接続ログConnectivity logging

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

接続ログは、Exchange サーバー上のトランスポートサービスからメッセージを送信するために使用される送信接続アクティビティを記録します。Connectivity logging records the outbound connection activity that's used to transmit messages from a transport service on the Exchange server. 接続ログの目的は、個々の電子メールメッセージの送信を追跡することではありません。The purpose of the connectivity log isn't to track the transmission of individual email messages. 代わりに、接続ログは送信されるメッセージの数に関係なく、ソースから送信先への接続アクティビティを追跡します。Rather, the connectivity log tracks the connection activity from source to the destination, regardless of how many messages are transmitted. 接続ログは、クライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービス、メールボックスサーバー上のトランスポートサービス、およびメールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスで使用できます。Connectivity logging is available in the Front End Transport service on Client Access servers, the Transport service on Mailbox servers, and the Mailbox Transport service on Mailbox servers. 次の一覧では、接続ログに記録される情報の種類について説明します。The following list describes the type of information recorded in the connectivity log:

  • SourceSource

  • ターゲットDestination

  • DNS 解決情報DNS resolution information

  • 接続エラーに関する詳細情報Detailed information about connection failures

  • メッセージ数と送信バイト数Number of messages and bytes transmitted

すべての接続ログ構成タスクを実行するには、Exchange 管理シェルでset-mailboxtransportserviceコマンドレットとして、Set - transportserviceを使用します。You use the Set-TransportService, Set-FrontEndTransportService and Set-MailboxTransportService cmdlets in the Exchange Management Shell to perform all connectivity log configuration tasks. 接続ログでは、次のオプションを使用できます。The following options are available for the connectivity logs:

  • 接続ログを有効または無効にします。Enable or disable connectivity logging. 既定では有効になっています。The default is enabled.

  • 接続ログファイルの場所を指定します。Specify the location of the connectivity log files.

  • 個々の接続ログファイルの最大サイズを指定します。Specify a maximum size for the individual connectivity log files. 既定のサイズは 10 MB です。The default size is 10 megabytes (MB).

  • 接続ログファイルが格納されているディレクトリの最大サイズを指定します。Specify a maximum size for the directory that contains connectivity log files. 既定のサイズは 1000 MB です。The default size is 1000 MB.

  • 接続ログファイルの最大保存期間を指定します。Specify a maximum age for the connectivity log files. 既定の保存期間は 30 日です。The default age is 30 days.

既定では、Exchange は循環ログを使用して、接続ログファイルが使用するハードディスク容量を制御するために、ファイルサイズとファイルの保存期間に基づいて接続ログを制限します。By default, Exchange uses circular logging to limit the connectivity logs based on file size and file age to help control the hard disk space used by the connectivity log files.

接続ログ ファイルの構造Structure of the connectivity log files

既定では、接続ログファイルは次の場所にあります。By default, the connectivity log files exist in the following locations:

  • トランスポートサービス:% ExchangeInstallPath% transportroles\は\、\ハブ接続をログに記録します。Transport service: %ExchangeInstallPath%TransportRoles\Logs\Hub\Connectivity

  • フロントエンドトランスポートサービス:% ExchangeInstallPath% transportroles\は\フロント\エンド接続をログに記録しますFront End Transport service: %ExchangeInstallPath%TransportRoles\Logs\FrontEnd\Connectivity

  • メールボックストランスポートサービス:% ExchangeInstallPath%\transportroles\は\メールボックス接続をログに記録します。Mailbox Transport service: %ExchangeInstallPath%TransportRoles\Logs\Mailbox\Connectivity

接続ログファイルの名前付け規則は、CONNECTLOGyyymmddです。The naming convention for the connectivity log files is CONNECTLOGyyymmdd-nnnn.log. プレースホルダーは以下の情報を表しています。The placeholders represent the following information:

  • プレースホルダー yyyymmddは、ログファイルが作成された世界協定時刻 (UTC) の日付です。The placeholder yyyymmdd is the Coordinated Universal Time (UTC) date that the log file was created. プレースホルダー yyyy = 年、 mm = 月、 dd = 日。The placeholder yyyy = year, mm = month, and dd = day.

  • プレースホルダー nnnnはインスタンス番号で、各日の値は1から始まります。The placeholder nnnn is an instance number that starts at the value of 1 for each day.

ファイル サイズが指定された最大値に達すると、ログ ファイルに情報を書き込むのをやめ、インスタンス番号を増やした新しいログ ファイルを開きます。Information is written to the log file until the file size reaches its maximum specified value, and a new log file that has an incremented instance number is opened. このプロセスを終日繰り返します。This process is repeated throughout the day. 循環ログは、接続ログディレクトリが指定された最大サイズに達するか、またはログファイルが指定された最大保存期間に達すると、最も古いログファイルを削除します。Circular logging deletes the oldest log files when the connectivity log directory reaches its maximum specified size, or when a log file reaches its maximum specified age.

接続ログ ファイルは、データをコンマ区切りファイル (CSV) 形式で格納するテキスト ファイルです。個々の接続ログ ファイルには、以下の情報を含むヘッダーがあります。The connectivity log files are text files that contain data in the comma-separated value file (CSV) format. Each connectivity log file has a header that contains the following information:

  • Software: 接続ログファイルを作成したソフトウェアの名前です。 ** #**#Software: Name of the software that created the connectivity log file. 通常、値は Microsoft Exchange Server です。Typically, the value is Microsoft Exchange Server.

  • バージョン: 接続ログファイルを作成したソフトウェアのバージョン番号。 ** #**#Version: Version number of the software that created the connectivity log file. 現在、この値は 15.0.0.0 です。Currently, the value is 15.0.0.0.

  • ログの種類: 転送接続ログのログの種類の値。 ** #**#Log-Type: Log type value, which is Transport Connectivity Log.

  • 日付: UTC 日時: ログファイルが作成された日時。 ** #**#Date: UTC date-time when the log file was created. UTC の日時は、ISO 8601 の日付と時刻の形式で表されます: yyyy-mm-ddThh: mm: ssZ ( yyyy = 年、 mm = 月、 dd = 日、T は時間コンポーネントの開始を示し、 hh = 時間、 mm= 分、 ss = 秒、 fff = 秒の小数、Z は、UTC を示すもう1つの方法です。The UTC date-time is represented in the ISO 8601 date-time format: yyyy-mm-ddThh:mm:ss.fffZ, where yyyy = year, mm = month, dd = day, T indicates the beginning of the time component, hh = hour, mm = minute, ss = second, fff = fractions of a second, and Z signifies Zulu, which is another way to denote UTC.

  • フィールド: 接続ログファイルで使用されているフィールド名をコンマで区切ったものです。 ** #**#Fields: Comma delimited field names used in the connectivity log files.

接続ログに書き込まれる情報Information written to the connectivity log

接続ログでは、各送信トランスポートサービス接続イベントが接続ログの1行に格納されます。The connectivity log stores each outbound transport service connection event on a single line in the connectivity log. 各行の情報は、フィールドごとにまとめられています。The information stored on each line is organized by fields. これらのフィールドはコンマで区切られています。These fields are separated by commas. 次の表に、各送信接続イベントの分類に使用されるフィールドを示します。The following table describes the fields used to classify each outgoing connection event.

各接続イベントの分類に使用されるフィールドFields used to classify each connection event

フィールド名Field name 説明Description

date-timedate-time

UTC date-time of the connection event.UTC date-time of the connection event. UTC の日時は、ISO 8601 の日付と時刻の形式で表されます: yyyy-mm-ddThh: mm: ssZ ( yyyy = 年、 mm = 月、 dd = 日、T は時間コンポーネントの開始を示し、 hh = 時間、 mm= 分、 ss = 秒、 fff = 秒の小数、Z は、UTC を示すもう1つの方法です。The UTC date-time is represented in the ISO 8601 date-time format: yyyy-mm-ddThh:mm:ss.fffZ, where yyyy = year, mm = month, dd = day, T indicates the beginning of the time component, hh = hour, mm = minute, ss = second, fff = fractions of a second, and Z signifies Zulu, which is another way to denote UTC.

sessionsession

各 SMTP セッションに対して一意であり、その SMTP セッションに関連付けられた各イベントに共通の GUID。GUID that's unique for each SMTP session but is the same for each event associated with that SMTP session. メールボックストランスポートサービスの MAPI セッションの場合、[セッション] フィールドは空白になります。For MAPI sessions in the Mailbox Transport service, the session field is blank.

sourcesource

Smtp 接続用のsmtp 、メールボックストランスポートサービスがローカルメールボックスデータベースに接続するためのMAPISMTP for SMTP connections, MAPI for Mailbox Transport service connections to the local mailbox database.

destinationdestination

宛先の名前。Name of the destination.

directiondirection

接続の開始、接続中、接続の終了を 1 文字で表したものです。Single character that represents the start, middle, or end of the connection. Direction フィールドに指定できる値は次のとおりです。The possible values for the direction field are as follows:

  • +   結び付ける+   Connect

  • -   切り-   Disconnect

  • >   送信>   Send

説明description

接続イベントに関連付けられているテキスト情報。Text information associated with the connection event. 次の値は、description フィールドの値の例です。The following values are examples of values for the description field:

  • 送信されたメッセージの数とサイズNumber and size of messages that were transmitted

  • 宛先ドメインの DNS MX リソースレコード解決情報DNS MX resource record resolution information for destination domains

  • 送信先メールボックスサーバーの DNS 解決情報DNS resolution information for destination Mailbox servers

  • 接続確立メッセージConnection establishment messages

  • 接続エラーのメッセージConnection failure messages

トランスポートサービスによって宛先への接続が確立されると、トランスポートサービスは1つまたは複数のメッセージを送信するように準備されます。When transport service establishes a connection to a destination, the transport service may be prepared to send one message or several messages. 接続およびメッセージ転送プロセスは、接続ログの複数行に書き込まれた複数のイベントを生成します。The connection and message transmission processes generate multiple events written on multiple lines in the connectivity log. 異なる宛先への同時接続複数の異なる宛先に関連する、インターレースされた接続ログエントリを作成します。Simultaneous connections to different destinations create connectivity log entries related to different destinations that are interlaced. ただし、[日付と時刻]、[セッション]、[ソース]、および [direction] の各フィールドを使用して、各接続の接続ログエントリを開始から終了まで配置することができます。However, you can use the date-time, session, source, and direction fields to arrange the connectivity log entries for each separate connection from start to finish.