削除済みアイテムの保存期間と回復可能なアイテムのクォータを構成するConfigure Deleted Item retention and Recoverable Items quotas

に適用されます: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

ユーザーは、削除、shift キーを押しながら削除、または空の削除済みアイテム フォルダーのアクションを使用して既定の削除済みアイテム フォルダーから項目を削除、項目に移動、回復可能な項目\削除フォルダー。期間、メールボックス データベースまたはメールボックスに対して構成されている削除済みアイテムの保存期間の設定に基づく削除済みアイテムがこのフォルダーに残ります。14 日間は、削除済みアイテムを保持するのには既定では、メールボックス データベースが構成されているし、クォータおよび回復可能なアイテムのクォータの警告、回復可能な項目は、20 ギガバイト (GB) に設定されて、30 GB のそれぞれ。When a user deletes items from the Deleted Items default folder by using the Delete, Shift+Delete, or Empty Deleted Items Folder actions, the items are moved to the Recoverable Items\Deletions folder. The duration that deleted items remain in this folder is based on the deleted item retention settings configured for the mailbox database or the mailbox. By default, a mailbox database is configured to retain deleted items for 14 days, and the recoverable items warning quota and recoverable items quota are set to 20 gigabytes (GB) and 30 GB respectively.

注意

アイテムが経過すると、Microsoft Outlook と Microsoft Office の削除の保存期間の前に Outlook Web App のユーザーは削除済みアイテムの回復機能を使用して削除済みアイテムを回復することができます。これらの機能の詳細については、 OutlookまたはOutlook Web Appの「削除済みアイテムの回復」のトピックを参照してください。Before the retention time for deleted items elapses, Microsoft Outlook and Microsoft Office Outlook Web App users can recover deleted items by using the Recover Deleted Items feature. To learn more about these features, see the "Recover deleted items" topic for Outlook or Outlook Web App.

シェルを使用して、メールボックスまたはメールボックス データベースに対し、削除済みアイテムの保存期間の設定と回復可能なアイテムのクオータを構成することができます。メールボックスがインプレース保持または訴訟ホールドの対象となっている場合、削除済みアイテムの保存期間設定は無視されます。You can use the Shell to configure deleted item retention settings and recoverable items quotas for a mailbox or mailbox database. Deleted item retention settings are ignored when a mailbox is placed on In-Place Hold or litigation hold.

削除済みアイテムの保存期間、[回復可能なアイテム] フォルダー、インプレース保持および訴訟ホールドの詳細については、「[回復可能なアイテム] フォルダー」を参照してください。To learn more about deleted item retention, the Recoverable Items folder, In-Place Hold, and litigation hold, see Recoverable Items folder.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

ヒント

問題が発生しますか。Exchange フォーラムでヘルプを表示するとします。Exchange ServerExchange のオンライン、またはExchange のオンライン保護フォーラムを参照してください。Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at Exchange Server, Exchange Online, or Exchange Online Protection.

必要な作業What do you want to do?

削除済みアイテムの保存期間をメールボックス用に構成するConfigure deleted item retention for a mailbox

EAC を使用してメールボックスの削除済みアイテムの保存期間を構成するUse the EAC to configure deleted item retention for a mailbox

  1. [受信者] > [メールボックス] に移動します。Navigate to Recipients > Mailboxes.

  2. リスト ビューで、メールボックスを選択して(images/JJ218640.6f53ccb2-1f13-4c02-bea0-30690e6ea71d(EXCHG.150).gif "アイコンを編集する")編集![のアイコンを編集]] をクリックします。In the list view, select a mailbox, and then click Edit Edit icon.

  3. メールボックス プロパティ ページで、 [メールボックスの使用状況] をクリックし、次に [追加オプション] をクリックして、次のいずれかを選択しますOn the mailbox property page, click Mailbox usage, click More options, and then select one of the following

    • メールボックス データベースの既定の保存期間の設定を使用します。 メールボックス データベースに対して構成されている削除済みアイテムの保持設定を使用するのにには、この設定を使用します。Use the default retention settings from the mailbox database Use this setting to use the deleted item retention setting that’s configured for the mailbox database.

    • このメールボックスの設定をカスタマイズします。 この設定を使用すると、メールボックスの削除済みアイテムの保存期間の設定を構成できます。Customize the settings for this mailbox Use this setting to configure deleted item retention settings for the mailbox.

      削除済みアイテム (日) このボックスを表示する前に完全に削除しているユーザーによって回復できない項目を削除する時間の長さが保持されます。メールボックスが作成されると、この値は、メールボックス データベースに対して構成されている削除済みアイテムの保存期間の設定に基づいています。既定では、14 日の削除済みアイテムを保持するメールボックス データベースが構成されています。このプロパティの値の範囲は、0 から 24,855 日までです。Keep deleted items for (days) This box displays the length of time that deleted items are retained before they’re permanently deleted and can’t be recovered by the user. When the mailbox is created, this value is based on the deleted item retention settings configured for the mailbox database. By default, a mailbox database is configured to retain deleted items for 14 days. The value range for this property is from 0 through 24,855 days.

    • データベースがバックアップされるまで、アイテムを削除しません。 メールボックスと、メールボックスが存在するメールボックス データベースがバックアップされた後にするまで削除されてからのメッセージを電子メールで送信するには、このチェック ボックスを選択します。Don’t permanently delete items until the database is backed up Select this check box to prevent mailboxes and email messages from being deleted until after the mailbox database on which the mailbox is located has been backed up.

シェルを使用してメールボックスの削除済みアイテムの保存期間を構成するUse the Shell to configure deleted item retention for a mailbox

この例では、April Stewart のメールボックスの削除済みアイテムを 30 日間保存するように構成します。This example configures April Stewart's mailbox to retain deleted items for 30 days.

Set-Mailbox -Identity - "April Stewart" -RetainDeletedItemsFor 30

構文およびパラメーターの詳細については、「Set-Mailbox」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Set-Mailbox.

シェルを使用してメールボックスの回復可能なアイテムのクォータを構成するUse the Shell to configure recoverable items quotas for a mailbox

注意

EAC を使用してメールボックスの回復可能なアイテムのクォータを構成することはできません。You can't use the EAC to configure recoverable items quotas for a mailbox.

この例では、April Stewart のメールボックスの回復可能なアイテムの警告クォータを 12 GB に、回復可能なアイテムのクォータを 15 GB に構成します。This example configures a recoverable items warning quota of 12 GB and a recoverable items quota of 15 GB for April Stewart's mailbox.

    Set-Mailbox -Identity "April Stewart" -RecoverableItemsWarningQuota 12GB -RecoverableItemsQuota 15GB -UseDatabaseQuotaDefaults $false

注意

メールボックス データベースが置かれているよりも別の回復可能な項目のクォータを使用するメールボックスを構成するUseDatabaseQuotaDefaultsパラメーターを設定する必要があります$falseTo configure a mailbox to use different recoverable items quotas than the mailbox database in which it resides, you must set the UseDatabaseQuotaDefaults parameter to $false.

構文およびパラメーターの詳細については、「Set-Mailbox」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Set-Mailbox.

シェルを使用してメールボックス データベースの削除済みアイテムの保存期間を構成するUse the Shell to configure deleted item retention for a mailbox database

注意

EAC を使用してメールボックス データベースの削除済みアイテムの保存期間を構成することはできません。You can't use the EAC to configure deleted item retention for a mailbox database.

この例では、メールボックス データベース MDB2 の削除済みアイテムの保存期間を 10 日間に構成します。This example configures a deleted item retention period of 10 days for the mailbox database MDB2.

Set-MailboxDatabase -Identity MDB2 -DeletedItemRetention 10

構文およびパラメーターの詳細については、「Set-MailboxDatabase」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Set-MailboxDatabase.

シェルを使用してメールボックス データベースの回復可能なアイテムのクォータを構成するUse the Shell to configure recoverable items quotas for a mailbox database

注意

EAC を使用してメールボックス データベースの回復可能なアイテムのクォータを構成することはできません。You can't use the EAC to configure recoverable items quotas for a mailbox database

この例では、メールボックス データベース MDB2 の回復可能なアイテムの警告クォータを 15 GB に、回復可能なアイテムのクォータを 20 GB に構成します。This example configures a recoverable items warning quota of 15 GB and a recoverable items quota of 20 GB on mailbox database MDB2.

Set-MailboxDatabase -Identity MDB2 -RecoverableItemsWarningQuota 15GB -RecoverableItemsQuota 20GB

構文およびパラメーターの詳細については、「Set-MailboxDatabase」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Set-MailboxDatabase.