TimeZoneContextTimeZoneContext

TimeZoneContext要素は、簡易オブジェクトアクセスプロトコル (SOAP) ヘッダーで使用され、Exchange Web サービス (EWS) を使用して作成、更新、および取得されるオブジェクトの DateTime プロパティのタイムゾーンを割り当てるときに既定として使用されるタイムゾーン定義を指定します。The TimeZoneContext element is used in the Simple Object Access Protocol (SOAP) header to specify the time zone definition that is to be used as the default when assigning the time zone for the DateTime properties of objects that are created, updated, and retrieved by using Exchange Web Services (EWS).

<TimeZoneContext>
   <TimeZoneDefinition/>
</TimeZoneContext>

TimeZoneContextTypeTimeZoneContextType

属性と要素Attributes and elements

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なし。None.

子要素Child elements

ElementElement 説明Description
TimeZoneDefinitionTimeZoneDefinition
タイムゾーンを定義する期間と切り替えを指定します。Specifies the periods and transitions that define a time zone.

親要素Parent elements

なし。None.

注釈Remarks

この要素を記述するスキーマは、クライアントアクセスサーバーの役割がインストールされている Microsoft Exchange Server を実行しているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあります。The schema that describes this element is located in the EWS virtual directory of the computer that is running Microsoft Exchange Server that has the Client Access server role installed.

要素の情報Element information

NamespaceNamespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名Schema Name
Types スキーマTypes schema
検証ファイルValidation File
型 .xsdTypes.xsd
空に設定可能Can be Empty
正しくないFalse

関連項目See also