ダイヤル トーンの移植性Dial tone portability

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

ダイヤルトーンの移植性は、メールボックスデータベース、サーバー、またはサイト全体に影響を与える障害に対して限定されたビジネス継続性ソリューションを提供する Microsoft Exchange Server 2013 の機能です。Dial tone portability is a feature of Microsoft Exchange Server 2013 that provides a limited business continuity solution for failures that affect a mailbox database, a server, or an entire site. ダイヤルトーンの移植性により、ユーザーは、元のメールボックスを復元または修復している間も、電子メールを送受信するための一時メールボックスを持つことができます。Dial tone portability enables users to have a temporary mailbox for sending and receiving email while their original mailbox is being restored or repaired. 一時メールボックスは、同じ Exchange 2013 メールボックスサーバー上、または同じデータベーススキーマバージョンのデータベースを持つ組織内の他の Exchange 2013 メールボックスサーバー上に配置できます。The temporary mailbox can be on the same Exchange 2013 Mailbox server or on any other Exchange 2013 Mailbox server in your organization that has databases with the same database schema version. これにより、代替サーバーは、以前は利用できなくなったサーバー上のユーザーのメールボックスをホストできます。This allows an alternative server to host the mailboxes of users who were previously on a server that is no longer available. 自動検出をサポートするクライアントは、ユーザーのデスクトッププロファイルを手動で更新しなくても、新しいサーバーに自動的にリダイレクトされます。Clients that support Autodiscover are automatically redirected to the new server without having to manually update the user's desktop profile. ユーザーの元のメールボックス データが復元された後、管理者は、そのユーザーの復元されたメールボックスとダイヤル トーン メールボックスを 1 つの最新のメールボックスに結合できます。After the user's original mailbox data has been restored, an administrator can merge a user's recovered mailbox and the user's dial tone mailbox into a single, up-to-date mailbox.

ダイヤル トーンの移植性のプロセスは、ダイヤル トーン回復と呼ばれます。ダイヤル トーン回復を行うには、メールボックス サーバーに空のデータベースを作成し、エラーが発生したデータベースと置き換えます。ダイヤル トーン データベースと呼ばれるこの空のデータベースによって、エラーが発生したデータベースの回復中でもユーザーは電子メール メッセージの送受信が可能となります。The process for using dial tone portability is called a dial tone recovery. A dial tone recovery involves creating an empty database on a Mailbox server to replace a failed database. This empty database, referred to as a dial tone database, allows users to send and receive email messages while the failed database is recovered.

ダイヤル トーン回復の実行には 3 つのオプションがあります。There are three options for performing a dial tone recovery:

  • 障害が発生したデータベースを含むサーバーでのダイヤルトーン回復: 障害が発生したデータベースをホストしているサーバーがまだ機能している場合は、そのサーバーでダイヤルトーン回復を実行することをお勧めします。Dial tone recovery on the server with the failed database: If the server hosting the failed database is still functional, we recommend that you perform a dial tone recovery on that server. これにより、サーバー間でデータベース ファイルを移動する必要がないため、ダウンタイムを減らすことができます。This means less downtime because you don't need to move database files between servers. また、自動検出をサポートしないクライアントのメッセージング プロファイルを再構成する必要もなくなります。In addition, you won't need to reconfigure messaging profiles for clients that don't support Autodiscover.

  • ダイヤルトーンデータベースに代替サーバーを使用したダイヤルトーン回復: サーバーに障害が発生し再構築する必要がある場合、ユーザーに対して、別のサーバーでダイヤルトーンデータベースを作成し、データベースの移植性を使用するという最も効率的な方法があります。ユーザーのメールボックス構成を新しいサーバーに移動する。Dial tone recovery using an alternate server for the dial tone database: If a server fails and needs to be rebuilt, the most efficient way to give users basic mail functionality is to create a dial tone database on another server, and use database portability to move the users' mailbox configuration to that new server. このプロセスにはダイヤル トーン データベースを元の (回復した) サーバーに戻すというプロセスが含まれるため、このオプションの場合は回復プロセス全体にかかる時間が長くなります。Because this process involves moving the dial tone database back to the original (recovered) server, this option adds more time to the overall recovery process. またこの処理は、元のサーバー上でダイヤル トーン回復を実行するよりも複雑です。In addition, this process is more complex than performing a dial tone recovery on the original server. この処理を実行するとき、ダイヤル トーン データベースをホストするサーバーには、追加ユーザーによる追加される負荷をサポートするのに充分なリソースが存在する必要があります。When performing this process, the server hosting the dial tone database must have sufficient resources to support the added load of the additional users. さらに、ユーザーのクライアントが自動検出をサポートしない場合、ダイヤル トーン サーバーをポイントするようにユーザーのメッセージング プロファイルを再構成する必要があります。In addition, if the users' client doesn't support Autodiscover, their messaging profile will need to be reconfigured to point to the dial tone server.

  • ダイヤルトーンデータベースに対する代替サーバーでのダイヤルトーン回復: これは、前のオプションに似ていますが、元のサーバーに戻さない点が異なります。Dial tone recovery using and staying on an alternate server for the dial tone database: This is similar to the preceding option, except that you don't revert back to the original server. エラーの発生したサーバーの回復の可能性および妥当性がないような場合には、このオプションをお勧めします。We recommend this option for situations in which it isn't possible or feasible to recover the failed server. このシナリオでは、サーバーの回復操作の終了後、ユーザーは通常は代替サーバーに残されます。In this scenario, users typically remain on an alternate server after the recovery operation has completed. この処理を実行するとき、ダイヤル トーン データベースをホストするサーバーには、追加ユーザーによる追加される負荷をサポートするのに充分なリソースが存在する必要があります。When performing this process, the server hosting the dial tone database must have sufficient resources to support the added load of the additional users. さらに、ユーザーのクライアントが自動検出をサポートしない場合、ダイヤル トーン サーバーをポイントするようにユーザーのメッセージング プロファイルを再構成する必要があります。In addition, if the users' client doesn't support Autodiscover, their messaging profile will need to be reconfigured to point to the dial tone server.

3 つのオプションすべてで同じ基本手順を実行します。All three options follow the same basic steps:

  1. 空のダイヤル トーン データベースを作成し、エラーの発生したデータベースを入れ替えます。Create an empty dial tone database to replace the failed database.

    この新しいデータベースによって、エラーの発生したデータベース上にメールボックスを持っているユーザーは、新しいメッセージの送受信が可能になります。ダイヤル トーンの移植性によって、メールボックスを移動せずにユーザーを他のデータベースに移動させることができます。エラーが発生したデータベースが置かれているものとは別のサーバーにダイヤル トーン データベースを作成した場合、メールボックスの構成を新しいサーバーへ移動する必要があります。This new database will allow users who had mailboxes on the failed database to send and receive new messages. Dial tone portability allows you to point a user to a different database without moving the mailbox. If you created the dial tone database on a different server than the server that housed the failed database, you need to move the mailbox configuration to that new server.

  2. 古いデータベースを復元します。Restore the old database.

    通常使用しているバックアップ ソフトウェアと回復ソフトウェアを使用して、エラーの発生したデータベースを復元します。エラーの発生したデータベースのバックアップがない場合、可能な場合は他の手段を使ってそのデータベースを回復します。ダイヤル トーン回復に同じサーバーを使用している場合、データベースを回復用データベース (RDB) へ復元する必要があります。Use the backup and recovery software you typically use to restore the failed database. If there is no backup of the failed database, recover the failed database using other means if possible. If you're using the same server for dial tone recovery, you need to restore the database to a recovery database (RDB).

  3. ダイヤル トーン データベースと復元されたデータベースを交換します。Swap the dial tone database with the restored database.

    エラーの発生したデータベースの復元後に、これをダイヤル トーン データベースと交換します。これによって、ユーザーは電子メールの送受信が可能になり、復元されたデータベースのすべてのデータにアクセスできるようになります。ユーザーが別のサーバーにあるダイヤル トーン データベースに移動されている場合、メールボックスの構成を元のサーバーに戻す必要があります。After the failed database is restored, swap it with the dial tone database. This gives the users the ability to send and receive email and access all the data in the restored database. If users were moved to a dial tone database on another server, you need to move the mailbox configuration back to the original server.

  4. データベースを結合します。Merge the databases.

    ダイヤル トーン データベースから復元されたデータベースにデータを取得するには、New-MailboxRestoreRequest コマンドレットを使用してデータを結合します。To get the data from the dial tone database into the restored database, you merge the data using the New-MailboxRestoreRequest cmdlet.

ダイヤル トーン回復の実行方法に関する詳細な手順については、「ダイヤル トーン回復を実行する」を参照してください。For detailed steps about how to perform a dial tone recovery, see Perform a dial tone recovery.