スパム対策エージェントのログを構成するConfigure anti-spam agent logging

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

エージェント ログには、特定の Exchange スパム対策エージェントによって実行された処理が記録されます。エージェント ログに書き込まれる情報は、エージェント、SMTP イベント、およびメッセージに対して実行された処理によって異なります。Agent logging records the actions performed by specific Exchange anti-spam agents. The information written to the agent log depends on the agent, the SMTP event, and the action performed on the message.

事前に必要な知識What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間: 15 分Estimated time to complete: 15 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「メール フローのアクセス許可」の「Transport Service (トランスポート サービス)」または「Edge Transport server (エッジ トランスポート サーバー)」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Transport Service" and "Edge Transport server" entries in the Mail flow permissions topic.

  • 既定では、メールボックス サーバーのトランスポート サービスでスパム対策機能が有効になっていません。一般的には、Exchange 組織が受信メッセージの受信前にスパム対策フィルターを事前に設定しない場合に限り、スパム対策機能を有効にします。詳細については、「メールボックス サーバーのスパム対策機能を有効にする」を参照してください。By default, anti-spam features aren't enabled in the Transport service on a Mailbox server. Typically, you only enable the anti-spam features on a Mailbox server if your Exchange organization doesn't do any prior anti-spam filtering before accepting incoming messages. For more information, see Enable anti-spam functionality on Mailbox servers.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用してスパム対策エージェント ログを構成するUse the Shell to configure anti-spam agent logging

次のコマンドを実行します。Run the following command:

Set-TransportService <ServerIdentity> -AgentLogEnabled <$true | $false> -AgentLogMaxAge <dd.hh:mm:ss> -AgentLogMaxDirectorySize <Size> -AgentLogMaxFileSize <Size> -AgentLogPath <LocalFilePath>

この例では、Mailbox01 というメールボックス サーバーで次のようなエージェント ログ設定を行います。This example sets the following agent log settings on the Mailbox server named Mailbox01:

  • エージェントログファイルの場所を D:\スパム対策エージェントログに設定します。Sets the location of the agent log files to D:\Anti-Spam Agent Log. フォルダーが存在しない場合は、新たに作成されます。Note that if the folder doesn't exist, it will be created for you.

  • エージェント ログ ファイルの最大サイズを 20 MB に設定します。Sets the maximum size of an agent log file to 20 MB.

  • エージェント ログ ディレクトリの最大サイズを 400 MB に設定します。Sets the maximum size of the agent log directory to 400 MB.

  • エージェント ログ ファイルの最大保存期間を 14 日に設定します。Sets the maximum age of an agent log file to 14 days.

Set-TransportService Mailbox01 -AgentLogPath "D:\Anti-Spam Agent Log" -AgentLogMaxFileSize 20MB -AgentLogMaxDirectorySize 400MB -AgentLogMaxAge 14.00:00:00

注意

  • AgentLogPathパラメーターを値$nullに設定すると、エージェントのログ記録が事実上無効になります。If you set the AgentLogPath parameter to the value $null, you effectively disable agent logging. ただし、 Agentlogenabledパラメーターの値が$trueの場合、 AgentLogPathをに$null設定すると、イベントログエラーが生成されます。However, if you set AgentLogPath to $null when the value of the AgentLogEnabled parameter is $true, event log errors are generated. エージェントログを無効にするために推奨される方法は、 $false agentlogenabledをに設定することです。The preferred method to disable agent logging is to set AgentLogEnabled to $false.

  • Agentlogmaxageパラメーターを値00:00:00に設定すると、エージェントログファイルが保存期間によって自動的に削除されることがなくなります。Setting the AgentLogMaxAge parameter to the value 00:00:00 prevents the automatic removal of agent log files because of their age.

構文およびパラメーターの詳細については、「Set-TransportService」の AgentLog パラメーターを参照してください。For detailed syntax and parameter information, see the AgentLog parameters in Set-TransportService.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

スパム対策エージェント ログが正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured anti-spam agent logging, do the following:

  1. シェルで、次のコマンドを実行します。In the Shell, run the following command:

    Get-TransportService <ServerIdentity> | Format-List AgentLog*
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the values displayed are the values you configured.