POP3 と IMAP4POP3 and IMAP4

概要: POP3 および IMAP4 の概要と、それらの違いについて。Summary: An overview of POP3 and IMAP4, and the differences between them.

既定では、POP3 と IMAP4 は Exchange Online のすべてのユーザーに対して有効になっています。By default, POP3 and IMAP4 are enabled for all users in Exchange Online.

ユーザーは POP3 および IMAP4 をサポートする任意の電子メール プログラムを使用して Exchange Online に接続できます。これらのプログラムには、Outlook、Microsoft、Outlook Express、Entourage、および Mozilla Thunderbird や Eudora などのサードパーティのプログラムが含まれます。電子メール クライアント プログラムによってサポートされている機能は異なります。特定の POP3 および IMAP4 クライアント プログラムで提供される機能の詳細については、各アプリケーションに含まれているドキュメントを参照してください。Users can use any email programs that support POP3 and IMAP4 to connect to Exchange Online. These programs include Outlook, Microsoft Outlook Express, Entourage, and many third-party programs, such as Mozilla Thunderbird and Eudora. The features supported by each email client programs vary. For information about features offered by specific POP3 and IMAP4 client programs, see the documentation that's included with each application.

POP3 および IMAP4 は、Exchange Online の基本的な電子メール機能へのアクセスを提供し、オフラインの電子メール アクセスができるようにしますが、多機能の電子メール、予定表作成、および連絡先の管理、またはユーザーが Outlook、Exchange ActiveSync、Outlook Web App、または Outlook Voice Access を使用して接続した際に使用できる、その他の機能は提供しません。POP3 and IMAP4 provide access to the basic email features of Exchange Online and allow for offline email access, but don't offer rich email, calendaring, and contact management, or other features that are available when users connect with Outlook, Exchange ActiveSync, Outlook Web App, or Outlook Voice Access.

注意

ユーザーが POP ベースまたは IMAP ベースの電子メール プログラムにアクセスして自分の Office 365 電子メールを開くたびに、数秒の遅延が発生します。この遅延は、認証のために追加のホップが発生するプロキシ サーバーの使用が原因です。プロキシ サーバーは、割り当てられた pod サーバー (クライアント アクセス サーバー) をまず検索してから、それに対して認証を行います。Each time a person accesses a POP-based or IMAP-based email program to open his or her Office 365 email, that user will experience a delay of several seconds. The delay results from using a proxy server, which introduces an additional hop for authentication. The proxy server first looks up the assigned pod server (client access server) and then authenticates against that.

Exchange Online メールボックスへの POP3 または IMAP4 のアクセスをセットアップするようにユーザーを設定するSettings users use to set up POP3 or IMAP4 access to their Exchange Online mailboxes

POP3 および IMAP4 のクライアント アクセスを有効にした後、電子メール プログラムから Exchange Online メールボックスにアクセスできるように、以下の表の情報をユーザーに提供しなければなりません。After you enable POP3 and IMAP4 client access, you have to give users the information in the following table so that they can connect their email programs to their Exchange Online mailboxes.

POP3 および IMAP4 の電子メール プログラムは、電子メール サーバーにメッセージを送信するために POP3 および IMAP4 を使用しません。POP3 および IMAP4 を使用する電子メール プログラムのメッセージ送信は、SMTP に依存します。POP3 and IMAP4 email programs don't use POP3 and IMAP4 to send messages to the email server. Email programs that use POP3 and IMAP4 rely on SMTP to send messages.

サーバー名Server name ポートPort 暗号化方法Encryption method
POP3POP3 Outlook.office365.comOutlook.office365.com 995995 TLSTLS
IMAP4IMAP4 Outlook.office365.comOutlook.office365.com 993993 TLSTLS
SMTPSMTP Smtp.office365.comSmtp.office365.com 587587 TLSTLS

POP3 と IMAP4 の違いについてUnderstanding the differences between POP3 and IMAP4

既定では、POP3 電子メール プログラムが電子メール メッセージをクライアント コンピューターにダウンロードすると、ダウンロードしたメッセージはサーバーから削除されます。ユーザーの電子メールのコピーが電子メール サーバー上に保持されていないと、ユーザーは複数のコンピューターから同じ電子メール メッセージにアクセスすることはできません。しかし、一部の POP3 電子メール プログラムはサーバー上にメッセージのコピーを保持するよう構成できるため、別のコンピューターから同じ電子メール メッセージにアクセスできます。POP3 クライアント プログラムは、電子メール サーバーからクライアント コンピューターの 1 つのフォルダーのみ (通常、受信トレイ) にメッセージをダウンロードするために使用できます。POP3 では、電子メール サーバー上の複数のフォルダーとクライアント コンピューター上の複数のフォルダーを同期することはできません。また、POP3 はパブリック フォルダーへのアクセスをサポートしていません。By default, when POP3 email programs download email messages to a client computer, the downloaded messages are removed from the server. When a copy of your user's email isn't kept on the email server, the user can't access the same email messages from multiple computers. However, some POP3 email programs can be configured to keep copies of the messages on the server so that the same email messages can be accessed from another computer. POP3 client programs can be used to download messages from the email server to only a single folder (usually, the Inbox) on the client computer. POP3 can't synchronize multiple folders on the email server with multiple folders on the client computer. POP3 also doesn't support public folder access.

IMAP4 を使用する電子メール クライアント プログラムはより柔軟性が高く、通常、POP3 を使用するプログラムよりも多くの機能を提供します。既定では、IMAP4 電子メール プログラムが電子メール メッセージをクライアント コンピューターにダウンロードすると、ダウンロードした各メッセージのコピーが電子メール サーバー上に残ります。ユーザーの電子メール メッセージのコピーが電子メール サーバー上に保持されるため、ユーザーは複数のコンピューターから同じ電子メール メッセージにアクセスできます。IMAP4 電子メールによって、ユーザーは電子メール サーバーに複数の電子メール フォルダーを作成でき、そのフォルダーにアクセスできます。ユーザーは、複数の場所にあるコンピューターからサーバー上のすべてのメッセージにアクセスできます。たとえば、大部分の IMAP4 プログラムは、サーバー上にユーザーの送信済みアイテムのコピーを保持するよう構成できるため、他のコンピューターからその送信済みアイテムを表示することができます。IMAP4 では、大部分の IMAP4 プログラムでサポートされている追加機能がサポートされています。たとえば、一部の IMAP4 プログラムには、ユーザーがサーバー上の電子メール メッセージのヘッダー (メッセージの送信者と件名) のみを表示して、読みたいメッセージのみをダウンロードできる機能が含まれています。Email client programs that use IMAP4 are more flexible and generally offer more features than those that use POP3. By default, when IMAP4 email programs download email messages to a client computer, a copy of each downloaded message remains on the email server. Because a copy of the user's email message is kept on the email server, the user can access the same email message from multiple computers. With IMAP4 email, the user can access and create multiple email folders on the email server. Users can then access any of their messages on the server from computers in multiple locations. For example, most IMAP4 programs can be configured to keep a copy of a user's sent items on the server so that he or she can view the sent items from any other computer. IMAP4 supports additional features that are supported by most IMAP4 programs. For example, some IMAP4 programs include a feature that lets users view only the headers of their email messages on the server—who the messages are from and the subjects—and then download only the messages that they want to read.

POP3 および IMAP4 電子メール プログラムの送受信オプションSend and receive options for POP3 and IMAP4 email programs

POP3 および IMAP4 電子メール プログラムを使用すると、ユーザーは、電子メールを送受信するためにいつサーバーに接続するのかを選択できます。ここでは、最も一般的な接続オプションのいくつかについて説明します。また、POP3 および IMAP4 電子メール プログラムで利用できる接続オプションを選択する際にユーザーが考慮する必要があるいくつかの要因についても説明します。POP3 and IMAP4 email programs let users choose when they want to connect to the server to send and receive email. This section discusses some of the most common connectivity options and provides some factors your users should consider when they choose connection options available in their POP3 and IMAP4 email programs.

一般的な構成設定Common configuration settings

以下に、POP3 または IMAP4 クライアント アプリケーションで設定できる最も一般的な 3 つの接続設定を示します。Three of the most common connection settings that can be set on the POP3 or IMAP4 client application are:

  • 電子メール アプリケーションを起動するたびにメッセージの送受信を行う。このオプションを使用した場合、電子メール アプリケーションの起動時にのみメッセージが送受信されます。To send and receive messages every time the email application is started. When this option is used, mail is sent and received only on starting the email application.

  • 手動でメッセージを送受信する。このオプションを使用した場合、ユーザーがクライアント ユーザー インターフェイスの送受信オプションをクリックしたときにのみメッセージが送受信されます。To send and receive messages manually. When this option is used, messages are sent and received only when the user clicks a send-and-receive option in the client user interface.

  • 設定した間隔 (分単位) でメッセージを送受信する。このオプションを使用した場合、設定した間隔 (分単位) でクライアント アプリケーションがサーバーに接続し、メッセージの送信および新しいメッセージのダウンロードを行います。To send and receive messages every set number of minutes. When this option is used, the client application connects to the server every set number of minutes to send messages and download any new messages.

使用する電子メール アプリケーションでこれらの設定を構成する方法の詳細については、電子メール アプリケーションで提供されているヘルプ ドキュメントを参照してください。For information about how to configure these settings for the email application that you use, see the Help documentation that's provided with the email application.

送信オプションおよび受信オプションを選択する際の考慮事項Considerations when selecting send and receive options

電子メール プログラムによっては、既定で、メッセージを取得した後にサーバーにそのメッセージのコピーを保持しないように設定されています。ユーザーが複数の電子メール プログラムや装置からメッセージにアクセスできるようにするには、メッセージのコピーをサーバーに残しておく必要があります。The default setting on some email programs is to not keep a copy of messages on the server after they're retrieved. If the user wants to access messages from multiple email programs or devices, they should keep a copy of messages on the server.

POP3 または IMAP4 電子メール アプリケーションを実行しているデバイスまたはコンピューターがインターネットに常時接続している場合、ユーザーは設定された分単位の間隔でメッセージを送受信するよう電子メール アプリケーションを構成できます。サーバーに頻繁に接続するため、ユーザーは、サーバー上の最新情報によって電子メール アプリケーションを最新の状態に保つことができます。しかし、POP3 や IMAP4 電子メール アプリケーションを実行しているデバイスやコンピューターがインターネットに常時接続していない場合は、ユーザーは手動でメッセージを送受信するよう電子メール アプリケーションを構成できます。If the device or computer that's running the POP3 or IMAP4 email application is always connected to the Internet, the user might want to configure the email application to send and receive messages every set number of minutes. Connecting to the server at frequent intervals lets the user keep the email application up-to-date with the most current information on the server. However, if the device or computer that's running the POP3 or IMAP4 email application isn't always connected to the Internet, the user might want to configure the email application to send and receive messages manually.

注意

使用している IMAP4 準拠の電子メール アプリケーションが IMAP4 IDLE コマンドをサポートしている場合、ユーザーは、ほぼリアルタイムで Exchange メールボックスから電子メールを送受信できます。この接続方法が動作するためには、電子メール サーバー アプリケーションとクライアント アプリケーションの両方が IMAP4 IDLE コマンドをサポートしている必要があります。ほとんどの場合、この接続方法を使用するために、ユーザーが IMAP4 プログラムで設定を構成する必要はありません。If the user is using an IMAP4-compliant email application that supports the IMAP4 IDLE command, the user might be able to send email to and receive email from the Exchange mailbox in nearly real time. For this connection method to work, both the email server application and the client application must support the IMAP4 IDLE command. In most cases, users don't have to configure any settings in their IMAP4 programs to use this connection method.