ユーザーの POP3 または IMAP4 設定を構成するSet POP3 or IMAP4 settings for a user

Set-CASMailbox コマンドレットは、各ユーザーの PO3 オプションと IMAP4 オプションを構成するために使用します。次の表に構成オプションの説明を示します。You use the Set-CASMailbox cmdlet to configure the PO3 and IMAP4 options for each user. The configuration options are described in the following table.

パラメーターParameter 説明Description Values
PopForceICalForCalendarRetrievalOptionPopForceICalForCalendarRetrievalOption
ImapForceICalForCalendarRetrievalOptionImapForceICalForCalendarRetrievalOption
会議出席依頼に適切な形式を設定します。Sets the preferred format for meeting requests.
既定で、会議出席依頼は Outlook Web App リンクとして表示されます。iCal 形式に変更することができます。By default, meeting requests appear as Outlook Web App links. You can change them to iCal format.
$true: 会議出席依頼は、すべて Outlook Web App リンクです$true: Meeting requests are all Outlook Web App links
$false: 会議出席依頼がすべて iCal 形式になります。$false: Meeting requests are all iCal format
PopSuppressReadReceiptPopSuppressReadReceipt
ImapSuppressReadReceiptImapSuppressReadReceipt
開封確認をメッセージがダウンロードされたときと開かれたときの 2 回送信するのか、メッセージが開かれたときだけ送信するのかを設定します。Sets whether to send read receipts when a message is downloaded and again when it is opened or just when the message is opened
既定では、開封確認が要求された場合に、ユーザーがメッセージをダウンロードしたときとユーザーがメッセージを開いたときの計 2 回開封確認が送信されます。ユーザーがメッセージを開いたときの 1 回だけ受信確認が送信されるように変更することができます。By default, if a read receipt is requested, two read receipts are sent: one when a user downloads a message and another when the user opens the message. You can change it so that only one read receipt is sent: when the user opens the message.
$false: POP3 または IMAP4 ユーザーには、受信者がメッセージをダウンロードするたびに開封確認が送信されます。$false: POP3 or IMAP4 users are sent a read receipt each time a recipient downloads a message. これらのユーザーには、ユーザーがメッセージを開いたときにも開封確認が送信されます。Users are also sent a read receipt when the user opens the message. これは既定の設定です。This is the default setting.
$true: 電子メールクライアントプログラムの [送信するメッセージの開封確認を送信する] オプションを使用する POP3 または IMAP4 ユーザーは、受信者がメッセージを開いたときにのみ、開封確認メッセージを受信します。$true: POP3 or IMAP4 users that use the send read receipt for messages I send option in their email client programs receive a read receipt only when the recipient opens the message.
PopMessagesRetrievalMimeFormatPopMessagesRetrievalMimeFormat
ImapMessagesRetrievalMimeFormatImapMessagesRetrievalMimeFormat
受信したメッセージに適切な形式を設定します。Sets the preferred format for received messages.
既定は、メッセージに基づく最適な形式を使用することです。The default is to use the best format based on the message.
数値またはテキスト値を使用します。Use a numeral or a text value.
0or TextOnly: Text のみ0 or TextOnly: Text only
1またHtmlOnlyは: HTML1 or HtmlOnly: HTML
2またHtmlAndTextAlternativeは: HTML と代替テキスト2 or HtmlAndTextAlternative: HTML and alternative text
3or TextEnriched: 拡充テキスト3 or TextEnriched: Enriched text
4or TextEnrichedAndTextAlternative: テキストと代替テキストの拡充4 or TextEnrichedAndTextAlternative: Enriched text and alternative text
5またBestBodyFormatは: [最適な本文形式]。5 or BestBodyFormat: Best body format. 所有者、作成者、サイト所有者は引き続き対象アイテムにアクセスできます。This is the default value.
6またTnefは: トランスポートニュートラルカプセル化形式 (TNEF)。6 or Tnef: Transport-Neutral Encapsulation Format (TNEF). リッチ テキスト形式、Outlook リッチ テキスト形式、または MAPI リッチ テキスト形式と呼ばれることもあります。Also known as rich text format, Outlook rich text format, or MAPI rich text format.
PopEnableExactRFC822SizePopEnableExactRFC822Size
ImapEnableExactRFC822SizeImapEnableExactRFC822Size
メッセージの正確なサイズを計算するかどうかを設定します。Sets whether to calculate the exact size of messages.
既定値で電子メール クライアントの問題が発生しない限り、この値を変更することはお勧めできません。既定では、正確なメッセージ サイズではなく、推定メッセージ サイズが電子メール クライアントに送信されます。Changing this value is not recommended unless the default value causes problems for your email client. By default, the estimated message size, rather than the exact message size, is sent to the email client.
$true: 実際のメッセージサイズを使用します。$true: Use actual message size.
$false: 推定メッセージサイズを使用します。$false: Use estimated message size. これは既定値です。This is the default.

POP3 および IMAP4 に関連する詳細情報については、「POP3 と IMAP4」を参照してください。For additional information related to POP3 and IMAP4, see POP3 and IMAP4.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 各手順の推定完了時間:5 分。Estimated time to finish each procedure: five minutes.

  • この手順を実行するには、Exchange Online PowerShell を使用する必要があります。Windows PowerShell を使用して Exchange Online に接続する方法については、「Exchange Online PowerShell への接続」をご覧ください。You can only use Exchange Online PowerShell to perform this procedure. To learn how to use Windows PowerShell to connect to Exchange Online, see Connect to Exchange Online PowerShell.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「Exchange Online の機能アクセス許可」の「POP3 および IMAP4 の設定」エントリ。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "POP3 and IMAP4 settings" entry in the Feature permissions in Exchange Online topic.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange onlineまたはexchange online Protectionのフォーラムにアクセスします。Visit the forums at Exchange Online or Exchange Online Protection.

Exchange Online の PowerShell を使用して POP3 または IMAP4 ユーザーの会議出席依頼の形式を設定するUse Exchange Online PowerShell to set the meeting request format for a POP3 or IMAP4 user

次の例では、USER01 宛ての受信メール内のすべての会議出席依頼を POP3 ユーザーの iCal 形式に設定します。The following example sets all meeting requests in incoming mail to USER01 to iCal format for a POP3 user.

Set-CASMailbox USER01 -PopUseProtocolDefaults $false -PopForceICalForCalendarRetrievalOption $true

次の例では、USER01 宛ての受信メール内のすべての会議出席依頼を IMAP4 ユーザーの iCal 形式に設定します。The following example sets all meeting requests in incoming mail to USER01 to iCal format for an IMAP4 user.

Set-CASMailbox USER01-ImapUseProtocolDefaults $false -ImapForceICalForCalendarRetrievalOption $true

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

POP3 または IMAP4 ユーザーの会議出席依頼形式が正常に設定されたことを確認するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行し、構成した値が表示されることを確認します。To verify that you successfully set the meeting request format for a POP3 or an IMAP4 user, run the following command in Exchange Online PowerShell and verify that the values displayed are the values that you configured:

Get-CASMailbox USER01 | format-list *ForceIcal*,*UseProtocolDefaults

Exchange Online の PowerShell を使用して、POP3 または IMAP4 ユーザーの開封確認の抑制オプションを設定するUse Exchange Online PowerShell to set the suppress read receipt option for a POP3 or IMAP4 user

次の例では、メッセージが開かれたときにのみ POP3 送信者に開封確認が送信されるようにセットアップします。The following example sets it up so that the POP3 sender receives a read receipt only when the message is opened.

Set-CASMailbox USER01 -PopUseProtocolDefaults $false -PopSuppressReadReceipt $true

次の例では、メッセージが開かれたときにのみ IMAP4 送信者に開封確認が送信されるようにセットアップします。The following example sets it up so that the IMAP4 sender receives a read receipt only when the message is opened.

Set-CASMailbox USER01 -ImapUseProtocolDefaults $false -ImapSuppressReadReceipt $true

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

POP3 または IMAP4 ユーザーの開封確認オプションが正常に設定されたことを確認するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行し、構成した値が表示されることを確認します。To verify that you successfully set the read receipt option for a POP3 or an IMAP4 user, run the following command in Exchange Online PowerShell and verify that the values displayed are the values that you configured:

Get-CASMailbox USER01 | format-list *SuppressReadReceipt,*UseProtocolDefaults

Exchange Online の PowerShell を使用して POP3 または IMAP4 ユーザーのメッセージ取得形式を設定するUse Exchange Online PowerShell to set the message retrieval format for a POP3 or IMAP4 user

次の例では、のUSER01POP3 アクセスのメッセージ取得形式をテキスト専用に設定しています。The following example sets the message retrieval format to text only for POP3 access for USER01.

Set-CASMailbox USER01 -PopUseProtocolDefaults $false -PopMessagesRetrievalMimeFormat TextOnly

次の例では、のUSER01IMAP4 アクセスのメッセージ取得形式をテキスト専用に設定しています。The following example sets the message retrieval format to text only for IMAP4 access for USER01.

Set-CASMailbox USER01 -ImapUseProtocolDefaults $false -ImapMessagesRetrievalMimeFormat TextOnly

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

POP3 または IMAP4 ユーザーのメッセージ取得形式が正常に設定されたことを確認するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行し、構成した値が表示されることを確認します。To verify that you successfully set the message retrieval format for a POP3 or an IMAP4 user, run the following command in Exchange Online PowerShell and verify that the values displayed are the values that you configured:

Get-CASMailbox USER01 | format-list *MessagesRetrievalMimeFormat,*UseProtocolDefaults

Exchange Online PowerShell を使用して POP3 または IMAP4 ユーザーのメッセージサイズ計算を設定するUse Exchange Online PowerShell to set the message size calculation for a POP3 or IMAP4 user

次の例では、USER01 の POP メッセージの正確なサイズを計算します。This example calculates the exact size of POP messages for USER01.

重要

POP クライアント__ がこのユーザー $trueに対して機能しない場合にのみ、PopEnableExactRFC822Size パラメーターをに設定します。Set the PopEnableExactRFC822Size parameter to $true only if the POP client doesn't work for this user.

Set-CASMailbox USER01 -PopUseProtocolDefaults $false -PopEnableExactRFC822Size $true

次の例では、USER01 の IMAP メッセージの正確なサイズを計算します。This example calculates the exact size of IMAP messages for USER01.

重要

IMAP クライアント__ がこのユーザー $trueに対して機能しない場合にのみ、ImapEnableExactRFC822Size パラメーターをに設定します。Set the ImapEnableExactRFC822Size parameter to $true only if the IMAP client doesn't work for this user.

Set-CASMailbox USER01 -ImapUseProtocolDefaults $false -ImapEnableExactRFC822Size $true

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

POP3 または IMAP4 ユーザーのメッセージサイズ計算が正常に設定されたことを確認するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行し、構成した値が表示されることを確認します。To verify that you successfully set the message size calculation for a POP3 or IMAP4 user, run the following command in Exchange Online PowerShell and verify that the values displayed are the values that you configured::

Get-CASMailbox USER01 | format-list *EnableExact*,*UseProtocolDefaults

関連情報For more information

リモート PowerShell による Exchange への接続Connect to Exchange Online Using Remote PowerShell

POP3 と IMAP4POP3 and IMAP4

ユーザーの POP3 または IMAP4 アクセスを有効または無効にするEnable or Disable POP3 or IMAP4 access for a user

Set-CASMailboxSet-CASMailbox