データベース可用性グループの AutoReseed の構成Configure AutoReseed for a database availability group

に適用されます: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

AutoReseed は、ディスクに障害が発生した後にデータベースの冗長性を迅速に復元するための機能です。ディスクに障害が発生した場合、そのディスクに格納されているデータベース コピーが、メールボックス サーバー上の構成済みのスペア ディスクに自動的に再シードされます。データベース可用性グループ (DAG) の AutoReseed を構成するには、このトピックで説明している手順を実行してください。AutoReseed is a feature for quickly restoring database redundancy after a disk failure. If a disk fails, the database copies stored on that disk are automatically reseeded to a preconfigured spare disk on the Mailbox server. You can use the steps in this topic to configure AutoReseed for a database availability group (DAG).

警告

AutoReseed 機能は、前提条件の構成タスクを実行しません。ディスクの適切なインストール、スペア ディスクのシステムへの追加、不良ディスクの交換、新しいディスクのフォーマットは、管理者が手動で実施する必要があります。The AutoReseed feature doesn't perform any prerequisite configuration tasks for you. Installing disks correctly, adding spare disks to the system, replacing bad disks, and formatting new disks must be done manually by an administrator.

DAG に関連する追加の管理タスクについては、「データベース可用性グループの管理」を参照してください。For additional management tasks related to DAGs, see Managing database availability groups.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • このタスクの予想所要時間:10 分。Estimated time to complete this task: 10 minutes.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「高可用性とサイト復元のアクセス許可」の「データベース可用性グループ」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Database availability groups" entry in the High availability and site resilience permissions topic.

  • 物理ディスクごとに 1 つずつの論理ディスク/パーティションを作成する必要があります。A single logical disk/partition per physical disk must be created.

  • 後述する手順に記載された特定のデータベースとログ フォルダー構造を使用する必要があります。The specific database and log folder structure described in the steps below must be used.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題が発生しますか。Exchange フォーラムでヘルプを表示するとします。Exchange ServerExchange のオンライン、またはExchange のオンライン保護フォーラムを参照してください。Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at Exchange Server, Exchange Online, or Exchange Online Protection..

実行方法How do you do this?

手順 1: データベースとボリュームのルート パスを構成するStep 1: Configure the root paths for databases and volumes

データベース (AutoDagDatabasesRootFolderPath) と (AutoDagVolumesRootFolderPath)、DAG で使用されるときに、ボリュームのルート ディレクトリを構成する最初のステップが含まれます。デフォルトでは c:\ExchangeDatabases、および c:\ExchangeVolumes、それぞれ。デフォルトのパスを使用している場合は、この手順を省略できます。The first step involves configuring the root directories for the databases (AutoDagDatabasesRootFolderPath) and volumes (AutoDagVolumesRootFolderPath) used by the DAG. The defaults are C:\ExchangeDatabases, and C:\ExchangeVolumes, respectively. You can omit this step if you're using the default paths.

この例では、データベースのルート パスを構成する方法を示します。This example illustrates how to configure the root path for the databases.

Set-DatabaseAvailabilityGroup DAG1 -AutoDagDatabasesRootFolderPath "C:\ExchDbs"

この例では、ストレージ ボリュームのルート パスを構成する方法を示します。This example illustrates how to configure the root path for the storage volumes.

Set-DatabaseAvailabilityGroup DAG1 -AutoDagVolumesRootFolderPath "C:\ExchVols"

このステップの検証方法How do you know this step worked?

データベースとボリュームのルート パスが正常に構成されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that you've successfully configured the root paths for databases and volumes, run the following command.

    Get-DatabaseAvailabilityGroup DAG1 | Format-List *auto*

AutoDagDatabasesRootFolderPathAutoDagVolumesRootFolderPathの出力には、構成済みのパスが反映されます。The output for AutoDagDatabasesRootFolderPath and AutoDagVolumesRootFolderPath should reflect the configured paths.

手順 2: ボリュームごとのデータベース数を構成するStep 2: Configure the number of databases per volume

次に、DAG のボリュームごとのデータベース数 (AutoDagDatabaseCopiesPerVolume) を構成します。Next, configure the number of databases per volume (AutoDagDatabaseCopiesPerVolume) for the DAG.

この例では、ボリュームごとに 4 つずつのデータベースで構成されている DAG にこの AutoReseed 設定を構成する方法を示します。This example illustrates how to configure this AutoReseed setting for a DAG configured with 4 databases per volume.

Set-DatabaseAvailabilityGroup DAG1 -AutoDagDatabaseCopiesPerVolume 4

このステップの検証方法How do you know this step worked?

ボリュームごとのデータベース数が正常に構成されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that you've successfully configured the number of databases per volume, run the following command.

    Get-DatabaseAvailabilityGroup DAG1 | Format-List *auto*

AutoDagDatabaseCopiesPerVolumeの出力には、構成済みの値が反映されます。The output for AutoDagDatabaseCopiesPerVolume should reflect the configured value.

手順 3: データベースとボリュームのルート ディレクトリを作成するStep 3: Create the root directories for databases and volumes

次に、手順 1 で構成したルート ディレクトリに対応するディレクトリを作成します。この例では、コマンド プロンプトを使用して既定のディレクトリを作成する方法を示します。Next, create the directories that correspond to the root directories you configured in Step 1. This example shows how to create the default directories using the command prompt.

    md C:\ExchangeDatabases
    md C:\ExchangeVolumes

このステップの検証方法How do you know this step worked?

データベースとボリュームのルート ディレクトリが正常に構成されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that you've successfully configured the root directories for databases and volumes, run the following command.

Dir C:\

作成されたディレクトリの出力の一覧が表示されます。The created directories should appear in the output list.

手順 4: ボリューム フォルダーをマウントするStep 4: Mount the volume folders

データベース (スペア ・ ボリュームを含む) の使用は、Windows ディスクの管理アプリケーション (diskmgmt.msc) を使用して、c: の下にマウントされたフォルダー内の各ボリュームをマウントするボリュームごとに\ExchangeVolumes\。などのデータベースとの 2 つのボリュームと 1 つのスペア ・ ボリュームがある場合は、マウントされている次のフォルダーにボリュームをマウントします。For every volume that will be used for databases (including spare volumes), use the Windows Disk Management application (diskmgmt.msc) to mount each volume in a mounted folder under C:\ExchangeVolumes\. For example, if there are 2 volumes with databases and 1 spare volume, mount the volumes to the following mounted folders:

  • C:\ExchangeVolumes\Volume1C:\ExchangeVolumes\Volume1

  • C:\ExchangeVolumes\Volume2C:\ExchangeVolumes\Volume2

  • C:\ExchangeVolumes\Volume3C:\ExchangeVolumes\Volume3

マウントされたフォルダーの名前は、そのフォルダーがルート ボリュームのパスの下にマウントされている限り、任意の名前にすることができます。The names of the mounted folders can be any folder name, as long as the folders are mounted under the root volume’s path.

このステップの検証方法How do you know this step worked?

ボリューム フォルダーが正常にマウントされたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that you've successfully mounted the volume folders, run the following command.

Dir C:\

マウントされたボリュームの出力の一覧が表示されます。The mounted volumes should appear in the output list.

手順 5: データベース フォルダーを作成するStep 5: Create the database folders

次に、c: のルート パスの下にデータベース ディレクトリを作成\ExchangeDatabases。次の使用例は、各ボリューム上の 4 つのデータベースとストレージの構成ディレクトリを作成する方法を示しています。Next, create the database directories under the root path C:\ExchangeDatabases. This example illustrates how to create directories for a storage configuration with 4 databases on each volume.

md c:\ExchangeDatabases\db001
md c:\ExchangeDatabases\db002
md c:\ExchangeDatabases\db003
md c:\ExchangeDatabases\db004

このステップの検証方法How do you know this step worked?

データベース フォルダーが正常にマウントされたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that you've successfully mounted the database folders, run the following command.

Dir C:\ExchangeDatabases

作成されたディレクトリの出力の一覧が表示されます。The created directories should appear in the output list.

手順 6: データベースのマウント ポイントを作成するStep 6: Create the mount points for the databases

各データベースのマウント ポイントを作成し、正しいボリュームにマウント ・ ポイントをリンクします。たとえば、db001 にマウントされているフォルダーが c: にする必要があります\ExchangeDatabases\db001。これを行うには、ファイル名を指定または mountvol.exe を使用できます。次の使用例は、c: db001 をマウントする方法を示しています\ExchangeDatabases\db001 mountvol.exe を使用します。Create the mount points for each database and link the mount point to the correct volume. For example, the mounted folder for db001 should be at C:\ExchangeDatabases\db001. You can use diskmgmt.msc or mountvol.exe to do this. This example illustrates how to mount db001 to C:\ExchangeDatabases\db001 using mountvol.exe.

    Mountvol.exe c:\ExchangeDatabases\db001 \\?\Volume (GUID)

このステップの検証方法How do you know this step worked?

データベースのマウント ポイントが正常に作成されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that you've successfully created the mount points for the database, run the following command.

Mountvol.exe C:\ExchangeDatabases\db001 /L

マウントされたボリュームのマウント ポイントの一覧が表示されます。The mounted volume should appear in the mount point list.

手順 7: データベースのディレクトリ構造を作成するStep 7: Create the database directory structure

次に、手順 5 で作成したフォルダーの直下に 2 つのディレクトリを作成します。1 つは各データベース用に、もう 1 つはデータベースの各ログ ストリーム用に作成します。これらは同じボリュームに保存されます。ディレクトリ構造には、次の形式を使用する必要があります。Next, create two directories underneath the folders you created in Step 5, one for each database and one for each of the database's log stream that will be stored on the same volume. You must use the following format for your directory structure:

C:\ < DatabaseFolderName>\\<>.dbC:\< DatabaseFolderName>\DatabaseName\<DatabaseName>.db

C:\ < DatabaseFolderName>\\<>.logC:\< DatabaseFolderName>\DatabaseName\<DatabaseName>.log

この例では、ボリューム 1 に保存される 4 つのデータベース用のディレクトリを作成する方法を示します。This example illustrates how to create directories for 4 databases that will be stored on Volume 1:

md c:\ExchangeDatabases\db001\db001.db
md c:\ExchangeDatabases\db001\db001.log
md c:\ExchangeDatabases\db002\db002.db
md c:\ExchangeDatabases\db002\db002.log
md c:\ExchangeDatabases\db003\db003.db
md c:\ExchangeDatabases\db003\db003.log
md c:\ExchangeDatabases\db004\db004.db
md c:\ExchangeDatabases\db004\db004.log

すべてのボリューム上のデータベースについて、上記のコマンドを繰り返します。Repeat the preceding commands for databases on every volume.

このステップの検証方法How do you know this step worked?

データベースのディレクトリ構造が正常に作成されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that you've successfully created the database directory structure, run the following command.

Dir C:\ExchangeDatabases /s

作成されたディレクトリの出力の一覧が表示されます。The created directories should appear in the output list.

手順 8: データベースを作成するStep 8: Create databases

適切なフォルダーを使用して構成されたログ パスとデータベース パスでデータベースを作成します。この例では、新しく作成したディレクトリとマウント ポイント構造に保存されるデータベースを作成する方法を示します。Create databases with log and database paths configured with the appropriate folders. This example illustrates how to create a database that's stored in the newly created directory and mount point structure.

    New-MailboxDatabase -Name db001 -Server MBX1 -LogFolderPath C:\ExchangeDatabases\db001\db001.log -EdbFilePath C:\ExchangeDatabases\db001\db001.db\db001.edb

このステップの検証方法How do you know this step worked?

適切なフォルダーにデータベースが正常に作成されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。To verify that you've successfully created databases in the appropriate folder, run the following command.

    Get-MailboxDatabase db001 | Format List *path*

返されるデータベース プロパティが、データベース ファイルとログ ファイルが上記のフォルダーに保存されようとしていることを示す必要があります。Database properties that are returned should indicate that the database file and log files are being stored in the above folders.

このタスクの検証方法How do you know this task worked?

DAG に AutoReseed が構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you've configured AutoReseed for a DAG, do the following:

  1. DAG が正しく構成されていることを確認するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to verify the DAG is configured correctly.

    Get-DatabaseAvailabilityGroup DAG1 | Format-List *auto*
    
  2. ディレクトリ構造が正しく構成されていることを確認するには、次のコマンドを実行します (既定のパスは以下のとおりです。必要に応じて、パスを使用しているパスに置き換えてください)。Run the following command to verify the directory structure is configured correctly (below are the default paths; if necessary, substitute the paths for the paths you're using).

    Dir C:\ExchangeDatabases /s
    
    Dir c:\ExchangeVolumes /s