スパム検疫メールボックスを構成するConfigure a spam quarantine mailbox

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

コンテンツ フィルター エージェントによってスパムと判断されたメッセージは、スパム検疫メールボックスに転送することができます。SCL (Spam Confidence Level) による検疫のしきい値が有効である場合、隔離されるすべてのメッセージは配信不能レポート (NDR) としてラップされ、スパム検疫メールボックスとして指定した SMTP アドレスに送信されます。隔離されたメッセージを検証し、Microsoft Outlook の再送機能を使用して、意図された受信者に送信することもできます。Messages determined to be spam by the Content Filter agent can be directed to a spam quarantine mailbox. If the spam confidence level (SCL) quarantine threshold is enabled, all messages that are quarantined are wrapped as non-delivery reports (NDR) and are sent to the SMTP address that you specify as the spam quarantine mailbox. You can review quarantined messages and release them to their intended recipients by using the Send Again feature in Microsoft Outlook.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • このタスクの予想所要時間:45 分。Estimated time to complete this task: 45 minutes.

  • 既定では、メールボックス サーバーのトランスポート サービスでスパム対策機能が有効になっていません。一般的には、Exchange 組織が受信メッセージの受信前にスパム対策フィルターを事前に設定しない場合に限り、スパム対策機能を有効にします。詳細については、「メールボックス サーバーのスパム対策機能を有効にする」を参照してください。By default, anti-spam features aren't enabled in the Transport service on a Mailbox server. Typically, you only enable the anti-spam features on a Mailbox server if your Exchange organization doesn't do any prior anti-spam filtering before accepting incoming messages. For more information, see Enable anti-spam functionality on Mailbox servers.

  • スパム検疫メールボックスの担当者は、個人的で機密性の高いメッセージを表示したり、Exchange 組織内のすべてのユーザーに代わってメールを送信したりすることができます。The person responsible for the spam quarantine mailbox can view potentially private and sensitive messages, and then send mail on behalf of anybody in the Exchange organization.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

手順 1: コンテンツ フィルターが有効になっていることを確認するStep 1: Verify content filtering is enabled

この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「スパム対策とマルウェア対策のアクセス許可」の「スパム対策機能」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Anti-spam features" entry in the Anti-spam and anti-malware permissions topic.

  1. コンテンツ フィルター エージェントが Exchange サーバーにインストールされ、有効になっていることを確認するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to verify the Content Filter agent is installed and enabled on the Exchange server:

    Get-TransportAgent "Content Filter Agent"
    
  2. コンテンツ フィルターが有効になっていることを確認するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to verify content filtering is enabled:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List Enabled
    

詳細については、「コンテンツ フィルターの管理」を参照してください。For more information, see Manage content filtering.

手順 2: スパム検疫専用のメールボックスを作成するStep 2: Create a dedicated mailbox for spam quarantine

スパム検疫専用のメールボックスを作成するには、次の手順を実行します。To create a dedicated spam quarantine mailbox, follow these steps:

  • 専用の Exchange データベースを作成する: スパム検疫メールボックス専用のデータベースを作成することをお勧めします。Create a dedicated Exchange database: We recommend that you create a dedicated database for the spam quarantine mailbox. 格納域の制限の上限に達するとメッセージが失われるため、スパム検疫メールボックスには大きなデータベースが必要です。The spam quarantine mailbox should have a large database, because if the storage quota limit is reached, messages will be lost. 詳細については、「 Exchange 2013 のメールボックス データベースの管理」を参照してください。For more information, see Manage mailbox databases in Exchange 2013.

  • 専用のメールボックスとユーザーアカウントを作成する: スパム検疫メールボックス用の専用のメールボックスと Active Directory ユーザーアカウントを作成することをお勧めします。Create a dedicated mailbox and user account: We recommend that you create a dedicated mailbox and Active Directory user account for the spam quarantine mailbox. 詳細については、「 ユーザー メールボックスを作成する」を参照してください。For more information, see Create user mailboxes.

    組織の準拠ポリシーとニーズに応じて、メッセージング レコード管理、メールボックスのクォータ、委任権限など、受信者ポリシーを適用することができます。詳細については、「メッセージング レコード管理」を参照してください。You may apply recipient policies, such as messaging records management, mailbox quotas, and delegation rights, according to your organization's compliance policies and needs. For more information, see Messaging records management.

    注意

    隔離されたメッセージが格納域クォータにより拒否された場合、そのメッセージは失われます。隔離されたメッセージは NDR としてラップされるため、Exchange では隔離されたメッセージの NDR を生成しません。If a quarantined message is rejected because of a storage quota, the message will be lost. Exchange doesn't generate NDRs for quarantined messages because the quarantined messages are wrapped as NDRs.

  • Outlook を構成する: 組織のニーズに合わせて outlook 代理人アクセス許可を構成する必要があります。Configure Outlook: You need to configure the Outlook delegate access permissions to meet the needs of your organization. さらSender[#0x0069001E]に、元の、 Recipient[#0x0E04001E]、およびBcc[#0x0E02001E]のフィールドをメッセージビューに表示するように Outlook プロファイルを構成することをお勧めします。In addition, we recommend that you configure the Outlook profile to show the original Sender[#0x0069001E], Recipient[#0x0E04001E], and Bcc[#0x0E02001E] fields in the Message view. 詳細については、「検疫済みメッセージをスパム検疫メールボックスから解放する」を参照してください。For more information, see Release quarantined messages from the spam quarantine mailbox.

手順 3: スパム検疫メールボックスを指定するStep 3: Specify the spam quarantine mailbox

この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「スパム対策とマルウェア対策のアクセス許可」の「スパム対策機能」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Anti-spam features" entry in the Anti-spam and anti-malware permissions topic.

次のコマンドを実行します。Run the following command:

Set-ContentFilterConfig -QuarantineMailbox <SmtpAddress>

この例では、スパム検疫のしきい値を超えるすべてのメッセージを spamQ@contoso.com に送信します。This example sends all messages that exceed the spam quarantine threshold to spamQ@contoso.com.

Set-ContentFilterConfig -QuarantineMailbox spamQ@contoso.com

このステップの検証方法How do you know this step worked?

指定したスパム検疫メールボックスを正常に取得したことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully specified the spam quarantine mailbox, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List QuarantineMailbox
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the value displayed is the value you configured.

手順 4: SCL による検疫のしきい値を構成するStep 4: Configure the SCL quarantine threshold

SCL による検疫のしきい値は、スパムの可能性があるとして識別された特定のメッセージがスパム検疫メールボックスに配信されるしきい値です。SCL による検疫のしきい値は 0 から 9 の値に設定できます。0 はスパムである可能性が最も低く、9 はスパムである可能性が最も高いと見なされます。The SCL quarantine threshold is the value at which a particular message identified as potential spam is delivered to the spam quarantine mailbox. You can set the SCL quarantine threshold to a value from 0 through 9, where 0 is considered less likely to be spam, and 9 is considered most likely to be spam.

組織の要件に応じて SCL しきい値を調整する方法と、受信者単位で SCL しきい値を調整する方法の詳細については、「コンテンツ フィルターの管理」を参照してください。For more information about how to adjust SCL thresholds to suit your organization's requirements and how to adjust per-recipient SCL thresholds, see Manage content filtering.

手順 5: スパム検疫メールボックスを管理するStep 5: Manage the spam quarantine mailbox

スパム検疫メールボックスを管理するときは、以下のガイドラインに従います。When you manage your spam quarantine mailbox, follow these guidelines:

  • Outlook の再送機能を使用して元のメッセージを再送信し、スパム検疫メールボックスに送信されたアイテムを解放します。Release items that have been sent to the spam quarantine mailbox by using the Send Again feature in Outlook to resend the original message.

    詳細については、「検疫済みメッセージをスパム検疫メールボックスから解放する」を参照してください。For more information, see Release quarantined messages from the spam quarantine mailbox.

  • スパム検疫メールボックスのサイズが適切な範囲内に維持されるように、スパム検疫メールボックスを監視します。電子メール メッセージの量は、多数の受信者、メッセージ数が増える自然な傾向、SCL 検疫アクションのしきい値のために変化する可能性があります。Monitor the spam quarantine mailbox so that the size of the spam quarantine mailbox remains in an acceptable range. The volume of email messages can change because of a larger set of recipients, the natural trend of larger messages, or the threshold on the SCL quarantine action.

  • スパム検疫メールボックスの誤検出を監視します。スパム検疫メールボックスに多数の誤検知が含まれる場合には、SCL 検疫のしきい値を調整します。誤検出のメッセージがスパム検疫メールボックスに配信されている理由を特定する方法の詳細については、「スパム対策スタンプ」を参照してください。Monitor the spam quarantine mailbox for false positives. If your spam quarantine mailbox includes many false positives, adjust your SCL quarantine threshold. For more information about how to determine why false positives are being delivered to the spam quarantine mailbox, see Anti-spam stamps.

  • 隔離されたメッセージをスパム検疫メールボックスから復元するには、同一の Outlook プロファイルを使用します。異なる Outlook プロファイルにアクセス許可を適用して行うメッセージの復元は、サポートされていません。スパム検疫メールボックスからメッセージを復元または解放するのに、異なる Outlook プロファイルを使用することはできません。Use the same Outlook profile to recover quarantined messages from the spam quarantine mailbox. Applying permissions to a different Outlook profile to recover messages isn't supported. You can't use a different Outlook profile to recover or release messages from the spam quarantine mailbox.

重要

スパムとして識別された NDR は、検疫される SCL レベルであっても削除されます。NDR はスパム検疫メールボックスに配信されません。このようなメッセージを追跡するには、エージェント ログまたはメッセージ追跡ログを使用します。詳細については、「スパム対策エージェントのログ」を参照してください。NDRs identified as spam are deleted, even if their SCL rating indicates that they should be quarantined. NDRs aren't delivered to the spam quarantine mailbox. To track such messages, use the agent log or the message tracking log. For more information, see Anti-spam agent logging.

手順 6: SCL による検疫のしきい値を調整するStep 6: Adjust the SCL quarantine threshold

SCL による検疫のしきい値を構成した後、設定を定期的に監視し、組織のニーズに応じて調整する必要があります。たとえば、多数の誤検出がフィルター処理されてスパム検疫メールボックスに入る場合は、SCL による検疫のしきい値を増やします。SCL による検疫のしきい値を調整する方法の詳細については、「Spam Confidence Level のしきい値」を参照してください。After you configure the SCL quarantine threshold, periodically monitor the settings and adjust them based on your organization's needs. For example, if too many false positives are filtered into the spam quarantine mailbox, raise the SCL quarantine threshold to a larger number. For more information about how to adjust the SCL quarantine threshold, see Spam Confidence Level Threshold.