Outlook アドインと Exchange の EWSOutlook add-ins and EWS in Exchange

Outlook アドインについての情報と、そのアドインが Exchange の EWS で動作するしくみを説明します。Find information about Outlook add-ins and how they work with EWS in Exchange.

Outlook アドインは、メール ユーザー向けに操作をカスタマイズできるよう、Web 標準のシングル インターフェイスとプログラミング モデルを提供しています。Outlook add-ins provide a single interface and programming model that uses web standards to enable you to create a custom experience for your email users. Outlook でホストされている HTML5 フレームを使用して、コンテキスト情報や役立つ情報を表示するメール アプリを作成できます。たとえば、メール メッセージに住所が含まれている場合、メール アプリで、住所を強調表示した Bing マップを表示させることも可能です。You can create mail apps that display contextual or helpful information in an HTML5 frame hosted in Outlook; for example, a mail app can show a Bing map with an address highlighted when an email message contains an address. あるいは、ユーザーがメッセージを作成しているときに、メール アプリが受信者の追加情報を表示し、ボタンをクリックするだけで一般的なあいさつ文をメールに挿入することもできます。Or when a user is composing a message, a mail app can show additional information about the recipient, and insert a standard greeting into the email at the touch of a button.

注意

この記事において "Outlook" は、Outlook リッチ クライアント、Outlook RT、Outlook Web App、およびデバイス用 OWA に適用されます。"Outlook" in this article refers to the Outlook rich client, Outlook RT, Outlook Web App, and OWA for Devices.

メール アプリのインターフェイスは、Office 用の JavaScript API の一部です。API を使用して Exchange の情報にアクセスし、メール アプリで次のことを行えます。The mail apps interface is part of the JavaScript API for Office. You can use the API to access information in Exchange to enable your mail app to:

  • メール中の住所、電話番号、タスクのヒント、提案された会議などのエンティティを認識するRecognize entities, like addresses, phone numbers, task suggestions, or meeting suggestions in an email.

  • 既存のメッセージ予定を別々のビューで開いて表示し、1 つ以上のメッセージ情報をユーザーが相互参照できるようにする。Open and display existing messages and appointments in a separate view so that users can cross-reference information in one or more messages.

  • ユーザーのメール ボックスをホストしている Exchange サーバーに EWS 要求を行うMake EWS requests to the Exchange server that hosts the user's mailbox. メール アプリは、たとえば、フォルダーの一覧を取得できます。ユーザーは、その中の 1 つのフォルダーを選択してメッセージを格納したり、スレッド内のすべてのアイテムを表示したり、メール メッセージに迷惑メールのマークを付けたりできます。A mail app can, for example, get a list of folders so that the user can choose one to store the message, or show all the items in a conversation, or mark an email message as junk.

  • メール アカウントを一意に識別するトークンを取得する。そのトークンを使用して、サードパーティのサービスでシングル サインオンを行うことができます。Get a token to uniquely identify an email account to enable single sign on on a third-party service.

  • サードパーティのサービスがユーザーの代わりに EWS 要求を行うことが可能になるトークンを取得する。アイテムから添付物を抽出する、追加の処理のために Exchange サーバーからアイテムを取得することなどが行えます。Get a token that enables a third-party service to make EWS requests on behalf of the user, for example, to extract the attachments from an item, or to get an item from the Exchange server for further processing.

メール アプリを使用して、ユーザー向けの Outlook Web App エクスペリエンスをカスタマイズできます。ただし、Outlook Web App の "外観" をカスタマイズするには、TechNet の次の資料をご覧ください。You can use mail apps to customize the Outlook Web App experience for your users; if, however, you want to customize the "look and feel" of Outlook Web App, see these articles on TechNet:

組織は、内部サーバーにメール アプリをインストールして、権限を持つユーザーだけにアクセスを制限できます。また、お客様や他のメール アプリ開発者が、Office ストアにメール アプリを置き、一般に公開して販売することも可能です。Your organization can install mail apps on an internal server to limit access to authorized users, or you and other mail app developers can put mail apps on the Office Store for sale to the general public. Outlook を実行しているすべての人が、マーケットプレースからメール アプリをダウンロードし、インストールし、使用できます。Anyone who is running Outlook can download, install, and use mail apps from the marketplace.

メール アプリ作成の詳細については、「Outlook アドイン」の文書、または「EWS 要求を行う」のサンプルをご覧ください。If you want to learn more about creating mail apps, check out the Outlook add-ins documentation or the Make an EWS request sample.

EWS と Outlook アドインEWS and Outlook add-ins

メール アプリを実行するアカウントをホストしている Exchange サーバーでは、EWS 操作のサブセットを使用できます。You can use a subset of EWS operations on the Exchange server that hosts the account that runs a mail app.

mailbox.makeEwsRequestAsync 関数を使用して、メール アプリから、ユーザーのメールボックスをホストしているサーバーに EWS 要求を行うことができます。The mailbox.makeEwsRequestAsync function enables you to make EWS requests from your mail app back to the server that hosts the user's mailbox. SOAP エンベロープと XML 要求を作成し、次いで makeEwsRequestAsync 関数が認証トークンを使用して EWS を呼び出します。そのトークンは、メールボックスと要求を行っているメール アプリを識別します。You create the SOAP envelope and XML request, and the makeEwsRequestAsync function calls EWS with an authentication token that identifies the mailbox and mail app that is making the request. ユーザーのメールボックスをセキュリティ保護するため、Exchange サーバーは、メール アプリ以外からのすべての要求、およびそのサーバーでホストされていないメールボックスからのすべての要求を拒否します。To help secure the user's mailbox, the Exchange server will reject any requests that do not come from the mail app or from a mailbox that is not hosted on the server.

他のアプリと同様に、メール アプリも機能へのアクセス許可が必要です。管理者は次のことを行う必要があります。Like any other application, a mail app needs permissions to work. Your administrator needs to:

Office のアクセス許可モデル用のアプリで、お客様のアプリがメールボックスの読み書きアクセス許可を要求する必要があります。You also need to make sure that your app requests the read/write mailbox permission in the apps for Office permission model.

これらの手順を完了すると、フォルダーのサブセットとアイテムの EWS 操作がメール アプリで使用可能になります。When these steps are complete, a subset of folder and item EWS operations are available for the mail app to use.

表 1. メール アプリが使用できる EWS フォルダー操作とアイテム操作Table 1. EWS folder and item operations that mail apps can use

フォルダー操作Folder operations アイテム操作Item operations
CreateFolder 操作CreateFolder operation
FindFolder 操作FindFolder operation
GetFolder 操作GetFolder operation
UpdateFolder 操作UpdateFolder operation
CopyItem 操作CopyItem operation
CreateItem 操作CreateItem operation
FindItem 操作FindItem operation
FindConversation 操作FindConversation operation
GetConversationItems 操作GetConversationItems operation
GetItem 操作GetItem operation
MarkAsJunk 操作MarkAsJunk operation
MoveItem 操作MoveItem operation
SendItem 操作SendItem operation
UpdateItem 操作UpdateItem operation

サービス コールバック トークンService callback tokens

サービス コールバック トークンは、メール アプリがアクセス トークンをサード パーティのサービスに渡せるようにします。それによって、サービスは、メールボックスをホストする Exchange サーバーに EWS 要求を行うことができます。Service callback tokens enable mail apps to pass an access token to a third-party service so that the service can make EWS requests to the Exchange server that hosts the mailbox. たとえば、メール アプリは、メールに添付された画像の添付ファイル ID の一覧と一緒に、サービス コールバック トークンをサードパーティのサービスに渡すことができます。For example, a mail app can pass a service callback token to a third-party service along with a list of attachment IDs for pictures attached to an email. サービスは、次に添付ファイル ID とコールバック トークンを使用して、ユーザーの Exchange サーバーに EWS 要求を行い、添付画像を取得します。The service can then use the attachment IDs and the callback token to make an EWS request to the user's Exchange server to get the attached pictures. メール アプリは、サービス コールバック トークンをアイテム ID の一覧と一緒に使用して、Exchange サーバーからメールと予定アイテムを取得することもできます。Mail apps can also use the service callback token with a list of item IDs to get email and appointment items from the Exchange server.

サービス コールバック トークンは、サードパーティのサービスがベアラー認証ヘッダーの EWS 要求に添付する不透明なトークンです。The service callback token is an opaque token that the third-party service attaches to the EWS request in a bearer authentication header. トークンは、EWS 要求をセキュリティで保護するメール アプリとメールボックスを識別します。The token identifies the mail app and the mailbox to help secure the EWS request. サービス コールバック トークンの使用方法については、「Outlook アドイン: Exchange サーバーから添付物を取得する」のサンプルをご覧ください。To learn how to use service callback tokens, see the Outlook add-ins: Get attachments from an Exchange server sample.

関連項目See also