MarkAsJunkMarkAsJunk

Markasjunk要素は、アイテムを迷惑メールフォルダーに移動し、送信者を受信拒否リストに追加する要求を指定します。The MarkAsJunk element specifies the request to move an item to the junk mail folder and to add the sender to the blocked sender list.

<MarkAsJunk IsJunk="true | false" MoveItem="true | false">
   <ItemIds/>
</MarkAsJunk>

MarkAsJunkTypeMarkAsJunkType

属性と要素Attributes and elements

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
IsJunkIsJunk
Isjunk属性のテキスト値がtrue の場合は、電子メール送信者がブロックされた送信者の一覧に追加されていることを示します。A text value of true for the IsJunk attribute indicates that the email sender is added to the blocked sender list. 値がfalseの場合、電子メール送信者が既にリストに含まれている場合は、受信拒否リストから電子メール送信者が削除されることを示します。A value of false indicates that the email sender is removed from the blocked sender list, if the email sender is already on the list.
MoveItemMoveItem
Moveitem属性のテキスト値がtrue の場合は、アイテムが既定の迷惑メールフォルダーに移動されることを示します。A text value of true for the MoveItem attribute indicates that the item is moved to the default junk mail folder. 値がfalseの場合は、アイテムが既定の迷惑メールフォルダーに移動されないことを示します。A value of false indicates that the item is not moved to the default junk mail folder.

子要素Child elements

ItemIdsItemIds

親要素Parent elements

なし。None.

注釈Remarks

この要素は Exchange Server 2013 で導入されました。This element was introduced in Exchange Server 2013.

この要素を記述するスキーマは、Exchange Web サービスをホストする IIS 仮想ディレクトリに置かれています。The schema that describes this element is located in the IIS virtual directory that hosts Exchange Web Services.

要素の情報Element information

NamespaceNamespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/messages
スキーマ名Schema name
メッセージスキーマMessages schema
検証ファイルValidation file
メッセージ .xsdmessages.xsd
空にすることができます。Can be empty