RemoveItemRemoveItem

Removeitem要素は、会議の取り消しメッセージが受信されたときに会議アイテムを削除するために使用される response オブジェクトを表します。The RemoveItem element represents a response object that is used to remove a meeting item when a MeetingCancellation message is received.

<RemoveItem ObjectName="">
   <ReferenceItemId/>
</RemoveItem>

RemoveItemTypeRemoveItemType

属性と要素Attributes and elements

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
ObjectNameObjectName
RemoveItem reply オブジェクトクラスの名前を英語の文字列として表します。Represents the name of the RemoveItem reply object class as an English string.

子要素Child elements

ElementElement 説明Description
ReferenceItemIdReferenceItemId
RemoveItem response オブジェクトが参照するアイテムを識別します。Identifies the item to which the RemoveItem response object refers.

親要素Parent elements

要素Element 説明Description
アイテム (非 Emptyarrayofallitemstype)Items (NonEmptyArrayOfAllItemsType)
ParentFolderId (TargetFolderIdType)要素によって識別されるフォルダー内に作成するアイテムの配列が含まれています。Contains an array of items to create in the folder that is identified by the ParentFolderId (TargetFolderIdType) element.
ResponseObjectsResponseObjects
Exchange ストア内のアイテムに関連付けられているすべての response オブジェクトのコレクションを格納します。Contains a collection of all the response objects that are associated with an item in the Exchange store.

注釈Remarks

Removeitemは、会議の取り消しに対してのみ有効です。RemoveItem is valid only for a MeetingCancellation. それ以外の場合は、エラーがスローされます。Otherwise, an error is thrown.

注意

会議のキャンセルのItemclassは IPM です。予約を取り消しました。The ItemClass for a meeting cancellation is IPM.Schedule.Meeting.Canceled.

会議の要求および関連付けられた予定表アイテムを削除するには、 Removeitemではなく、 declineitem response オブジェクトを使用します。To remove a MeetingRequest and the associated CalendarItem, use the DeclineItem response object instead of RemoveItem.

Removeitemは、代理人アクセスをサポートしていません。RemoveItem is not supported for delegate access.

この要素を記述するスキーマは、Microsoft Exchange Server 2007 を実行しているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあり、クライアントアクセスサーバーの役割がインストールされています。The schema that describes this element is located in the EWS virtual directory of the computer that is running Microsoft Exchange Server 2007 that has the Client Access server role installed.

要素の情報Element information

NamespaceNamespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名Schema Name
Types スキーマTypes schema
検証ファイルValidation File
型 .xsdTypes.xsd
空に設定可能Can be Empty
正しくないFalse

関連項目See also