接続ログを構成するConfigure connectivity logging

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

接続ログは、Exchange サーバー上のトランスポートサービスからメッセージを送信するために使用される送信接続アクティビティを記録します。Connectivity logging records the outbound connection activity that's used to transmit messages from a transport service on an Exchange server. 接続ログには、接続元、送信先、メッセージの数と送信バイト数、および接続エラー情報が記録されます。Connectivity logging records the connection source, destination, number of messages and bytes transmitted, and connection failure information.

事前に必要な知識What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間: 15 分Estimated time to complete: 15 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。 メール フローのアクセス許可 トピックの「トランスポート サービス」、「フロント エンド トランスポート サービス」、「メールボックス トランスポート サービス」エントリ。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Transport service", "Front End Transport service", and "Mailbox Transport service" entries in the Mail flow permissions topic.

  • Exchange 管理センター (EAC) を使用して、接続ログを有効または無効にすることや、トランスポートサービスの接続ログのパスを設定することができます。You can use the Exchange admin center (EAC) to enabled or disabled connectivity logging, or set the connectivity log path for the Transport service only. 他のトランスポートサービスの他のすべての接続ログオプションについては、シェルを使用する必要があります。For all other connectivity logging options in other transport services, you need to use the Shell.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

EAC を使用してトランスポートサービスの接続ログを構成するUse the EAC to configure connectivity logging in the Transport service

  1. EAC で [サーバー] > [サーバー] に移動します。In the EAC, navigate to Servers > Servers.

  2. 構成するメールボックス サーバーを選択し、 [編集] 編集アイコン をクリックします。Select the Mailbox server you want to configure, and then click Edit Edit icon.

  3. サーバーのプロパティ ページで、 [トランスポート ログ] をクリックします。On the server properties page, click Transport Logs.

  4. [接続ログ] セクションで、次のいずれかを変更します。In the Connectivity log section, change any of the following:

    • 接続ログを有効にする: サーバーで接続ログを無効にするには、このチェックボックスをオフにします。Enable connectivity log: To disable connectivity logging on the server, clear the check box. サーバーで接続ログを有効にするには、チェックボックスをオンにします。To enable connectivity logging on the server, select the check box.

    • 接続ログのパス: 指定する値は、ローカルの Exchange サーバー上にある必要があります。Connectivity log path: The value you specify must be on the local Exchange server. フォルダーが存在しない場合は、[保存] をクリックしたときに作成されます。If the folder doesn't exist, it will be created for you when you click Save.

    完了したら、[ Save] をクリックします。When you are finished, click Save.

シェルを使用して接続ログを構成するUse the Shell to configure connectivity logging

接続ログを構成するには、次のコマンドを実行します。To configure connectivity logging, run the following command:

<Set-TransportService | Set-MailboxTransportService | Set-FrontEndTransportService> <ServerIdentity> -ConnectivityLogEnabled <$true | $false> -ConnectivityLogMaxAge <dd.hh:mm:ss> -ConnectivityLogMaxDirectorySize <Size> -ConnectivityLogMaxFileSize <Size> -ConnectivityLogPath <LocalFilePath>

この例では、メールボックス サーバー Mailbox01 のトランスポート サービスに以下のように接続ログを設定します。This example sets the following connectivity log settings in the Transport service on the Mailbox server named Mailbox01:

  • 接続ログファイルの場所を D:\ハブ接続ログに設定します。Sets the location of the connectivity log files to D:\Hub Connectivity Log. フォルダーが存在しない場合は、新たに作成されます。Note that if the folder doesn't exist, it will be created for you.

  • 接続ログ ファイルの最大サイズを 20 MB に設定します。Sets the maximum size of a connectivity log file to 20 MB.

  • 接続ログ ディレクトリの最大サイズを 1.5 GB に設定します。Sets the maximum size of the connectivity log directory to 1.5 GB.

  • 接続ログ ファイルの最大保存期間を 45 日に設定します。Sets the maximum age of a connectivity log file to 45 days.

Set-TransportService Mailbox01 -ConnectivityLogPath "D:\Hub Connectivity Log" -ConnectivityLogMaxFileSize 20MB -ConnectivityLogMaxDirectorySize 1.5GB -ConnectivityLogMaxAge 45.00:00:00

注意

  • メールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスの接続ログ設定を構成するには、 set-mailboxtransportserviceコマンドレットを使用します。To configure the connectivity log settings in the Mailbox Transport service on a Mailbox server, use the Set-MailboxTransportService cmdlet. クライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスの接続ログ設定を構成するには、 Set-FrontEndTransportServiceコマンドレットを使用します。To configure the connectivity log settings in the Front End Transport service on a Client Access server, use the Set-FrontEndTransportService cmdlet.

  • ConnectivityLogPathパラメーターを値$nullに設定すると、接続ログが事実上無効になります。Setting the ConnectivityLogPath parameter to the value $null, effectively disables connectivity logging. ただし、 ConnectivityLogEnabledパラメーターの値が$trueの場合は、イベントログエラーが生成されます。However, if the value of the ConnectivityLogEnabled parameter is $true, event log errors are generated.

  • ConnectivityLogMaxAgeパラメーターを値00:00:00に設定すると、接続ログファイルが保存期間によって自動的に削除されることがなくなります。Setting the ConnectivityLogMaxAge parameter to the value 00:00:00 prevents the automatic removal of connectivity log files because of their age.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

接続ログが正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured connectivity logging, do the following:

  1. シェルで、次のコマンドを実行します。In the Shell, run the following command:

    <Get-TransportService | Get-FrontEndTransportService | Get-MailboxTransportService> <ServerIdentity> | Format-List ConnectivityLog*
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the values displayed are the values you configured.