メールボックスにおけるスパム対策設定を構成するConfigure Anti-Spam Settings on Mailboxes

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

個々のメールボックスに特定のスパム対策設定を構成できます。これは、Exchange 組織内の他のメールボックスに適用されるスパム対策設定とは異なります。You can configure specific anti-spam settings on individual mailboxes that are different than the anti-spam settings that are applied to the rest of the mailboxes in your Exchange organization. メールボックスに対してスパム対策設定を構成すると、その設定は、対応する組織全体のコンテンツフィルターまたは組織の構成のスパム対策設定より優先されます。When you configure an anti-spam setting on a mailbox, that setting overrides the corresponding organization-wide content filtering or organization configuration anti-spam setting.

注意

2016 年 11 月 1 日に Microsoft は、Exchange と Outlook の SmartScreen フィルターのスパム定義の更新を停止しました。既存の SmartScreen スパム定義はそのままですが、その効果は時間とともに低下する可能性があります。詳しくは、「Outlook と Exchange での SmartScreen サポートの廃止」をご覧ください。On November 1, 2016, Microsoft stopped producing spam definition updates for the SmartScreen filters in Exchange and Outlook. The existing SmartScreen spam definitions will be left in place, but their effectiveness will likely degrade over time. For more information, see Deprecating support for SmartScreen in Outlook and Exchange.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 各手順の推定完了時間:15 分Estimated time to complete each procedure: 15 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. 必要なアクセス許可を確認するには、「スパム対策とマルウェア対策のアクセス許可」トピックの「スパム対策機能」、および「受信者のアクセス許可」の「スパム対策」のエントリを参照してください。To see what permissions you need, see the "Anti-spam features" entry in the Anti-spam and anti-malware permissions topic, and the "Anti-spam" entry in the Recipients Permissions topic.

  • 既定では、メールボックス サーバーのトランスポート サービスでスパム対策機能が有効になっていません。一般的には、Exchange 組織が受信メッセージの受信前にスパム対策フィルターを事前に設定しない場合に限り、スパム対策機能を有効にします。詳細については、「メールボックス サーバーのスパム対策機能を有効にする」を参照してください。By default, anti-spam features aren't enabled in the Transport service on a Mailbox server. Typically, you only enable the anti-spam features on a Mailbox server if your Exchange organization doesn't do any prior anti-spam filtering before accepting incoming messages. For more information, see Enable anti-spam functionality on Mailbox servers.

  • この手順を実行するには、シェルを使用する必要があります。You can only use the Shell to perform this procedure.

  • 迷惑メールフォルダーの SCL しきい値は、SCL の delete、reject、および検疫の値とは動作が異なります。The Junk Email Folder SCL threshold value behaves differently than the SCL delete, reject, and quarantine values. 詳細については、「Spam Confidence Level のしきい値」をご覧ください。For more information, see Spam Confidence Level Threshold.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用して1つのメールボックスのスパム対策機能を構成するUse the Shell to configure anti-spam features on a single mailbox

単一のメールボックスのスパム対策設定を構成するには、次の構文を使用します。To configure the anti-spam settings on a single mailbox, use the following syntax.

Set-Mailbox <MailboxIdentity> -AntispamBypassEnabled <$true | $false> -RequireSenderAuthenticationEnabled <$true | $false> -SCLDeleteEnabled <$true | $false | $null> -SCLDeleteThreshold <0-9 | $null> -SCLJunkEnabled <$true | $false | $null > -SCLJunkThreshold <0-9 | $null> -SCLQuarantineEnabled <$true | $false | $null > -SCLQuarantineThreshold <0-9 | $null> -SCLRejectEnabled <$true | $false | $null > -SCLRejectThreshold <0-9 | $null>

この例では、Jeff という名前のユーザーのメールボックスを構成して、スパム対策フィルターをすべてバイパスし、迷惑メールフォルダーの SCL しきい値に一致するメッセージを Microsoft Outlook の迷惑メールフォルダーに配信します。This example configures the mailbox of a user named Jeff Phillips to bypass all the anti-spam filters and to have messages that meet or exceed a Junk Email folder SCL threshold of 5 delivered to his Junk Email folder in Microsoft Outlook.

Set-Mailbox "Jeff Phillips" -AntispamBypassEnabled $true -SCLJunkEnabled $true -SCLJunkThreshold 4

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

単一のメールボックスでスパム対策機能が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured the anti-spam features on a single mailbox, do the following:

  1. シェルを使用して、受信拒否者および受信拒否ドメインのリストを構成するにはRun the following command:

    Get-Mailbox <MailboxIdentity> | Format-List SCL*,Bypass*,*SenderAuth*
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the value displayed is the value you configured.

シェルを使用して複数のメールボックスのスパム対策機能を構成するUse the Shell to configure anti-spam features on multiple mailboxes

複数のメールボックスのすべてのスパム対策設定を構成するには、次の構文を使用します。To configure all the anti-spam settings on multiple mailboxes, use the following syntax.

Get-Mailbox [<Filter>]| Set-Mailbox <Anti-Spam Settings>

この例では、Contoso.com ドメイン内の Users コンテナーにあるすべてのメールボックスで、SCL による検疫のしきい値を7にします。This example enables the SCL quarantine threshold with a value of 7 on all mailboxes in the Users container in the Contoso.com domain.

Get-Mailbox -OrganizationalUnit Contoso.com/Users | Set-Mailbox -SCLQuarantineEnabled $true -SCLQuarantineThreshold 7

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

複数のメールボックスでスパム対策機能が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured the anti-spam features on multiple mailboxes, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-Mailbox [<Filter>] | Format-List Name,SCL*,*SenderAuth*
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the values displayed are the values you configured.

シェルを使用して組織内のすべてのメールボックスに迷惑メールのしきい値を構成するUse the Shell to configure the junk email threshold for all mailboxes in your organization

次のコマンドを実行します。Run the following command:

Set-OrganizationConfig -SCLJunkThreshold <Integer>

この例では、組織の迷惑メールのしきい値を5に設定します。This example sets the organization's junk email threshold to 5.

Set-OrganizationConfig -SCLJunkThreshold 5

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

組織内のすべてのメールボックスに対して迷惑メールのしきい値が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured the junk email threshold for all mailboxes in your organization, do the following:

  1. シェルを使用して、受信拒否者および受信拒否ドメインのリストを構成するにはRun the following command:

    Get-OrganizationConfig | Format-List SCLJunkThreshold
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the value displayed is the value you configured.