CreateAssociatedCreateAssociated

Createassociated要素は、クライアントが関連するコンテンツテーブルを作成できるかどうかを示します。The CreateAssociated element indicates whether a client can create an associated contents table. この要素は、Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1) で導入されました。This element was introduced in Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1).

<CreateAssociated>true or false</CreateAssociated>

booleanboolean

属性と要素Attributes and elements

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なし。None.

子要素Child elements

なし。None.

親要素Parent elements

要素Element 説明Description
EffectiveRightsEffectiveRights
アイテムまたはフォルダーのアクセス許可の設定に基づいて、クライアントの権限が含まれています。Contains the rights of the client based on the permission settings for the item or folder. この要素は、Exchange 2007 SP1 で導入されました。This element was introduced in Exchange 2007 SP1.

テキスト値Text value

テキスト値がtrue の場合は、クライアントが関連するコンテンツテーブルを作成できることを示します。A text value of true indicates that a client can create an associated contents table.

注釈Remarks

このプロパティは、folder オブジェクトに対してのみ使用されます。This property is only used on folder objects.

この要素を記述するスキーマは、Microsoft Exchange Server 2007 を実行しているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあり、クライアントアクセスサーバーの役割がインストールされています。The schema that describes this element is located in the EWS virtual directory of the computer that is running Microsoft Exchange Server 2007 that has the Client Access server role installed.

要素の情報Element information

NamespaceNamespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名Schema Name
Types スキーマTypes schema
検証ファイルValidation File
型 .xsdTypes.xsd
空に設定可能Can be Empty
正しくないFalse

関連項目See also

フォルダーレベルのアクセス許可を設定するSetting Folder-Level Permissions