ルーティング テーブル ログ出力を構成するConfigure routing table logging

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

ルーティング テーブルのログ記録は、Microsoft Exchange Server 2013 が使用するルーティング テーブルのスナップショットを定期的に記録し、メッセージを宛先にルーティングします。Routing table logging periodically records a snapshot of the routing table used by Microsoft Exchange Server 2013 to route messages to their destinations.

事前に必要な知識What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間: 15 分Estimated time to complete: 15 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「メール フローのアクセス許可」の「トランスポート サービス」および「エッジ トランスポート サーバー」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Transport service" and "Edge Transport server" entries in the Mail flow permissions topic.

  • この手順を実行するには、シェルを使用する必要があります。You can only use the Shell to perform this procedure.

  • ルーティング テーブルの自動再計算の間隔を構成するには、EdgeTransport.exe.config XML アプリケーション構成ファイルを変更します。このファイルに保存した変更は、Microsoft Exchange Transport サービスの再起動後に適用されます。このサービスを再起動すると、サーバー上のメール フローは一時的に中断されます。To configure the time interval for automatic recalculation of the routing table, you modify the EdgeTransport.exe.config XML application configuration file. Changes you save to this file are applied after you restart the Microsoft Exchange Transport service. When you restart this service, mail flow on the server is temporarily interrupted.

  • Exchange XML アプリケーション構成ファイルで行うカスタマイズ済みのサーバーごとの設定 (クライアント アクセス サーバーの web.config ファイルまたはメールボックス サーバーの EdgeTransport.exe.config ファイルなど) は、Exchange 累積更新プログラム (CU) のインストール時に上書きされます。インストール後にサーバーを簡単に再構成できるよう、必ずこの情報を保存しておいてください。これらの設定は、Exchange 累積更新プログラムのインストール後に構成し直す必要があります。Any customized per-server settings you make in Exchange XML application configuration files, for example, web.config files on Client Access servers or the EdgeTransport.exe.config file on Mailbox servers, will be overwritten when you install an Exchange Cumulative Update (CU). Make sure that you save this information so you can easily re-configure your server after the install. You must re-configure these settings after you install an Exchange CU.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用してルーティング テーブルのログ記録を構成するUse the Shell to configure routing table logging

次のコマンドを実行します。Run the following command:

Set-TransportService <ServerIdentity> -RoutingTableLogMaxAge <dd.hh:mm:ss> -RoutingTableLogMaxDirectorySize <Size> -RoutingTableLogPath <LocalFilePath>

この例では、Mailbox01 というメールボックス サーバーで次のようなルーティング テーブルのログ設定を行います。This example sets the following routing table log settings on the Mailbox server named Mailbox01:

  • ルーティングテーブルのログファイルの場所を D:\ルーティングテーブルログに設定します。Sets the location of the routing table log files to D:\Routing Table Log. フォルダーが存在しない場合は、新たに作成されます。Note that if the folder doesn't exist, it will be created for you.

  • ルーティング テーブルのログ フォルダーの最大サイズを 70 MB に設定します。Sets the maximum size of the routing table log folder to 70 MB.

  • ルーティング テーブルのログ ファイルの最大保存期間を 45 日に設定します。Sets the maximum age of a routing table log file to 45 days.

Set-TransportService Mailbox01 -RoutingTableLogPath "D:\Routing Table Log" -RoutingTableLogMaxDirectorySize 70MB -RoutingTableLogMaxAge 45.00:00:00

注意

Routingtablelogmaxageパラメーターを値00:00:00に設定すると、ルーティングテーブルのログファイルが保存期間によって自動的に削除されることがなくなります。Setting the RoutingTableLogMaxAge parameter to the value 00:00:00 prevents the automatic removal of routing table log files because of their age.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

ルーティング テーブルのログ記録が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured routing table logging, do the following:

  1. シェルで、次のコマンドを実行します。In the Shell, run the following command:

    Get-TransportService <ServerIdentity> | Format-List RoutingTableLog*
    
  2. 表示された値が構成した値であることを確認します。Verify the values displayed are the values you configured.

コマンド プロンプトを使用して EdgeTransport.exe.config ファイル内のルーティング テーブルの自動再計算の間隔を構成するUse the Command Prompt to configure the interval for automatic recalculation of the routing table in the EdgeTransport.exe.config file

  1. コマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンドを実行して、EdgeTransport.exe.config アプリケーション構成ファイルをメモ帳で開きます。In a Command prompt window, open the EdgeTransport.exe.config application configuration file in Notepad by running the following command:

    Notepad %ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.config
    
  2. <appSettings>セクションで次のキーを変更します。Modify the following key in the <appSettings> section.

    <add key="RoutingConfigReloadInterval" value="<hh:mm:ss>" />
    

    たとえば、ルーティング テーブルの自動再計算の間隔を 10 時間に変更するには、次の値を使用します。For example, to change the interval for automatic recalculation of the routing table to 10 hours, use the following value:

    <add key="RoutingConfigReloadInterval" value="10:00:00" />
    
  3. 完了したら、EdgeTransport.exe.config ファイルを保存して閉じます。When you are finished, save and close the EdgeTransport.exe.config file.

  4. 次のコマンドを実行して、Microsoft Exchange Transport サービスを再起動します。Restart the Microsoft Exchange Transport service by running the following command:

    net stop MSExchangeTransport && net start MSExchangeTransport
    

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

ルーティング テーブルの自動再計算の間隔が正常に構成されたことを確認するには、ルーティング テーブルのログが指定した間隔中に更新されることを確認します。To verify that you have successfully configured the interval for the automatic recalculation of the routing table, verify the routing table log is updated during the time interval you specified.

以下のいずれかの状況が生じた場合は、RoutingConfigReloadInterval キーで指定されている値より早く、ルーティング テーブルが再計算され、ログ記録されます。Note that the routing table will be recalculated and logged earlier than the value specified by the RoutingConfigReloadInterval key if any of the following conditions occur:

  • ルーティング構成の変更が検出された場合。たとえば、送信コネクタまたは受信コネクタが追加、削除、または変更されたか、6 時間ごとの Kerberos トークンの更新が発生した場合です。A routing configuration change is detected. For example, a Send connector or a Receive connector is added, removed, or modified, or the 6 hour Kerberos token renewal occurs.

  • Microsoft Exchange Transport サービスが開始された場合。The Microsoft Exchange Transport service is started.