データベースの移植性Database portability

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

データベースの移植性は、Exchange 2013 を実行している同じ組織内の他のメールボックスサーバーに Microsoft Exchange Server 2013 メールボックスデータベースを移動またはマウントできるようにする機能です。同じデータベーススキーマバージョンを持つデータベースがあります。Database portability is a feature that enables a Microsoft Exchange Server 2013 mailbox database to be moved to or mounted on any other Mailbox server in the same organization running Exchange 2013 that has databases with the same database schema version. 以前のバージョンの Exchange からのメールボックスデータベースは、Exchange 2013 を実行しているメールボックスサーバーに移動できません。Mailbox databases from previous versions of Exchange can't be moved to a Mailbox server running Exchange 2013. データベースの移植性を使用すると、回復プロセスでのいくつかのエラーの発生しやすい手動による手順をなくすことで、信頼性が強化されます。By using database portability, reliability is improved by removing several error-prone, manual steps from the recovery processes. また、さまざまな障害のシナリオで、データベースの移植性によって回復時間全体が短縮されます。In addition, database portability reduces the overall recovery times for various failure scenarios.

データベースの移植性を使用してメールボックス データベースを回復する場合は、ソースとターゲットの Exchange サーバー上のオペレーティング システムのバージョンと Exchange Server のバージョンが同じである必要があります。When using database portability to recover a mailbox database, the operating system version and the Exchange Server version on the source and target Exchange servers must be the same. たとえば、以前に Exchange 2013 メールボックス データベースが Windows Server 2012 を実行するサーバーにマウントされていた場合、データベースの移植性は、Windows Server 2012 と Exchange 2013 の両方を実行するサーバーにデータベースを移行する場合にのみ機能します。For example, if an Exchange 2013 mailbox database was previously mounted on a server running Windows Server 2012, database portability will only work when migrating the database to a server also running Windows Server 2012 and Exchange 2013.

データベースの移植性機能を使用してデータベースの回復を実行する方法については、「データベースの移植性を使用してメールボックスデータベースを移動する」を参照してください。For information about how to perform a database recovery using the database portability feature, see Move a mailbox database using database portability.