プロトコル ログ出力を構成するConfigure protocol logging

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

プロトコルログは、送信コネクタと受信コネクタ上でメッセージ配信の一部として発生する SMTP 通信を記録します。Protocol logging records the SMTP conversations that occur on Send Connectors and Receive connectors as part of message delivery.

事前に必要な知識What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間: 15 分Estimated time to complete: 15 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「メール フローのアクセス許可」の「Transport Service (トランスポート サービス)」、「Front End Transport service (フロント エンド トランスポート サービス)」、「Mailbox Transport service (メールボックス トランスポート サービス)」、「Receive connectors (受信コネクタ)」、および「Send connectors (送信コネクタ)」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Transport Service", "Front End Transport service", "Mailbox Transport service", "Receive connectors" and "Send connectors" entries in the Mail flow permissions topic.

  • Exchange 管理センター (EAC) を使用して、メールボックスサーバー上のトランスポートサービスでの送信コネクタおよび受信コネクタのプロトコルログ出力を有効または無効にしたり、クライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスの受信コネクタを有効または無効にしたりすることができます。You can use the Exchange admin center (EAC) to enable or disable protocol logging for Send connectors and Receive connectors in the Transport service on Mailbox servers, and for Receive connectors in the Front End Transport service on Client Access servers. EAC を使用して、トランスポート サービス専用のプロトコル ログのパスを構成することもできます。You can also use the EAC to configure the protocol log paths for the Transport service only. 他のすべてのプロトコルログ出力オプションでは、シェルを使用する必要があります。For all other protocol logging options, you need to use the Shell.

  • 各コネクタでプロトコルログ出力が有効または無効になります。Protocol logging is enabled or disabled on each individual connector. Exchange サーバー上のすべての受信コネクタは、同じプロトコルログファイルとプロトコルログオプションを共有します。All the Receive connectors on the Exchange server share the same protocol log files and protocol log options. これらのプロトコルログ設定は、同じサーバー上の送信コネクタプロトコルログファイルとプロトコルログオプションとは別のものです。These protocol log settings are separate from the Send connector protocol log files and protocol log options that are on the same server.

  • UNRESOLVED_TOKENBLOCK_VAL(警告_登録済みのエッジ サーバーではこれを実行しないでください)Don't perform this procedure on an Edge Transport server that has been subscribed to the Exchange organization by using EdgeSync. Instead, make the changes in the Transport service on the Mailbox server. The changes are then replicated to the Edge Transport server next time EdgeSync synchronization occurs.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

EAC を使用してプロトコル ログを構成するUse the EAC to configure protocol logging

EAC を使用して、メールボックスサーバー上のトランスポートサービス、またはクライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスの受信コネクタで、送信コネクタまたは受信コネクタのプロトコルログ出力を有効または無効にするには、次の手順を実行します。To use the EAC to enable or disable protocol logging on a Send connector or a Receive connector in the Transport service on a Mailbox server, or on a Receive connector in the Front End Transport service on a Client Access server, do the following:

  1. EAC で、[メールフロー > ] [送信コネクタ] または [メールフロー > 受信コネクタ] に移動します。In the EAC, navigate to Mail flow > Send connectors or Mail flow > Receive connectors.

  2. 構成するコネクタを選択し、 [編集] 編集アイコン をクリックします。Select the connector you want to configure, and then click Edit Edit icon.

  3. [プロトコルのログ出力レベル] セクションの [全般] タブで、次のいずれかのオプションを選択します。On the General tab in the Protocol logging level section, select one of the following options:

    • None: コネクタ上でプロトコルログ出力が無効になります。None: Protocol logging disabled on the connector.

    • Verbose: コネクタ上でプロトコルログ出力が有効になっています。Verbose: Protocol logging is enabled on the connector.

    完了したら、[ Save] をクリックします。When you are finished, click Save.

EAC を使用して、メールボックスサーバー上のトランスポートサービスの送信コネクタと受信コネクタのプロトコルログパスを構成するには、次の手順を実行します。To use the EAC to configure the protocol log paths for the Send connectors and Receive connectors in the Transport service on a Mailbox server, do the following:

  1. EAC で [サーバー] > [サーバー] に移動します。In the EAC, navigate to Servers > Servers.

  2. 構成するメールボックス サーバーを選択し、 [編集] 編集アイコン をクリックします。Select the Mailbox server you want to configure, and then click Edit Edit icon.

  3. サーバーのプロパティ ページで、 [トランスポート ログ] をクリックします。On the server properties page, click Transport logs.

  4. [プロトコルログ] セクションで、次のいずれかの設定を変更します。In the Protocol log section, change any of the following settings:

    • 送信プロトコルログのパス: 指定する値は、ローカルの Exchange サーバー上にある必要があります。Send protocol log path: The value you specify must be on the local Exchange server. フォルダーが存在しない場合は、[保存] をクリックしたときに作成されます。If the folder doesn't exist, it will be created for you when you click Save.

    • 受信プロトコルログのパス: 指定する値は、ローカルの Exchange サーバー上にある必要があります。Receive protocol log path: The value you specify must be on the local Exchange server. フォルダーが存在しない場合は、[保存] をクリックしたときに作成されます。If the folder doesn't exist, it will be created for you when you click Save.

    完了したら、[Save] をクリックします。When you are finished, click Save.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

EAC を使用してプロトコルログ設定を正しく構成したことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully used the EAC to configure the protocol log settings, do the following:

  1. 送信コネクタまたは受信コネクタのプロトコルログに指定した場所を参照します。Browse to the location you specified for the Send connector or the Receive connector protocol logs.

  2. プロトコルログ出力を有効にした場合は、ログファイルが作成されていることを確認します。If you enabled protocol logging, verify a log file is created. プロトコルのログ出力を無効にした場合は、最新のログファイルが更新されていないことを確認してください。If you disabled protocol logging, verify the latest log file is no longer being updated.

シェルを使用して、送信コネクタまたは受信コネクタのプロトコルログ出力を有効または無効にするUse the Shell to enable or disable protocol logging on a Send connector or a Receive connector

送信コネクタまたは受信コネクタのプロトコルログ出力を有効または無効にするには、次のコマンドを実行します。To enable or disable protocol logging on a Send connector or a Receive connector, run the following command:

<Set-SendConnector |Set-ReceiveConnector> <ConnectorIdentity> -ProtocolLoggingLevel <Verbose | None>

この例では、Contoso.com からの接続という名前の受信コネクタのプロトコルログ出力を有効にします。This example enables protocol logging for the Receive connector named Connection from Contoso.com.

Set-ReceiveConnector "Connection from Contoso.com" -ProtocolLoggingLevel Verbose

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

プロトコルログ出力が正常に有効または無効にされたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully enabled or disabled protocol logging, do the following:

  1. シェルで、次のコマンドを実行します。In the Shell, run the following command:

    <Get-SendConnector |Get-ReceiveConnector> | Format-List Name,ProtocolLoggingLevel
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the values displayed are the values you configured.

シェルを使用して、組織内の送信コネクタでのプロトコルログ出力を有効または無効にするUse the Shell to enable or disable protocol logging on the intra-organization Send connector

メールボックスサーバー上のトランスポートサービスおよびクライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスに存在する、暗黙的で不可視の組織内送信コネクタ上でのプロトコルログ出力を有効または無効にするには、次のコマンドを実行します。To enable or disable protocol logging on the implicit and invisible intra-organization Send connector that exists in the Transport service on a Mailbox server and in the Front End Transport service on a Client Access server, run the following command:

<Set-TransportService | Set-FrontEndTransportService> -IntraOrgConnectorProtocolLoggingLevel <Verbose | None>

この例では、Mailbox01 という名前のメールボックスサーバー上のトランスポートサービスの組織内送信コネクタでのプロトコルログ出力を有効にします。This example enables protocol logging on the intra-organization Send connector in the Transport service on a Mailbox server named Mailbox01.

Set-TransportService Mailbox01 -IntraOrgConnectorProtocolLoggingLevel Verbose

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

組織内の送信コネクタでのプロトコルログ出力が正常に有効または無効にされたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully enabled or disabled protocol logging on the intra-org Send connector, do the following:

  1. シェルで、次のコマンドを実行します。In the Shell, run the following command:

    <Get-TransportService | Get-FrontEndTransportService> <ServerIdentity> | Format-List IntraOrgConnectorProtocolLoggingLevel
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the value displayed is the value you configured.

シェルを使用してメールボックス配信送信コネクタのプロトコルログ出力を有効または無効にするUse the Shell to enable or disable protocol logging on the mailbox delivery Send connector

メールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスに存在する暗黙的な非表示のメールボックス配信送信コネクタ上でのプロトコルログ出力を有効または無効にするには、次のコマンドを実行します。To enable or disable protocol logging on the implicit and invisible mailbox delivery Send connector that exists in the Mailbox Transport service on a Mailbox server, run the following command:

Set-MailboxTransportService -MailboxDeliveryConnectorProtocolLoggingLevel <Verbose | None>

この例では、Mailbox01 という名前のメールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスのメールボックス配信の受信コネクタで、プロトコルログ出力を有効にします。This example enables protocol logging on the mailbox delivery Receive connector in the Mailbox Transport service on a Mailbox server named Mailbox01.

Set-MailboxTransportService Mailbox01 -MailboxDeliveryConnectorProtocolLoggingLevel Verbose

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

メールボックス配信コネクタでプロトコルログ出力が正常に有効または無効にされたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully enabled or disabled protocol logging on the mailbox delivery connector, do the following:

  1. シェルで、次のコマンドを実行します。In the Shell, run the following command:

    Get-MailboxTransportService <ServerIdentity> | Format-List MailboxDeliveryConnectorProtocolLoggingLevel
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the value displayed is the value you configured.

シェルを使用してプロトコルログ出力設定を構成するUse the Shell to configure protocol logging settings

プロトコルログ設定を構成するには、次のコマンドを実行します。To configure the protocol log settings, run the following command:

<Set-TransportService | Set-MailboxTransportService | Set-FrontEndTransportService> <ServerIdentity> -ReceiveProtocolLogPath <LocalFilePath> -SendProtocolLogPath <LocalFilePath> -ReceiveProtocolLogMaxFileSize <Size> -SendProtocolLogMaxFileSize <Size> -ReceiveProtocolLogMaxDirectorySize <Size> -SendProtocolLogMaxDirectorySize <Size> -ReceiveProtocolLogMaxAge <dd.hh:mm:ss> -SendProtocolLogMaxAge <dd.hh:mm:ss>

この例では、Mailbox01 という名前のメールボックスサーバー上のトランスポートサービスで次のプロトコルログ設定を設定します。This example sets the following protocol log settings in the Transport service on the Mailbox server named Mailbox01:

  • すべての受信コネクタのプロトコルログの場所を D に\設定します。ハブ受信 smtp ログおよびすべての送信コネクタ\プロトコルログを d: hub 送信 smtp ログに設定します。Sets the location of all Receive connector protocol logs to D:\Hub Receive SMTP Log and all Send connector protocol logs to D:\Hub Send SMTP Log. フォルダーが存在しない場合は、新たに作成されます。Note that if the folder doesn't exist, it will be created for you.

  • 受信コネクタのプロトコルログファイルおよび送信コネクタのプロトコルログファイルの最大サイズを 20 MB に設定します。Sets the maximum size of a Receive connector protocol log file and a Send connector protocol log file to 20 MB.

  • 受信コネクタのプロトコルログフォルダーおよび送信コネクタのプロトコルログフォルダーの最大サイズを 400 MB に設定します。Sets the maximum size of the Receive connector protocol log folder and the Send connector protocol log folder to 400 MB.

  • 受信コネクタのプロトコルログファイルおよび送信コネクタのプロトコルログファイルの最大保存期間を45日に設定します。Sets the maximum age of a Receive connector protocol log file and a Send Connector protocol log file to 45 days.

Set-TransportService Mailbox01 -ReceiveProtocolLogPath "D:\Hub Receive SMTP Log" -SendProtocolLogPath "D:\Hub Send SMTP Log" -ReceiveProtocolLogMaxFileSize 20MB -SendProtocolLogMaxFileSize 20MB -ReceiveProtocolLogMaxDirectorySize 400MB -SendProtocolLogMaxDirectorySize 400MB -ReceiveProtocolLogMaxAge 45.00:00:00 -SendProtocolLogMaxAge 45.00:00:00

注意

  • メールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスのプロトコルログ設定を構成するには、 set-mailboxtransportserviceコマンドレットを使用します。To configure the protocol log settings in the Mailbox Transport service on a Mailbox server, use the Set-MailboxTransportService cmdlet. クライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスのプロトコルログ設定を構成するには、 Set-FrontEndTransportServiceコマンドレットを使用します。To configure the protocol log settings in the Front End Transport service on a Client Access server, use the Set-FrontEndTransportService cmdlet.

  • SendProtocolLogPathパラメーターまたはReceiveProtocolLogPathパラメーターを値$nullに設定すると、サーバー上のすべての送信コネクタまたはすべての受信コネクタのプロトコルログ出力が事実上無効になります。Setting the SendProtocolLogPath or ReceiveProtocolLogPath parameters to the value $null effectively disables protocol logging for all Send connectors or all Receive connectors on the server. ただし、組織内の送信コネクタまた$nullはメールボックス配信送信コネクタを含む、サーバー上の他のコネクタでプロトコルログ出力が有効になっている場合は、これらのパラメーターのいずれかを設定すると、イベントログエラーが生成されます。However, setting either of these parameters to $null when protocol logging is enabled for any other connectors on the server, including the intra-organization Send connector or the mailbox delivery Send connector, event log errors are generated.

  • Receiveprotocollogmaxageパラメーターまたはsendprotocollogmaxageパラメーターの値00:00:00をに設定すると、プロトコルログファイルが保存期間によって自動的に削除されることがなくなります。Setting the ReceiveProtocolLogMaxAge or SendProtocolLogMaxAge parameters to the value 00:00:00 prevents the automatic removal of protocol log files because of their age.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

プロトコルログ設定が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured the protocol log settings, do the following:

  1. シェルで、次のコマンドを実行します。In the Shell, run the following command:

    <Get-TransportService | Get-MailboxTransportService | Get-FrontEndTransportService> <ServerIdentity> | Format-List SendConnectorProtocolLog*,ReceiveConnectorProtocolLog*
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the values displayed are the values you configured.