Exchange 用 SOAP 自動検出 Web サービス リファレンスSOAP Autodiscover web service reference for Exchange

Exchange の SOAP 自動検出サービスに関する参照情報を検索します。Find reference information for the SOAP Autodiscover service in Exchange.

自動検出サービスは、アプリケーションが Exchange サーバーへの接続を作成するために使用する構成情報を提供します。The Autodiscover service provides the configuration information that your application uses to create a connection to an Exchange server. SOAP 自動検出サービスを使用して、クライアントアプリケーションと Exchange サーバーの間でメッセージを送信し、アプリケーションが Exchange への接続に使用する設定を見つけることができます。You can use the SOAP Autodiscover service to send messages between the client application and the Exchange server to locate the settings the application will use to connect to Exchange. POX 自動検出サービスとは異なり、SOAP 自動検出サービスは、多くのユーザーの設定についての自動検出要求をバッチ処理することを許可し、応答で返される設定をより細かく制御します。Unlike the POX Autodiscover service, the SOAP Autodiscover service allows for batched Autodiscover requests for many users' settings and more granular control over which settings are returned in the response.

注意

Exchange Server 2010 以降のバージョンの Exchange を対象とするクライアントの場合、SOAP 自動検出サービスを使用することをお勧めします (POX 自動検出サービスではありません)。For clients that target versions of Exchange starting with Exchange Server 2010, we recommend that you use the SOAP Autodiscover service (instead of the POX Autodiscover service). Exchange 2007 を対象とするクライアントは、POX 自動検出サービスを使用する必要があります。Clients that target Exchange 2007 have to use the POX Autodiscover service. .NET Framework を使用するクライアントは、堅牢で十分にテストされた SOAP 自動検出クライアントを含んでいるため、EWS マネージ API を使用することをお勧めします。We recommend that clients that use the .NET Framework use the EWS Managed API because it contains a robust and well-tested SOAP Autodiscover client. EWS マネージ API の詳細については、「 Ews マネージ api クライアントアプリケーションの概要」を参照してください。For more information about the EWS Managed API, see Get started with EWS Managed API client applications.

このセクションでは、SOAP 自動検出要求のリダイレクト時にクライアントとサーバー間で送信される XML 要素、および応答で返されるユーザー設定について説明します。This section provides information about the XML elements that are sent between the client and server during SOAP Autodiscover request redirections and the user settings that are returned in a response. XML 要素リファレンスには、要素が表す内容の概要と、要素を含む可能性のある要素階層の説明が含まれています。The XML element reference contains summaries of what the elements represent and a description of the potential element hierarchies that contain the element.

このセクションの記事では、クライアントとサーバー間で送信される XML インスタンスについて説明します。The articles in this section describe the XML instances that are sent between the client and server. これらの要素を記述するスキーマは、SOAP 自動検出サービスをホストするサーバーの仮想ディレクトリにあります。The schema that describes these elements can be found in the virtual directory of the server that hosts the SOAP Autodiscover service.

このセクションの WSDL 操作のトピックでは、操作の内容と操作の要求と応答の例について概要を説明します。The WSDL operation topics in this section provide an overview of what the operation does and operation request and response examples. 提供されているバージョン情報を使用して、使用する機能が、実行している製品バージョンで利用できるかどうかを判断できます。You can use the version information provided to determine whether the features that you want to use are available in the product version that you are running. また、操作のトピックの例では、サーバーとの間で送受信される SOAP メッセージに含まれる XML の構造を理解するのに役立ちます。The examples in the operation topics also help you to understand the structure of the XML that is included in the SOAP messages that are sent to and from the server.

このセクションでは、SOAP 自動検出サービスを使用して自動検出構成情報を取得するために使用されるメッセージの例と説明も示します。This section also provides examples and descriptions of the messages that are used to retrieve Autodiscover configuration information by using the SOAP Autodiscover service.

このセクションの内容In this section

関連項目See also