クライアント固有のメッセージのサイズ制限を構成するConfigure client-specific message size limits

に適用されます: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange Server 2013 では、Exchange 組織全体を移動するメッセージに適用されるいくつかの異なるメッセージ サイズの制限があります。詳細については、メッセージ サイズの制限を参照してください。In Microsoft Exchange Server 2013, there are several different message size limits that apply to messages as they travel through your Exchange organization. For more information, see Message size limits.

ただし、ActiveSync または Exchange Web サービス (EWS) を使用する Outlook Web App および電子メール クライアントを構成することができますクライアント固有のメッセージ サイズの制限があります。Exchange 組織全体のメッセージ サイズの制限値を変更する場合は、Outlook Web App、ActiveSync では、Exchange Web サービスのメッセージ サイズの制限が適切に設定されていることを確認する必要があります。クライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバー上の web.config ファイル内には、これらの値を構成します。これらの制限については、次の表で説明します。However, there are client-specific message size limits you can configure for Outlook Web App and email clients that use ActiveSync or Exchange Web Services (EWS). If you change the Exchange organization-wide message size limits, you need to verify that the message size limits for Outlook Web App, ActiveSync, and Exchange Web Services are set accordingly. You configure these values in web.config files on Client Access servers and Mailbox servers. These limits are described in the following tables.

ActiveSyncActiveSync

サーバーの役割Server role 構成ファイルConfiguration file キーと既定値Keys and default values サイズSize

クライアント アクセスClient Access

%ExchangeInstallPath%FrontEnd\HttpProxy\Sync\web.config

maxAllowedContentLength="30000000 bytes"既定では存在しません (コメントを参照してください)。maxAllowedContentLength="30000000 bytes" Not present by default (see comments).

バイトbytes

クライアント アクセスClient Access

%ExchangeInstallPath%FrontEnd\HttpProxy\Sync\web.config

maxRequestLength="10240"

キロバイトkilobytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\Sync\web.config

maxAllowedContentLength="30000000 bytes"既定では存在しません (コメントを参照してください)。maxAllowedContentLength="30000000 bytes" Not present by default (see comments).

バイトbytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\Sync\web.config

maxRequestLength="10240"

キロバイトkilobytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\Sync\web.config

<add key="MaxDocumentDataSize" value="10240000">

バイトbytes

ActiveSync 制限についてのコメントComments on ActiveSync limits

既定では、要件のキーではありません、web.configファイルを再起動します。ただし、ActiveSync のメッセージの最大サイズは、サーバー上のすべての web サイトに適用される要件の値によって影響を受けます。30000000 バイト (30 MB) を既定値には。ActiveSync クライアント アクセス サーバーと IIS マネージャーでのメールボックス サーバー上のこれらの値を表示するには、次の手順を実行します。By default, there is no maxAllowedContentLength key in the web.config files for ActiveSync. However, the maximum message size for ActiveSync is affected by the maxAllowedContentLength value that is applied to all web sites on the server. The default value is 30000000 bytes (30 MB). To see these values for ActiveSync on Client Access Servers and Mailbox servers in IIS Manager, perform the following steps:

  1. 次のいずれかの手順を実行します。Do one of the following steps:

    • クライアント アクセス サーバーでIIS マネージャーを開くには、サイトに移動>既定の Web サイト****マイクロソフト ・ サーバーの ActiveSyncを選択します。On Client Access servers, open IIS Manager, navigate to Sites > Default Web Site and select Microsoft-Server-ActiveSync.

    • メールボックス サーバーでIIS マネージャーを開くには、サイトに移動>バックエンド Exchangeのサーバーの情報を選択します。On Mailbox servers, open IIS Manager, navigate to Sites > Exchange Back End and select Microsoft-Server-ActiveSync.

  2. [機能ビュー] が選択されていることを確認して、 [管理] セクションの [構成エディター] をダブルクリックします。Verify Features View is selected, and double-click Configuration Editor in the Management section.

  3. セクションのフィールドのドロップダウン矢印をクリックし、後半に移動>セキュリティrequestFilteringを選択します。Click the dropdown arrow in the Section field, navigate to system.webServer > security and select requestFiltering.

  4. 結果の中の [requestLimits] を展開すると、 [maxAllowedContentLength] および既定値の 30000000 (バイト) が表示されます。In the results, expand requestLimits, and you'll see maxAllowedContentLength and the default value 30000000 (bytes).

要件の値を変更するには、(バイト単位) の新しい値を入力し、[適用] をクリックします。クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバー上の値を変更する必要があります。対応する新しい要件キーが書き込まれた後、IIS マネージャーでの値を変更すると、web.configファイル (%ExchangeInstallPath%FrontEnd\HttpProxy\Sync\web.configクライアント アクセス サーバー、および%ExchangeInstallPath%ClientAccess\Sync\web.configメールボックス サーバー上)。To change the maxAllowedContentLength value, enter a new value in bytes, and click Apply. You need to change the value on Client Access servers and on Mailbox servers. After you change the value in IIS Manager, a new maxAllowedContentLength key is written to the corresponding web.config file (%ExchangeInstallPath%FrontEnd\HttpProxy\Sync\web.config on Client Access servers, and %ExchangeInstallPath%ClientAccess\Sync\web.config on Mailbox servers).

ActiveSync クライアントのメッセージの最大サイズを変更するでこの値を変更する必要があります、web.configファイルをクライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーでは、 MaxDocumentDataSize web.config 、メールボックス サーバー上のファイルと要件IIS マネージャーでクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーにします。To change the maximum message size for ActiveSync clients, you need to change the value of maxRequestLength in the web.config file on Client Access servers and Mailbox servers, MaxDocumentDataSize in the web.config file on Mailbox servers, and maxAllowedContentLength in IIS Manager on Client Access servers and Mailbox servers.

Exchange Web サービスExchange Web Services

サーバーの役割Serve role 構成ファイルConfiguration file キーと既定値Keys and default values サイズSize

クライアント アクセスClient Access

%ExchangeInstallPath%FrontEnd\HttpProxy\ews\web.config

maxAllowedContentLength="67108864"

バイトbytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\exchweb\ews\web.config

maxAllowedContentLength="67108864"

バイトbytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\exchweb\ews\web.config

14 のインスタンスmaxReceivedMessageSize="67108864"14 instances of maxReceivedMessageSize="67108864"

バイトbytes

Exchange Web Services の制限に関するコメントComments on Exchange Web Services limits

  • 値の 14 の別々 のインスタンスがあるmaxReceivedMessageSize="67108864"(http と https) のバインドおよび認証方法のさまざまな組み合わせに対応します。There are 14 separate instances of the value maxReceivedMessageSize="67108864" that correspond to different combinations of bindings (http and https) and authentication methods.

  • Exchange Web サービス クライアントのメッセージの最大サイズを変更するには、両方の要件の値を変更する必要がありますweb.configファイル、およびすべての 14 インスタンスのmaxReceivedMessageSize="67108864"で、web.configメールボックス サーバー上のファイルです。To change the maximum message size for Exchange Web Services clients, you need to change the value of maxAllowedContentLength in both web.config files, and all 14 instances of maxReceivedMessageSize="67108864" in the web.config file on Mailbox servers.

  • web.configファイル、メールボックス サーバーにも、値の 2 つのインスタンスmaxReceivedMessageSize="1048576" UMLegacyMessageEncoderSoap11Elementのバインドを変更する必要がないのです。In the web.config file on Mailbox servers, there are also two instances of the value maxReceivedMessageSize="1048576" for UMLegacyMessageEncoderSoap11Element bindings that you don't need to modify.

  • maxRequestLength は、両方の web.config ファイルに存在する ASP.NET の設定ですが、Exchange Web サービスでは使用されないので変更する必要はありません。maxRequestLength is an ASP.NET setting that's present in both web.config files, but is not used by Exchange Web Services, so you don't need to modify it.

Outlook Web AppOutlook Web App

サーバーの役割Server role 構成ファイルConfiguration file キーと既定値Keys and default values サイズSize

クライアント アクセスClient Access

%ExchangeInstallPath%FrontEnd\HttpProxy\owa\web.config

maxAllowedContentLength="35000000"

バイトbytes

クライアント アクセスClient Access

%ExchangeInstallPath%FrontEnd\HttpProxy\owa\web.config

maxRequestLength="35000"

キロバイトkilobytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\Owa\web.config

maxAllowedContentLength="35000000"

バイトbytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\Owa\web.config

maxRequestLength="35000"

キロバイトkilobytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\Owa\web.config

2 つのインスタンスmaxReceivedMessageSize="35000000"2 instances of maxReceivedMessageSize="35000000"

バイトbytes

メールボックスMailbox

%ExchangeInstallPath%ClientAccess\Owa\web.config

2 つのインスタンスmaxStringContentLength="35000000"2 instances of maxStringContentLength="35000000"

バイトbytes

Outlook Web App の制限に関するコメントComments on Outlook Web App limits

  • web.configファイルの値の 2 つの別々 のインスタンスがあるメールボックス サーバーでは、maxReceivedMessageSize="35000000"maxStringContentLength="35000000"http と https バインディングに対応します。In the web.config file on Mailbox servers, there are two separate instances of the values maxReceivedMessageSize="35000000" and maxStringContentLength="35000000" that correspond to http and https bindings.

  • MaxReceivedMessageSizeとのmaxStringContentLengthの両方のインスタンスを含む、両方のファイルでこれらの値のすべてを変更する必要の Outlook Web App のクライアントのメッセージの最大サイズを変更するのには、web.configのメールボックス サーバー上のファイルです。To change the maximum message size for Outlook Web App clients, you need to change all of these values in both files, including both instances of maxReceivedMessageSize and maxStringContentLength in the web.config file on Mailbox servers.

  • web.configファイル、メールボックス サーバーにも、値のインスタンスmaxStringContentLength="102400" MsOnlineShellServiceのバインディングを変更する必要がないのです。In the web.config file on Mailbox servers, there is also an instance of the value maxStringContentLength="102400" for the MsOnlineShellService binding that you don’t need to modify.

すべてのメッセージ サイズ制限について、適用したい実際のサイズより大きい値を設定する必要があります。この値の増加が必要となるのは、メッセージの添付ファイルとその他のバイナリ データが Base64 エンコードされた後、メッセージ サイズが必ず増加するためです。Base64 エンコードによりメッセージのサイズは約 33% 増加するため、メッセージ サイズ制限に指定する値は、実際に使用可能なメッセージ サイズより約 33% 大きくなります。たとえば、最大メッセージ サイズの値を 64 MB に指定すると、実際の最大メッセージ サイズの値は約 48 MB になると予測できます。For all message size limits, you need to set values that are larger than the actual sizes you want enforced. This increase in values is necessary to account for the inevitable message size increase that occurs after the message attachments and any other binary data are Base64 encoded. Base64 encoding increases the size of the message by approximately 33%, so the values you specify for any message size limits are approximately 33% larger than the actual usable message sizes. For example, if you specify a maximum message size value of 64 MB, you can expect a realistic maximum message size value of approximately 48 MB.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 15 分Estimated time to complete: 15 minutes

  • Exchange のアクセス許可は、このトピックの手順には適用されません。これらの手順は、Exchange Server のオペレーティング システムで実行されます。Exchange permissions don't apply to the procedures in this topic. These procedures are performed in the operating system of the Exchange Server.

  • Web.config 構成ファイルに保存した変更は、IIS の再起動後に適用されます。Changes you save to the Web.config configuration file are applied after you restart IIS.

  • Base64 エンコーディングによるサイズの 33% の増加を許容するには、4/3 メガバイト単位で、目的の新しい最大サイズ値を乗算します。値をキロバイト単位に変換するには、1024 を乗算します。バイトに値を変換するには 1048756 で乗算 (1024*1024)。Base64 エンコーディングによるサイズの増加は 33% を超える場合があり、添付ファイルのファイル サイズ、種類、圧縮、および作成し、メッセージを送信するために使用する電子メール クライアントなど、いくつかの要因に依存に注意してください。To allow for a 33% increase in size due to Base64 encoding, multiply your desired new maximum size value in megabytes by 4/3. To convert the value into kilobytes, multiply by 1024. To convert the value into bytes, multiply by 1048756 (1024*1024). Note that the size increase caused by Base64 encoding could be greater than 33%, and depends on several factors, for example, the attachment file size, type, compression, and the email client used to compose and send the message.

  • Exchange XML アプリケーション構成ファイルで行うカスタマイズ済みのサーバーごとの設定 (クライアント アクセス サーバーの web.config ファイルまたはメールボックス サーバーの EdgeTransport.exe.config ファイルなど) は、Exchange 累積更新プログラム (CU) のインストール時に上書きされます。インストール後にサーバーを簡単に再構成できるよう、必ずこの情報を保存しておいてください。これらの設定は、Exchange 累積更新プログラムのインストール後に構成し直す必要があります。Any customized per-server settings you make in Exchange XML application configuration files, for example, web.config files on Client Access servers or the EdgeTransport.exe.config file on Mailbox servers, will be overwritten when you install an Exchange Cumulative Update (CU). Make sure that you save this information so you can easily re-configure your server after the install. You must re-configure these settings after you install an Exchange CU.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題が発生しますか。Exchange フォーラムでヘルプを表示するとします。Exchange ServerExchange のオンライン、またはExchange のオンライン保護フォーラムを参照してください。Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at Exchange Server, Exchange Online, or Exchange Online Protection.

メモ帳を使用してクライアント固有のメッセージのサイズ制限を構成するUse Notepad to configure a client-specific message size limit

  1. 適切な web.config ファイルをメモ帳で開きます。たとえば、Exchange Web サービス クライアントの web.config ファイルを開き、次のコマンドを実行します。Open the appropriate web.config files in Notepad. For example, to open the web.config files for Exchange Web Services clients, run the following commands:

        Notepad %ExchangeInstallPath%ClientAccess\exchweb\ews\web.config
        Notepad %ExchangeInstallPath%FrontEnd\HttpProxy\ews\web.config
    
  2. トピックの上記の表で説明したように、適切な web.config ファイル内の関連するキーを検索します。たとえば、Exchange Web サービス クライアントでは、ファイルと値のすべての 14 のインスタンスの両方の要件キーを見つけるmaxReceivedMessageSize="67108864"で、web.configのメールボックス サーバー上のファイルです。Find the relevant keys in the appropriate web.config files as described in the tables earlier in the topic. For example, for Exchange Web Services clients, find the maxAllowedContentLength key in both files and all 14 instances of the value maxReceivedMessageSize="67108864" in the web.config file on Mailbox servers.

        <requestLimits maxAllowedContentLength="67108864" />
        ...maxReceivedMessageSize="67108864"...
    

    Base64 でエンコードされたメッセージの最大サイズを約 64 MB は、すべてのインスタンスを変更するたとえば、6710886489478486(64*4/3*1048756)。For example, to allow a Base64 encoded maximum message size of approximately 64 MB, change all instances of 67108864 to 89478486 (64*4/3*1048756):

        <requestLimits maxAllowedContentLength="89478486" />
        ...maxReceivedMessageSize="89478486"...
    
  3. 完了したら、web.config ファイルを保存して閉じます。When you are finished, save and close the web.config files.

  4. 次のコマンドを実行して IIS を再起動します。Restart IIS by running the following command:

    IISReset /noforce
    

コマンド ラインからクライアント固有のメッセージのサイズ制限を構成するConfigure client-specific message size limits from the command line

メモ帳を使用する代わりに、コマンド ラインからクライアント固有のメッセージのサイズ制限を構成することもできます。Exchange サーバーで管理者特権でのコマンド プロンプト ( [管理者として実行] を選択して開くコマンド プロンプト ウィンドウ) を開き、構成する制限に該当するコマンドを実行します。Instead of using Notepad, you can also configure the client-specific message size limits from the command line. Open an elevated command prompt on the Exchange server (a Command Prompt window you open by selecting Run as administrator) and run the appropriate commands for the limits that you want to configure.

:Notes:

  • コマンドのサイズ値は既定値であり、変更する必要があります。The size values in the commands are the default values, so you'll need to change them.

  • 値がバイト単位か、キロバイト単位かに注意してください。Pay attention to whether the value is in bytes or kilobytes.

ActiveSyncActiveSync

    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Default Web Site/Microsoft-Server-ActiveSync/" -section:system.webServer/security/requestFiltering /requestLimits.maxAllowedContentLength:30000000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Default Web Site/Microsoft-Server-ActiveSync/" -section:system.web/httpRuntime /maxRequestLength:10240
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/Microsoft-Server-ActiveSync/" -section:system.webServer/security/requestFiltering /requestLimits.maxAllowedContentLength:30000000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/Microsoft-Server-ActiveSync/" -section:system.web/httpRuntime /maxRequestLength:10240
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/Microsoft-Server-ActiveSync/" -section:appSettings /[key='MaxDocumentDataSize'].value:10240000

Exchange Web サービスExchange Web Services

    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Default Web Site/ews/" -section:system.webServer/security/requestFiltering /requestLimits.maxAllowedContentLength:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.webServer/security/requestFiltering /requestLimits.maxAllowedContentLength:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSAnonymousHttpsBinding'].httpsTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSAnonymousHttpBinding'].httpTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSBasicHttpsBinding'].httpsTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSBasicHttpBinding'].httpTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSNegotiateHttpsBinding'].httpsTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSNegotiateHttpBinding'].httpTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSWSSecurityHttpsBinding'].httpsTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSWSSecurityHttpBinding'].httpTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSWSSecuritySymmetricKeyHttpsBinding'].httpsTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSWSSecuritySymmetricKeyHttpBinding'].httpTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSWSSecurityX509CertHttpsBinding'].httpsTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /customBinding.[name='EWSWSSecurityX509CertHttpBinding'].httpTransport.maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /webHttpBinding.[name='EWSStreamingNegotiateHttpsBinding'].maxReceivedMessageSize:67108864
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/ews/" -section:system.serviceModel/bindings /webHttpBinding.[name='EWSStreamingNegotiateHttpBinding'].maxReceivedMessageSize:67108864

Outlook Web AppOutlook Web App

    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Default Web Site/owa/" -section:system.webServer/security/requestFiltering /requestLimits.maxAllowedContentLength:35000000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Default Web Site/owa/" -section:system.web/httpRuntime /maxRequestLength:35000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/owa/" -section:system.webServer/security/requestFiltering /requestLimits.maxAllowedContentLength:35000000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/owa/" -section:system.web/httpRuntime /maxRequestLength:35000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/owa/" -section:system.serviceModel/bindings /webHttpBinding.[name='httpsBinding'].maxReceivedMessageSize:35000000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/owa/" -section:system.serviceModel/bindings /webHttpBinding.[name='httpBinding'].maxReceivedMessageSize:35000000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/owa/" -section:system.serviceModel/bindings /webHttpBinding.[name='httpsBinding'].readerQuotas.maxStringContentLength:35000000
    %windir%\system32\inetsrv\appcmd.exe set config "Exchange Back End/owa/" -section:system.serviceModel/bindings /webHttpBinding.[name='httpBinding'].readerQuotas.maxStringContentLength:35000000

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

クライアントに固有のメッセージ サイズの制限が正常に構成されていることを確認するには、影響を受けるクライアントによってアクセスされているメールボックスとの間で、テスト メッセージを送受信する必要があります。テスト メッセージが構成した値を約 33% 下回るように、複数の小さい添付ファイルやサイズの大きい 1 つの添付ファイルを試すことができます。たとえば、構成した値が 85 MB の場合、実際の最大メッセージ サイズは約 64 MB になります。To verify that you have successfully configured the client-specific message size limit, you need to send a test message to and from a mailbox that's being accessed by the affected client. You can try a few smaller attachments or one large attachment so the test messages are approximately 33% less than the value you configured. For example, a configured value of 85 MB results in a realistic maximum message size of approximately 64 MB.