回復可能なアイテム フォルダーのクリーンアップClean up the Recoverable Items folder

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

(このトピックは、Exchange 管理者を対象としています。)(This topic is intended for Exchange administrators.)

回復可能なアイテムフォルダー (以前のバージョンの Exchange では、「収集」として認識されています) は、偶発的または悪意による削除から保護し、訴訟や調査の前または調査中によく実行される証拠開示作業を容易にします。The Recoverable Items folder (known in earlier versions of Exchange as the dumpster) exists to protect from accidental or malicious deletions and to facilitate discovery efforts commonly undertaken before or during litigation or investigations. 回復可能なアイテム フォルダーの詳細については、「[回復可能なアイテム] フォルダー」を参照してください。To learn more about the Recoverable Items folder, see Recoverable Items folder.

ユーザーのメールボックスの回復可能なアイテムフォルダーをクリーンアップする方法は、メールボックスがインプレース保持または訴訟ホールドの対象になっているか、または単一アイテムの回復が有効になっているかによって異なります。How you clean up the Recoverable Items folder in a user's mailbox depends on whether the mailbox is placed on In-Place Hold or Litigation Hold, or had single item recovery enabled:

  • メールボックスがインプレース保持や訴訟ホールドの対象でない場合、または単一アイテムの回復が有効でない場合は、回復可能なアイテム フォルダーからアイテムを削除できます。If a mailbox isn't placed on In-Place Hold or Litigation Hold or doesn't have single item recovery enabled, you can simply delete items from the Recoverable Items folder. 削除後、単一アイテムの回復を使用してアイテムを回復することはできません。After being deleted, you can't use single item recovery to recover the items.

  • メールボックスがインプレースホールドまたは訴訟ホールドの対象となっている場合、または単一アイテムの回復が有効になっている場合は、保留が解除されるか、単一アイテムの回復が無効になるまで、メールボックスデータを保持することが重要です。If the mailbox is placed on In-Place Hold or Litigation Hold or has single item recovery enabled, it's important to preserve the mailbox data until the hold is removed or single item recovery is disabled. この場合、回復可能なアイテム フォルダーをクリーンアップするには、より詳細な手順の実行が必要です。In this case, you need to perform more detailed steps to clean up the Recoverable Items folder.

インプレース保持と訴訟ホールドの詳細については、「インプレース保持と訴訟ホールド」を参照してください。単一アイテムの回復の詳細については、「[回復可能なアイテム] フォルダー」の「Single Item Recovery」を参照してください。To learn more about In-Place Hold and Litigation Hold, see In-Place Hold and Litigation Hold. To learn more about single item recovery, see "Single Item Recovery" in Recoverable Items folder.

回復可能なアイテム フォルダーの詳細については、「[回復可能なアイテム] フォルダー」を参照してください。To learn more about the Recoverable Items folder, see Recoverable Items folder.

はじめに把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • この手順の予想所要時間:30 分。Estimated time to complete this procedure: 30 minutes. これは、回復可能なアイテムフォルダーのサイズによって異なる場合があります。This may vary depending on the size of the Recoverable Items folder

  • 検索メールボックスコマンドレットを使用してユーザーのメールボックス内のメッセージを検索して削除するには、次の管理役割を割り当てる必要があります。You need to be assigned the following management roles to use the Search-Mailbox cmdlet to search for and delete messages in a user's mailbox.

    • メールボックス検索: この役割を使用すると、組織内の複数のメールボックス間でメッセージを検索できます。Mailbox Search: This role allows you to search for messages across multiple mailboxes in your organization. 既定ではこの役割は管理者には割り当てられません。Administrators aren't assigned this role by default. メールボックスを検索できるようにこの役割を自分自身に割り当てるには、探索管理役割グループのメンバーとして自身を追加します。To assign yourself this role so that you can search mailboxes, add yourself as a member of the Discovery Management role group. Exchange の電子情報開示のアクセス許可を割り当てる」を参照してください。See Assign eDiscovery permissions in Exchange.

    • メールボックスインポートエクスポート: この役割を使用すると、ユーザーのメールボックスからメッセージを削除できます。Mailbox Import Export: This role allows you to delete messages from a user's mailbox. 既定では、この役割はどの役割グループにも割り当てられていません。By default, this role isn't assigned to any role group. ユーザーのメールボックスからメッセージを削除するために、"Mailbox Import Export" 役割を "組織管理" 役割グループに追加できます。To delete messages from users' mailboxes, you can add the Mailbox Import Export role to the Organization Management role group. 詳細については、「 役割グループの管理」の「役割グループに役割を追加する」を参照してください。For more information, see the "Add a role to a role group" section in Manage role groups .

  • 回復可能なアイテム フォルダーを誤ってクリーンアップしてしまうとデータの損失に繋がるため、回復可能なアイテム フォルダーと、そのコンテンツを削除することによる影響を理解することは重要です。この手順を実行する前に、「[回復可能なアイテム] フォルダー」の情報を確認することをお勧めします。Because incorrectly cleaning up the Recoverable Items folder can result in data loss, it's important that you're familiar with the Recoverable Items folder and the impact of removing its contents. Before performing this procedure, we recommend that you review the information in Recoverable Items folder.

  • Exchange 管理センター (EAC) を使用してこれらの手順を実行することはできません。シェルを使用する必要があります。You can't use the Exchange admin center (EAC) to perform these procedures. You must use the Shell.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用して、保留になっていない、または単一アイテムの回復が有効になっていないメールボックスの回復可能なアイテムフォルダーからアイテムを削除するUse the Shell to delete items from the Recoverable Items folder for mailboxes that aren't placed on hold or don't have single item recovery enabled

この例では、Gurinder Singh の回復可能なアイテムフォルダーからアイテムを完全に削除し、そのアイテムを探索検索メールボックス (Exchange セットアップによって作成された証拠開示用メールボックス) の Gurindersingh-recoverableitems/回復可能なアイテムフォルダーにコピーします。This example permanently deletes items from Gurinder Singh's Recoverable Items folder and also copies the items to the GurinderSingh-RecoverableItems folder in the Discovery Search Mailbox (a discovery mailbox created by Exchange Setup).

Search-Mailbox -Identity "Gurinder Singh" -SearchDumpsterOnly -TargetMailbox "Discovery Search Mailbox" -TargetFolder "GurinderSingh-RecoverableItems" -DeleteContent

注意

別のメールボックスにコピーせずにメールボックスからアイテムを削除するには、 Targetmailboxパラメーターとtargetmailboxパラメーターを指定せずに上記のコマンドを使用します。To delete items from the mailbox without copying them to another mailbox, use the preceding command without the TargetMailbox and TargetFolder parameters.

構文およびパラメーターの詳細については、「Search-Mailbox」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Search-Mailbox.

シェルを使用して、保留になっているメールボックスまたは単一アイテムの回復が有効になっているメールボックスの回復可能なアイテムフォルダーをクリーンアップするUse the Shell to clean up the Recoverable Items folder for mailboxes that are placed on hold or have single item recovery enabled

メールボックスが、その回復可能なアイテムのクォータに達する場合は、フォルダーからアイテムを削除せずにクォータを増やすことをお勧めします。If a mailbox reaches its Recoverable Items quota, we recommend that you raise the quota and not delete items from the folder. また、回復可能なアイテムの警告クォータに関連するアプリケーションログ内のイベントを監視し、必要なアクションを実行することもできます (たとえば、クォータを増やす、または、警告クォータに到達したメールボックスの回復可能なアイテムフォルダーの増大を調査するなど)。You can also monitor events in the Application log related to the Recoverable Items warning quota and take necessary actions (such as raising the quota or investigating the growth of the Recoverable Items folder for mailboxes that reach the warning quota).

格納域の制限または類似の問題によって回復可能なアイテムのクォータを上げることができない場合、およびインプレースホールドまたは訴訟ホールドのメールボックスの回復可能なアイテムフォルダーからメッセージを削除したり、単一アイテムの回復が有効になっていることを確認することをお勧めします。最初に、ユーザーの回復可能なアイテムフォルダーから別のメールボックスにデータをコピーします。If storage constraints or similar issues prevent you from raising the Recoverable Items quota, and you need to delete messages from the Recoverable Items folder of a mailbox on In-Place Hold or Litigation Hold or has single item recovery enabled, we recommend that you first copy data from the user's Recoverable Items folder to another mailbox. 1 つのボリュームの格納域の制約によりアイテムを削除する場合、適切な格納域を有するボリュームに配置されたメールボックスにアイテムをコピーできます。If you're deleting items due to storage constraints on one volume, you can copy items to a mailbox located on a volume that has adequate storage.

この手順は、Gurinder Singh の回復可能なアイテム フォルダーから、検出検索メールボックスの GurinderSingh-RecoverableItems フォルダーへとアイテムをコピーします。This procedure copies items from Gurinder Singh's Recoverable Items folder to the GurinderSingh-RecoverableItems folder in the Discovery Search Mailbox. 回復可能なアイテムフォルダーからアイテムをコピーおよび削除する前に、まず、回復可能なアイテムフォルダーからアイテムが削除されないようにするために、いくつかの手順を実行する必要があります。Before you copy and delete items from the Recoverable Items folder, you must first perform several steps to make sure items aren't deleted from the Recoverable Items folder. アイテムを証拠開示用メールボックスまたはバックアップ メールボックスにコピーしてフォルダーをクリーンアップした後は、メールボックスを以前の設定に戻すことができます。After you copy items to a discovery or backup mailbox and clean up the folder, you can revert to the mailbox's previous settings.

  1. 以下のクォータ設定を取得します。値をメモして、回復可能なアイテム フォルダーをクリーンアップした後に、これらの設定を戻せるようにします。Retrieve the following quota settings. Be sure to note the values so you can revert to these settings after cleaning up the Recoverable Items folder:

    • RecoverableItemsQuotaRecoverableItemsQuota

    • RecoverableItemsWarningQuotaRecoverableItemsWarningQuota

    • ProhibitSendQuotaProhibitSendQuota

    • ProhibitSendReceiveQuotaProhibitSendReceiveQuota

    • UseDatabaseQuotaDefaultsUseDatabaseQuotaDefaults

    • RetainDeletedItemsForRetainDeletedItemsFor

    • UseDatabaseRetentionDefaultsUseDatabaseRetentionDefaults

    注意

    UseDatabaseQuotaDefaultsパラメーターがに$true設定されている場合、以前のクォータ設定は適用されません。If the UseDatabaseQuotaDefaults parameter is set to $true, the previous quota settings aren't applied. メールボックス データベース上に構成された対応するクォータ設定が適用され、個人のメールボックス設定にも適用されます。The corresponding quota settings configured on the mailbox database are applied, even if individual mailbox settings are populated.

    Get-Mailbox "Gurinder Singh" | Format-List RecoverableItemsQuota, RecoverableItemsWarningQuota, ProhibitSendQuota, ProhibitSendReceiveQuota, UseDatabaseQuotaDefaults, RetainDeletedItemsFor, UseDatabaseRetentionDefaults
    
  2. メールボックスのメールボックス アクセス設定を取得します。後で使用するために、これらの設定を忘れずにメモします。Retrieve the mailbox access settings for the mailbox. Be sure to note these settings for later.

    Get-CASMailbox "Gurinder Singh" | Format-List EwsEnabled, ActiveSyncEnabled, MAPIEnabled, OWAEnabled, ImapEnabled, PopEnabled
    
  3. 回復可能なアイテム フォルダーの現在のサイズを取得します。サイズをメモして、手順 6 でクォータを増やすことができるようにします。Retrieve the current size of the Recoverable Items folder. Note the size so you can raise the quotas in Step 6.

    Get-MailboxFolderStatistics "Gurinder Singh" -FolderScope RecoverableItems | Format-List Name,FolderAndSubfolderSize
    
  4. 現在の管理フォルダー アシスタントのワーク サイクル構成を取得します。後で使用するために、設定を忘れずにメモします。Retrieve the current Managed Folder Assistant work cycle configuration. Be sure to note the setting for later.

    Get-MailboxServer "My Mailbox Server" | Format-List Name,ManagedFolderWorkCycle
    
  5. メールボックスへのクライアント アクセスを無効にし、この手順の実行中にメールボックス データに対して変更が行われないようにします。Disable client access to the mailbox to make sure no changes can be made to mailbox data for the duration of this procedure.

    Set-CASMailbox "Gurinder Singh" -EwsEnabled $false -ActiveSyncEnabled $false -MAPIEnabled $false -OWAEnabled $false -ImapEnabled $false -PopEnabled $false
    
  6. 回復可能なアイテム フォルダーからアイテムが削除されないことを確認するために、回復可能なアイテムのクォータを増やし、回復可能なアイテムの警告クォータを増やし、削除されたアイテムの保持期間をユーザーの回復可能なアイテム フォルダーの現在のサイズよりも大きく設定します。これは、インプレース保持または訴訟ホールドの対象となっているメールボックスのメッセージを保持するのに特に重要です。これらの設定を現在のサイズの 2 倍に増やすことをお勧めします。To make sure no items are deleted from the Recoverable Items folder, increase the Recoverable Items quota, increase the Recoverable Items warning quota, and set the deleted item retention period to a value higher than the current size of the user's Recoverable Items folder. This is particularly important for preserving messages for mailboxes placed on In-Place Hold or Litigation Hold. We recommend raising these settings to twice their current size.

    Set-Mailbox "Gurinder Singh" -RecoverableItemsQuota 50Gb -RecoverableItemsWarningQuota 50Gb -RetainDeletedItemsFor 3650 -ProhibitSendQuota 50Gb -ProhibitSendRecieveQuota 50Gb -UseDatabaseQuotaDefaults $false -UseDatabaseRetentionDefaults $false
    
  7. メールボックス サーバーの管理フォルダー アシスタントを無効にする。Disable the Managed Folder Assistant on the Mailbox server.

    Set-MailboxServer MyMailboxServer -ManagedFolderWorkCycle $null
    

    重要

    メールボックスがデータベース可用性グループ (DAG) のメールボックス データベースに存在する場合、データベースのコピーをホストする各 DAG メンバー上で管理フォルダー アシスタントを無効にする必要があります。これにより、データベースが別のサーバーにフェールオーバーした場合に、サーバー上の管理フォルダー アシスタントがメールボックスのデータを削除するのを防止します。If the mailbox resides on a mailbox database in a database availability group (DAG), you must disable the Managed Folder Assistant on each DAG member that hosts a copy of the database. If the database fails over to another server, this prevents the Managed Folder Assistant on that server from deleting mailbox data.

  8. 単一アイテムの回復を無効にし、訴訟ホールドからメールボックスを削除します。Disable single item recovery and remove the mailbox from Litigation Hold.

    Set-Mailbox "Gurinder Singh" -SingleItemRecoveryEnabled $false -LitigationHoldEnabled $false
    

    重要

    このコマンドを実行した後、単一アイテムの回復または訴訟ホールドを無効にするのに最大 1 時間かかる可能性があります。それ以上に時間が経過した場合にのみ、次の手順を実行することをお勧めします。After you run this command, it may take up to one hour to disable single item recovery or Litigation Hold. We recommend that you perform the next step only after this period has elapsed.

  9. アイテムを回復可能なアイテム フォルダーから検出検索メールボックスのフォルダーにコピーして、ソース メールボックスからコンテンツを削除します。Copy items from the Recoverable Items folder to a folder in the Discovery Search Mailbox and delete the contents from the source mailbox.

    Search-Mailbox -Identity "Gurinder Singh" -SearchDumpsterOnly -TargetMailbox "Discovery Search Mailbox" -TargetFolder "GurinderSingh-RecoverableItems" -DeleteContent
    

    指定した条件に一致するメッセージのみを削除する必要がある場合は、 Searchqueryパラメーターを使用して条件を指定します。If you need to delete only messages that match specified conditions, use the SearchQuery parameter to specify the conditions. この例では、 [件名] フィールドに「Your bank statement」という文字列が含まれるメッセージを削除します。This example deletes messages that have the string "Your bank statement" in the Subject field.

    Search-Mailbox -Identity "Gurinder Singh" -SearchQuery "Subject:'Your bank statement'" -SearchDumpsterOnly -TargetMailbox "Discovery Search Mailbox" -TargetFolder "GurinderSingh-RecoverableItems" -DeleteContent
    

    注意

    検出検索メールボックスにアイテムをコピーする必要はありません。任意のメールボックスにメッセージをコピーできます。ただし、機密性の高いメールボックス データへのアクセスを防止するために、承認されたレコード マネージャーにのみアクセスが制限されたメールボックスにメッセージをコピーすることをお勧めします。既定値では、既定の検出検索メールボックスへのアクセスは、"Discovery Management/検出の管理" 役割グループのメンバーに制限されています。詳細については、「インプレース電子情報開示 (eDiscovery)」を参照してください。It isn't required to copy items to the Discovery Search Mailbox. You can copy messages to any mailbox. However, to prevent access to potentially sensitive mailbox data, we recommend copying messages to a mailbox that has access restricted to authorized records managers. By default, access to the default Discovery Search Mailbox is restricted to members of the Discovery Management role group. For details, see In-Place eDiscovery.

  10. メールボックスが訴訟ホールドの対象だった場合または以前に単一アイテムの回復が有効だった場合は、それらの機能を再度有効にします。If the mailbox was placed on Litigation Hold or had single item recovery enabled earlier, enable these features again.

    Set-Mailbox "Gurinder Singh" -SingleItemRecoveryEnabled $true -LitigationHoldEnabled $true
    

    重要

    このコマンドを実行した後、単一アイテムの回復または訴訟ホールドを有効にするのに最大 1 時間かかる可能性があります。それ以上に時間が経過した場合にのみ、管理フォルダー アシスタントを有効にしてクライアント アクセスを許可することをお勧めします (手順 11 および 12)。After you run this command, it may take up to one hour to enable single item recovery or Litigation Hold. We recommend that you enable the Managed Folder Assistant and allow client access (Steps 11 and 12) only after this period has elapsed.

  11. 以下のクォータを、手順 1 でメモした値に戻します。Revert the following quotas to the values noted in Step 1:

    • RecoverableItemsQuotaRecoverableItemsQuota

    • RecoverableItemsWarningQuotaRecoverableItemsWarningQuota

    • ProhibitSendQuotaProhibitSendQuota

    • ProhibitSendReceiveQuotaProhibitSendReceiveQuota

    • UseDatabaseQuotaDefaultsUseDatabaseQuotaDefaults

    • RetainDeletedItemsForRetainDeletedItemsFor

    • UseDatabaseRetentionDefaultsUseDatabaseRetentionDefaults

    この例では、メールボックスは訴訟ホールドから削除され、削除されたアイテム保持期間は既定値の 14 日間にリセットされ、回復可能なアイテムのクォータはメールボックス データベースと同じ値を使用するよう構成されます。In this example, the mailbox is removed from retention hold, the deleted item retention period is reset to the default value of 14 days, and the Recoverable Items quota is configured to use the same value as the mailbox database. 手順1でメモした値が異なる場合は、上記のパラメーターを使用して各値を指定し、 UseDatabaseQuotaDefaultsパラメーター $falseをに設定する必要があります。If the values you noted in Step 1 are different, you must use the preceding parameters to specify each value and set the UseDatabaseQuotaDefaults parameter to $false. RetainDeletedItemsFor パラメーター ** と UseDatabaseRetentionDefaultsパラメーターが以前に異なる値に設定されていた場合は、手順1でメモした値に戻す必要があります。If the RetainDeletedItemsFor and UseDatabaseRetentionDefaults parameters were previously set to a different value, you must also revert them to the values noted in Step 1.

    Set-Mailbox "Gurinder Singh" -RetentionHoldEnabled $false -RetainDeletedItemsFor 14 -RecoverableItemsQuota unlimited -UseDatabaseQuotaDefaults $true
    
  12. ワーク サイクルの設定を手順 4 でメモした値に戻すことで、管理フォルダー アシスタントを有効にします。この例ではワーク サイクルを 1 日に設定します。Enable the Managed Folder Assistant by setting the work cycle back to the value you noted in Step 4. This example sets the work cycle to one day.

    Set-MailboxServer MyMailboxServer -ManagedFolderWorkCycle 1
    
  13. クライアント アクセスを有効にします。Enable client access.

    Set-CASMailbox -ActiveSyncEnabled $true -EwsEnabled $true -MAPIEnabled $true -OWAEnabled $true -ImapEnabled $true -PopEnabled $true
    

構文およびパラメーターの詳細については、以下のトピックを参照してください。For detailed syntax and parameter information, see the following topics:

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

メールボックスの回復可能なアイテムフォルダーが正常にクリーンアップされたことを確認するには、 get-mailboxfolderstatisticsコマンドレットを使用して [回復可能なアイテム] フォルダーのサイズを確認します。To verify that you have successfully cleaned up the Recoverable Items folder of a mailbox, use Get-MailboxFolderStatistics cmdlet the check the size of the Recoverable Items folder.

この例では、回復可能なアイテム フォルダーとそのサブフォルダーのサイズ、およびフォルダー/各サブフォルダー内のアイテム数を取得します。This example retrieves the size of the Recoverable Items folder and its subfolders and an item count in the folder and each subfolder.

Get-MailboxFolderStatistics -Identity "Gurinder Singh" -FolderScope RecoverableItems | Format-Table Name,FolderAndSubfolderSize,ItemsInFolderAndSubfolders -Auto