Outlook for iOS and Android in Exchange OnlineOutlook for iOS and Android in Exchange Online

概要:この記事には、iOS および Android 用の Outlook に関する管理者向けのアーキテクチャ情報およびセキュリティ情報が記載されています。Summary: This article contains architectural and security information for administrators about Outlook for iOS and Android.

IOS および Android 用の Outlook アプリは、電子メール、予定表、連絡先などのファイルをまとめて、組織内のユーザーがモバイル デバイスからより多くのことを行えるようにするために設計されています。この記事では、Office365 の管理者が組織内で Outlook for iOS や Outlook for Android を展開して維持するための情報として、このアプリのアーキテクチャとストレージ設計の概要を示します。The Outlook app for iOS and Android is designed to bring together email, calendar, contacts, and other files, enabling users in your organization to do more from their mobile devices. This article provides an overview of the architecture and the storage design of the app, so that Office365 administrators can deploy and maintain Outlook for iOS and Android in their organizations.

注意

ユーザー用の iOS 版 Outlook と Android 版 Outlook のヘルプ センターを利用できます。これには、特定のデバイスでのアプリの使用に関するヘルプ情報やトラブルシューティング情報が含まれています。The Outlook for iOS and Android Help Center is available for users, including help for using the app on specific devices and troubleshooting information.

iOS および Android 用の Outlook のアーキテクチャOutlook for iOS and Android architecture

Exchange オンラインでネイティブに動作する iOS および Android の Outlook アプリケーションがビルドされます。Outlook アプリケーションと Office 365 の間のエンド ・ ツー ・ エンドで、TLS でセキュリティ保護された接続でのすべてのデータが保護されています。The Outlook app for iOS and Android is built to work natively with Exchange Online. All data is protected by end-to-end, TLS-secured connections between the Outlook app and Office 365.

以前のバージョンの Outlook for iOS および Outlook for Android は、Microsoft が買収した Acompli のコードに基づいていました。これらの旧バージョンでは、Amazon Web Services (AWS) で実行されるクラウド コンポーネントが用いられていましたが、そのアーキテクチャは置き換えられました。新たなアーキテクチャは Exchange Online メールボックスをネイティブにサポートします。つまり、Office 365 の外でメールボックス データがキャッシュされることはありません。データは単純に現在の Exchange Online メールボックス内にとどまり、Outlook for iOS および Outlook for Android とメールボックス間の TLS でセキュリティが確保された接続で保護されます。Outlook アプリは Microsoft サービスと完全に統合され、組織で必要なセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスが提供されます。Previous versions of Outlook for iOS and Android were based on code that came from Microsoft's acquisition of Acompli. While these earlier versions leveraged cloud components that ran in Amazon Web Services (AWS), that architecture has been replaced. The new architecture supports Exchange Online mailboxes natively, which means there is no mailbox data that is cached outside of Office 365. Data simply stays in its current Exchange Online mailbox, and is protected by TLS-secured connections between Outlook for iOS and Android and the mailbox. The Outlook app is now fully integrated with Microsoft services, providing the security, privacy, and compliance that organizations need.

Outlook for iOS および Outlook for Android はまた、Azure で実行するように構築されたステートレス プロトコル トランスレーター コンポーネントを使用します。このコンポーネントにより、アプリと Exchange Online の間の通信が可能になります。このコンポーネントは、データのルーティングとコマンドの変換をしますが、ユーザー データをキャッシュすることはありません。Outlook for iOS and Android also uses a stateless protocol translator component that is built to run in Azure. This component enables communication between the app and Exchange Online. It routes data and translate commands, but it does not cache any user data.

Outlook for iOS および Outlook for Android は Outlook デバイス API でコーディングされています。この API は、アプリと Exchange 間でコマンドとデータを同期する専用 API です。Exchange Online データは、一般に利用されている REST API でアクセスできます。Outlook for iOS and Android is coded with the Outlook device API, a proprietary API that syncs commands and data between the app and Exchange. Exchange Online data is accessed via the publicly available REST APIs.