Exchange 2013 のエージェント構成ファイルの要素Agents configuration file elements for Exchange 2013

Fetagents および Exchange 2013 の構成ファイルの XML 要素についての情報を参照してください。Find information about the XML elements in the agents.config and fetagents.config configuration file in Exchange 2013.

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Exchange サーバーにクライアント アクセス サーバーの役割またはメールボックス サーバーの役割をインストールすると、サーバーにインストールされたエージェントに関する構成情報を格納する XML ファイルがインストーラーによって作成されます。このファイルに直接書き込むことはできません。 When you install the Client Access or the Mailbox server role on an Exchange server, the installer creates an XML file that contains configuration information about agents that are installed on the server. You cannot write directly to this file.

フロント エンド トランスポート サービスはクライアント アクセス サーバー上で実行し、fetagents.config という名前のファイルに書き込みを行います。トランスポート サービスとメールボックス トランスポート サービスはメールボックス サーバー上で実行し、agents.config という名前のファイルに書き込みを行います。クライアント アクセス サーバーの役割とメールボックス サーバーの役割の両方を備えたコンピューターには、fetagents.config と agents.config の両方のファイルが存在することになります。 The Front End Transport service runs on Client Access servers and writes to a file named fetagents.config. The Transport service and the Mailbox Transport service run on Mailbox servers, and write to a file named agents.config. A computer that has both the Client Access server role and the Mailbox server role will have both a fetagents.config and an agents.config file.

これらのファイルへの書き込みは、Exchange 管理シェルでトランスポート エージェントのコマンドレットを使用する方法のみがサポートされています。The only supported way to write to these files is by using the transport agent cmdlets in the Exchange Management Shell. トランスポートエージェントのコマンドレットの詳細については、TechNet の「メールフローのコマンドレット」を参照してください。For information about the transport agent cmdlets, see Mail Flow Cmdlets on TechNet.

注意

クライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスとメールボックスサーバー上のトランスポートサービスを拡張するエージェントを区別するために、トランスポートエージェントのコマンドレットにはトランスポートサービス用に "ハブ"、フロントエンドトランスポートサービスの場合は "フロントエンド" という値を持つ_Transportservice_パラメーターがあります。To distinguish between agents that extend the Front End Transport service on the Client Access server and the Transport service on the Mailbox server, transport agent cmdlets have a TransportService parameter with a value of "Hub" for the Transport service and "FrontEnd" for the Front End Transport service.

agents.config ファイルまたは fetagents.config ファイルを読み込むことで、サーバー上に 1 つ以上のエージェントが存在するかどうかと、そのエージェントの構成情報を確認できます。このドキュメントでは、agents.config ファイルまたは fetagents.config ファイルの情報を読み取るために使用できるリファレンスを提供します。これらのファイルの形式は、どちらも同じです。このドキュメントでは、これらのファイルへの書き込み方法に関する情報は提供していません。You can read the agents.config or fetagents.config file to determine the presence of and configuration information for one or more agents on the server. This documentation provides a reference that you can use to read the information in either the agents.config file or the fetagents.config. The format for both of these files is the same. This documentation does not provide information about how to write to the files.

注意事項

agents.config ファイルや fetagents.config ファイルへの書き込みにサポートされていない方法を使用すると、トランスポート サービスまたはトランスポート エージェントのどちらか、または両方に障害が発生するなど、予期できない結果を招くことになります。これらのファイルは、どちらも直接書き込んではいけません。これらのファイルへの書き込みは、Exchange 管理シェルのトランスポート エージェントのコマンドレットを使用する方法のみがサポートされています。Using unsupported methods to write to the agents.config file or fetagents.config can produce unexpected results, including failure of the transport service or transport agents, or both. Do not write directly to either of these files. The only supported method for writing to these files is by using the Exchange Management Shell transport agent cmdlets.

トランスポート エージェント構成ファイルの場所Location of the transport agent configuration files

Exchange 2013 をインストールすると、インストールされているサーバーの役割に応じて、インストーラーによって \TransportRoles\Agents または fetagents という名前の XML ファイルが作成され <ExchangeInstallFolder> ます (ここで、 <ExchangeInstallFolder> は exchange 2013 をインストールしたフォルダーです)。When you install Exchange 2013, the installer creates an XML file that is named either agents.config.template or fetagents.config.template, depending on the server role installed, in the <ExchangeInstallFolder>\TransportRoles\Agents folder (where <ExchangeInstallFolder> is the folder in which you installed Exchange 2013). クライアントアクセスサーバーの役割をインストールすると、Exchange 2013 は fetagents ファイルを fetagents にコピーします。メールボックスサーバーの役割をインストールすると、Exchange 2013 によってエージェント web.config ファイルが agent.config にコピーされます。Exchange 2013 は、サーバー上のトランスポートエージェント構成を変更するときに、このファイルを読み取りおよび書き込みます。If you install the Client Access server role, Exchange 2013 copies the fetagents.config.template file to fetagents.config. If you install the Mailbox server role, Exchange 2013 copies the agents.config.template file to agents.config. Exchange 2013 reads and writes this file when you change the transport agents configuration on the server.

トランスポート エージェントのインストールの検証Verifying a transport agent installation

.NET Framework が提供する XML 機能を使用すると、XML ファイル (agents.config または fetagents.config) を読み取って検証できます。You can use the XML capabilities that the .NET Framework provides to read and validate the agents.config or the fetagents.config XML file. トランスポート エージェントのインストールと構成を検証するには、構成ファイルの XML を読み取って、トランスポート エージェントに対応する agent 要素を見つけます。To verify the installation and configuration of a transport agent, read the XML in the configuration file and find the agent element that corresponds to the transport agent. 特定のトランスポート エージェントの agent 要素が存在しない場合、そのトラスポート エージェントはインストールされていません。If an agent element for the specific transport agent does not exist, the transport agent is not installed. トランスポート エージェントがインストールされている場合は、agent 要素の属性を読み取ることで、そのエージェントの構成を確認できます。If the transport agent is installed, you can read the attributes of the agent element to determine its configuration.

構成ファイルの要素の階層構造Configuration file element hierarchy

次のコードは、構成 XML ファイルの要素の階層構造を示しています。The following code shows the element hierarchy in the configuration XML file.

<configuration>
    <mexRuntime>
        <monitoring>
            <agentExecution/>
            <messageSnapshot/>
        </monitoring>
        <agentList>
            <agent/>
            <agent/>
            <agent />
        </agentList>
    </mexRuntim>
</configuration>

このセクションの内容In this section

関連項目See also