autodiscover service URLs for the forest. Set-ClientAccessServerコマンドレットを使用して、SCP オブジェクトを更新できます。You can use the Set-ClientAccessServer cmdlet to update the SCP object. 詳細については、「 Set-ClientAccessServer」を参照してください。For more information, see Set-ClientAccessServer.

重要

ClientAccessServerコマンドレットを実行する前に、クライアントアクセスサーバー上の認証されたユーザーアカウントが SCP オブジェクトに対する読み取りアクセス許可を持っていることを確認してください。Before you run the Set-ClientAccessServer cmdlet, make sure the Authenticated Users account on the Client Access server has Read permissions for the SCP object. ユーザーが正しいアクセス許可を持っていない場合は、アイテムの検索と読み取りを行うことはできません。If users don't have the correct permissions, they can't search for and read items.

SCP オブジェクトの詳細については、「サービス接続ポイントを使用して発行する」を参照してください。For more information about SCP objects, see Publishing with Service Connection Points.

外部アクセスの場合、または DNS を使用する場合、クライアントはユーザーの電子メール アドレスのプライマリ SMTP ドメイン アドレスを使用して、インターネット上の 自動検出 サービスの場所を特定します。For external access, or using DNS, the client locates the Autodiscover service on the Internet by using the primary SMTP domain address from the user's email address.

注意

DNS を使用して自動検出サービスを検出するには、Outlook クライアントの DNS でレコードを指定する必要があります。You must provide a record in DNS for Outlook clients to discover the Autodiscover service by using DNS. 詳細については、「DNS を構成するための Windows のドキュメント」と「 Exchange 2007 自動検出サービス」のホワイトペーパーを参照してください。For more information, see your Windows documentation for configuring DNS and also see the White Paper: Exchange 2007 Autodiscover Service.

別のサイトに自動検出サービスを構成したかどうかに応じて、自動検出サービス URL は https:// < smtp-address-domain > /autodiscover/autodiscover.xml または https://autodiscover.< smtp-address-domain > /autodiscover/autodiscover.xml になります。ここで、// < smtp-address- domain > はプライマリ smtp ドメインアドレスです。Depending on whether you've configured the Autodiscover service on a separate site, the Autodiscover service URL will be either https://<smtp-address-domain>/autodiscover/autodiscover.xml or https://autodiscover.<smtp-address-domain>/autodiscover/autodiscover.xml, where ://<smtp-address-domain> is the primary SMTP domain address. たとえば、ユーザーの電子メール アドレスが tony@contoso.com である場合、プライマリ SMTP ドメイン アドレスは contoso.com. になります。For example, if the user's email address is tony@contoso.com, the primary SMTP domain address is contoso.com. クライアントが Active Directory に接続すると、クライアントはセットアップ中に作成された SCP オブジェクトを検索します。When the client connects to Active Directory, the client looks for the SCP object created during Setup. 複数のクライアントアクセスサーバーが含まれる展開では、クライアントアクセスサーバーごとに自動検出 SCP オブジェクトが作成されます。In deployments that include multiple Client Access servers, an Autodiscover SCP object is created for each Client Access server. SCP オブジェクトには、クライアントアクセスサーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を含むServicebindinginfo属性が、 https://CAS01/autodiscover/autodiscover.xml CAS01 がクライアントアクセスサーバーの fqdn として含まれています。The SCP object contains the ServiceBindingInfo attribute with the fully qualified domain name (FQDN) of the Client Access server in the form https://CAS01/autodiscover/autodiscover.xml, where CAS01 is the FQDN for the Client Access server. ユーザーの資格情報を使用して、Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 クライアントは Active Directory を認証し、自動検出 SCP オブジェクトを検索します。Using the user credentials, the Outlook 2007, Outlook 2010, or Outlook 2013 client authenticates to Active Directory and searches for the Autodiscover SCP objects. クライアントは、自動検出サービスのインスタンスを取得して列挙した後、列挙されたリスト内の最初のクライアントアクセスサーバーに接続し、ユーザーのメールボックスと Exchange の使用可能な機能に接続するために必要な XML データの形式でプロファイル情報を取得します。After the client obtains and enumerates the instances of the Autodiscover service, the client connects to the first Client Access server in the enumerated list and obtains the profile information in the form of XML data that's needed to connect to the user's mailbox and available Exchange features.

自動検出サービスの展開オプションDeployment options for the Autodiscover service

Outlook 2007、Outlook 2010、および Outlook 2013 クライアントに対して自動検出サービスを展開して正しく構成し、オフラインアドレス帳、空き時間情報サービス、ユニファイドメッセージング (UM) などの Exchange 機能に自動的に接続する必要があります。The Autodiscover service must be deployed and configured correctly for Outlook 2007, Outlook 2010, and Outlook 2013 clients to automatically connect to Exchange features such as the offline address book, the Availability service, and Unified Messaging (UM). 自動検出サービスの展開は、Exchange サービス (可用性サービスなど) が Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 クライアントからアクセスできるようにするための手順の1つにすぎません。Deploying the Autodiscover service is only one step in making sure your Exchange services, such as the Availability service, can be accessed by Outlook 2007, Outlook 2010, or Outlook 2013 clients.

フォレスト間の移動のための自動検出の構成Configuring Autodiscover for cross-forest moves

自動検出サービスは、Exchange フォレスト間で移動されたメールボックスの Outlook クライアントを接続するためのユーザープロファイル情報を提供することができます。The Autodiscover service can provide user profile information to connecting Outlook clients for mailboxes that have been moved from one Exchange forest to another. これを行うには、ユーザーのメールボックスが存在する元のフォレストと、新しい-mailuserコマンドレットを使用して、移動先のフォレストの両方で、メールが有効なユーザーを構成する必要があります。For this to happen, you must configure a mail-enabled user in both the original forest where the user's mailbox resided and in the target forest using the New-MailUser cmdlet. 移行元フォレストでは、コマンドレットのExternalEmailAddressパラメーターを使用して、移動先フォレストのメールボックスの新しい電子メールアドレスを指定する必要があります。In the source forest, you should use the ExternalEmailAddress parameter in the cmdlet to specify the new email address of the mailbox in the target forest. 詳細については、「 New-MailUser」を参照してください。For more information, see New-MailUser.

メールが有効なユーザーを構成すると、元のフォレストの自動検出サービスは、認証ユーザーを移動先フォレストの新しい電子メールアドレスにリダイレクトします。When you configure a mail-enabled user, the Autodiscover service in the original forest will redirect the authenticating user to the new email address in the target forest. その後、Outlook クライアントの接続は、メールボックスが移動された移動先フォレストのクライアントアクセスサーバーにリダイレクトされます。The connecting Outlook client will then be redirected to the Client Access server in the target forest where the mailbox has been moved.