Exchange で EWS を使用して Exchange メールボックス アイテムを操作するWork with Exchange mailbox items by using EWS in Exchange

Exchange で EWS マネージ API または EWS を使用して、アイテムを作成、取得、更新、削除する方法について説明します。Learn how to create, get, update, and delete items by using the EWS Managed API or EWS in Exchange.

EWS マネージ API または EWS を使用すると、メールボックスのアイテムを処理することができます。You can use the EWS Managed API or EWS to work with items in a mailbox. 汎用アイテム (EWS マネージ API の Item オブジェクトや EWS の Item 型) を使用して、いくつかの操作 (アイテム識別子を使用したアイテムの取得や削除) を実行することができます。ただし、ほとんどの場合、取得操作または更新操作を実行するためには、厳密に型指定されたアイテムに固有のプロパティにアクセスする必要があるため、厳密に型指定されたアイテムを使用しなければなりません。You can use generic items — EWS Managed API Item objects or EWS Item types — to perform some operations (getting an item or deleting an item by using the item's identifier); however, most of the time you'll have to use a strongly typed item to perform a get or update operation because you'll need access to the properties that are specific to the strongly typed item.

たとえば、汎用アイテムを使用して、開始日と終了日を含むアイテムを取得することはできません。これを行うには、EWS マネージ API の Appointment オブジェクトまたは EWS の CalendarItem 型が必要です。For example, you can't use a generic item to retrieve an item that contains a start and end date - you need an EWS Managed API Appointment object or an EWS CalendarItem type to do that. また、EWS マネージ API を使用している場合は、汎用 Item クラスにはコンストラクターがないため、厳密に型指定されたアイテムを常に作成する必要があります。And if you're using the EWS Managed API, you always have to create strongly typed items, because the generic Item class does not have a constructor. 厳密に型指定されていないアイテムを処理する場合は、いつでも、基本 Item クラスを使用してアイテムを処理することができます。If you're working with an item that is not strongly typed, you can always use the base Item class to work with the item.

表 1. アイテムを処理するための EWS マネージ API メソッドと EWS 操作Table 1. EWS Managed API methods and EWS operations for working with items

目的In order to… EWS マネージ API メソッドEWS Managed API method EWS 操作EWS operation
汎用アイテムを作成するCreate a generic item
なし。EWS マネージ API を使用して特定のアイテムの種類のみを作成できます。汎用アイテムを作成することはできません。None. You can only create specific item types by using the EWS Managed API; you cannot create generic items.
CreateItemCreateItem
アイテムを取得するGet an item
Item.BindItem.Bind
GetItemGetItem
アイテムを更新するUpdate an item
Item.UpdateItem.Update
UpdateItemUpdateItem
アイテムを削除するDelete an item
Item.DeleteItem.Delete
DeleteItemDeleteItem

この記事では、タスクを実行するために、汎用基本クラスを使用する場合と、厳密に型指定されたアイテムを使用する場合とについて説明します。コード例では、基本クラスを使用する方法と、基本クラスを使用できないとき、または基本クラスがニーズに合わないときの対処法を示しています。In this article, you'll learn when you can use the generic base class and when you need to use a strongly typed item to complete your task. The code examples will show you how to use the base class, and what to do when you can't use the base class or it doesn't fit your needs.

EWS マネージ API を使用してアイテムを作成するCreate an item by using the EWS Managed API

EWS マネージ API には、Item クラスの公式コンストラクターがないため、アイテムを作成するには、作成したい特定のアイテムの種類のためのコンストラクターを使用する必要があります。たとえば、 EmailMessage クラス コンストラクターを使用して、新しい電子メール メッセージを作成したり、Contact クラス コンストラクターを使用して新しい連絡先を作成したりします。同様に、サーバーは応答で汎用 Item オブジェクトを返すことはありません。すべての汎用アイテムは、 EmailMessage オブジェクトとして返されます。The EWS Managed API does not have a publicly available constructor for the Item class, so you must use the constructor for the specific item type you want to create in order to create an item. For example, use the EmailMessage class constructor to create a new email message, and the Contact class constructor to create a new contact. Likewise, the server never returns generic Item objects in responses; all generic items are returned as EmailMessage objects.

作成するアイテムの種類が分かっている場合、わずかな手順だけでタスクを完了できます。この手順は、すべてのアイテムの種類について同様になります。When you know the type of item to create, you can complete the task in just a few steps. The steps are similar for all item types:

  1. パラメータとして ExchangeService オプジェクトを持ついずれかの Item クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initialize a new instance of one of the Item classes with the ExchangeService object as a parameter.

  2. アイテムのプロパティを設定します。スキーマはアイテムの種類ごとに異なるため、利用できるプロパティはアイテムに応じて異なってきます。Set properties on the item. The schemas are different for each item type, so different properties are available for different items.

  3. アイテムを保存するか、アイテムを保存して送信します。Save the item, or save and send the item.

たとえば、EmailMessage オブジェクトを作成して、 SubjectBody、および ToRecipients の各プロパティを設定し、 EmailMessage.SendAndSaveCopy メソッドを使用して送信できます。For example, you can create an EmailMessage object, set the Subject, Body, and ToRecipients properties, and then send it by using the EmailMessage.SendAndSaveCopy method.

// Create an email message and provide it with connection 
// configuration information by using an ExchangeService object named service.
EmailMessage message = new EmailMessage(service);
// Set properties on the email message.
message.Subject = "Company Soccer Team";
message.Body = "Are you interested in joining?";
message.ToRecipients.Add("sadie@contoso.com");
// Send the email message and save a copy.
// This method call results in a CreateItem call to EWS.
message.SendAndSaveCopy();

EWS マネージ API を使用して会議または予定アイテムを作成する方法については、「Exchange 2013 で EWS を使用して予定と会議を作成する」を参照してください。To learn how to create a meeting or appointment item by using the EWS Managed API, see Create appointments and meetings by using EWS in Exchange 2013.

EWS を使用してアイテムを作成するCreate an item by using EWS

EWS を使用して、汎用アイテムまたは厳密に型指定されたアイテムを作成できます。この手順は、すべてのアイテムの種類について同様になります。You can create a generic item or a strongly typed item by using EWS. The steps are similar for all item types:

  1. CreateItem 操作を使用して、Exchange ストアのアイテムを作成します。Use the CreateItem operation to create an item in the Exchange store.

  2. Items 要素を使用して、作成する 1 つ以上のアイテムを含めます。Use the Items element to contain one or more items to create.

  3. アイテムのプロパティを設定します。Set properties on the item.

たとえば、次の例のコードを使用し、電子メール メッセージを作成して送信できます。これは、SendAndSaveCopy メソッドを呼び出す際に、EWS マネージ API が送信する XML 要求でもあります。For example, you can create an email message and send it by using the code in the following example. This is also the XML request that the EWS Managed API sends when you call the SendAndSaveCopy method.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<soap:Envelope xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
               xmlns:m="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/messages" 
               xmlns:t="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types" 
               xmlns:soap="https://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
  <soap:Header>
    <t:RequestServerVersion Version="Exchange2007_SP1" />
  </soap:Header>
  <soap:Body>
    <m:CreateItem MessageDisposition="SendAndSaveCopy">
      <m:SavedItemFolderId>
        <t:DistinguishedFolderId Id="sentitems" />
      </m:SavedItemFolderId>
      <m:Items>
        <t:Message>
          <t:Subject>Company Soccer Team</t:Subject>
          <t:Body BodyType="HTML">Are you interested in joining?</t:Body>
          <t:ToRecipients>
            <t:Mailbox>
              <t:EmailAddress>sadie@contoso.com </t:EmailAddress>
              </t:Mailbox>
          </t:ToRecipients>
        </t:Message>
      </m:Items>
    </m:CreateItem>
  </soap:Body>
</soap:Envelope>

サーバーは、CreateItemResponse メッセージで CreateItem 要求に応答します。このメッセージには、電子メールが正常に作成されたことを示す NoErrorResponseCode 値、および新しく作成されたメッセージの ItemId が含まれます。The server responds to the CreateItem request with a CreateItemResponse message that includes a ResponseCode value of NoError, which indicates that the email was created successfully, and the ItemId of the newly created message.

EWS を使用して会議または予定アイテムを作成する方法については、「Exchange 2013 で EWS を使用して予定および会議を作成する」を参照してください。To learn how to create a meeting or appointment item by using EWS, see Create appointments and meetings by using EWS in Exchange 2013.

EWS マネージ API を使用してアイテムを取得するGet an item by using the EWS Managed API

取得するアイテムの Item.Id が分かっている場合に EWS マネージ API を使用してアイテムを取得するには、アイテムに対して Bind メソッドのいずれかを呼び出すだけでアイテムが取得されます。ベスト プラクティスとして、必要なものだけを返すようにプロパティを制限することをお勧めします。次の例では、アイテムの Id プロパティと Subject プロパティを返します。To use the EWS Managed API to get an item if you know the Item.Id of the item to retrieve, you simply call one of the Bind methods on the item, and the item is retrieved. As a best practice, we recommend that you limit the properties returned to only those that are required. This example returns the item Id property and the Subject property.

この例では、 service が有効な ExchangeService オブジェクトであり、ユーザーが Exchange サーバーに既に認証されていると想定しています。ローカル変数 itemId は、更新するアイテムの Id です。This example assumes that service is a valid ExchangeService object and that the user has been authenticated to an Exchange server. The local variable itemId is the Id of the item to update.

// As a best practice, limit the properties returned to only those that are required.
PropertySet propSet = new PropertySet(BasePropertySet.IdOnly, ItemSchema.Subject);
// Bind to the existing item by using the ItemId.
// This method call results in a GetItem call to EWS.
Item item = Item.Bind(service, itemId, propSet);

特定の条件を満たすアイテムを検索している場合は、次の操作を行います。If you're searching for an item that meets specific criteria, do the following:

  1. 取得するアイテムを含むフォルダーにバインドします。Bind to the folder that contains the items to get.

  2. SearchFilter.SearchFilterCollection または PropertySet をインスタンス化して、返すアイテムをフィルターにかけます。Instantiate a SearchFilter.SearchFilterCollection or a PropertySet to filter the items to return.

  3. ItemView オブジェクトまたは CalendarView オブジェクトをインスタンス化して、返すアイテムの数を指定します。Instantiate an ItemView or CalendarView object to specify the number of items to return.

  4. ExchangeService.FindItems メソッドまたは ExchangeService.FindAppointments メソッドを呼び出します。Call the ExchangeService.FindItems or ExchangeService.FindAppointments method.

たとえば、受信トレイに未読の電子メール メッセージを取得する場合は、次の例のコードを使用します。この例では、 SearchFilterCollection を使用して FindItems メソッドの結果を未読のメッセージに制限し、 ItemView を制限して結果を 1 つのアイテムに制限します。 EmailMessageSchema.IsRead の値が SearchFilter.の一部であるため、この特定のコードは、 EmailMessage オブジェクトでのみ機能します。For example, if you want to retrieve unread email messages in the Inbox, use the code in the following example. This example uses a SearchFilterCollection to limit the results of the FindItems method to unread messages, and limits the ItemView to limit results to one item. This particular code only works on EmailMessage objects because the EmailMessageSchema.IsRead value is part of the SearchFilter.

// Bind the Inbox folder to the service object.
Folder inbox = Folder.Bind(service, WellKnownFolderName.Inbox);
// The search filter to get unread email.
SearchFilter sf = new SearchFilter.SearchFilterCollection(LogicalOperator.And, new SearchFilter.IsEqualTo(EmailMessageSchema.IsRead, false));
ItemView view = new ItemView(1);
// Fire the query for the unread items.
// This method call results in a FindItem call to EWS.
FindItemsResults<Item> findResults = service.FindItems(WellKnownFolderName.Inbox, sf, view);

また、次のコード例に示すように、PropertySet を使用して検索結果を制限することもできます。この例では、 FindAppointments メソッドを使用して、次の 30 日間で発生する最大 5 つの予定を取得します。このコードは、予定表アイテムでのみ機能します。Alternatively, you can use a PropertySet to limit the results of the search as shown in the following code example. This example uses the FindAppointments method to retrieve up to five appointments that occur in the next 30 days. This code of course only works on calendar items.

// Initialize values for the start and end times, and the number of appointments to retrieve.
DateTime startDate = DateTime.Now;
DateTime endDate = startDate.AddDays(30);
const int NUM_APPTS = 5;
// Bind the Calendar folder to the service object.
// This method call results in a GetFolder call to EWS.
CalendarFolder calendar = CalendarFolder.Bind(service, WellKnownFolderName.Calendar, new PropertySet());
// Set the start and end time and number of appointments to retrieve.
CalendarView cView = new CalendarView(startDate, endDate, NUM_APPTS);
// Limit the properties returned to the appointment's subject, start time, and end time.
cView.PropertySet = new PropertySet(AppointmentSchema.Subject, AppointmentSchema.Start, AppointmentSchema.End);
// Retrieve a collection of appointments by using the calendar view.
// This method call results in a FindAppointments call to EWS.
FindItemsResults<Appointment> appointments = calendar.FindAppointments(cView);

Bind メソッドの応答でサーバーが返す情報は、 FindItem メソッドまたは FindAppointment メソッドの応答でサーバーが返す情報とは異なります。 Bind メソッドは、すべてのスキーマ化されたプロパティを返すことができますが、 FindItem メソッドと FindAppointment メソッドは、スキーマ化されたすべてのプロパティを返しません。このため、アイテムに対するフル アクセスが必要な場合は、 Bind メソッドを使用する必要があります。取得するアイテムの Id アイテムがない場合は、 FindItem メソッドまたは FindAppointment メソッドを使用して ID を取得し、 Bind メソッドを使用して必要なプロパティを取得します。Note that the information the server returns in the Bind method response is different than the information that the server returns for a FindItem or FindAppointment method response. The Bind method can return all the schematized properties, whereas the FindItem and FindAppointment methods do not return all the schematized properties. So if you need full access to the item, you'll have to use the Bind method. If you don't have the item Id of the item you'd like to retrieve, use the FindItem or FindAppointment methods to retrieve the Id, and then use the Bind method to retrieve the properties you need.

EWS マネージ API を使用して会議または予定アイテムを取得する方法については、「Exchange で EWS を使用して予定および会議を取得する」を参照してください。To learn how to get a meeting or appointment item by using the EWS Managed API, see Get appointments and meetings by using EWS in Exchange.

EWS を使用してアイテムを取得するGet an item by using EWS

取得するアイテムの ItemId が分かっている場合は、 GetItem 操作を使用してアイテムを取得できます。If you know the ItemId of the item to retrieve, you can get the item by using the GetItem operation.

次の例は、特定の ItemId を持つアイテムの 件名を取得する XML の要求を示しています。これは、 ItemIdBind メソッドを呼び出す際に EWS マネージ API が送信する XML 要求でもあります。読みやすくするため、一部の属性と要素の値が短縮されています。The following example shows the XML request to get the Subject of an item with a specific ItemId. This is also the XML request that the EWS Managed API sends when calling the Bind method on an ItemId. The values of some attributes and elements have been shortened for readability.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<soap:Envelope xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
               xmlns:m="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/messages" 
               xmlns:t="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types" 
               xmlns:soap="https://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
  <soap:Header>
    <t:RequestServerVersion Version="Exchange2013" />
  </soap:Header>
  <soap:Body>
    <m:GetItem>
      <m:ItemShape>
        <t:BaseShape>IdOnly</t:BaseShape>
        <t:AdditionalProperties>
          <t:FieldURI FieldURI="item:Subject" />
        </t:AdditionalProperties>
      </m:ItemShape>
      <m:ItemIds>
        <t:ItemId Id="GJc/NAAA=" />
      </m:ItemIds>
    </m:GetItem>
  </soap:Body>
</soap:Envelope>

次の例は、 GetItem 操作の処理後にサーバーから返される XML 応答を示しています。この応答は、アイテムが正常に取得されたことを示しています。読みやすくするため、一部の属性と要素の値が短縮されています。The following example shows the XML response that the server returns after it processes the GetItem operation. The response indicates the item was retrieved successfully. The values of some attributes and elements have been shortened for readability.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:Envelope xmlns:s="https://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
  <s:Header>
    <h:ServerVersionInfo MajorVersion="15" 
                         MinorVersion="0" 
                         MajorBuildNumber="815" 
                         MinorBuildNumber="6" 
                         Version="V2_7" 
                         xmlns:h="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types" 
                         xmlns="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types" 
                         xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" 
                         xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"/>
  </s:Header>
  <s:Body xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
          xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
    <m:GetItemResponse xmlns:m="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/messages" 
                       xmlns:t="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types">
      <m:ResponseMessages>
        <m:GetItemResponseMessage ResponseClass="Success">
          <m:ResponseCode>NoError</m:ResponseCode>
          <m:Items>
            <t:Message>
              <t:ItemId Id="GJc/NAAA=" ChangeKey="CQAAABYAAAAPxolXAHv3TaHUnjW8wWqXAAAGJd9Z"/>
              <t:Subject>Company Soccer Team</t:Subject>
            </t:Message>
          </m:Items>
        </m:GetItemResponseMessage>
      </m:ResponseMessages>
    </m:GetItemResponse>
  </s:Body>
</s:Envelope>

取得したいアイテムの ItemId が分からない場合は、 FindItem 操作を使用してアイテムを見つけることができます。 FindItem 操作を使用するには、検索しているフォルダーをまず識別する必要があります。 DistinguinguishedFolderName または FolderId を使用して、フォルダーを識別できます。 FindFolder または SyncFolderHierarchy 操作のいずれかを使用して、必要な FolderId を取得することができます。 FindItem 操作を使用して、検索フィルターに一致する結果をそのフォルダーで検索します。EWS マネージ APIとは異なり、EWS は、予定のための別の検索操作を提供しません。 FindItem 操作がすべての種類のアイテムを取得します。If you do not know the ItemId of the item you want to retrieve, you can use the FindItem operation to find the item. In order to use the FindItem operation, you must first identify the folder that you're searching. You can identify the folder by using its DistinguinguishedFolderName or by using the FolderId. You can use either the FindFolder or SyncFolderHierarchy operations to get the FolderId you need. Then use the FindItem operation to search that folder for results that match the search filter. Unlike the EWS Managed API, EWS does not provide a separate find operation for appointments. The FindItem operation retrieves items of all types.

次の例では、次の 30 日以内に発生する予定表フォルダー内で予定を検索するためにサーバーに送信される XMLの FindItem 操作要求を示しています。読みやすくするため、一部の属性と要素の値が短縮されています。The following example shows the XML FindItem operation request that is sent to the server to find appointments in the Calendar folder that occur in the next 30 days. The values of some attributes and elements have been shortened for readability.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<soap:Envelope xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
               xmlns:m="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/messages"
               xmlns:t="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types"
               xmlns:soap="https://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
  <soap:Header>
    <t:RequestServerVersion Version="Exchange2007_SP1" />
  </soap:Header>
  <soap:Body>
    <m:FindItem Traversal="Shallow">
      <m:ItemShape>
        <t:BaseShape>IdOnly</t:BaseShape>
        <t:AdditionalProperties>
          <t:FieldURI FieldURI="item:Subject" />
          <t:FieldURI FieldURI="calendar:Start" />
          <t:FieldURI FieldURI="calendar:End" />
        </t:AdditionalProperties>
      </m:ItemShape>
      <m:CalendarView MaxEntriesReturned="5" StartDate="2013-10-16T17:04:28.722Z" EndDate="2013-11-15T18:04:28.722Z" />
      <m:ParentFolderIds>
        <t:FolderId Id="AAAEOAAA=" ChangeKey="AgAAABYAAAAqRr3mNdNMSasqx/o9J13UAAAAAAA3" />
      </m:ParentFolderIds>
    </m:FindItem>
  </soap:Body>
</soap:Envelope>

サーバーは、FindItemResponse メッセージで FindItem 要求に応答します。このメッセージには、操作が正常に完了したことを示す、 NoErrorResponseCode の値が含まれます。予定表アイテムがフィルターの条件を満たしている場合、それらのアイテムは応答に含まれます。The server responds to the FindItem request with a FindItemResponse message that includes the ResponseCode value of NoError, which indicates that the operation completed successfully. If any calendar items meet the filtering criteria, they are included in the response.

GetItem 操作の応答でサーバーが返す情報は、 FindItem 操作または FindAppointment 操作の応答でサーバーが返す情報とは異なります。 GetItem 操作は、すべてのスキーマ化されたプロパティを返すことができますが、 FindItem 操作と FindAppointment 操作は、スキーマ化されたすべてのプロパティを返しません。このため、アイテムに対するフル アクセスが必要な場合は、 GetItem 操作を使用する必要があります。取得するアイテムの ItemId がない場合は、 FindItem 操作または FindAppointment 操作を使用して ItemId を取得し、 GetItem 操作を使用して必要な要素を取得します。Note that the information the server returns in the GetItem operation response is different than the information the server returns in a FindItem or FindAppointment operation response. The GetItem operation can return all the schematized properties, whereas the FindItem and FindAppointment operations do not return all the schematized properties. So if you need full access to the item, you'll have to use the GetItem operation. If you don't have the ItemId of the item you'd like to retrieve, use the FindItem or FindAppointment operations to retrieve the ItemId, and then use the GetItem operation to retrieve the elements you need.

EWS を使用して会議または予定アイテムを取得する方法については、「Exchange で EWS を使用して予定および会議を取得する」を参照してください。To learn how to get a meeting or appointment item by using EWS, see Get appointments and meetings by using EWS in Exchange.

EWS マネージ API を使用してアイテムを更新するUpdate an item by using the EWS Managed API

EWS マネージ API を使用してアイテムを更新する手順は、すべてのアイテムの種類について同様になります。ただし、アイテムのプロパティは、アイテムの種類ごとに異なり、Update メソッドには、選択できる多くのオーバーロードされたメソッドがあります。アイテムを更新するには:The steps to update an item by using the EWS Managed API are similar for all item types; however, the item properties are different for each item type, and the Update method has many overloaded methods to choose from. To update an item:

  1. 最新バージョンのアイテムをまだ持っていない場合は、Bind メソッドを使用して取得します。厳密に型指定されたアイテム固有のプロパティを更新するには、その種類のアイテムにバインドする必要があります。汎用アイテムの種類で利用できるプロパティを更新するために、 Item オブジェクトにバインドできます。Use the Bind method to get the latest version of the item, unless you already have it. To update properties specific to a strongly typed item, you'll have to bind to that item type. To update properties available on the generic item type, you can bind to the Item object.

  2. アイテムのプロパティを更新します。Update the properties on the item.

  3. Update メソッドを呼び出します。Call the Update method.

たとえば、次の例のコードに示すように、汎用アイテムの種類を使用して、電子メールの件名を更新できます。For example, you can update the subject of an email by using the generic item type, as shown in the code in the following example.

この例では、 service が有効な ExchangeService オブジェクトであり、ユーザーが Exchange サーバーに既に認証されていると想定しています。ローカル変数 itemId は、更新するアイテムの Id です。This example assumes that service is a valid ExchangeService object and that the user has been authenticated to an Exchange server. The local variable itemId is the Id of the item to update.

// Bind to the existing item, using the ItemId.
// This method call results in a GetItem call to EWS.
Item item = Item.Bind(service, itemId);
// Update the Subject of the email.
item.Subject = "New subject";
// Save the updated email.
// This method call results in an UpdateItem call to EWS.
item.Update(ConflictResolutionMode.AlwaysOverwrite);

EWS マネージ API を使用して会議または予定アイテムを更新する方法については、「Exchange で EWS を使用して予定および会議を更新する」を参照してください。To learn how to update a meeting or appointment item by using the EWS Managed API, see Update appointments and meetings by using EWS in Exchange.

EWS を使用してアイテムを更新するUpdate an item by using EWS

EWS を使用してアイテムを更新するには、次の操作を行います。To update an item by using EWS, do the following:

  1. GetItem 操作を使用し、最新バージョンのアイテムをまだ持っていない場合は取得します。Use the GetItem operation to get the latest version of the item, unless you already have it.

  2. UpdateItem 操作を使用して、更新するフィールドを指定し、それらのフィールドに新しい値を割り当てます。Use the UpdateItem operation to specify fields to update and assign new values to those fields.

次の例は、電子メール メッセージの Subject の値を更新するためにサーバーに送信される XML UpdateItem 操作要求を示しています。読みやすくするため、一部の属性と要素の値が短縮されています。The following example shows the XML UpdateItem operation request that is sent to the server to update the Subject value of the email message. The values of some attributes and elements have been shortened for readability.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<soap:Envelope xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:m="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/messages" xmlns:t="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types" xmlns:soap="https://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
  <soap:Header>
    <t:RequestServerVersion Version="Exchange2010_SP1" />
  </soap:Header>
  <soap:Body>
    <m:UpdateItem MessageDisposition="SaveOnly" ConflictResolution="AlwaysOverwrite">
      <m:ItemChanges>
        <t:ItemChange>
          <t:ItemId Id="APdZjAAA=" ChangeKey="CQAAABYAAAAqRr3mNdNMSasqx/o9J13UAAAAPdgr" />
          <t:Updates>
            <t:SetItemField>
              <t:FieldURI FieldURI="item:Subject" />
              <t:Message>
                <t:Subject>New subject</t:Subject>
              </t:Message>
            </t:SetItemField>
          </t:Updates>
        </t:ItemChange>
      </m:ItemChanges>
    </m:UpdateItem>
  </soap:Body>
</soap:Envelope>

サーバーは、UpdateItemResponse メッセージを含む UpdateItem 要求に応答します。このメッセージには、アイテムが正常に更新されたことを示す、 NoErrorResponseCode 値が含まれます。The server responds to the UpdateItem request with a UpdateItemResponse message that includes the a ResponseCode value of NoError, which indicates that the item update was successful.

EWS を使用して会議または予定アイテムを更新する方法については、「Exchange で EWS を使用して予定および会議を更新する」を参照してください。To learn how to update a meeting or appointment item by using EWS, see Update appointments and meetings by using EWS in Exchange.

EWS マネージ API を使用してアイテムを削除するDelete an item by using the EWS Managed API

アイテムを、削除済みアイテム フォルダーまたはごみ箱に移動して、削除できます。削除するアイテムの ItemId が分かっている場合は、アイテムに対して Delete メソッドを呼び出します。You can delete items by moving them to the Deleted Items folder or to the dumpster. If you know the ItemId of the item to delete, just call the Delete method on the item.

削除する前にアイテムを検索する必要がある場合は、次の操作を行います。If you need to find the item before deleting it, do the following:

  1. FindItems メソッドまたは FindAppointments メソッドを呼び出して、削除するアイテムを検索します。Call the FindItems or FindAppointments method to find the item to delete.

  2. PropertySet をインスタンス化して返すプロパティに制限するか、 SearchFilterCollection を使用して特定のアイテムを検索します。Instantiate a PropertySet and limit it to the properties to return, or use a SearchFilterCollection to find specific items.

  3. ItemView または CalendarView をインスタンス化して、返すアイテムの数を指定します。Instantiate an ItemView or CalendarView to specify the number of items to return.

  4. Delete メソッドを呼び出します。Call the Delete method.

たとえば次のコードは、電子メール メッセージを、削除済みアイテム フォルダーに移動する方法を示しています。For example, the following code shows how to move an email message to the Deleted Items folder.

この例では、 service が有効な ExchangeService オブジェクトであり、ユーザーが Exchange サーバーに既に認証されていると想定しています。ローカル変数 itemId は、更新するアイテムの Id です。This example assumes that service is a valid ExchangeService object and that the user has been authenticated to an Exchange server. The local variable itemId is the Id of the item to update.

// Bind to the existing item, using the ItemId.
// This method call results in a GetItem call to EWS.
Item item = Item.Bind(service, itemId);
// Delete the item by moving it to the Deleted Items folder.
// This method call results in a DeleteItem call to EWS.
item.Delete(DeleteMode.MoveToDeletedItems);

アイテムの削除の詳細については、「Exchange で EWS を使用してアイテムを削除する」を参照してください。For more details about deleting items, see Deleting items by using EWS in Exchange. EWS マネージ API を使用して会議または予定アイテムを削除する方法については、「Exchange で EWS を使用して、予定を削除し、会議をキャンセルする」を参照してください。To learn how to delete a meeting or appointment item by using the EWS Managed API, see Delete appointments and cancel meetings by using EWS in Exchange.

EWS を使用してアイテムを削除するDelete an item by using EWS

DeleteItem 操作を使用して、アイテムを削除できます。You can delete an item by using the DeleteItem operation.

次の例は、電子メール メッセージを削除済みアイテム フォルダーに移動するためにサーバーに送信される XML 要求を示しています。読みやすくするため、一部の属性と要素の値が短縮されています。The following example shows the XML request that is sent to the server to move the email message to the Deleted Items folder. The values of some attributes and elements have been shortened for readability.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<soap:Envelope xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:m="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/messages" xmlns:t="https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types" xmlns:soap="https://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
  <soap:Header>
    <t:RequestServerVersion Version="Exchange2010_SP1" />
  </soap:Header>
  <soap:Body>
    <m:DeleteItem DeleteType="MoveToDeletedItems">
      <m:ItemIds>
        <t:ItemId Id="APdZjAAA=" ChangeKey="CQAAABYAAAAqRr3mNdNMSasqx/o9J13UAAANIFzC" />
      </m:ItemIds>
    </m:DeleteItem>
  </soap:Body>
</soap:Envelope>

サーバーは、DeleteItemResponse メッセージを含む DeleteItem 要求に応答します。このメッセージには、アイテムが正常に更新されたことを示す、 NoErrorResponseCode 値が含まれます。The server responds to the DeleteItem request with a DeleteItemResponse message that includes the a ResponseCode value of NoError, which indicates that the item deletion was successful.

アイテムの削除の詳細については、「Exchange で EWS を使用してアイテムを削除する」を参照してください。For more details about deleting items, see Deleting items by using EWS in Exchange. EWS を使用して会議または予定アイテムを削除する方法については、「Exchange で EWS を使用して、予定を削除し、会議をキャンセルする」を参照してください。To learn how to delete a meeting or appointment item by using EWS, see Delete appointments and cancel meetings by using EWS in Exchange.

別のメールボックスにアイテムを移動またはコピーするMove or copy items to another mailbox

ExportItems 操作と UploadItems 操作を使用して、メールボックス間でアイテムを移動またはコピーできます。詳細については、「 Exchange で EWS を使用してアイテムをエクスポートおよびインポートする」を参照してください。You can move or copy items between mailboxes by using the ExportItems and UploadItems operations. To learn more, see Exporting and importing items by using EWS in Exchange.

関連項目See also