パイプライン トレースを構成するConfigure pipeline tracing

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

パイプライン トレースでは、メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバーのトランスポート サービスまたはメールボックス トランスポート サービスでトランスポート パイプラインを通過した電子メール メッセージがコピーされます。Pipeline tracing captures copies of email messages as they move through the transport pipeline in the Transport service or the Mailbox Transport service on Mailbox server and on Edge Transport servers.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • この手順の予想所要時間:15 分Estimated time to complete this procedure: 15 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「メール フローのアクセス許可」の「トランスポート サービス」および「メールボックス トランスポート サービス」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the"Transport Service" and "Mailbox Transport Service" entries in the Mail flow permissions topic.

  • この手順を実行するには、シェルを使用する必要があります。You can only use the Shell to perform this procedure.

  • パイプライン トレースでは、送信者の電子メール アドレスから送信された電子メール メッセージの内容が完全にコピーされます。機密情報の不要な公開を防ぐには、パイプライン トレース フォルダーの場所に対して、適切なセキュリティのアクセス許可を設定する必要があります。Pipeline tracing copies the complete contents of email messages that are sent from the sender's email address. To avoid unwanted exposure of confidential information, you need to set appropriate security permissions on the location of the pipeline tracing folder.

  • パイプライン トレースを長時間にわたって有効にしないでください。パイプライン トレースでは、短時間で蓄積する複数のメッセージ スナップショット ファイルが作成されます。パイプライン トレースを有効にしている場合は、使用可能なディスクの空き領域を常に監視してください。Don't enable pipeline tracing for long periods of time. Pipeline tracing creates multiple message snapshot files that accumulate quickly. Always monitor available disk space when pipeline tracing is enabled.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

パイプライン トレースを有効化および構成するEnable and configure pipeline tracing

手順 1:シェルを使用して、パイプライン トレース送信者アドレスを構成するStep 1: Use the Shell to configure the pipeline tracing sender address

次の構文を使用して、パイプライン トレース送信者のアドレスを構成します。Use the following syntax to configure the pipeline tracing sender address.

<Set-TransportService | Set-MailboxTransportService> <ServerIdentity> -PipelineTracingSenderAddress <SMTPAddress | "<>">

この例では、Mailbox01 というメールボックス サーバーのトランスポート サービスで送信者 chris@contoso.com が送信したすべてのメッセージのスナップショットをキャプチャするようにパイプライン トレースを構成します。This example configures pipeline tracing to capture snapshots of all messages sent by the sender chris@contoso.com in the Transport service on the Mailbox server named Mailbox01.

Set-TransportService Mailbox01 -PipelineTracingSenderAddress chris@contoso.com

この例では、Mailbox02 というメールボックス サーバーのトランスポート サービスが受信したすべてのシステム生成メッセージのスナップショットをキャプチャするようにパイプライン トレースを構成します。This example configures pipeline tracing to capture snapshots of all the system-generated messages received by the Transport service on the Mailbox server named Mailbox02.

Set-TransportService Mailbox02 -PipelineTracingSenderAddress "<>"

警告

トランスポート サービスですべてのサーバー生成メッセージをキャプチャするようにパイプライン トレースを構成すると、サーバーに大きな負荷がかかり、使用可能ディスク領域がすぐに消費されることがあります。パイプライン トレースを有効にしている場合は、使用可能なディスクの空き領域を常に監視してください。Configuring pipeline tracing to capture all server-generated messages in a transport service may place a significant load on the server and may quickly consume available disk space. Always monitor available disk space when pipeline tracing is enabled.

手順 2:(省略可能) シェルを使用して、カスタム パイプライン トレース フォルダーを指定するStep 2: (Optional) Use the Shell to specify a custom pipeline tracing folder

パイプライントレースを有効にしてから、 PipelineTracingSenderAddressパラメーターを使用して指定した条件を満たすメッセージがサーバー上のトランスポートサービスを通過するまで、既定のパイプライントレースフォルダーは存在しません。The default pipeline tracing folder doesn't exist until after you enable pipeline tracing, and messages that meet the criteria you specify using the PipelineTracingSenderAddress parameter flow through the transport service on the server. メールボックスサーバー上のトランスポートサービスの場合、既定の場所%ExchangeInstallPath%TransportRoles\Logs\Hub\PipelineTracingはです。For the Transport service on a Mailbox server, the default location is %ExchangeInstallPath%TransportRoles\Logs\Hub\PipelineTracing. メールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスの場合、既定の%ExchangeInstallPath%TransportRoles\Logs\Mailbox\PipelineTracing場所はです。For the Mailbox Transport service on a Mailbox server, the default location is %ExchangeInstallPath%TransportRoles\Logs\Mailbox\PipelineTracing. カスタム パスを指定する場合は、そのパスがローカルの Exchange サーバー上に存在する必要があります。If you specify a custom path, the path must be on the local Exchange server.

次の構文を使用して、パイプライン トレース フォルダーを構成します。Use the following syntax to configure the pipeline tracing folder.

<Set-TransportService | Set-MailboxTransportService> <ServerIdentity> -PipelineTracingPath <LocalFilePath>

この例では、Mailbox01 という名前のメールボックスサーバー上のトランスポートサービスのパイプライントレース\フォルダー\を D: ハブパイプライントレースに設定します。This example sets the pipeline tracing folder for the Transport service on the Mailbox server named Mailbox01 to D:\Hub\Pipeline Tracing.

Set-TransportService Mailbox01 -PipelineTracingPath "D:\Hub\Pipeline Tracing"

手順 3:シェルを使用してパイプライン トレースを有効にするStep 3: Use the Shell to enable pipeline tracing

既定では、すべての Exchange サーバーでパイプライン トレースが無効になっています。パイプライン トレースを有効にするときは、指定した Exchange サーバーの指定トランスポート サービスのみでパイプライン トレースを有効にします。パイプライン トレースを有効にする前に、手順 1 で説明したとおりに送信者アドレスを指定してください。By default, pipeline tracing is disabled on all Exchange servers. When you enable pipeline tracing, you are enabling pipeline tracing in the specified transport service on the specified Exchange server only. Before you enable pipeline tracing, you need to specify the sender address as described in Step 1.

次の構文を使用してパイプライン トレースを有効にします。Use the following syntax to enable pipeline tracing.

<Set-TransportService | Set-MailboxTransportService> <ServerIdentity> -PipelineTracingEnabled $true

この例では、Mailbox01 というメールボックス サーバーのトランスポート サービスでパイプライン トレースを有効にします。This example enables pipeline tracing in the Transport service on the Mailbox server named Mailbox01.

Set-TransportService Mailbox01 -PipelineTracingEnabled $true

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

パイプライン トレースが正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured pipeline tracing, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    <Get-TransportService | Get-MailboxTransportService> <ServerIdentity> | Format-List PipelineTracing*
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the values displayed are the values you configured.

  3. トランスポート サービスまたはメールボックス トランスポート サービスのパイプライン トレース フォルダーを確認し、メッセージのスナップショット ファイルがそのフォルダーで作成されていることを確認します。Check the pipeline tracing folder for the Transport service or the Mailbox Transport service, and verify message snapshot files are being created in the folder.

パイプライン トレースを無効にするDisable pipeline tracing

ディスク領域とセキュリティの問題が懸念されるため、パイプライン トレースは診断やトラブルシューティングを目的とした一時的な操作となっています。パイプライン トレースを有効にした場合は、作業が終了した時点で必ず無効にしてください。Because of the disk space and security concerns associated with pipeline tracing, pipeline tracing is a temporary action for diagnostic or troubleshooting purposes. Whenever you enable pipeline tracing, always remember to disable it when you are finished.

次の構文を使用してパイプライン トレースを無効にします。Use the following syntax to disable pipeline tracing.

<Set-TransportService | Set-MailboxTransportService> <ServerIdentity> -PipelineTracingEnabled $false

この例では、Mailbox01 というメールボックス サーバーのトランスポート サービスでパイプライン トレースを無効にします。This example disables pipeline tracing in the Transport service on the Mailbox server named Mailbox01.

Set-TransportService Mailbox01 -PipelineTracingEnabled $false

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

パイプライン トレースが正常に無効になったことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully disabled pipeline tracing, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    <Get-TransportService | Get-MailboxTransportService> <ServerIdentity> | Format-List PipelineTracingEnabled
    
  2. PipelineTracingEnabledパラメーターの値が $false かどうかを確認します。Verify the value of the PipelineTracingEnabled parameter is $false.

  3. パイプライン トレース フォルダーを確認し、メッセージのスナップショット ファイルがフォルダーで作成されなくなったことを確認します。Check the pipeline tracing folder, and verify message snapshot files are no longer being created in the folder.