Exchange アプリケーションの開発環境をセットアップするSetting up your Exchange application development environment

開発環境をセットアップして、Exchange と通信する EWS アプリケーションを作成する方法について説明します。Learn about how to set up your development environment to create an EWS application that communicates with Exchange.

Exchange Web サービス (EWS) アプリケーションの記述を開始する前に、開発環境がいくつかの最小要件を満たしているかどうかを確認する必要があります。Before you start writing your Exchange Web Services (EWS) application, you'll need to make sure that your development environment meets a few minimum requirements. .NET Framework アプリケーション用の標準クライアント アクセス API である EWS マネージ API を使用して、アプリケーションを開発できます。また、自動生成されたプロキシ使用しているかどうかに関係なく、EWS をそれ自体で使用して、アプリケーションを開発できます。You can use the EWS Managed API, the standard client access API for .NET Framework applications, to develop your application, or you can use EWS on its own, with our without an autogenerated proxy. 通常は、EWS マネージ API を使用することをお勧めします。ただし、詳しくこれら 2 つのオプションの違いを調べて、どちらが適切であるかを確認できます。In general, we recommend that you use the EWS Managed API; however, you can explore the difference between these two options in more detail to find out which one is right for you.

注意

EWS マネージ API は、GitHub でオープンソース プロジェクトとして利用可能になりました。The EWS Managed API is now available as an open source project on GitHub. オープン ソース ライブラリを使用して、以下のことができます。You can use the open source library to:

  • バグ修正と API の機能強化に貢献します。Contribute bug fixes and enhancements to the API.
  • 公式のリリースで利用可能になる前に、修正プログラムや拡張機能を取得できます。Get fixes and enhancements before they are available in an official release.
  • API の最も包括的かつ最新の実装にアクセスして、参照として使用するか、新しいプラットフォームで新しいライブラリを作成します。Access the most comprehensive and up-to-date implementation of the API, to use as a reference or to create new libraries on new platforms.

GitHub を通した皆様の貢献を歓迎いたします。We welcome your contributions via GitHub.

EWS マネージ API の開発環境Development environment for the EWS Managed API

EWS マネージ API アプリケーションを作成するには、次にアクセスする必要があります。To create an EWS Managed API application, you'll need access to the following:

  • EWS マネージ APIThe EWS Managed API.

    EWS マネージ API ファイルはコンピューターの任意の場所に保存することができます。既定では、Files\Microsoft\Exchange\Web Services\<version number> フォルダーにインストールされます。You can store the EWS Managed API files anywhere on your computer; by default, they are installed in the Program Files\Microsoft\Exchange\Web Services\<version number> folder.

  • Exchange Online、Office 365 の一部としての Exchange Online、または Exchange 2007 以降のバージョンの Exchange を実行している Exchange サーバー上のメールボックス。A mailbox on an Exchange server that is running Exchange Online, Exchange Online as part of Office 365, or a version of Exchange starting with Exchange Server 2007.

    Office 365 サイトから、無料試用版を含むビジネス用 Exchange Online プランを入手できます。You can get an Exchange Online plan for business, including a free trial, from the Office 365 site. メールボックスに接続するには、メールボックスに関連付けられているアカウントのユーザー名と資格情報が必要です。In order to connect to the mailbox you must have the user name and credentials of the account associated with the mailbox.

  • Visual Studio 2005 以降のいずれかのバージョンの Visual Studio。A version of Visual Studio starting with Visual Studio 2005. 現在、Visual Studio をお持ちでない場合は、無料版をダウンロードできます。If you don't currently have Visual Studio, you can download a free version.

  • .NET Framework 3.5 以降のいずれかのバージョンの .NET Framework。A version of the .NET Framework starting with the .NET Framework 3.5. .NET Framework 3.5 は、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。You can download the .NET Framework 3.5 from the Microsoft Download Center.

また、C# をある程度理解しておくと役立ちます。Visual Studio は C# だけでなく他の言語がサポートしていますが、EWS マネージ API で使用できるサンプル コードのほとんどは C# で記述されています。In addition, it is helpful if you have some familiarity with C#. Although Visual Studio supports other languages in addition to C#, most of the sample code available for the EWS Managed API is written in C#.

EWS の開発環境Development environment for EWS

EWS を使用して、2 通りの方法でアプリケーションを開発できます。EWS を使用する最も簡単な方法は、XML 要求を含むテキスト ファイルを作成し、Exchange に送信する方法です。これを行うには、次のものが必要になります。 You can use EWS to develop your application in a couple of different ways. The simplest way to use EWS is to create text files that contain your XML requests, and transmit them to Exchange. To do this, here is what you need:

  • XML 要求を編集するためのメモ帳などの単純なテキスト エディター。任意のテキスト エディターが使用できますが、XMetal のような XML 構文の検証に役立つテキスト エディターを使用すると良いでしょう。A simple text editor, like Notepad, to edit your XML request. Any text editor will do, although you might want one that will help with your XML syntax validation like XMetal.

  • Exchange と通信するために、SOAP XML の要求と応答を送受信できるツールまたはアプリケーション。A tool or application that can send and receive SOAP XML requests and responses, in order to communicate with Exchange.

生の XML を使用する場合は、XML 形式の基本も理解しておくと役立ちます。When you work with raw XML, it's also helpful to have a basic understanding of XML formatting.

EWS を使用する 2 番目の方法は、自動生成されるプロキシを作成して、C# などの .NET 言語を使用した操作で作業できるようにする方法です。自動生成されるプロキシで操作するために必要なのものは次の通りです。The second way to use EWS is to create an autogenerated proxy that enables you to work with the operations by using a .NET language like C#. Here is what you need to work with an autogenerated proxy:

  • プロキシ参照を作成するための Visual Studio 2005 以降のいずれかのバージョンの Visual Studio。A version of Visual Studio starting with Visual Studio 2005, to create a proxy reference. 無料版をダウンロードできます。You can download a free version.

  • .NET Framework 2.0 以降のいずれかのバージョンの .NET Framework。A version of the .NET Framework starting with the .NET Framework 2.0. .NET Framework 3.5 は、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。You can download the .NET Framework 3.5 from the Microsoft Download Center.

自動生成されるプロキシを使用する場合は、C# プログラミングの知識がある程度必要です。If you use an autogenerated proxy, you'll want to have some familiarity with C# programming.

注意

.NET Framework 開発者の場合は、EWS の開発には自動生成されるプロキシではなく、EWS マネージ API を使用することをお勧めします。If you're a .NET Framework developer, we encourage you to use the EWS Managed API rather than autogenerated proxies to develop against EWS. EWS マネージ API のオブジェクト モデルの方が自動生成されるプロキシ オブジェクト モデルよりも使いやすくなっています。The EWS Managed API object model is easier to use than autogenerated proxy object models. また、EWS マネージ API には自動検出が実装され、クライアント側のロジックも含まれています。Also, the EWS Managed API implements Autodiscover and includes client-side logic.

関連項目See also