ハイブリッド展開でオンプレミスの Exchange サーバーを使用停止にする方法とそのタイミングHow and when to decommission your on-premises Exchange servers in a hybrid deployment

Exchange ハイブリッド展開から完全なクラウドの実装に移行する準備ができている場合は、この記事をお読みください。Read this article if you are ready to move from an Exchange hybrid deployment to a full cloud implementation.

会社を Exchange Online に移行するためのより優れた方法の 1 つは、「共存 - 企業向け Office 365 ベータ版」で説明されているハイブリッド展開方法を使用することです。これは、メールボックスを簡単にオンボードおよびオフボードにするための唯一のオプションです (他のすべてのネイティブのオプションはオンボードのみとなります)。オフボードにする機能に加えて、ハイブリッド構成には以下の主要なオプションがあります。One of the more attractive options for getting a company to Exchange Online is to use the hybrid deployment approach described in Exchange Hybrid Deployment and Migration with Office 365. This is the only option that allows you to easily on-board and off-board mailboxes (all other native options are on-board only). In addition to the ability to off-board, a hybrid configuration has the following key options.

このトピックでは、Exchange ハイブリッドを使用停止するオプションと、各オプションを実装するタイミングについて説明します。ハイブリッドの Exchange サーバーを使用停止する方法とタイミングには、さまざまなバリエーションがあります。オンプレミスのサーバーの完全または部分的な使用停止は、時間をかけてその影響を検討し、適切な計画を立てることが重要です。This topic will help you understand the options for decommissioning Exchange hybrid, and when each of those options should be implemented. There are many variances in when and how to decommission Exchange hybrid servers. Taking the time to understand the implications and properly plan the full or partial decommissioning of on-premises servers is important.

  • クロスプレミスの使用可能性。これにより、メールボックスの設置型にかかわらず、会議をスケジューリングする際にユーザーの空き時間情報を参照できます。Cross-premises availability. This allows you to see a user's free/busy information while scheduling a meeting, regardless of their mailbox premises.

  • クロスプレミスのアーカイブ。これにより、お客様はユーザーのアーカイブ メールボックスのみをクラウドに移動できます。これはしばしば、お客様が Office 365、より具体的には Exchange Online を試行する際の最初の手順となります。Cross-premises archive. This allows a customer to move only a user's archive mailbox to the cloud. This is often the first step for customers to try Office 365, and, more specifically, Exchange Online.

  • クロスプレミスの探索サービス。これによりお客様は、両方の施設内でメールボックスおよびアーカイブをクロールする、電子的証拠開示検索を実行できます (このためには OAuth 認証を構成する必要があります)。Cross-premises discovery searches. This allows a customer to perform an e-discovery search that will crawl mailboxes and archives in both premises (this requires you to configure OAuth authentication).

  • Outlook Web App URL のリダイレクト。これにより、Outlook Web App アクセスのために、ユーザーを適切な施設にリダイレクトできます。Outlook Web App URL redirection. This allows for users to be redirected to the proper premises for Outlook Web App access.

  • 移動後にプロファイルを再作成しない。他の移行オプションとは異なり、メールボックスの GUID は変更されません。つまり、メールボックスを移動した後に、プロファイルを再作成したり OST を再びダウンロードしたりする必要はありません。No profile recreation after move. Unlike other migration options, the mailbox GUID doesn't change. This means that you do not have to recreate your profile or re-download the OST after a mailbox move.

組織のニーズによっては、ハイブリッド展開が、最もシームレスなユーザーおよび共存のエクスペリエンスを提供する最良のオプションとなります。Depending on your organization's needs, a hybrid deployment is the best option for providing the most seamless user and coexistence experience.

Exchange Online に移行する他の方法Other methods to migrate to Exchange Online

ハイブリッド展開がすべての場合に適切とは限りません。実際のところ、通常はより良いオプションがあります。ハイブリッド展開を選択したテナントの多くは、50 座未満のものです。ハイブリッド展開は、さまざまな利点が魅力的であっても、複雑さの点で大きな犠牲がともないます。いくつかの小さなテナントはハイブリッド展開の機能を必要としますが、ほとんどのテナントでは、一括移行、段階的移行、または IMAP 移行のいずれかのオプションを使用するほうが、大幅に優れたエクスペリエンスを得られます。使用する移行方法を決定するための、FastTrack と呼ばれるプログラムがあります。FastTrack について詳しくは、Office 365 FastTrack のページを参照してください。A hybrid deployment is not for everyone; in fact there are usually better options. Many of the tenants that have chosen to deploy a hybrid configuration are under fifty seats. While the list of advantages of a hybrid deployment may sound attractive, it comes with a hefty price with regards to complexity. Some of the smaller tenants require the features of a hybrid deployment, but, for most tenants, it would be a much better experience to use either a cutover, staged, or IMAP migration option. There is a program called FastTrack you can use when deciding on the migration approach to take. Information on FastTrack is described on the Office 365 FastTrack page.

次の表を参考にして、組織に適した移行方法を決定してください。Use the following table to decide what type of migration works for your organization. (詳細については、「複数のメールアカウントを Office 365 に移行する方法」を参照してください)。(For more information, see Ways to migrate multiple email accounts to Office 365.)

既存の組織Existing organization 移行するメールボックスの数Number of mailboxes to migrate ユーザー アカウントを社内組織で管理するかどうかDo you want to manage user accounts in your on-premises organization? 移行の種類Migration type
Exchange 2013、Exchange 2010、Exchange 2007、または Exchange 2003Exchange 2013, Exchange 2010, Exchange 2007, or Exchange 2003 メールボックスが 2,000 未満Less than 2,000 mailboxes いいえNo Exchange の一括移行Cutover Exchange migration
Exchange 2007 または Exchange 2003Exchange 2007 or Exchange 2003 メールボックスが 2,000 未満Less than 2,000 mailboxes いいえNo Exchange の段階的移行Staged Exchange migration
Exchange 2007 または Exchange 2003Exchange 2007 or Exchange 2003 メールボックスが 2,000 を超える*More than 2,000 mailboxes* はいYes Exchange の段階的移行または Exchange ハイブリッド展開でのリモート移動移行Staged Exchange migration or remote move migration in an Exchange hybrid deployment
Exchange 2013 または Exchange 2010Exchange 2013 or Exchange 2010 メールボックスが 2,000 を超える*More than 2,000 mailboxes* はいYes Exchange ハイブリッド展開でのリモート移動移行Remote move migration in an Exchange hybrid deployment
Exchange 2000 Server 以前のバージョンExchange 2000 Server or earlier versions 上限なしNo maximum はいYes IMAP 移行IMAP migration
Exchange 以外の社内メッセージング システムNon-Exchange on-premises messaging system 上限なしNo maximum はいYes IMAP 移行IMAP migration

*2,000 未満のメールボックスを持つ一部の組織は、ハイブリッド展開でのみ利用可能な機能を活用できる場合があります。ハイブリッド展開の利点と、それに伴う複雑さとを、慎重に検討することが重要です。2,000 未満のメールボックスを持つお客様には、ハイブリッド展開に進む前に、一括移行や段階的移行を検討することを強くお勧めします。*Some organizations with fewer than 2,000 mailboxes may benefit from features and capabilities that are only available with a hybrid deployment. It's important to carefully consider the benefits of a hybrid deployment with the complexity that introduces. We strongly recommend that customers with fewer than 2,000 mailboxes consider cutover or staged migration before proceeding with a hybrid deployment.

オンプレミスの Exchange サーバーを使用停止したくないと思う理由Why you may not want to decommission Exchange servers from on-premises

ハイブリッド構成を使用するお客様はしばしば、ある期間の経過後に、すべてのメールボックスが Exchange Online に移動されていることに気付きます。この時点で、オンプレミスの Exchange サーバーを除去する決定をする場合があります。しかし、クラウド メールボックスを管理できなくなっていることを知ります。Customers with a hybrid configuration often find after a period of time that all of their mailboxes have been moved to Exchange Online. At this point, they may decide to remove the Exchange servers from on-premises. However, they discover that they can no longer manage their cloud mailboxes.

テナントのディレクトリ同期が有効になって、ユーザーがオンプレミスから同期されるとき、ほとんどの属性は Exchange Online で管理できないので、オンプレミスから管理する必要があります。これはハイブリッド構成が原因ではなく、ディレクトリ同期が原因で生じることです。また、ハイブリッド構成ウィザードを実行しないでディレクトリ同期が設定されている場合でも、クラウドからの受信者タスクの大部分を管理できません。詳しくは、この TechNet ブログを参照してください。When directory synchronization is enabled for a tenant and a user is synchronized from on-premises, most of the attributes cannot be managed from Exchange Online and must be managed from on-premises. This is not due to the hybrid configuration, but it occurs because of directory synchronization. In addition, even if you have directory synchronization in place without running the Hybrid Configuration Wizard, you still cannot manage most of the recipient tasks from the cloud. For more information, see this TechNet blog.

サードパーティ製の管理ツールを使用できるかCan third-party management tools be used?

サードパーティ製の管理ツールや ADSIEDIT を使用できるかどうかという質問が多く寄せられます。The question of whether a third-party management tool or ADSIEDIT can be used is often asked. 使用できますが、サポートされていません、というのが答えです。The answer is you can use them, but they are not supported. Exchange の受信者とオブジェクトを管理するために使用できるツールは、Exchange 管理コンソール、Exchange 管理センター (EAC)、および Exchange 管理シェルのみです。The Exchange Management Console, the Exchange admin center (EAC), and the Exchange Management Shell are the only supported tools that are available to manage Exchange recipients and objects. サードパーティ製の管理ツールの使用は、自己責任で決定してください。If you decide to use third-party management tools, it would be at your own risk. サードパーティ製の管理ツールは、多くの場合正常に機能しますが、Microsoft はそれらのツールを検査していません。Third-party management tools often work fine, but Microsoft does not validate these tools.

一般的なシナリオCommon scenarios

ハイブリッド構成からクラウドに移行することは簡単ではありません。ハイブリッド構成に移行するプロセスについては、それを正常に行えるように、多くの時間をかけて検討してきました。いろいろな問題もありますが、ハイブリッドに移行するという不可能に近い作業を、比較的簡単なウィザードに基づくプロセスにするという、優れた仕事が行われました。It is not simple to move from a hybrid configuration to the cloud. The process for getting into a hybrid configuration is one that we have taken a lot of time to get right. While there are issues, we feel we have done a pretty good job of making the almost impossible task of going hybrid a fairly easy wizard-based process.

しかし、ハイブリッド構成からクラウドのみに移行する方法については、十分に検討されていません。直近の目標によっては、いくらかのガイダンスに従うことにより、このプロセスを比較的簡単に行うことができます。3 つの一般的なハイブリッド シナリオを、お客様の最終目標を適切に実現するための推奨事項とともに、以下に示します。However, we have put little effort into how to get you from a hybrid configuration to the cloud only. Depending on your immediate goals, this process can be fairly simple with some guidance. The following are three common hybrid scenarios along with our recommendation for how to properly achieve the end goal of the customer.

ハイブリッドの顧客層は非常に多様なので、そのすべてを「一般的な」シナリオに合わせようとすることは困難です。オンプレミスの Exchange Server を使用停止するための複数の大まかなシナリオを以下に示します。お客様がこれらのシナリオを参照して使用停止の計画を作成する際は、ニーズに最も適合するシナリオを判別する必要があります。Since the hybrid customer base is very diverse, trying to fit all of them into "common" scenarios is difficult. We attempted to provide some high-level scenarios for on-premises Exchange Server decommissioning below, so as you read through these scenarios and form a plan to decommission, you will need to determine the scenario that best fits your needs.

シナリオ 1Scenario one

問題: 組織がハイブリッド構成で実行されていて、すべてのメールボックスが Exchange Online にあります。ユーザーをオンプレミスから管理する必要はなく、ディレクトリ同期やパスワード同期の必要もなくなりました。Issue: My organization has been running in a hybrid configuration and I have all of my mailboxes in Exchange Online. I do not need to manage my users from on-premises and no longer have a need for directory synchronization or password synchronization.

解決策:すべてのユーザーが Office 365 で管理され、ディレクトリ同期の必要は他に存在しないので、ディレクトリ同期を安全に無効にして、オンプレミスの環境から Exchange を除去できます。Solution: Since all of the users will be managed in Office 365, and there are no additional directory synchronization requirements, you can safely disable directory synchronization and remove Exchange from the on-premises environment.

オンプレミス環境から Exchange を削除する

ディレクトリ同期を無効にして、Exchange ハイブリッドをアンインストールする方法To disable directory synchronization and uninstall Exchange hybrid

  1. Get-OrganizationConfig | Format-List PublicFoldersEnabled実行し、リモートに設定されていないことを確認します。Run Get-OrganizationConfig | Format-List PublicFoldersEnabled and ensure that it is not set to Remote. リモートに設定されており、かつパブリック フォルダーに対するアクセスを続行するのであれば、それらを Exchange Online に移行する必要があります。If it is set to Remote, and the public folders are something you want to continue to access, you would need to migrate them to Exchange Online. 詳細については、「 Use batch migration to migrate legacy public folders to Office 365 and Exchange Online」を参照してください。For more information, see Use batch migration to migrate legacy public folders to Office 365 and Exchange Online.

  2. すべてのメールボックスを Exchange Online に既に移行したのであれば、MX レコードと自動検出 DNS レコードをオンプレミスではなく Exchange Online に指定します。詳しくは、「リファレンス: Office 365 の外部ドメイン ネーム システムのレコード」を参照してください。Assuming that you have already moved all of the mailboxes to Exchange Online, you can point the MX and Autodiscover DNS records to Exchange Online, instead of to on-premises. For more information, see Reference: External Domain Name System records for Office 365.

    重要

    内部と外部の両方の DNS を更新するようにしてください。そうしない場合、クライアントの接続動作の一貫性が失われることがあります。Make sure to update both the internal and external DNS, or you may have inconsistent client connectivity behavior.

  3. 次に、Exchange サーバーのサービス接続ポイント (SCP) の値を削除する必要があります。これにより、SCP が返されなくなり、クライアントは代わりに自動検出の DNS メソッドを使用します。以下に例を示します。Next, you should remove the Service Connection Point (SCP) values on your Exchange servers. This ensures that no SCP's are returned, and the client will instead use the DNS method for Autodiscover. An example is shown below:

    Get-ClientAccessServer | Set-ClientAccessServer -AutoDiscoverServiceInternalUri $Null
    

    注意

    環境内に Exchange 2007 サーバーがある場合、Exchange 2007 サーバーで類似のコマンドを実行して、設定をクリアする必要があります。If you have Exchange 2007 servers in the environment, you will have to run a similar command on your Exchange 2007 servers to null out the settings.

  4. 削除の対象となる、ハイブリッド構成ウィザードによって作成された受信および送信コネクタがあります。これを行うには、次の手順を使用します。There are inbound and outbound connectors created by the Hybrid Configuration Wizard that you will want to delete. Use the following steps to do this:

    1. Office 365 管理ポータル にログインして、テナント管理者としてサインインします。Log in to the Office 365 Admin portal and sign in as the Tenant Administrator.

    2. Select the option to manage Exchange.Select the option to manage Exchange.

    3. [メール フロー] -> [接続] に移動します。Navigate to Mail Flow -> Connection.

    4. ここで、受信および送信コネクタを無効にするか、または削除することができます。下図に示すように、HCW は、 <一意識別子> からの受信<一意識別子> からの送信による、一意の名前空間を使用してコネクタを作成します。You can now disable or delete the inbound and outbound connectors. The HCW creates connectors with unique namespace inbound from <unique identifier> and outbound from <unique identifier> as shown in the graphic below.

      ハイブリッド構成ウィザードによる一意の名前空間のコネクタの作成

  5. ハイブリッド構成ウィザードで作成された組織上の関係を削除します。これを行うには、次の手順を使用します。Remove the organization relationship created by the Hybrid Configuration Wizard. Use the following steps to do this:

    1. Office 365 管理ポータル にログインして、テナント管理者としてサインインします。Log in to the Office 365 Admin portal and sign in as the Tenant Administrator.

    2. Exchange を管理するオプションを選択 します。Select the option to manage Exchange.

    3. [組織] に移動します。Navigate to Organization.

    4. 下図に示すように、 [組織間の共有] の下で、 O365 to On-Premises - <一意識別子> という名前の組織を除去します。Under Organization Sharing, remove the organization named O365 to On-Premises - <unique identifier> as shown in the graphic below.

      ハイブリッド構成ウィザードで作成された組織上の関係を削除します。

  6. OAuth が Exchange ハイブリッド展開用に構成されている場合、オンプレミスと Office 365 の両方でその構成を無効にすることができます。ほとんどの環境で、OAuth が構成されているのはごく一部のお客様だけなので、これらの手順は省略できます。If OAuth is configured for an Exchange hybrid deployment, you will want to disable the configuration from both on-premises and Office 365. In most environments, these steps can be skipped because only a small subset of our customers have OAuth configured.

    オンプレミスの構成を無効にするには、以下のようにします。To disable the on-premises configuration:

    1. Exchange 2013 サーバーから、Exchange 管理シェルを開きます。From an Exchange 2013 server, open the Exchange Management Shell.

    2. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

      Get-IntraorganizationConnector -Identity ExchangeHybridOnPremisesToOnline | Set-IntraOrganizationConnector -Enabled $False
      

    Exchange Online 構成を無効にするには、以下のようにします。To disable the Exchange Online configuration:

    1. Windows PowerShell を Exchange Online に接続します。Connect Windows PowerShell to Exchange Online.

    2. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

      Get-IntraorganizationConnector -Identity ExchangeHybridOnlineToOnPremises | Set-IntraOrganizationConnector -Enabled $False
      

    : _Identity_パラメーターは、ハイブリッド構成ウィザードを使用して OAuth を構成したことを前提としています。Note: The Identity parameter assumes that you used the Hybrid Configuration Wizard to configure OAuth. そうでない場合は、コネクタの ID に指定した値を調整しなければならないことがあります。If this is not the case, you may need to adjust the value you specified for the identity of the connectors.

  7. テナントのディレクトリ同期を無効にします。Disable directory synchronization for your tenants. この手順が完了すると、すべてのユーザー管理作業が Office 365 管理ツールから行われるようになります。When this step is completed, all user management tasks will be done from the Office 365 management tools. これは、Exchange 管理コンソールまたは Exchange 管理センター (EAC) を使用できなくなることを意味します。This means you will no longer use the Exchange Management Console or Exchange admin center (EAC). ディレクトリ同期を無効にする方法について詳しくは、「ディレクトリ同期を非アクティブ化する」を参照してください。For more information on how to disable directory synchronization, see Deactivate directory synchronization.

  8. これで、Exchange をオンプレミスのサーバーから安全にアンインストールできるようになりました。You can now safely uninstall Exchange from the on-premises servers.

シナリオ 2Scenario two

問題:今まで約 1 年間、組織ではハイブリッド構成を実行してきましたが、ついに最後のメールボックスがクラウドに移動されました。Exchange Online メールボックスのユーザー認証用に、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) を維持する予定です。(このシナリオは、ディレクトリ同期を維持する予定のすべてのお客様に適用されます)。Issue: My organization has been running in a hybrid configuration for about a year now and have finally moved my last mailbox to the cloud. I plan to keep Active Directory Federation Services (AD FS) for user authentication of my Exchange Online mailboxes. (This scenario would apply to any customer that is planning on keeping directory synchronization).

解決策:お客様は、AD FS を維持する予定なので、その前提条件であるディレクトリ同期も維持する必要があります。そのため、Exchange サーバーをオンプレミスの環境から完全に除去できません。ただし、ほとんどの Exchange サーバーを使用停止して、少数のサーバーをユーザーの管理用に残しておくことはできます。ワークロードのほぼ全体が Exchange Online に移行するので、実行中のまま残しておくサーバーは、仮想マシン上で実行できることに注意してください。Solution: Since the customer is planning on keeping AD FS, they will also have to keep directory synchronization since it is a prerequisite. Because of that, they cannot fully remove the Exchange servers from the on-premises environment. However, they can decommission most of the Exchange servers, but leave a couple of servers behind for user management. Keep in mind that the servers that are left running can be run on virtual machines since the workload is almost completely shifted to Exchange Online.

下の図は、目標とする最終状態を示しています。The graphic below describes the desired end state:

Exchange サーバーの使用停止 (一部はそのままの状態)

下の図は、実際の最終状態を示しています。The graphic below describes the actual end state:

Exchange サーバーを使用停止する前の状態

ヒント

インフラストラクチャから ADFS を削除することを選択した場合、Azure AD Connect によってオンプレミスの資格情報がクラウドと同期されます。If you choose to remove ADFS from your infrastructure, Azure AD Connect will synchronize your on-premises credentials with the cloud. 各サービスは、ユーザーを個別に認証します。Each service will authenticate users independently:
Office 365 id サービスがオンライン要求を管理するOffice 365 identity services will manage online requests
Active directoryは、内部認証を管理します。Active directory will manage the internal authentication

オンプレミスのメールボックスを持っていない場合は、一部の exchange サーバーを安全に使用停止することができます。これは、権限のソースがまだオンプレミスとして定義されているためです。If you don't have any on-premises mailbox(es), you can safely decommission most of your exchange server(s), leaving one or more for user management purposes, because the source of authority is still defined as on-premises.

AD FS とディレクトリ同期を維持して、ほとんどの Exchange サーバーを使用停止する方法To keep AD FS and directory synchronization and decommission most of the Exchange servers

  1. Get-OrganizationConfig |fl PublicFoldersEnabled実行し、リモートに設定されていないことを確認します。Run Get-OrganizationConfig |fl PublicFoldersEnabled and ensure that it is not set to remote. リモートで設定されており、かつパブリック フォルダーに対するアクセスを続行するのであれば、それらを Exchange Online に移行する必要があります。If it is set to remote and you want to continue to access the public folders, you would need to migrate them to Exchange Online. これを行う方法について詳しくは、「 Use batch migration to migrate legacy public folders to Office 365 and Exchange Online」を参照してください。For information on how to do this, see Use batch migration to migrate legacy public folders to Office 365 and Exchange Online.

    重要

    パブリック フォルダーを Exchange Online に移行する予定がなく、ユーザーのために今後もそれらが必要な場合には、先に進まないでください。If migrating public folders to Exchange Online is not an option, and you still need them for your users, you should not move forward.

  2. すべてのメールボックスを Exchange Online に移動した後、ほとんどの Exchange サーバーを使用停止するために最初に行うことは、MX レコードと自動検出 DNS レコードをオンプレミスにではなく Exchange Online に指定することです。詳しくは、「リファレンス: Office 365 の外部ドメイン ネーム システムのレコード」を参照してください。After you have moved all of the mailboxes to Exchange Online, the first thing you would want to do to decommission most of the Exchange servers is point the MX and Autodiscover DNS records to Exchange Online instead of to on-premises. For more information, see Reference: External Domain Name System records for Office 365.

    重要

    内部と外部の両方の DNS を更新するようにしてください。そうしない場合、クライアントの接続とメール フローの動作の一貫性が失われることがあります。Make sure to update both the internal and external DNS, or you may have inconsistent client connectivity and mail flow behaviors.

  3. 次に、Exchange サーバーのサービス接続ポイント (SCP) の値を削除する必要があります。これにより、SCP が返されなくなり、クライアントは代わりに自動検出の DNS メソッドを使用します。以下に例を示します。Next, you should remove the Service Connection Point (SCP) values on your Exchange servers. This ensures that no SCP's are returned, and the client will instead use the DNS method for Autodiscover. An example is shown below:

    Get-ClientAccessServer | Set-ClientAccessServer -AutoDiscoverServiceInternalUri $Null
    

    注意

    環境内に Exchange 2007 サーバーがある場合、Exchange 2007 サーバーで類似のコマンドを実行して、設定をクリアする必要があります。If you have Exchange 2007 servers in the environment, you will have to run a similar command on your Exchange 2007 servers to null out the settings

  4. ハイブリッド構成オブジェクトが将来に再作成されないように、ハイブリッド構成オブジェクトを Active Directory から削除する必要があります。これを行うには、Exchange 管理シェルを開き、以下を実行します。To prevent the hybrid configuration objects from being recreated in the future, you should remove the hybrid configuration object from Active Directory. To do this, open the Exchange Management Shell and run the following:

    Remove-HybridConfiguration
    
  5. ユーザーの管理と作成のために保持するサーバー以外の、すべての Exchange サーバーを除去します。ユーザー管理のためには 2 台のサーバーで十分であり、1 台のサーバーでもおそらく可能です。さらに、データベース可用性グループや他の高可用性オプションは必要ありません。Remove all Exchange servers with the exception of the servers you will retain for user management and creation. Two servers should be sufficient for user management, although you could possibly get by with one server. In addition, there is no need to have a Database Availability Group or any other high availability options.

  6. OAuth が Exchange ハイブリッド展開用に構成されている場合、オンプレミスと Office 365 の両方でその構成を無効にすることができます。ほとんどの環境で、OAuth が構成されているのはごく一部のお客様だけなので、これらの手順は省略できます。If OAuth is configured for an Exchange hybrid deployment, you will want to disable the configuration from both on-premises and Office 365. In most environments, these steps can be skipped because only a small subset of our customers have OAuth configured.

    オンプレミスの構成を無効にするには、以下のようにします。To disable the on-premises configuration:

    1. Exchange 管理シェルを Exchange 2013 サーバーから開きます。Open the Exchange Management Shell from an Exchange 2013 server.

    2. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

      Set-IntraorganizationConnector -Identity ExchangeHybridOnPremisesToOnline | Set-IntraOrganizationConnector -Enabled $False
      

    Exchange Online 構成を無効にするには、以下のようにします。To disable the Exchange Online configuration:

    1. Windows PowerShell を Exchange Online に接続します。Connect Windows PowerShell to Exchange Online.

    2. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

      Get-IntraorganizationConnector -Identity ExchangeHybridOnlineToOnPremises | Set-IntraOrganizationConnector -Enabled $False
      

    : Identity パラメーターは、ハイブリッド構成ウィザードを使用して OAuth を構成したことを前提としています。Note: The Identity parameter assumes that you used the Hybrid Configuration Wizard to configure OAuth. そうでない場合は、コネクタの ID に指定した値を調整しなければならないことがあります。If this is not the case, you may need to adjust the value you specified for the identity of the connectors.

  7. 削除の対象となる、ハイブリッド構成ウィザードによって作成された受信および送信コネクタがあります。これを行うには、次の手順を使用します。There are inbound and outbound connectors created by the Hybrid Configuration Wizard that you will want to delete. Use the following steps to do this:

    1. Office 365 管理ポータル にログインして、テナント管理者としてサインインします。Log in to the Office 365 Admin portal and sign in as the Tenant Administrator.

    2. Exchange を管理するオプションを選択します。Select the option to manage Exchange.

    3. [メール フロー] -> [コネクタ] の順に移動します。Navigate to Mail Flow -> Connectors.

    4. ここで、受信および送信コネクタを無効にするか、または削除することができます。下図に示すように、HCW は、 <一意識別子> からの受信<一意識別子> からの送信による、一意の名前空間を使用してコネクタを作成します。You can now disable or delete the inbound and outbound connectors. The HCW creates connectors with unique namespace inbound from <unique identifier> and outbound from <unique identifier> as shown in the graphic below.

      ハイブリッド構成ウィザードによる一意の名前空間のコネクタの作成

  8. ハイブリッド構成ウィザードで作成された組織上の関係を削除します。これを行うには、次の手順を使用します。Remove the organization relationship created by the Hybrid Configuration Wizard. Use the following steps to do this:

    1. Office 365 管理ポータル にログインして、テナント管理者としてサインインします。Log in to the Office 365 Admin portal and sign in as the Tenant Administrator.

    2. Exchange を管理するオプションを選択します。Select the option to manage Exchange.

    3. [組織] に移動します。Navigate to Organization.

    4. 下図に示すように、 [組織間の共有] の下で、 O365 to On-Premises - <一意識別子> という名前の組織を除去します。Under Organization Sharing, remove the organization named O365 to On-Premises - <unique identifier> as shown in the graphic below.

      ハイブリッド構成ウィザードで作成された組織上の関係を削除します。

シナリオ 3Scenario three

問題: すべてのメールボックスを exchange Online に移行した後、オンプレミスの exchange サーバーを削除する。Issue: I want to remove my Exchange servers on-premises after moving all of my mailboxes to Exchange Online. しかし、Exchange が他の目的 (たとえばアプリケーションの簡易メール転送プロトコル (SMTP) 中継のため、またはパブリック フォルダーへのアクセスのため) で使用されていることが判明しました。However, we discovered that they are using Exchange for other purposes, such as for a Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) relay for an application or for access to public folders. 組織の現在の必要を満たすためにオンプレミスの Exchange サーバーが必要な場合、オンプレミスのサーバーを除去することが望ましくないことがあります。If you have a need for Exchange servers on-premises to meet the current needs of your organization, it may not be in your best interest to remove the on-premises servers.

解決策:この時点では、Exchange やハイブリッド構成を除去しないことをお勧めします。自動検出レコードを Exchange Online に指定してプロセスを開始したとしても、ハイブリッドのパブリック フォルダーのアクセスのようないくつかの機能はすぐに中断されます。まだそうなっていない場合、MX レコードが Exchange Online Protection を指定するように変更します。いくつかのオンプレミスの Exchange サーバーを除去することもできます。ただし、引き続き保持するハイブリッド機能を処理するために十分なサーバーを残しておくことが必要です。通常、このために必要なオンプレミスでのフット プリントはごくわずかです。Solution: We recommend against removing Exchange and the hybrid configuration at this point. If you were to even start the process by pointing the Autodiscover Records to Exchange Online, you would immediately break some features like hybrid public folder access. You could change the MX record to point to Exchange Online Protection if it is not already, you could even remove some of the on-premises Exchange servers. However, you would need to keep enough in place to handle the remaining hybrid functions. Usually, this would lead to a very small on-premises footprint.