Exchange 2013 の Exchange ライターExchange writer in Exchange 2013

バックアップと復元の操作に関する Exchange 2013 の Exchange ライターに関する情報を確認できます。Find information about the Exchange writer in Exchange 2013 for backup and restore operations.

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Exchange ライターは、アクティブな Exchange Server 2013 データベースのバックアップと復元を担当します。The Exchange writer is responsible for the backup and restore of active Exchange Server 2013 databases. また、Exchange ライターは、データベースやトランザクション ログ ファイルのレプリケートされたインスタンスのシャドー コピーが作成される、選択したデータベースのバックアップ機能もサポートしています。The Exchange writer also supports backup functionality for a selected database where the shadow copy is taken against the replicated instance of the database and transaction log files.

Exchange ライターの概要Overview of the Exchange writer

Exchange 2013 にはデータベースのモビリティ機能が含まれており、データベースを異なる Exchange サーバー間でレプリケートして、データベースの可用性とサイトの復元性を向上させることができます。Exchange 2013 includes database mobility features, which enable databases to be replicated among different Exchange servers to improve database availability and site resilience. データベース可用性グループ (DAG) 内の他のデータベースコピーは、コピー先で利用可能なその他のリソースを使用するための、Exchange バックアップの貴重な機会を提供します。The other database copies in a Database Availability Group (DAG) provide a valuable opportunity for Exchange backups to use the extra resources that are available at the copy location. さらに、アクティブデータベースマスターの代わりにコピーがバックアップされるため、バックアップ中にコピーを使用できなくなることがあります。In addition, because the copy instead of the active database master is backed up, the copy can be unavailable during the backup for a longer period of time.

Exchange ライターは Exchange サービス (リクエスターのために動作) と連携して、バックアップに備えてデータベース ファイルを準備し、データベースをバックアップする前に Exchange トランザクションの結果として生じる IO アクティビティを固定します。その後、バックアップが完了してから、ログ ファイルの固定を解除して切り詰めます。The Exchange writer coordinates with the Exchange services (operating on behalf of the requester) to prepare the database files for backups, freeze the IO activity resulting from Exchange transactions before backing up the database, and then unfreeze and truncate log files after the backup is complete.

復元中、バックアップと復元アプリケーションは、(リクエスターのために動作する) Exchange ストアと連携して、復元ターゲットの検証、データベース ファイルの名前変更 (必要な場合)、必要に応じてトランザクション ログの再生を行うよう Exchange ライターに指示します。Exchange ライターは、バックアップと復元の両方をサポートします。During a restore, your backup and restore application instructs the Exchange writer to coordinate with the Exchange store (operating on behalf of the requester) to verify the restore targets, rename the database file if necessary, and then replay the transaction logs as needed. The Exchange writer supports both backups and restores.

Exchange ライターは、メールボックス サーバーの役割がインストールされている Exchange サーバーで利用できます。The Exchange writer is available on any Exchange server that has the Mailbox server role installed.

Exchange ライターの構成設定 Exchange writer configuration settings

VSS 用の Exchange ライターは、正しく設定され、バックアップと復元の操作中に保持されることが必要な各種設定と値を使います。これらの構成設定は、Exchange ライターのメタデータ ドキュメントに格納されます。バックアップ アプリケーションがこれらの設定を保持しない場合、Exchange データベースのバックアップを試みると予期しないエラーが発生する可能性があります。 The Exchange writer for VSS uses a variety of settings and values that must be set correctly and preserved during backup and restore operations. These configuration settings are stored in the Exchange writer metadata document. If your backup application does not preserve these settings, you might experience unexpected errors when you attempt to back up your Exchange databases.

以下の表は、データベース バックアップのコンポーネントに関するメタデータを公開する VSS インタ フェースを一覧表示します。これらのインターフェイスは、Exchange ストアのバックアップに使う Exchange ライター メタデータ ドキュメントを取得するときに必要です。The following table lists the VSS interfaces that expose metadata about the components of your database backup. These interfaces are required to get the Exchange writer metadata document that is used to perform a backup of the Exchange store.

表1VSS インターフェイスTable 1. VSS interfaces

VSS インターフェイスVSS interface 説明Description
IVssWMComponentIVssWMComponent
Exchange ライターに格納されているコンポーネント情報にアクセスできるようにします。Allows access to component information stored in the Exchange writer.
IVssExamineWriterMetadataIVssExamineWriterMetadata
要求したバックアップおよび復元アプリケーションが、Exchange ライターのメタデータを確認できるようにします。Allows the requesting backup and restore application to examine the metadata of the Exchange writer. Exchange ライターのメタデータドキュメントには、要求のバックアップと復元アプリケーションが必要とする Exchange 2013 固有の値とパラメーターが含まれています。これにより、バックアップに適切なコンポーネントを正しく指定することができます。The Exchange writer metadata document contains Exchange 2013-specific values and parameters that the requesting backup and restore application requires so that it can correctly specify the appropriate components for backup.
IVssComponentIVssComponent
リクエスターのバックアップ コンポーネント ドキュメントに含まれるコンポーネントに関する情報を調べて変更するメソッドが含まれます。Contains methods for examining and modifying information about components contained in a requester's Backup Components Document. オブジェクトは、 Ivssbackupcomponents:: AddComponentメソッドによってこのドキュメントに明示的に追加されたコンポーネントに対してのみ取得できます。Objects can only be obtained for those components that have been explicitly added to this document by the IVssBackupComponents::AddComponent method.
IVssBackupComponentsIVssBackupComponents
リクエスターのバックアップと復元アプリケーションが、ファイルの状態について Exchange ライターをポーリングし、バックアップと復元の操作を実行するために使います。Used by the requesting backup and restore application to poll the Exchange writer about file status and to run backup and restore operations. Ivssbackupcomponents:: SetBackupStateメソッドは、バックアップ操作がフル、コピー、増分、または差分バックアップのいずれであるかを定義します。The IVssBackupComponents::SetBackupState method defines whether the backup operation is a full, copy, incremental, or differential backup. Ivssbackupcomponents:: AddRestoreSubcomponentメソッドは、復元操作で選択できる Exchange 2013 データベースのサブコンポーネントを定義します。The IVssBackupComponents::AddRestoreSubcomponent method defines the subcomponents of an Exchange 2013 database that can be selected for a restore operation.

Windows Server ファイルシステムでは、Exchange 2013 データベースは、拡張子 .edb を持つ単一のデータベースファイルとして保存されます 。Exchange ライターはデータベースコンポーネントとして .edb を公開し、トランザクションログ (.log) とチェックポイントファイル (.chk) は、1つのコンポーネント (ログコンポーネントと呼ばれる) に統合されます。Within the Windows Server file system, an Exchange 2013 database is stored as a single database file with an extension .edb. The Exchange writer exposes the .edb as the database component, while transaction logs (.log) and checkpoint files (.chk) are combined into a single component, referred to as the log component. Exchange データベースファイルの詳細については、「 exchange 2013 のバックアップと復元の概念」を参照してください。For more information about Exchange database files, see Backup and restore concepts for Exchange 2013.

Exchange ライター、VSS、VSS リクエスター間の相互作用Interactions between the Exchange writer, VSS, and VSS requesters

バックアップ操作時の VSS、Exchange ライター、Exchange 2013 間の高レベルの対話は、次のとおりです。The high-level interaction between the VSS, the Exchange writer, and Exchange 2013 during backup operations is as follows:

  1. バックアップ プログラム (またはエージェント) がスケジュールされたジョブを実行します。The backup program (or agent) runs a scheduled job.

  2. バックアップおよび復元アプリケーションの VSS リクエスターは、VSS にコマンドを送信して、選択された Exchange 2013 データベースのシャドウコピーを取得します。The VSS requester in the backup and restore application sends a command to VSS to take a shadow copy of the selected Exchange 2013 databases.

  3. VSS は、Exchange ライターと通信して、スナップショットバックアップを準備します。VSS communicates with the Exchange writer to prepare for a snapshot backup. Exchange 2013 は、データベースに対する管理操作を禁止し、ボリュームの依存関係をチェックし、読み取り専用アクセスを許可する一方で、データベースおよびトランザクションログファイルの選択されたインスタンスに対するすべての書き込み操作を中断します。Exchange 2013 prohibits administrative actions against the databases, checks volume dependencies, and suspends all write operations to selected instance of the database and transaction log files while allowing read-only access.

  4. VSS は適切なストレージプロバイダーと通信して、Exchange 2013 データベースが格納されているストレージボリュームのシャドウコピーを作成します。VSS communicates with the appropriate storage provider to create a shadow copy of the storage volume that contains the Exchange 2013 databases.

  5. VSS は、Exchange 2013 を解放して、通常の操作を再開します。VSS releases Exchange 2013 to resume ordinary operations.

  6. VSS リクエスターは、バックアップが正常に完了したことを通知する前にバックアップ セットの物理的な整合性を検証します。The VSS requester verifies the physical consistency of the backup set prior to signaling that the backup was successful. Exchange 2013 は、トランザクションログを切り捨てます (データベースが DAG の一部である場合、ログの切り捨てがすべてのコピーでレプリケートされます)。データベースの最終バックアップ時刻を記録します。Exchange 2013 truncates the transaction logs (if the database is part of a DAG, log truncation is replicated among all the copies) and records the time of the last backup for the database.

VSS は、要求者の対話を、 OnOnPostSnapshot backupメソッドから始まり、 OnPostSnapshotメソッドで終わる Exchange ライターとシリアル化します。VSS serializes requesters' interaction with the Exchange writer starting with the OnPrepareBackup method and ending with the OnPostSnapshot method. バックアップの完了前にシャドウ コピーの整合性が検証される際、通常、Exchange ライターは、OnPostSnapshot メソッドの後に発生するシャドウ コピーの処理にほとんどの時間を費やします。Typically, the majority of time the Exchange writer spends working with the shadow copy occurs after the OnPostSnapshot method, when the consistency of the shadow copy is verified prior to completion of the backups. Exchange ライターは、 OnPostSnapshotOnBackupCompleteの間の並行バックアップをサポートしています。The Exchange writer supports parallel backups between OnPostSnapshot and OnBackupComplete.

Exchange 2013 では、同じデータベースのバックアップを同時に実行することはできません。Exchange 2013 does not allow concurrent backups of the same database. 特定のデータベースに対して一度に実行できるのは 1 つのバックアップ ジョブのみです。Only one backup job can run against a given database at one time. バックアップの実行中、Exchange ストアにより、データベースはバックアップ進行中状態になります。When the backup is running, the Exchange store puts the database in a backup-in-progress state. このメモリ内の状態は、バックアップ プロセスの完了時かサービスの再起動時のいずれかにクリアされます。This in-memory state is cleared either at the completion of the backup process or when the service is restarted. メモリ内のバックアップ進行中状態とその関連データは、Exchange ライターをホストするサービスを再起動するとき、オペレーティング システムを再起動するとき、クラスターのフェールオーバーが発生するときのいずれかの場合に失われます。The in-memory backup-in-progress state and its associated data are lost when the service that hosts the Exchange writer is restarted, when the operating system is restarted, or when a cluster failover occurs. こうしたイベントは、バックアップ ジョブが失敗する原因となります。Any of these events will cause the backup job to fail.

実行するバックアップの種類に基づいて、バックアップ開始トランザクション ログ ファイルの切り詰めがトリガーされます。DAG 以外の構成では、Exchange ライターは、完全バックアップや増分バックアップが正常に完了したときにトランザクション ログ ファイルを切り詰めます。DAG のレプリケートされた構成では、すべての必要なログ ファイルが他のすべてのコピーに再生されるまで、レプリケーション サービスによってログの切り詰めが遅延されます。レプリケーション サービスは、アクティブなログ ファイル パスとコピー ログ ファイル パスの両方からバックアップ ログ ファイルを削除します。この削除は、ログ ファイルがコピー データベースに正常に適用され、アクティブ データベースとデータベース コピー チェックポイントの両方が削除対象のログ ファイルを渡したことを確認した後に行われます。Backup-initiated transaction log file truncation is triggered based on the type of backup to be performed. In non-DAG configurations, the Exchange writer will truncate the transaction log files at the completion of successful full or incremental backups. In DAG replicated configurations, log truncation will be delayed by the replication service until all necessary log files are replayed into all other copies. The replication service will delete the backed up log files both from the active and the copy log file paths after it verifies that the log files have successfully been applied to the copy database and both active database and the database copies checkpoint has passed the log files to be deleted.

関連項目See also