送信コネクタを作成し送信電子メールをスマート ホスト経由でルーティングする

製品: Exchange Server 2013

送信メッセージに対してポリシー チェックを実行するネットワーク アプライアンスがあるインスタンスなど、サード パーティのスマート ホストを介して電子メールをルーティングする場合があります。

注意

サード パーティのスマート ホストは、トランスポートに SMTP を使用する必要があります。 使用しない場合は、外部コネクタまたは配信エージェント コネクタを使用する必要があります。

この手順を使用しているシナリオに興味はありますか?次のトピックを参照してください。

事前に必要な知識

  • 予想所要時間: 15 分

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「メール フローのアクセス許可」の「送信コネクタ」。

  • インストールを開始する場合は、「2013 Exchangeの新しいインストールを展開する」を参照してください。 インストールすると、このトピックの手順を使用して送信コネクタを作成できます。

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。

ヒント

問題がある場合は、Exchange のフォーラムで質問してください。次のフォーラム、Exchange Server にアクセスしてください。

EAC を使用して送信コネクタを作成し、送信メールをスマート ホスト経由でルーティングする

  1. EAC で、[メール フロー 送信コネクタ] に > 移動し、[アイコンの追加 ] をクリックします

  2. [新しい 送信コネクタ] ウィザード で、送信コネクタの名前を指定し、[種類] で [ カスタム ] を 選択します。 通常、2013 で実行されていないコンピューターにメッセージをルーティングする場合は、このMicrosoft Exchange Serverします。 [次へ] をクリックします。

  3. [スマート ホスト経由でメールをルーティングする] を選択し、[追加アイコン]クリックします。 [スマート ホスト の追加 ] ウィンドウで、192.168.100.1 などの IP アドレス、または contoso.com などの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。 [保存] をクリックします。

    [ スマート ホスト認証] で、スマート ホストに必要な認証の種類を選択します。 [基本認証] を選択した 場合は、ユーザー名とパスワードを指定する必要があります。

    注意

    [基本認証] を選択した場合は、ユーザー名とパスワードがクリア テキストで送信されるので、暗号化された接続を使用することをお勧めします。

  4. [アドレス 空間] で、[追加アイコン ] をクリックします[ドメインの追加] ウィンドウで、SMTP が [種類] として一覧されていることを確認します。 完全修飾 ドメイン名 (FQDN) の場合は、入力して、この送信コネクタが任意のドメインに送信されるメッセージ * に適用されます。 [保存] をクリックします。

  5. [ソース サーバー] で、[追加]アイコンをクリックします。 [サーバーの 選択] ウィンドウで、 サーバーを選択し、[追加]アイコンをクリックします[OK] をクリックします。

  6. [終了] をクリックします。

送信コネクタを作成すると、送信コネクタリストに送信コネクタが表示されます。

正常な動作を確認する方法

送信メールをスマート ホスト経由でルーティングする送信コネクタが正常に作成されたことを確認するには、組織内のユーザー (Outlook Web App を使用できます) からアドレス空間に指定したドメインにメッセージを 送信 します。 受信者がメッセージを受信すると、送信コネクタが正常に構成されました。

関連情報

インターネットへの電子メール送信に対応した送信コネクタの作成

送信コネクタ