IOS および Android アプリの構成設定のための Outlook の展開Deploying Outlook for iOS and Android app configuration settings

概要: Exchange 組織で IOS および Android 用の Outlook の動作をカスタマイズする方法について説明します。Summary: How to customize the behavior of Outlook for iOS and Android in your Exchange organization.

IOS および Android 用の Outlook は、Office 365 とモバイルデバイス管理 (MDM) を許可するアプリ設定をサポートしています。これにより、Microsoft エンドポイントマネージャーのように、アプリの動作をカスタマイズできます。Outlook for iOS and Android supports app settings that allow Office 365 and mobile device management (MDM), like Microsoft Endpoint Manager, administrators to customize the behavior of the app.

アプリの構成は、登録されたデバイス上の MDM OS チャネル (iOS 用の管理されたアプリ構成チャネルまたは Android 用エンタープライズチャネルのandroid ) または Intune アプリ保護ポリシー (app) チャネルを介して配信できます。App configuration can be delivered either through the MDM OS channel on enrolled devices (Managed App Configuration channel for iOS or the Android in the Enterprise channel for Android) or through the Intune App Protection Policy (APP) channel. IOS および Android 用の Outlook は、次の構成シナリオをサポートしています。Outlook for iOS and Android supports the following configuration scenarios:

  • アカウントのセットアップ構成Account setup configuration
  • 組織に許可されたアカウントモードOrganization allowed accounts mode
  • 一般的なアプリ構成設定General app configuration settings
  • S/MIME 設定S/MIME settings
  • データ保護設定Data protection settings

重要

Android でデバイスを登録する必要がある構成シナリオでは、デバイスが Android Enterprise に登録されている必要があります。また、Outlook for Android は管理された Google Play ストアを介して展開する必要があります。For configuration scenarios that require device enrollment on Android, the devices must be enrolled in Android Enterprise and Outlook for Android must be deployed via the managed Google Play store. 詳細については、「 android ワークプロファイルデバイスの登録のセットアップ」および「管理されたAndroid デバイスのアプリ構成ポリシーの追加」を参照してください。For more information, please see Set up enrollment of Android work profile devices and Add app configuration policies for managed Android devices.

各構成シナリオでは、特定の要件を強調しています。Each configuration scenario highlights its specific requirements. たとえば、構成シナリオでデバイスを登録する必要があるかどうか、MDM プロバイダーと連携する、または Intune アプリ保護ポリシーが必要かどうか。For example, whether the configuration scenario requires device enrollment, and thus works with any MDM provider, or requires Intune App Protection Policies. 次のフローチャートは、上記の構成シナリオで使用する必要があるチャネルの概要を示しています。The following flow chart outlines which channel needs to be used for the above configuration scenarios:

注意

Microsoft エンドポイントマネージャーを使用すると、MDM OS チャネルを介して配信されるアプリ構成は、管理対象デバイスのアプリ構成ポリシー (ACP) と呼ばれます。アプリ保護ポリシーチャネルを介して提供されるアプリ構成は、管理対象アプリのアプリ構成ポリシーと呼ばれます。With Microsoft Endpoint Manager, app configuration delivered through the MDM OS channel is referred to as a Managed Devices App Configuration Policy (ACP); app configuration delivered through the App Protection Policy channel is referred to as a Managed Apps App Configuration Policy.

プロセスのフローチャート

アカウント構成のシナリオAccount configuration scenarios

IOS および Android 用の Outlook では、管理者は、登録済みデバイスを使用して次のアプリ構成シナリオを使用できます。Outlook for iOS and Android offers administrators the following app configuration scenarios with enrolled devices:

  • アカウントのセットアップ構成Account setup configuration
  • 組織に許可されたアカウントモードOrganization allowed accounts mode

これらの構成シナリオは、登録済みデバイスでのみ動作します。These configuration scenarios only work with enrolled devices. ただし、MDM プロバイダーはサポートされています。However, any MDM provider is supported. Microsoft エンドポイントマネージャーを使用していない場合、これらの設定を展開する方法について、MDM のドキュメントを参照する必要があります。If you are not using Microsoft Endpoint Manager, you need to consult with your MDM documentation on how to deploy these settings. 構成キーの詳細については、「 configuration keys」を参照してください。For more information on the configuration keys, see Configuration keys.

アカウントセットアップの構成設定Account setup configuration settings

IOS および Android 用の Outlook を使用すると、管理者は、ハイブリッド先進認証ユーザーを利用して、Office 365 とオンプレミスユーザーにアカウントの構成を "プッシュ" することができます。Outlook for iOS and Android offers administrators the ability to "push" account configurations to their Office 365 and on-premises users leveraging hybrid Modern Authentication users. アカウントのセットアップ構成の詳細については、「 account setup with モダン authentication In Exchange Online」を参照してください。For more information on account setup configuration, see Account setup with modern authentication in Exchange Online.

組織に許可されたアカウントモードの設定Organization allowed accounts mode settings

IOS および Android 用の Outlook では、管理者が電子メールとストレージプロバイダーのアカウントを企業のアカウントのみに制限することができます。Outlook for iOS and Android offers administrators the ability to restrict email and storage provider accounts to only corporate accounts. 組織が許可されているアカウントモードの詳細については、「 Exchange Online で先進認証を使用したアカウントの設定」を参照してください。For more information on organization allowed accounts mode, please see Account setup with modern authentication in Exchange Online.

アプリケーション構成の一般的なシナリオGeneral app configuration scenarios

IOS および Android 用の Outlook を使用すると、管理者はアプリ内のいくつかの設定の既定の構成をカスタマイズできます。Outlook for iOS and Android offers administrators the ability to customize the default configuration for several in-app settings. この機能は、すべての MDM プロバイダーを介して登録されたデバイスに対して、または iOS および Android 用の Outlook で Intune アプリ保護ポリシーが適用されているデバイスに対して提供されます。This capability is offered for both enrolled devices via any MDM provider and for devices that are not enrolled when Outlook for iOS and Android has an Intune App Protection Policy applied.

注意

アプリ保護ポリシーがユーザーを対象としている場合、アプリの一般的な構成設定を管理対象アプリのデバイス登録モデルに展開することをお勧めします。If an App Protection Policy is targeted to the users, the recommendation is to deploy the general app configuration settings in a Managed Apps device enrollment model. これにより、アプリ構成ポリシーが、登録済みデバイスと登録されていないデバイスの両方に展開されるようになります。This ensures the App Configuration Policy is deployed to both enrolled devices and unenrolled devices.

Outlook では、次の構成設定をサポートしています。Outlook supports the following settings for configuration:

設定Setting 既定のアプリの動作Default app behavior Notes (メモ)Notes 推奨される構成Recommended configuration
優先受信トレイFocused Inbox オンOn 優先受信トレイは、受信トレイを優先またはその他の2つのタブに分割します。Focused Inbox separates your inbox into two tabs, Focused and Other. 最も重要なメールは、[優先] タブにありますが、その他のタブでは、rest に容易にアクセスできます (ただし、その他のタブを使用することもできます)。Your most important emails are on the Focused tab while the rest remains easily accessible (but out of the way) on the Other tab. アプリの既定値App default
アプリへのアクセスに生体認証を要求するRequire Biometrics to access the app オフOff

ユーザーがデバイス上のアプリにアクセスするには、TouchID や FaceID などのバイオメトリクスが必要になることがあります。Biometrics, such as TouchID or FaceID, can be required for users to access the app on their device. 必要に応じて、このプロファイルで選択されている認証方法に加えて、バイオメトリクスを使用します。When required, biometrics is used in addition to the authentication method selected in this profile.

この設定は、iOS 用の Outlook でのみ使用できます。This setting is only available for Outlook for iOS.

アプリ保護ポリシーを使用する場合は、この設定を無効にして、アクセスが制限されないようにすることをお勧めします。If using App Protection Policies, Microsoft recommends disabling this setting to prevent dual access prompts.

無効Disable
連絡先の保存Save Contacts オフOff

モバイルデバイスのネイティブアドレス帳に連絡先を保存すると、新しい呼び出しとテキストメッセージをユーザーの既存の Outlook 連絡先にリンクさせることができます。Saving contacts to the mobile device's native address book allows new calls and text messages to be linked with the user's existing Outlook contacts.

ユーザーは、連絡先の同期を行うために、ネイティブ連絡先アプリへのアクセス権を付与する必要があります。The user must grant access to the native Contacts app for contact synchronization to occur.

有効にするEnable
外部受信者のメールヒントExternal Recipients MailTip オンOn

送信者が外部の受信者を追加した場合や、外部の受信者を含む配布グループを追加した場合は、外部受信者のメールヒントが表示されます。If the sender adds a recipient that's external or adds a distribution group that contains external recipients, the External Recipients MailTip is displayed. このメール ヒントは、送信者が作成しているメッセージが組織から外部に送信される場合に送信者に通知し、送信者がメッセージの表現の仕方、文章の調子、内容が適切であるかどうかを判断するのに役立ちします。This MailTip informs senders if a message they're composing will leave the organization, helping them make the correct decisions about wording, tone, and content.

Outlook for iOS と Outlook for Android が外部の受信者のメールヒントを表示するためには、Exchange Online MailTipsExternalRecipientsTipsEnabled パラメーターを $true に設定する必要があることに注意してください。Note that Exchange Online MailTipsExternalRecipientsTipsEnabled parameter must be set to $true in order for Outlook for iOS and Android to see the External Recipients MailTip. 詳細については、「メール ヒント」を参照してください。For more information, see MailTips.

アプリの既定値App default
外部画像をブロックするBlock external images オフOff [外部画像をブロックする] が有効になっている場合、インターネット上でホストされている画像を既定でメッセージ本文に埋め込むことができなくなります (ユーザーは画像をダウンロードすることもできます)。When block external images is enabled, the app prevents the download of images hosted on the Internet that are embedded in the message body by default (the user can still choose to download the images). 有効にするEnable
既定のアプリ署名Default app signature オンOn メッセージの構成時に、アプリが既定の署名を使用するかどうかを示します ("Outlook for [OS]" を取得します)。Indicates whether the app uses its default signature, "Get Outlook for [OS]", during message composition. 既定の署名が無効になっている場合でも、ユーザーは独自の署名を追加できます。Users can add their own signature even when the default signature is disabled. アプリの既定値App default
返信の候補Suggested replies オンOn 既定では、iOS および Android 用の Outlook は、クイック応答の新規作成ウィンドウで返信を提案します。By default, Outlook for iOS and Android suggests replies in the quick reply compose window. 提案された返信を選択した場合は、送信する前に返信を編集できます。If you select a suggested reply, you can edit the reply before sending it. アプリの既定値App default
検出フィードDiscover Feed オンOn

検出機能は、Microsoft Graph によって提供され、組織内のユーザーに接続されている会社の Office ファイルのフィードを提供します。The Discover capability, powered by Microsoft Graph, provides a feed of your company's Office files connected to the people in your organization. この機能は検索機能にあり、ユーザーがアクセスできるドキュメントのみが表示されます。This feature can be found in the Search experience and only shows documents for which the user has access. ユーザーが Delve を無効にすると、この機能は無効になります。This functionality is disabled if Delve is disabled for the user.

この設定は、iOS 用の Outlook でのみ使用できます。This setting is only available for Outlook for iOS.

アプリの既定値App default
スレッド別に編成するOrganize by thread オンOn

既定では、iOS および Android 用の Outlook は、関連付けられた電子メールを単一スレッドの会話ビューに並べます。By default, Outlook for iOS and Android collates related emails into a single threaded conversation view.

アプリの既定値App default
自分のメールを再生するPlay My Emails オンOn

既定では、受信トレイ内のバナーを使用して、ユーザーの電子メールを再生することが対象ユーザーに昇格されます。By default, Play My Emails is promoted to eligible users via a banner in the inbox.

この設定は、iOS 用の Outlook でのみ使用できます。This setting is only available for Outlook for iOS.

アプリの既定値App default

基本的にセキュリティに関連する設定には、追加のオプションがあり、ユーザーが設定を変更できます。Settings that are security-related in nature have an additional option, Allow user to change setting. これらの設定 (連絡先の保存外部イメージのブロック、およびアプリにアクセスするための生体認証を要求する) では、管理者はユーザーがアプリの構成を変更できないようにすることができます。For these settings (Save Contacts, Block external images, and Require Biometrics to access the app), administrators can prevent the user from changing the app's configuration. 管理者の構成を上書きすることはできません。The administrator's configuration cannot be overridden.

[ユーザーによる変更を許可する] 設定でアプリの動作が変更されることはありません。Allow user to change setting does not change the app's behavior. たとえば、管理者が外部画像をブロックし、ユーザーが変更できないようにすると、既定では、メッセージに外部画像はダウンロードされません。ただし、ユーザーはそのメッセージ本文の画像を手動でダウンロードできます。For example, if the admin enables Block external images and prevents user change, then by default external images are not downloaded in messages; however, the user can manually download the images for that message body.

次の条件では、さまざまなアプリ構成を実装するときの Outlook の動作について説明します。The following conditions describe Outlook's behavior when implementing various app configurations:

  • 管理者が既定値を使用して設定を構成していて、アプリが既定の設定で構成されている場合、管理者の構成は影響を与えません。If the admin configures a setting with its default value, and the app is configured with the default, then the admin's configuration doesn't have any effect. たとえば、管理者が外部の受信者にメールヒント= オンに設定している場合は、既定値もオンになっているため、Outlook の構成は変更されません。For example, if the admin sets External recipients MailTip=on, the default value is also on, so Outlook's configuration doesn't change.

  • 管理者が既定値以外の値で設定を構成し、アプリが既定で構成されている場合、管理者の構成が適用されます。If the admin configures a setting with the non-default value and the app is configured with the default, then the admin's configuration is applied. たとえば、管理者がフォーカスのある受信トレイをオフに設定し、アプリの既定値がオンになっている場合は、Outlook の優先受信トレイの構成がオフになっています。For example, the admin sets Focused Inbox=off, but app default is on, so Outlook's configuration for Focused Inbox is off.

  • ユーザーが既定値以外の値を構成した場合に、管理者が既定値を構成し、ユーザーが選択できるようにした場合、Outlook はユーザーの構成された値を保持します。If the user has configured a non-default value, but the admin has configured a default value and allows user choice, then Outlook retains the user's configured value. たとえば、ユーザーは連絡先の同期を有効にしていますが、管理者が [連絡先の保存] をオフにし、ユーザーが選択できるようにするため、Outlook は連絡先の同期をオンにし、ユーザーの発信者番号を解除しません。For example, the user has enabled contact synchronization, but the admin sets Save Contacts=off and allows user choice, so Outlook keeps contact synchronization on and does not break caller-ID for user.

  • 管理者がユーザーの選択を無効にした場合、Outlook は、ユーザーの構成または既定のアプリの構成に関係なく、管理者が定義した構成を常に強制します。If the admin disables user choice, Outlook always enforces the admin-defined configuration, regardless of the user's configuration or default app configuration. たとえば、ユーザーは連絡先の同期を有効にしていますが、管理者が [連絡先を保存する] をオフにしてユーザーの選択を無効にすると、連絡先の同期が無効になり、ユーザーはそれを有効にすることができなくなります。For example, the user has enabled contact synchronization, but the admin sets Save Contacts=off and disables user choice, so contact synchronization gets disabled and the user is prevented from enabling it.

  • アプリの構成を適用した後、ユーザーが設定値を変更して管理者の必要値に一致しない場合 (かつユーザーの選択が許可されている場合)、ユーザーの構成は保持されます。If after the app configuration is applied, if the user changes the setting value to not match the admin desired value (and user choice is allowed), then the user's configuration is retained. たとえば、[外部画像をブロックする] は既定でオフになっています。管理者が外部画像をオンに設定した後、ユーザーによる変更をブロックする外部画像をオフに戻します。For example, block external images is off by default, admin set Block external images=on, but afterwards, user changes block external images back to off. このシナリオでは、ポリシーが次回適用されたときに、外部イメージをブロックしたままにします。In this scenario, block external images remains off the next time the policy is applied.

ユーザーには、アプリの通知トーストによる構成変更が通知されます。Users are alerted to configuration changes via a notification toast in the app:

アプリの通知トースト

この通知トーストは、10秒後に自動的に無視されます。This notification toast will automatically dismiss after 10 seconds. この通知トーストが表示されないシナリオは2つあります。There are two scenarios where this notification toast will not appear:

  • アプリに過去1時間以内に通知が表示されていた場合。If the app has previously shown the notification in the last hour.

  • アプリが24時間以内にインストールされている場合。If the app has been installed in less than 24 hours.

連絡先の保存Save Contacts

連絡先の保存設定は、他の設定とは異なり、特別なケースです。この設定では、ユーザーがネイティブの連絡先アプリと内部に格納されているデータにアクセスするためのアクセス許可を付与する必要があります。The Save Contacts setting is a special case scenario because unlike the other settings, this setting requires user interaction: the user needs to grant Outlook permissions to access the native Contacts app and the data stored within. ユーザーがアクセス権を付与しない場合、連絡先の同期を有効にすることはできません。If the user does not grant access, then contact synchronization cannot be enabled.

注意

Android Enterprise では、管理者は管理対象アプリに割り当てられた既定のアクセス許可を構成できます。With Android Enterprise, administrators can configure the default permissions assigned to the managed app. ポリシー内で、Outlook for Android に対して連絡先の読み取り_を許可し、_連絡先を作業プロファイル内に書き込むように定義できます。アクセス許可の割り当て方法の詳細については、「管理されたAndroid デバイスのアプリ構成ポリシーを追加する」を参照してください。Within the policy, you can define that Outlook for Android is granted READ_CONTACTS and WRITE_CONTACTS within the work profile; for more information on how to assign permissions, please see Add app configuration policies for managed Android devices. 既定のアクセス許可を割り当てる場合は、アクセス許可によって個人データへのアクセス権が付与される可能性があるため、使用されているAndroid エンタープライズ展開モデルを理解することが重要です。When assigning default permissions it is important to understand which Android Enterprise deployment models are in use, as the permissions may grant access to personal data.

Android 用の Outlook を android Enterprise の作業プロファイルに保存できるようにする場合、Outlook for Android では、作業プロファイルのコンテキスト内でネイティブの連絡先アプリにアクセスするだけで制限されています。これにより、仕事と個人のプロファイルデータが明確に分離されます。When enabling Outlook for Android's Save Contacts within Android Enterprise's work profile, Outlook for Android is limited in only being able to access the native Contacts app within the work profile context; this provides a clear separation between work and personal profile data. しかし、Android Enterprise を使用すると、個人用プロファイル内のダイヤラーとメッセージングアプリは、職場プロファイル内のローカル連絡先にアクセスできます。However, Android Enterprise allows for the dialer and messaging apps within the personal profile to access the local contacts within the work profile. この動作は既定で有効になっていますが、デバイスの制限によって制御できます。詳細については、「 Android Enterprise デバイスの設定」を参照して、Intune を使用して機能を許可または制限します。This behavior is enabled by default, but can be controlled via device restrictions; for more information, see Android Enterprise device settings to allow or restrict features using Intune. 一部のダイヤラーまたはメッセージングアプリは、デバイスの製造元によってインストールされているか、または再生ストアからインストールされているかにかかわらず、この機能を適切にサポートしていない可能性があります。It's possible that some dialer or messaging apps, whether pre-installed by the device manufacturer or installed from the Play Store, do not properly support this capability.

連絡先の保存を有効にするワークフローは、新しいアカウントと既存のアカウントで同じです。The workflow for enabling Save Contacts is the same for new accounts and existing accounts.

  1. ユーザーには、管理者が連絡先の同期を有効にしたことが通知されます。The user is notified that the administrator has enabled contact synchronization. Outlook for iOS では、アプリ内で通知が行われます。一方、Android 用の Outlook では、永続的な通知が Android 通知センター経由で配信されます。In Outlook for iOS, the notification occurs within the app, whereas in Outlook for Android, a persistent notification is delivered via the Android notification center.

    連絡先の同期通知

  2. ユーザーが通知をタップすると、アクセス権を付与するように求めるメッセージが表示されます。If the user taps on the notification, the user is prompted to grant access:

    ユーザーに連絡先へのアクセスを求めるメッセージが表示される

  3. ユーザーが Outlook をネイティブ連絡先アプリにアクセスできるようにすると、アクセスが許可され、連絡先の同期が有効になります。If the user allows Outlook to access the native Contacts app, access is granted and contact synchronization is enabled. ユーザーがネイティブの連絡先アプリへの Outlook アクセスを拒否した場合、ユーザーは OS 設定に移動して、連絡先の同期を有効にするように求められます。If the user denies Outlook access to the native Contacts app, then the user is prompted to go into the OS settings and enable contact synchronization:

    Outlook がネイティブ連絡先アプリにアクセスすることを許可するかどうかを確認するメッセージがユーザーに表示される

  4. ユーザーがネイティブの連絡先アプリへの Outlook アクセスを拒否し、前のプロンプトを閉じると、ユーザーは Outlook 内のアカウントの構成に移動し、 [開く] の設定をタップすることで、後でアクセスを有効にすることができます。In the event the user denies Outlook access to the native Contacts app and dismisses the previous prompt, the user may later enable access by navigating to the account configuration within Outlook and tapping Open Settings:

    Outlook アカウントの設定

S/MIME シナリオS/MIME scenarios

登録されたデバイスでは、iOS および Android 用の Outlook は、自動証明書の配信をサポートします。On enrolled devices, Outlook for iOS and Android supports automated certificate delivery. IOS および Android 用の Outlook では、アプリの S/MIME を有効または無効にするアプリ構成設定もサポートされており、ユーザーは設定を変更することもできます。Outlook for iOS and Android also supports app configuration settings that enable or disable S/MIME in the app, as well as the user's ability to change the setting. これらの設定を Microsoft エンドポイントマネージャーを使用して展開する方法の詳細については、「 S/MIME について」を参照してください。For more information on how to deploy these settings via Microsoft Endpoint Manager, see Understanding S/MIME. 構成キーの詳細については、「 configuration keys」を参照してください。For more information on the configuration keys, see Configuration keys.

データ保護シナリオData protection scenarios

IOS および Android 用の Outlook は、Intune アプリ保護ポリシーが適用された Microsoft エンドポイントマネージャーによってアプリが管理されるときに、次のデータ保護設定のアプリ構成ポリシーをサポートします。Outlook for iOS and Android supports app configuration policies for the following data protection settings when the app is managed by Microsoft Endpoint Manager with an Intune App Protection Policy applied:

  • ウェアラブルテクノロジの使用を管理するManaging the use of wearable technology

  • メールと予定表のアラーム通知の機密データの管理Managing sensitive data in mail and calendar reminder notifications

  • ネイティブ連絡先アプリと同期された連絡先フィールドの管理Managing the contact fields synchronized to the native contacts app

これらの設定は、デバイスの登録状態にかかわらず、アプリに展開できます。These settings can be deployed to the app regardless of device enrollment status. 構成キーの詳細については、「 configuration keys」を参照してください。For more information on the configuration keys, see Configuration keys.

IOS および Android 用の Outlook 用にウェアラブルを構成するConfigure Wearables for Outlook for iOS and Android

既定では、iOS および Android 用の Outlook は、ユーザーがメッセージ通知やイベントリマインダーを受信できるようにするウェアラブルテクノロジと、メッセージを操作して毎日の予定表を表示する機能をサポートしています。By default, Outlook for iOS and Android supports wearable technology, allowing the user to receive message notifications and event reminders, and the ability to interact with messages and view daily calendars. ウェアラブル上の企業データにアクセスする機能を無効にする必要がある組織では、アプリ構成ポリシーを使用してウェアラブルをブロックすることができます。Organizations that want to disable the ability to access corporate data on wearables can block wearables with an App Configuration Policy.

IOS および Android 用の Outlook の通知を構成するConfigure Notifications for Outlook for iOS and Android

モバイルアプリの通知は、ユーザーに新しいコンテンツを通知する際、または行動を取るために重要です。ユーザーは、ロック画面とオペレーティングシステムの通知センターからこれらの通知を操作します。Mobile app notifications are critical in alerting users of new content or reminding them to act. Users interact with these notifications via the lock screen and in the operating system's notification center. 通知には多くの場合、機密情報が含まれている場合があります。Notifications often include detailed information, which can be sensitive in nature. 残念ながら、この情報は不用意なオブザーバーに漏洩する可能性があります。This information, unfortunately, can inadvertently be leaked to casual observers.

IOS および Android 用の Outlook では、ユーザーがメールの優先度を設定し、今後の会議についてユーザーに通知できるようにするための通知が設計されています。たとえば、提案を残す時間があります。Outlook for iOS and Android has designed its notifications to enable users to triage email and alert users to upcoming meetings, including incorporating Time to Leave suggestions. メール通知には、送信者のアドレス、メッセージの件名、およびメッセージ本文の短いメッセージプレビューが含まれます。Mail notifications include the sender's address, the subject of the message, and a short message preview of the message body. 予定表のアラームには、会議の件名、場所、開始時刻が含まれます。Calendar reminders include the subject, location, and start time of the meeting.

これらの通知には機密データが含まれている可能性があるため、組織は Intune アプリ保護ポリシー設定、 Org Data 通知を利用して機密データを削除することができます。Recognizing that these notifications may include sensitive data, organizations can leverage an Intune App Protection Policy setting, Org Data Notifications, to remove the sensitive data. これはアプリ保護ポリシー設定なので、この設定をサポートするアプリのユーザーのすべてのデバイス (電話、タブレット、およびウェアラブル) に適用されます。As this is an App Protection Policy setting, it applies on all devices (phones, tablets, and wearables) for the user for the apps that support the setting. この設定の詳細については、「 IOS App Protection policy settings And Android app protection policy settings」を参照してください。For more information on the setting, see iOS App Protection Policy settings and Android App Protection Policy settings.

アプリ保護ポリシーの設定に加えて、iOS および Android 用の Outlook には、データ保護アプリ構成ポリシー設定の予定表通知があります。これにより、予定表通知により柔軟に情報を提供しながら、メール通知の機密情報をブロックすることができます。In addition to the App Protection Policy setting, Outlook for iOS and Android has a data protection App Configuration Policy setting, Calendar Notifications, that provides additional flexibility with calendar notifications – organizations can block sensitive information in mail notifications, while allowing sensitive information in calendar notifications. 結局のところ、ユーザーはひとめでどこにいるかを知る必要があるかもしれません。After all, users might just need to know where they are going and when they should leave, at a glance.

次の表では、アプリ保護とアプリ構成ポリシーの設定の組み合わせに基づいて、iOS および Android 用の Outlook での通知の動作について概説します。The following table outlines the notification experience in Outlook for iOS and Android based on the combination of the App Protection and App Configuration policy settings:

組織データ通知の値Org Data Notifications value 予定表通知の値Calendar Notifications value 通知の動作Notification behavior
許可 (既定)Allow (default) 未構成 (既定値)Not Configured (default) メールおよび予定表通知に機密データが公開される既定のクライアント動作Default client behavior where sensitive data is exposed in mail and calendar notifications
BlockBlock Not ConfiguredNot Configured Outlook がブロック設定を無視したときに、機密性の高いデータがメールと予定表の通知に公開されるSensitive data is exposed in mail and calendar notifications as Outlook ignores the block setting
組織データをブロックするBlock Org Data Not ConfiguredNot Configured メールまたは予定表の通知に機密データを使用できないSensitive data is not available in mail or calendar notifications
組織データをブロックするBlock Org Data Allowed

メール通知では機密性の高いデータを使用できないSensitive data is not available in mail notifications

予定表通知に機密データを公開するCalendar notifications expose sensitive data

IOS および Android 用の Outlook のネイティブ連絡先に対する連絡先フィールドの同期を構成するConfigure Contact Field Sync to native Contacts for Outlook for iOS and Android

この設定では、iOS と Android の Outlook と、ネイティブの連絡先アプリケーションとの間で同期する連絡先フィールドを制御できます。The settings allow you to control the contact fields that synchronize between Outlook on iOS and Android and the native Contacts applications.

注意

Outlook for Android では、双方向連絡先の同期がサポートされています。Outlook for Android supports bi-directional contact synchronization. ただし、[メモ] フィールドなど、制限されているネイティブ連絡先アプリのフィールドをユーザーが編集した場合、そのデータは Android 用の Outlook に同期されません。However, if a user edits a field in the native contacts app that is restricted (such as the Notes field), then that data will not synchronize back into Outlook for Android.

登録済みデバイスの Microsoft エンドポイントマネージャーを使用して構成シナリオを展開するDeploying configuration scenarios with Microsoft Endpoint Manager for enrolled devices

Microsoft エンドポイントマネージャーを使用すると、管理者はアプリ構成ポリシーを使用してこれらの設定を iOS および Android 用の Outlook に簡単に展開できます。Microsoft Endpoint Manager enables administrators to easily deploy these settings to Outlook for iOS and Android via App Configuration Policies.

次の手順では、アプリ構成ポリシーを作成できます。The following steps allow you to create an app configuration policy. 構成ポリシーを作成した後、その設定をユーザーのグループに割り当てることができます。After the configuration policy is created, you can assign its settings to groups of users.

注意

Intune は、ポリシーの変更について Intune サービスを使用してチェックインするように登録デバイスに通知します。Intune notifies the enrolled device to check in with the Intune service for policy changes. 通知時間は、すぐに最大で数時間にまでさまざまです。The notification times vary, including immediately up to a few hours. 詳細については、「 Microsoft Intune のデバイスポリシーとプロファイル」の「一般的な質問、問題、および解決策」を参照してください。For more information, please see Common questions, issues, and resolutions with device policies and profiles in Microsoft Intune.

重要

管理対象デバイスにアプリ構成ポリシーを展開する場合、複数のポリシーが同じ構成キーに対して異なる値を持ち、同じアプリとユーザーを対象としていると、問題が発生する可能性があります。When deploying app configuration policies to managed devices, issues can occur when multiple policies have different values for the same configuration key and are targeted for the same app and user. これは、異なる値を解決するための競合解決メカニズムが欠如しているためです。This is due to the lack of a conflict resolution mechanism for resolving the differing values. これを防止するには、管理対象デバイス用のアプリ構成ポリシーが1つだけ定義されており、同じアプリとユーザーを対象としていることを確認する必要があります。You can prevent this by ensuring that only a single app configuration policy for managed devices is defined and targeted for the same app and user.

IOS および Android 用の Outlook 用の管理されたデバイスのアプリ構成ポリシーを作成するCreate a managed devices app configuration policy for Outlook for iOS and Android

  1. Microsoft エンドポイントマネージャーにサインインします。Sign into Microsoft Endpoint Manager.

  2. [アプリ] を選択し、[アプリ構成ポリシー] を選択します。Select Apps and then select App configuration policies.

  3. [アプリ構成ポリシー ] ブレードで、[追加] を選択し、[管理対象デバイス] を選択して、アプリ構成ポリシー作成フローを開始します。On the App Configuration policies blade, choose Add and select Managed devices to start the app configuration policy creation flow.

  4. [基本] セクションで、アプリ構成設定の名前説明(省略可能) を入力します。On the Basics section, enter a Name, and optional Description for the app configuration settings.

  5. [プラットフォーム] で、[ IOS/ipados ] または [ Android Enterprise] のどちらかを選択します。For Platform, choose either iOS/iPadOS or Android Enterprise.

  6. Android Enterprise がプラットフォームとして選択されている場合は、[プロファイルの種類] で、[ワークプロファイルとデバイス所有者のプロファイル] を選択します。If Android Enterprise is selected as the platform, for Profile Type, choose Work Profile and Device Owner Profile.

  7. 対象アプリの場合は、[アプリの選択] を選択し、関連付けられているアプリのブレードで、[ Microsoft Outlook] を選択します。For Targeted app, choose Select app, and then, on the Associated app blade, choose Microsoft Outlook. [OK] をクリックします。 Click OK.

    注意

    Outlook が利用可能なアプリとしてリストされていない場合は、「 intune でのアプリの割り当て」および「 iOS ストアアプリを Microsoft intune に追加する」の手順に従って追加する必要があります。If Outlook is not listed as an available app, then you must add it by following the instructions in Assign apps to Android work profile devices with Intune and Add iOS store apps to Microsoft Intune.

  8. [次へ] をクリックして、アプリ構成ポリシーの基本設定を完了します。Click Next to complete the basic settings of the app configuration policy.

  9. [設定] セクションで、[構成設定の形式に対して構成デザイナーを使用する] を選択します。On the Settings section, select Use configuration designer for the Configuration settings format.

  10. アカウントのセットアップ構成を展開する場合は、[電子メールアカウント設定を構成し、適切に構成する] で [はい] を選択します。If you want to deploy account setup configuration, select Yes for Configure email account settings and configure appropriately:

    注意

    アプリ保護ポリシーがユーザーを対象としている場合は、管理されたデバイスを使用するのではなく、一般的なアプリの構成設定を管理対象アプリのデバイス登録モデルに展開することをお勧めします。If an App Protection Policy is targeted to the users, the recommendation is to deploy the general app configuration settings in a Managed Apps device enrollment model instead of using Managed devices. これにより、アプリ構成ポリシーが、登録済みデバイスと登録されていないデバイスの両方に展開されるようになります。This ensures the App Configuration Policy is deployed to both enrolled devices and unenrolled devices.

    • [認証の種類] で、[モダン認証] を選択します。For Authentication type, select Modern authentication. これは、ハイブリッド先進認証を活用する Office 365 アカウントまたはオンプレミスアカウントで必要になります。This is required for Office 365 accounts or on-premises accounts leveraging hybrid modern authentication.

    • AAD からユーザー名属性を指定する場合は、[ユーザープリンシパル名] を選択します。For Username attribute from AAD, select User Principal Name.

    • AAD からの電子メールアドレス属性の場合は、[プライマリ SMTP アドレス] を選択します。For Email address attribute from AAD, select Primary SMTP Address.

    • 職場または学校のアカウントのみを使用できるように、iOS および Android 用の Outlook を構成する場合は、[職場または****学校アカウントのみを要求する] を選択します。If you want to configure Outlook for iOS and Android such that only the work or school account can be used, select Require for Allow only work or school accounts. この構成では、iOS および Android 用の Outlook に1つの企業アカウントしか追加できないことに注意してください。Please note that this configuration will only allow a single corporate account to be added to Outlook for iOS and Android.

  11. 一般的なアプリ構成設定を展開する場合は、必要に応じて設定を構成します。If you want to deploy general app configuration settings, configure the desired settings accordingly:

    • [優先受信トレイ] で、[使用可能なオプション:未構成(既定)]、 [オン] (アプリの既定値)、[オフ] を選択します。For Focused Inbox, choose from the available options: Not configured (default), On (app default), Off.

    • アプリへのアクセスに生体認証を要求するには、[使用可能なオプション:未構成(既定)]、 [オン]、[オフ] (アプリの既定値) から選択します。For Require Biometrics to access the app, choose from the available options: Not configured (default), On, Off (app default). [オン] または [オフ] を選択すると、管理者はユーザーがアプリ設定の値を変更できるようにすることを選択できます。When selecting On or Off, administrators can choose to allow the user to change the app setting's value. ユーザーが設定を変更できないようにする場合は [はい(アプリの既定)] を選択し、設定の値をユーザーが変更できないようにする場合は [いいえ] を選択します。Select Yes (app default) to allow the user to change the setting or choose No if you want to prevent the user from changing the setting's value. この設定は、iOS 用の Outlook でのみ使用できます。This setting is only available in Outlook for iOS.

      重要

      保護されたアカウントにアクセスするために PIN を必要とする Intune アプリ保護ポリシーによってアカウントが保護されている場合、アプリ設定にアクセスするための生体認証が必要になります。それ以外の場合、アプリにアクセスするときに、ユーザーに複数の認証プロンプトが表示されます。If the account is protected by an Intune App Protection Policy that requires a PIN to access the protected account, then the Require Biometrics to access the app setting should be disabled, otherwise the user is prompted with multiple authentication prompts when accessing the app.

    • 連絡先を保存する場合は、[未構成] (既定)、 [オン]、[オフ] (アプリの既定値) から選択できます。For Save Contacts, choose from the available options: Not configured (default), On, Off (app default). [オン] または [オフ] を選択すると、管理者はユーザーがアプリ設定の値を変更できるようにすることを選択できます。When selecting On or Off, administrators can choose to allow the user to change the app setting's value. ユーザーが設定を変更できないようにする場合は [はい(アプリの既定)] を選択し、設定の値をユーザーが変更できないようにする場合は [いいえ] を選択します。Select Yes (app default) to allow the user to change the setting or choose No if you want to prevent the user from changing the setting's value.

    • 提案された返信の場合は、[未構成] (既定)、 [オン] (アプリの既定値)、[オフ] から選択できます。For Suggested Replies, choose from the available options: Not configured (default), On (app default), Off.

    • [検出フィード] で、[未構成] (既定)、 [オン] (アプリの既定値)、[オフ] のオプションから選択します。For Discover Feed, choose from the available options: Not configured (default), On (app default), Off. この設定は、iOS 用の Outlook でのみ使用できます。This setting is only available in Outlook for iOS.

    • 外部の受信者のメールヒントの場合は、[未構成] (既定)、 [オン] (アプリの既定値)、[オフ] から選択できます。For External recipients MailTip, choose from the available options: Not configured (default), On (app default), Off.

    • 既定のアプリ署名については、[未構成] (既定)、 [オン(アプリの既定)]、[オフ] のオプションから選択できます。For Default app signature, choose from the available options: Not configured (default), On (app default), Off.

    • [外部画像をブロックする] で、[未構成] (既定)、 [オン]、[オフ] (アプリの既定値) から選択できます。For Block external images, choose from the available options: Not configured (default), On, Off (app default). [オン] または [オフ] を選択すると、管理者はユーザーがアプリ設定の値を変更できるようにすることを選択できます。When selecting On or Off, administrators can choose to allow the user to change the app setting's value. ユーザーが設定を変更できないようにする場合は [はい(アプリの既定)] を選択し、設定の値をユーザーが変更できないようにする場合は [いいえ] を選択します。Select Yes (app default) to allow the user to change the setting or choose No if you want to prevent the user from changing the setting's value.

    • スレッド別にメールを整理するには、[使用可能なオプション:未構成(既定)]、 [オン(アプリの既定)]、[オフ] のいずれかを選択します。For Organize mail by thread, choose from the available options: Not configured (default), On (app default), Off.

    • [メールを再生する] では、[未構成] (既定)、 [オン(アプリの既定)]、[オフ] のオプションから選択できます。For Play My Emails, choose from the available options: Not configured (default), On (app default), Off.

  12. 設定の選択が終了したら、[次へ] を選択します。When you are finished selecting settings, choose Next.

  13. [割り当て] セクションで、[含めるグループの選択] を選択します。On the Assignments section, choose Select groups to include. アプリ構成ポリシーを割り当てる対象の Azure AD グループを選択し、[選択] を選択します。Select the Azure AD group to which you want to assign the app configuration policy, and then choose Select.

  14. 割り当てが終了したら、[次へ] を選択します。When you are finished with assignments, choose Next.

  15. [レビュー + 作成] セクションで、構成されている設定を確認し、[作成] を選択します。On the Review + Create section, review the settings configured and choose Create.

新しく作成された構成ポリシーが、アプリ構成ブレードに表示されます。The newly created configuration policy is displayed on the App configuration blade.

注意

管理対象デバイスの場合は、プラットフォームごとに個別のアプリ構成ポリシーを作成する必要があります。For Managed devices you will need to create a separate app configuration policy for each platform. また、構成設定を有効にするには、会社のポータルから Outlook をインストールする必要があります。Also, Outlook will need to be installed from the Company Portal for the configuration settings to take effect.

未登録デバイスの Microsoft エンドポイントマネージャーを使用した構成シナリオの展開Deploying configuration scenarios with Microsoft Endpoint Manager for unenrolled devices

Microsoft エンドポイントマネージャーをモバイルアプリ管理プロバイダーとして使用している場合は、次の手順に従って、管理対象アプリのアプリ構成ポリシーを作成できます。If you are using Microsoft Endpoint Manager as your mobile app management provider, the following steps allow you to create a managed apps app configuration policy. 構成を作成した後、その設定をユーザー グループに割り当てることができます。After the configuration is created, you can assign its settings to groups of users.

注意

Intune アプリ保護ポリシーと連携して展開された場合、Microsoft Endpoint Manager 管理対象アプリは、Intune アプリ構成ポリシーの状態に対して30分の間隔でチェックインします。Microsoft Endpoint Manager managed apps will check-in with an interval of 30 minutes for Intune App Configuration Policy status, when deployed in conjunction with an Intune App Protection Policy. Intune アプリ保護ポリシーがユーザーに割り当てられていない場合、Intune アプリ構成ポリシーのチェックイン間隔は720分に設定されます。If an Intune App Protection Policy isn't assigned to the user, then the Intune App Configuration Policy check-in interval is set to 720 minutes.

IOS および Android 用の Outlook 用の管理対象アプリのアプリ構成ポリシーを作成するCreate a managed apps app configuration policy for Outlook for iOS and Android

  1. Microsoft エンドポイントマネージャーにサインインします。Sign into Microsoft Endpoint Manager.

  2. [アプリ] を選択し、[アプリ構成ポリシー] を選択します。Select Apps and then select App configuration policies.

  3. [アプリ構成ポリシー ] ブレードで、[追加] を選択して、[管理されているアプリ] を選択します。On the App Configuration policies blade, choose Add and select Managed apps.

  4. [基本] セクションで、アプリ構成設定の名前説明(省略可能) を入力します。On the Basics section, enter a Name, and optional Description for the app configuration settings.

  5. 公開アプリの場合は、[パブリックアプリの選択] を選択し、[対象となるアプリ] ブレードで iOS と Android の両方のプラットフォームアプリを選択して [ Outlook ] を選択します。For Public apps, choose Select public apps, and then, on the Targeted apps blade, choose Outlook by selecting both the iOS and Android platform apps. [選択] をクリックして、選択したパブリックアプリを保存します。Click Select to save the selected public apps.

  6. [次へ] をクリックして、アプリ構成ポリシーの基本設定を完了します。Click Next to complete the basic settings of the app configuration policy.

  7. [設定] セクションで、 Outlook の構成設定を展開します。On the Settings section, expand the Outlook configuration settings.

  8. 一般的なアプリ構成設定を展開する場合は、必要に応じて設定を構成します。If you want to deploy general app configuration settings, configure the desired settings accordingly:

    • [優先受信トレイ] で、[利用可能なオプション:未構成] (既定)、 [はい] (アプリの既定値)、いいえFor Focused Inbox, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No.

    • アプリへのアクセスに生体認証を要求するには、[使用可能なオプション] から選択します。未構成(既定)、はいいいえ(アプリの既定値)。For Require Biometrics to access the app, choose from the available options: Not configured (default), Yes, No (app default). [はい] または [いいえ] を選択すると、管理者はアプリ設定の値の変更をユーザーに許可するかどうかを選択できます。When selecting Yes or No, administrators can choose to allow the user to change the app setting's value. ユーザーが設定を変更できないようにする場合は [はい(アプリの既定)] を選択し、設定の値をユーザーが変更できないようにする場合は [いいえ] を選択します。Select Yes (app default) to allow the user to change the setting or choose No if you want to prevent the user from changing the setting's value. この設定は、iOS 用の Outlook でのみ使用できます。This setting is only available in Outlook for iOS.

      重要

      保護されたアカウントにアクセスするために PIN を必要とする Intune アプリ保護ポリシーによってアカウントが保護されている場合、アプリ設定にアクセスするための生体認証が必要になります。それ以外の場合、アプリにアクセスするときに、ユーザーに複数の認証プロンプトが表示されます。If the account is protected by an Intune App Protection Policy that requires a PIN to access the protected account, then the Require Biometrics to access the app setting should be disabled, otherwise the user is prompted with multiple authentication prompts when accessing the app.

    • 連絡先を保存する場合は、[使用可能なオプション] から選択します。未構成(既定)、はいいいえ(アプリの既定値)。For Save Contacts, choose from the available options: Not configured (default), Yes, No (app default). [はい] または [いいえ] を選択すると、管理者はアプリ設定の値の変更をユーザーに許可するかどうかを選択できます。When selecting Yes or No, administrators can choose to allow the user to change the app setting's value. ユーザーが設定を変更できないようにする場合は [はい(アプリの既定)] を選択し、設定の値をユーザーが変更できないようにする場合は [いいえ] を選択します。Select Yes (app default) to allow the user to change the setting or choose No if you want to prevent the user from changing the setting's value.

    • [検出フィード] の場合、[使用可能なオプション] から選択します ( 既定)、はい(アプリの既定値)、いいえFor Discover Feed, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No. この設定は、iOS 用の Outlook でのみ使用できます。This setting is only available in Outlook for iOS.

    • 外部の受信者のメールヒントの場合は、[未構成] (既定)、 [はい] (アプリの既定値)、いいえのオプションから選択します。For External recipients MailTip, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No.

    • 外部画像をブロックするには、[使用可能なオプション] から選択します。未構成(既定)、はいいいえ(アプリの既定値)。For Block external images, choose from the available options: Not configured (default), Yes, No (app default). [はい] または [いいえ] を選択すると、管理者はアプリ設定の値の変更をユーザーに許可するかどうかを選択できます。When selecting Yes or No, administrators can choose to allow the user to change the app setting's value. ユーザーが設定を変更できないようにする場合は [はい(アプリの既定)] を選択し、設定の値をユーザーが変更できないようにする場合は [いいえ] を選択します。Select Yes (app default) to allow the user to change the setting or choose No if you want to prevent the user from changing the setting's value.

    • 既定のアプリ署名については、[未構成] (既定)、 [はい] (アプリの既定値)、いいえのオプションから選択します。For Default app signature, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No.

    • 提案れた返信の場合は、[使用可能なオプション] から選択します (既定)、はい(アプリの既定値)、いいえFor Suggested Replies, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No.

    • スレッド別にメールを整理するには、[使用可能なオプション] ([未構成] (既定)、 [はい] (アプリの既定値)、いいえ] を選択します。For Organize mail by thread, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No.

    • 電子メールを再生するには、使用可能なオプションから選択します。未構成(既定)、はい(アプリの既定値)、いいえFor Play My Emails, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No.

  9. データ保護設定を管理する場合は、必要に応じて必要な設定を構成します。If you want to manage the data protection settings, configure the desired settings accordingly:

    • ウェアラブルの Org データの場合、[使用可能なオプション] の中から [未構成] (既定)、 [はい] (アプリの既定値)、[いいえ] を選択します。For Org data on wearables, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No.

    • 予定表通知の場合は、使用可能なオプションから選択します (未構成(既定)、許可)。For Calendar Notifications, choose from the available options: Not configured (default), Allowed. 既定では、アプリ内で予定表通知が許可され、機密情報が表示されます。By default calendar notifications are allowed within the app and display sensitive information. 許可されるのは、アプリ保護ポリシーでorg data 通知が組織データをブロックするように設定されている場合にのみ有効になります。Allowed only takes effect when the App Protection Policy setting Org Data Notifications is set to Block org data.

  10. ネイティブの連絡先アプリと同期する連絡先フィールドを管理する場合は、必要に応じて設定を構成します。If you want to manage which contact fields sync to the native contacts apps, configure the desired settings accordingly:

    • 連絡先フィールドの設定ごとに、使用可能なオプションから選択します。未構成(既定)、はい(アプリの既定値)、いいえFor each contact field setting, choose from the available options: Not configured (default), Yes (app default), No.
  11. 設定の構成が終了したら、[次へ] を選択します。When you are finished configuring the settings, choose Next.

  12. [割り当て] セクションで、[含めるグループの選択] を選択します。On the Assignments section, choose Select groups to include. アプリ構成ポリシーを割り当てる対象の Azure AD グループを選択し、[選択] を選択します。Select the Azure AD group to which you want to assign the app configuration policy, and then choose Select.

  13. 割り当てが終了したら、[次へ] を選択します。When you are finished with the assignments, choose Next.

  14. [アプリ構成ポリシーの作成] の確認 + [ブレードの作成] で、構成した設定を確認し、[作成] を選択します。On the Create app configuration policy Review + Create blade, review the settings configured and choose Create.

新しく作成された構成ポリシーが、アプリ構成ブレードに表示されます。The newly created configuration policy is displayed on the App configuration blade.

構成キーConfiguration keys

次のセクションでは、アプリ構成キーとサポートされている値について概説します。The following sections outline the app configuration keys and their supported values. 管理対象アプリのデバイス登録タイプで識別される構成キーは、アプリ保護ポリシーチャネルを介して配信されます。Configuration keys identified with the Managed apps device enrollment type are delivered through the App Protection Policy channel. 管理対象デバイスのデバイス登録タイプで識別される構成キーは、MDM OS チャネルを介して配信されます。Configuration keys identified with the Managed devices device enrollment type are delivered through the MDM OS channel. 構成キーが両方のデバイス登録の種類と共に一覧表示されている場合は、いずれかのチャネルを通じてキーを配信できます。詳細については、「一般的なアプリ構成シナリオ」を参照してください。If a configuration key is listed with both device enrollment types, the key can be delivered through either channel; for more information see General app configuration scenarios.

iOS デバイスとサードパーティ MDMiOS devices and third-party MDM

管理対象デバイスのデバイス登録タイプ構成キーがサードパーティの MDM プロバイダーを使用して展開されている場合は、iOS デバイスに対して次の追加キーも配信する必要があります。If the Managed devices device enrollment type configuration keys are deployed with a third-party MDM provider, then the following additional key must also be delivered for iOS devices:

key = int未指定 emamupn、 = username@company.comkey = IntuneMAMUPN, value = username@company.com

キーと値のペアの正確な構文は、使用されているサードパーティの MDM プロバイダーによって異なる場合があります。The exact syntax of the key/value pair may differ based on the third-party MDM provider used. 次の表に、一部のサードパーティ MDM プロバイダーの例と、キーと値のペアの正確な値を示します。The following table shows examples of some third-party MDM providers and the exact values for the key/value pair:

サードパーティの MDM プロバイダーThird-party MDM provider 構成キーConfiguration Key 値の種類Value Type 構成値Configuration Value
Microsoft IntuneMicrosoft Intune Int未指定 EmamupnIntuneMAMUPN StringString {{UserPrincipalName}}{{UserPrincipalName}}
ヴイエムウェアエアウォッチVMware AirWatch Int未指定 EmamupnIntuneMAMUPN StringString UserPrincipalName{UserPrincipalName}
MobileIronMobileIron Int未指定 EmamupnIntuneMAMUPN StringString $ {userUPN}または$ {userEmailAddress}${userUPN} or ${userEmailAddress}
Citrix エンドポイントの管理Citrix Endpoint Management Int未指定 EmamupnIntuneMAMUPN StringString $ {ユーザー userprincipalname}${user.userprincipalname}
ManageEngine モバイルデバイスマネージャーManageEngine Mobile Device Manager Int未指定 EmamupnIntuneMAMUPN StringString プリンシパル%upn%

アカウントのセットアップ構成Account setup configuration

IOS および Android 用の Outlook では、管理者がアカウントの構成を Office 365 ユーザーに "プッシュ" することができます。Outlook for iOS and Android offers administrators the ability to "push" account configurations to their Office 365 users. アカウントのセットアップ構成の詳細については、「 account setup with モダン authentication In Exchange Online」を参照してください。For more information on account setup configuration, see Account setup with modern authentication in Exchange Online.

キーKey Value デバイス登録の種類Device Enrollment Type
EmailAddress の電子メールメッセージのcom.microsoft.outlook.EmailProfile.EmailAddress このキーは、メールの送受信に使用される電子メールアドレスを指定します。This key specifies the email address to be used for sending and receiving mail.

値の型:StringValue type: String

指定できる値:電子メール アドレスAccepted values: Email address

指定されていない場合の既定値: <blank>Default if not specified: <blank>

必須: はいRequired: Yes

: user@companyname.comExample: user@companyname.com
管理対象デバイスManaged devices
-電子メール Upn (com)com.microsoft.outlook.EmailProfile.EmailUPN このキーは、アカウントの認証に使用される電子メールプロファイルのユーザープリンシパル名またはユーザー名を指定します。This key specifies the User Principal Name or username for the email profile that is used to authenticate the account.

値の型:StringValue type: String

指定できる値:UPN アドレスまたはユーザー名Accepted values: UPN Address or username

指定されていない場合の既定値: <blank>Default if not specified: <blank>

必須: はいRequired: Yes

: userupn@companyname.comExample: userupn@companyname.com
管理対象デバイスManaged devices
「」という電子メールcom.microsoft.outlook.EmailProfile.AccountType このキーは、認証モデルに基づいて構成されているアカウントの種類を指定します。This key specifies the account type being configured based on the authentication model.

値の型:StringValue type: String

指定できる: ModernAuthAccepted values: ModernAuth

必須: はいRequired: Yes

: ModernAuthExample: ModernAuth
管理対象デバイスManaged devices

組織に許可されたアカウントモードの設定Organization allowed accounts mode settings

IOS および Android 用の Outlook では、管理者が電子メールとストレージプロバイダーのアカウントを企業のアカウントのみに制限することができます。Outlook for iOS and Android offers administrators the ability to restrict email and storage provider accounts to only corporate accounts. 組織が許可されているアカウントモードの詳細については、「 Exchange Online で先進認証を使用したアカウントの設定」を参照してください。For more information on organization allowed accounts mode, please see Account setup with modern authentication in Exchange Online.

キーKey Value プラットフォームPlatform デバイス登録の種類Device Enrollment Type
IntuneMAMAllowedAccountsOnlyIntuneMAMAllowedAccountsOnly このキーは、組織で許可されたアカウントモードがアクティブであるかどうかを指定します。This key specifies whether organization allowed account mode is active.

値の型:StringValue type: String

指定できる: Enabled、DisabledAccepted values: Enabled, Disabled

必須: はいRequired: Yes

: 有効Value: Enabled
iOSiOS 管理対象デバイスManaged devices
Int未指定 EmamupnIntuneMAMUPN このキーは、アカウントのユーザープリンシパル名を指定します。This key specifies the User Principal Name for the account.

値の型:StringValue type: String

指定できる: UPN アドレスAccepted values: UPN Address

必須: はいRequired: Yes

: userupn@companyname.comExample: userupn@companyname.com
iOSiOS 管理対象デバイスManaged devices
----AllowedAccountUPNscom.microsoft.intune.mam.AllowedAccountUPNs このキーは、組織で許可されたアカウントモードで許可される Upn を指定します。This key specifies the UPNs allowed for organization allowed account mode.

指定できる: UPN アドレスAccepted values: UPN Address

必須: はいRequired: Yes

: userupn@companyname.comExample: userupn@companyname.com
AndroidAndroid 管理対象デバイスManaged devices

一般的なアプリ構成設定General app configuration settings

IOS および Android 用の Outlook を使用すると、管理者はアプリ内のいくつかの設定の既定の構成をカスタマイズできます。Outlook for iOS and Android offers administrators the ability to customize the default configuration for several in-app settings.

キーKey Value デバイス登録の種類Device Enrollment Type
Get-focusedinbox を送信します。com.microsoft.outlook.Mail.FocusedInbox このキーは、優先受信トレイを有効にするかどうかを指定します。This key specifies whether Focused Inbox is enabled. 値を false に設定すると、優先受信トレイは無効になります。Setting the value to false will disable Focused Inbox.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
---生体認証com.microsoft.outlook.Auth.Biometric このキーは、アプリケーションにアクセスするために、FaceID または TouchID が必要かどうかを指定します。This key specifies whether FaceID or TouchID is required to access the app. 値を true に設定すると、生体認証アクセスが有効になります。Setting the value to true will enable biometric access. このキーは、iOS 用の Outlook でのみサポートされています。This key is only supported with Outlook for iOS.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: falseDefault if not specified: false

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
---Authentication. UserChangeAllowedcom.microsoft.outlook.Auth.Biometric.UserChangeAllowed このキーは、エンドユーザーが生体認証設定を変更できるかどうかを指定します。This key specifies whether the biometric setting can be changed by the end user. このキーは、iOS 用の Outlook でのみサポートされています。This key is only supported with Outlook for iOS.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる:Accepted values:

true、falsetrue, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
「」というメッセージが出てきます。com.microsoft.outlook.Contacts.LocalSyncEnabled このキーは、Outlook の連絡先をネイティブの連絡先アプリと同期する必要があるかどうかを指定します。This key specifies whether the app should sync Outlook contacts to the native Contacts app. この値を true に設定すると、連絡先の同期が有効になります。Setting the value to true will enable contact sync.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: falseDefault if not specified: false

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
「」というメッセージがあります。 UserChangeAllowedcom.microsoft.outlook.Contacts.LocalSyncEnabled.UserChangeAllowed このキーでは、エンドユーザーが連絡先の同期設定を変更できるかどうかを指定します。This key specifies whether the contact sync setting can be changed by the end user.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
使用可能な場合は、「.com」というメッセージを示します。com.microsoft.outlook.Mail.ExternalRecipientsToolTipEnabled このキーは、外部受信者のメールヒントを有効にするかどうかを指定します。This key specifies whether the External Recipients MailTip is enabled. 値を false に設定すると、メールヒントは無効になります。Setting the value to false will disable the MailTip.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
BlockExternalImagesEnabled を送信します。com.microsoft.outlook.Mail.BlockExternalImagesEnabled このキーは、既定で外部画像がブロックされるかどうかを指定します。This key specifies whether external images are blocked by default. 値を true に設定すると、外部イメージのブロックが有効になります。Setting the value to true will enable blocking external images.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: falseDefault if not specified: false

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
BlockExternalImagesEnabled が許可されています。com.microsoft.outlook.Mail.BlockExternalImagesEnabled.UserChangeAllowed このキーでは、エンドユーザーが [外部画像をブロックする] 設定を変更できるかどうかを指定します。This key specifies whether the Block External Images setting can be changed by the end user.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
使用可能なメールメッセージの. DefaultSignatureEnabledcom.microsoft.outlook.Mail.DefaultSignatureEnabled このキーは、アプリが既定の署名を使用するかどうかを指定します。This key specifies whether the app uses its default signature. この値を false に設定すると、アプリの既定の署名が無効になります。Setting the value to false will disable the app's default signature.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
SuggestedRepliesEnabled を送信します。com.microsoft.outlook.Mail.SuggestedRepliesEnabled このキーは、アプリが提案された返信を有効にするかどうかを指定します。This key specifies whether the app enables Suggested Replies. この値を false に設定すると、アプリの返信を提案する機能が無効になります。Setting the value to false will disable the app's ability to suggest replies. このキーは、Android 用の Outlook でのみサポートされています。This key is only supported with Outlook for Android.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
SuggestedRepliesEnabled が許可されています。com.microsoft.outlook.Mail.SuggestedRepliesEnabled.UserChangeAllowed このキーでは、エンドユーザーが応答の推奨設定を変更できるかどうかを指定します。This key specifies whether the Suggested Replies setting can be changed by the end user. このキーは、Android 用の Outlook でのみサポートされています。This key is only supported with Outlook for Android.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
「」というメッセージが出てきました。com.microsoft.outlook.Mail.officeFeedEnabled このキーは、アプリで検出フィードを有効にするかどうかを指定します。この場合、ユーザーとユーザーの同僚の Office ファイルを表示します。This key specifies whether the app enables the Discover Feed which shows the user's and the user's coworkers Office files. 値を false に設定すると、検出フィードが無効になります。Setting the value to false will disable the Discover Feed. このキーは、iOS 用の Outlook でのみサポートされています。This key is only supported with Outlook for iOS.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
OrganizeByThreadEnabled を送信します。com.microsoft.outlook.Mail.OrganizeByThreadEnabled このキーは、アプリでスレッドビューによる整理を有効にするかどうかを指定します。This key specifies whether the app enables Organize by thread view. この値を false に設定すると、メールスレッドスレッドの表示が無効になります。Setting the value to false will disable mail threaded conversation view.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
PlayMyEmailsEnabled を送信します。com.microsoft.outlook.Mail.PlayMyEmailsEnabled このキーは、受信トレイ内のバナーを使用して、メールを再生する機能を対象ユーザーに昇格するかどうかを指定します。This key specifies whether the Play My Emails feature is promoted to eligible users via a banner in the inbox. Off に設定すると、この機能はアプリの対象ユーザーに昇格されません。When set to Off, this feature will not be promoted to eligible users in the app. この機能が [オフ] に設定されている場合でも、ユーザーはアプリ内で電子メールを手動で再生できるようにすることを選択できます。Users can choose to manually enable Play My Emails from within the app, even when this feature is set to Off. [構成しない] を設定すると、既定のアプリ設定が有効になり、機能が対象ユーザーに昇格されます。When set as Not configured, the default app setting is On and the feature will be promoted to eligible users. ..

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps

S/MIME 設定S/MIME settings

Outlook for iOS を使用すると、管理者は iOS および Android 用の Outlook の既定の S/MIME 構成をカスタマイズできます。Outlook for iOS offers administrators the ability to customize the default S/MIME configuration in Outlook for iOS and Android.

キーKey Value デバイス登録の種類Device Enrollment Type
SMIMEEnabled を送信します。com.microsoft.outlook.Mail.SMIMEEnabled このキーでは、アプリで S/MIME を有効にするかどうかを指定します。This key specifies whether the app enables S/MIME. S/MIME を使用するには、iOS および Android 用の Outlook で利用可能な証明書が必要です。Use of S/MIME requires certificates available to Outlook for iOS and Android. 値を true に設定すると、アプリでの S/MIME のサポートが有効になります。Setting the value to true will enable S/MIME support in the app.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: falseDefault if not specified: false

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps
SMIMEEnabled が許可されています。com.microsoft.outlook.Mail.SMIMEEnabled.UserChangeAllowed このキーでは、エンドユーザーが S/MIME 設定を変更できるかどうかを指定します。This key specifies whether the S/MIME setting can be changed by the end user.

値の型: BooleanValue type: Boolean

指定できる: true、falseAccepted values: true, false

指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true

必須: いいえRequired: No

: falseExample: false
管理対象デバイス、管理対象アプリManaged Devices, Managed Apps

データ保護設定Data protection settings

IOS および Android 用の outlook は、Outlook が Microsoft エンドポイントマネージャーによって管理され、Intune アプリ保護ポリシーを備えている場合に、管理者による追加のデータ保護機能を提供します。Outlook for iOS and Android offers administrators additional data protection capabilities when Outlook is managed by Microsoft Endpoint Manager and has an Intune App Protection Policy.

キーKey Value デバイス登録の種類Device Enrollment Type
「」というメッセージを出します。com.microsoft.outlook.Calendar.Notifications.IntuneMAMOnly このキーは、アプリ保護ポリシーの組織データ通知組織データをブロックするように設定されている場合に、予定表通知に機密データを公開するかどうかを指定します。This key specifies whether sensitive data is exposed in calendar notifications when the App Protection Policy Org data notifications is set to Block Org Data. 値を [許可] (0) に設定すると、予定表通知内の機密データが公開されます。Setting the value to Allowed (0) exposes sensitive data in the calendar notification. 値の設定を解除しておくと、予定表通知内の機密データが保護されます。Leaving the value unset protects sensitive data in the calendar notification.
指定できるは次のとおりです。0Accepted values: 0
指定されていない場合の既定値: 値が指定されていませんDefault if not specified: No value specified
: 0Example: 0
管理対象アプリManaged apps
areWearablesAllowed を行います。com.microsoft.intune.mam.areWearablesAllowed このキーは、Outlook データをウェアラブルデバイスに同期できるかどうかを指定します。This key specifies if Outlook data can be synchronized to a wearable device. 値を false に設定すると、ウェアラブルの同期が無効になります。Setting the value to false disables wearable synchronization.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: falseExample: false
管理対象アプリManaged apps
。許可されています。com.microsoft.outlook.ContactSync.AddressAllowed このキーは、連絡先のアドレスをネイティブの連絡先に同期する必要があるかどうかを指定します。This key specifies if the contact's address should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
BirthdayAllowed のようになります。com.microsoft.outlook.ContactSync.BirthdayAllowed この値は、連絡先の誕生日をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This value specifies if the contact's birthday should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
「」というメッセージがあります。com.microsoft.outlook.ContactSync.CompanyAllowed このキーは、連絡先の会社名をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's company name should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
DepartmentAllowed のようになります。com.microsoft.outlook.ContactSync.DepartmentAllowed このキーは、連絡先の部署をネイティブの連絡先に同期する必要があるかどうかを指定します。This key specifies if the contact's department should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
-電子メールメッセージの同期が許可されます。com.microsoft.outlook.ContactSync.EmailAllowed このキーは、連絡先の電子メールアドレスをネイティブの連絡先に同期する必要があるかどうかを指定します。This key specifies if the contact's email address should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
InstantMessageAllowed のようになります。com.microsoft.outlook.ContactSync.InstantMessageAllowed このキーは、連絡先のインスタントメッセージングアドレスをネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's instant messaging address should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
。ジョブのタイトルが許可されます。com.microsoft.outlook.ContactSync.JobTitleAllowed このキーは、連絡先の役職をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's job title should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
NicknameAllowed のようになります。com.microsoft.outlook.ContactSync.NicknameAllowed このキーは、連絡先のニックネームをネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's nickname should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
「」というメッセージが許可されます。com.microsoft.outlook.ContactSync.NotesAllowed このキーは、連絡先のメモをネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's notes should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
「」というメッセージがあります。com.microsoft.outlook.ContactSync.PhoneHomeAllowed このキーは、連絡先の自宅の電話番号をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's home phone number should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
「」という outlook の連絡先が許可されます。com.microsoft.outlook.ContactSync.PhoneHomeFaxAllowed このキーは、連絡先の自宅の fax 番号をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's home fax number should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
PhoneMobileAllowed のようになります。com.microsoft.outlook.ContactSync.PhoneMobileAllowed このキーは、連絡先の携帯電話番号をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's mobile phone number should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
「」というメッセージを使用できます。com.microsoft.outlook.ContactSync.PhoneOtherAllowed このキーは、連絡先のその他の電話番号をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's other phone number should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
「」というメッセージがあります。com.microsoft.outlook.ContactSync.PhonePagerAllowed このキーは、連絡先のポケットベル電話番号をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's pager phone number should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
「」というメッセージを使用できます。com.microsoft.outlook.ContactSync.PhoneWorkAllowed この値は、連絡先の勤務先の電話番号をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This value specifies if the work phone number should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
許可された電話番号の同期com.microsoft.outlook.ContactSync.PhoneWorkFaxAllowed このキーは、連絡先の勤務先の fax 番号をネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's work fax number should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
PrefixAllowed のようになります。com.microsoft.outlook.ContactSync.PrefixAllowed このキーは、連絡先の名前のプレフィックスをネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's name prefix should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps
SuffixAllowed のようになります。com.microsoft.outlook.ContactSync.SuffixAllowed このキーは、連絡先の名前サフィックスをネイティブの連絡先に同期するかどうかを指定します。This key specifies if the contact's name suffix should be synchronized to native contacts.
指定できる: true、falseAccepted values: true, false
指定されていない場合の既定値: trueDefault if not specified: true
: trueExample: true
管理対象アプリManaged apps