Exchange の EWS XML 要素EWS XML elements in Exchange

Exchange 内の EWS XML 要素に関する参照情報を検索します。Find reference information for the EWS XML elements in Exchange.

Exchange Web サービス (EWS) は SOAP ベースの web サービスです。これは、クライアントとサーバー間で送信される要求メッセージと応答メッセージが XML 要素で構成されることを意味します。Exchange Web Services (EWS) is a SOAP-based web service, which means that the request and response messages that are sent between the client and server are comprised of XML elements. このセクションのドキュメントは、クライアントとサーバー間で送信される XML インスタンスに基づいています。The documentation in this section is based on the XML instances that are sent between the client and server. XML インスタンスは、EWS をホストする仮想ディレクトリにある WSDL ファイルおよびスキーマファイルで定義されています。The XML instances are defined in the WSDL and schema files that are located in the virtual directory that hosts EWS. 認証されたユーザーの場合は、次の Url を使用して WSDL およびスキーマファイルを参照でき <yourclientaccessserver> ます。ここで、はクライアントアクセスサーバーの名前です。If you are an authenticated user, you can browse to the WSDL and schema files by using the following URLs, where <yourclientaccessserver> is the name of your Client Access server:

  • http:// <yourclientaccessserver> /ews/サービス wsdl ファイルの場所を指定します。http://<yourclientaccessserver>.com/ews/services.wsdl — The location of the WSDL file.

  • http:// <yourclientaccessserver> /ews/メッセージ .xsd-メッセージスキーマの場所。http://<yourclientaccessserver>.com/ews/messages.xsd — The location of the messages schema.

  • http:// <yourclientaccessserver> /ews/型 .xsd-types スキーマの場所。http://<yourclientaccessserver>.com/ews/types.xsd — The location of the types schema.

EWS XML 要素を記述するスキーマファイルは、要求と応答メッセージの相互作用に使用できる XML 構造の一般的なロードマップを提供します。The schema files that describe the EWS XML elements provide a general roadmap of the XML structure that is possible for request-response message interactions. クライアントとサーバー間で送信される実際の XML 構造は、呼び出される操作、要求された情報、およびサーバー側の設定によって異なります。The actual XML structure that is sent between client and server varies according to the operation that is called, the information requested, and the server-side settings.

EWS WSDL ファイルサービス wsdl は、wsdl 標準に完全に準拠していません。 wsdl サービス定義は含まれていません。The EWS WSDL file, services.wsdl, does not fully conform to the WSDL standard because it does not include a WSDL service definition. これは、EWS が事前に定義されたアドレスを持つコンピューターでホストされるように設計されていないためです。This is because EWS is not designed to be hosted on a computer that has a predefined address. 自動検出サービスを使用して、EWS エンドポイントアドレスを取得できます。You can use the Autodiscover service to get the EWS endpoint address. 一部のクライアント側オブジェクトモデルジェネレーターは、WSDL を解析し、wsdl ファイルに WSDL サービス定義が含まれていないため、エラーが発生することがあります。Some client-side object model generators parse the WSDL and can encounter an error condition because the WSDL file does not contain a WSDL service definition. オブジェクトモデルジェネレーターでエラーが発生した場合は、プレースホルダー WSDL サービス定義を挿入できます。If your object model generator encounters an error, you can insert a placeholder WSDL service definition.

ヒント

.NET Framework を使用してアプリケーションを開発している場合は、オブジェクトモデルジェネレーターではなく、 EWS マネージ APIを使用することをお勧めします。If you are using the .NET Framework to develop your application, we recommend that you use the EWS Managed API, rather than an object model generator. EWS マネージ API には、EWS XML のシリアル化と逆シリアル化を処理するための使いやすいオブジェクトモデルが用意されています。The EWS Managed API provides an easy-to-use object model to handle the serialization and deserialization of the EWS XML. 詳細については、「 EWS マネージ API クライアントアプリケーションの概要」を参照してください。For more information, see Get started with EWS Managed API client applications.

メッセージ .xsd スキーマファイルには、SOAP 本文の最上位レベルの要素の要素定義が含まれています。The messages.xsd schema file contains the element definitions for the top-level elements in the SOAP body. エラー応答コード以外の場合、メッセージ .xsd の定義のほとんどは操作に固有のものです。With the exception of the error response codes, most of the definitions in messages.xsd are specific to an operation. 型 .xsd スキーマには、SOAP ヘッダーの定義と、操作間で共有されるすべての共通定義が含まれています。The types.xsd schema contains the definitions for the SOAP headers and all the common definitions that are shared across operations.

関連項目See also