EWS マネージ API アセンブリの参照Reference the EWS Managed API assembly

EWS マネージ API アセンブリを参照する方法についての情報を探します。Find information about how to reference the EWS Managed API assembly.

EWS マネージ API は、Exchange Web サービス (EWS) を使用するアプリケーションを開発して拡張するためのシンプルかつフル機能を備えたインターフェイスを提供します。The EWS Managed API provides a simple and full-featured interface for developing and extending applications that use Exchange Web Services (EWS). EWS マネージ API アプリケーションを開発するために Visual Studio を使用しているにせよ、別のコード エディターを使用しているにせよ、EWS マネージ API アセンブリを参照する必要があります。Whether you are using Visual Studio or another code editor to develop your EWS Managed API application, you will need to make a reference to the EWS Managed API assembly. EWS マネージ API をまだインストールしていない場合は、必ず API をダウンロードしてください。If you haven't installed the EWS Managed API already, be sure to download the API.

注意

EWS マネージ API は、GitHub でオープンソース プロジェクトとして利用可能になりました。The EWS Managed API is now available as an open source project on GitHub. オープン ソース ライブラリを使用して、以下のことができます。You can use the open source library to:

  • バグ修正と API の機能強化に貢献します。Contribute bug fixes and enhancements to the API.
  • 公式のリリースで利用可能になる前に、修正プログラムや拡張機能を取得できます。Get fixes and enhancements before they are available in an official release.
  • API の最も包括的かつ最新の実装にアクセスして、参照として使用するか、新しいプラットフォームで新しいライブラリを作成します。Access the most comprehensive and up-to-date implementation of the API, to use as a reference or to create new libraries on new platforms.

GitHub を通した皆様の貢献を歓迎いたします。We welcome your contributions via GitHub.

アセンブリを参照するReferencing the assembly

参照を追加する最も一般的な方法は、Visual Studio を使用することです。他のエディターの使用を好む開発者がいることも理解していますので、Visual Studio を利用するための手順のほかに、コマンド ラインのコンパイラを利用するための手順も含めています。以下のコード例には同じ using ステートメントがあることにお気付きかもしれません。2 つの方法の違いは、コマンド ライン コンパイラはアセンブリ ファイルの場所が必要な点です。Visual Studio の参照は、これをバック グラウンドで処理します。The most common way to add a reference is to use Visual Studio. We know that some developers out there like to use other editors, so we are including instructions for using the command-line compiler as well as instructions for using Visual Studio. You might notice that the code examples that follow have the same using statements. The difference between the two methods is that the command-line compiler needs the location of the assembly file. The Visual Studio reference handles this for you behind the scenes.

Visual Studio を使用して参照を追加するにはTo add a reference by using Visual Studio

  1. Microsoft.Exchange.WebServices.dll のファイルおよび Microsoft.Exchange.WebServices.xml のファイルを任意のフォルダーに配置します。Put the Microsoft.Exchange.WebServices.dll file and the Microsoft.Exchange.WebServices.xml file into a folder of your choice. 既定では、ファイルは C:\Program Files\Microsoft\Exchange\Web Services\2.0\ にインストールされますが、ファイルはお使いのコンピューターの任意の場所に保存することができます。By default, the files are installed in C:\Program Files\Microsoft\Exchange\Web Services\2.0\, but you can store the files anywhere on your computer.

  2. Visual Studio のソリューション エクスプローラー ウィンドウで、[参照] を選択してから、[参照の追加] を選択します。これにより、[参照の追加] ウィンドウが開きます。In the Solution Explorer pane in Visual Studio, select References, and then choose Add Reference. This opens the Add Reference window.

  3. [参照の追加] ウィンドウで [参照] タブに移動し、Microsoft.Exchange.WebServices.dll ファイルの場所を参照して、[OK] を選択します。 In the Add Reference window, navigate to the Browse tab, browse to the location of the Microsoft.Exchange.WebServices.dll file, select that file, and then select OK.

  4. アプリケーション内で EWS マネージ API を使用するには、Microsoft.Exchange.WebServices.Data 名前空間に using ステートメントを追加します。To use the EWS Managed API in your application, add a using statement for the Microsoft.Exchange.WebServices.Data namespace.

     using Microsoft.Exchange.WebServices.Data;
    

コマンド ライン コンパイラを使用して、参照を追加し、アプリケーションをビルドするTo add a reference and build your application with the command-line compiler

  1. Microsoft.Exchange.WebServices.dll ファイルを任意のフォルダーに配置します。このフォルダーは、コンパイラの出力フォルダーになります。Put the Microsoft.Exchange.WebServices.dll file into a folder of your choice. This folder will be the output folder for the compiler.

  2. ご使用のソース コード エディターで、Microsoft.Exchange.WebServices.Data 名前空間のソース コードに using ステートメントを追加します。In your source code editor, add a using statement to the source code for the Microsoft.Exchange.WebServices.Data namespace.

     using Microsoft.Exchange.WebServices.Data;
    
  3. コマンド ライン コンパイラを実行してアプリケーションをビルドします。次のコマンドは、.NET Framework の C# コンパイラを使用して、ソース コード ファイル "program.cs" で定義されている Windows アプリケーションをビルドします。ここでは、コンパイラが既定のインストール ディレクトリ内にあり、Microsoft.Exchange.WebServices.dll ファイルが、"build" という名前の現在のディレクトリのサブディレクトリにあると想定しています。Run the command-line compiler to build the application. The following command uses the .NET Framework C# compiler to build the Windows application defined in the source code file "program.cs". It assumes that the compiler is located in the default installation directory and that the Microsoft.Exchange.WebServices.dll file is in a subdirectory of the current directory named "build".

     c:\Windows\Microsoft.NET\Framework\3.5\csc /target: winexe /out: build\testApplication /reference: build\Microsoft.Exchange.WebServices.dll program.cs
    

関連項目See also