Exchange Server のオフラインアドレス帳Offline address books in Exchange Server

オフライン アドレス帳 (OAB) はアドレス一覧の集合のローカル コピーです。An offline address book (OAB) is a local copy of an address list collection. OABs は、Exchange キャッシュモードで構成されている Outlook クライアントによるアドレス帳のクエリに使用されます。OABs are used for address book queries by Outlook clients that are configured in cached Exchange mode. OABs は、Exchange サーバーから切断されている Outlook クライアントに対して唯一のオプションですが、Exchange サーバーのワークロードを減らす方法として、最初に Outlook クライアントに接続してクエリを行います。OABs are the only option for Outlook clients that are disconnected from the Exchange server, but they're also queried first by connected Outlook clients as a way to help reduce the workload on Exchange servers. OAB に組み込むアドレス一覧、特定の OAB へのアクセス、OAB を生成する頻度、および OAB の配布元を構成できます。You can configure which address lists are included in an OAB, access to specific OABs, how frequently the OABs are generated, and where the OABs are distributed from.

既定では、Exchange の新規インストールでは、サーバー上に既定のオフラインアドレス帳という名前の OAB が作成されます。By default, a new installation of Exchange creates an OAB named Default Offline Address Book on the server. この oab は既定の OAB でもあり、これは oab が割り当てられていないメールボックスおよびメールボックスデータベースで使用される OAB です。This OAB is also the default OAB, which means it's the OAB that's used by mailboxes and mailbox databases that don't have an OAB assigned to them.

Exchange 2010 の OABs では、Exchange 2013 以降の OABs が強化されています。OABs in Exchange 2013 and later are improved over OABs in Exchange 2010. これらの変更は、Exchange 2013 で導入されました。These changes were introduced in Exchange 2013:

  • Web ベースの配布のみがサポートされています (パブリック フォルダーの配布は使用できなくなりました)。Web ベースの配布では、次のことが実現されます。Only web-based distribution is supported (public folder distribution is no longer available). Web-based distribution allows:

    • クライアント コンピューターによる同時ダウンロードのサポート数の増加。Support for more concurrent downloads by client computers.

    • 帯域幅使用の削減。Reduced bandwidth usage.

    • OAB 配布ポイントに対する管理の強化。More control over the OAB distribution points.

  • OAB バージョン 4 のみがサポートされています。Only OAB version 4 is supported. OAB のこのバージョンは Unicode であり、クライアントは差分の更新を受信できるので、毎回完全ダウンロードを使用する必要はありません。This version of the OAB is Unicode, and allows clients to receive differential updates, instead of always using full downloads. Exchange でサポートされているすべてのバージョンの Outlook は、OAB バージョン4を完全にサポートしています。All versions of Outlook that are supported by Exchange fully support OAB version 4.

  • メールボックスアシスタント (Microsoft Exchange システムアテンダントサービスではない) は、Oab の生成を担当するプロセスです。A mailbox assistant (not the Microsoft Exchange System Attendant service) is the process that's responsible for generating OABs. これにより、サーバーのワークロードに基づいて OAB の生成を実行または一時停止できます (ワークロード管理)。This allows OAB generation to run or pause based on the workload of the server (workload management).

  • OAB の生成は、(指定した OAB 生成サーバーではなく) 指定した調停メールボックスで発生します。これらのメールボックスでは、OAB の生成とダウンロードの単一障害点を回避するためにデータベース可用性グループ (DAG) を使用できます。OAB generation occurs in a designated arbitration mailbox (not on a designated OAB generation server). These mailboxes can use database availability groups (DAGs) to help prevent a single point of failure for OAB generation and downloads.

OAB の手順については、「 Exchange Server のオフラインアドレス帳の手順」を参照してください。For OAB procedures, see Procedures for offline address books in Exchange Server.

アドレス一覧の詳細については、「 Exchange Server のアドレス一覧」を参照してください。To learn more about address lists, see Address lists in Exchange Server.

OAB の生成OAB generation

OAB の生成は、Microsoft Exchange メールボックスアシスタントサービスの下で実行するOABGeneratorAssistantという名前のメールボックスアシスタントによって制御されます。OAB generation is controlled by the mailbox assistant named OABGeneratorAssistant that runs under the Microsoft Exchange Mailbox Assistants service. OAB の生成は、 OrganizationCapabilityOABGen PersistedCapabilityプロパティの値を持つ指定された調停メールボックスで発生します。OAB generation occurs in a designated arbitration mailbox that has the OrganizationCapabilityOABGen value for the PersistedCapability property. この機能を持つ調停メールボックスは、組織のメールボックスとも呼ばれます。An arbitration mailbox with this capability is also known as an organization mailbox.

既定では、OAB は 8 時間ごとに生成されます。By default, OABs are generated every 8 hours. OAB の生成スケジュールを変更するには、「 Exchange Server でオフラインアドレス帳の生成スケジュールを変更する」を参照してください。To change the OAB generation schedule, see Change the offline address book generation schedule in Exchange Server. OAB の手動更新については、「Exchange 管理シェルを使用してオフライン アドレス帳を更新する」を参照してください。To manually update an OAB, see Use the Exchange Management Shell to update offline address books.

という名前SystemMailbox{bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c}の調停メールボックスは、組織内の最初の組織のメールボックスです。The arbitration mailbox named SystemMailbox{bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c} is the first organization mailbox in your organization. 既定では、この組織のメールボックスは、すべての OAB (「既定のオフライン アドレス帳」という最初の OAB と、新規作成するすべての OAB) の生成を担当します。By default, this organization mailbox is responsible for generating all OABs (the first OAB named Default Offline Address Book, and any new OABs that you create).

OAB を生成するために、追加の組織のメールボックスを作成できます。You can create additional organization mailboxes to generate OABs. Exchange Server には、Exchange 2013 累積更新プログラム 7 (CU7) で導入された OAB 生成に対する改良が含まれています。Exchange Server contains the improvements to OAB generation that were introduced in Exchange 2013 Cumulative Update 7 (CU7):

  • 同じ組織のメールボックスで複数の OAB を生成するように構成することはできますが、複数の組織のメールボックスによって OAB を生成するように構成することはできません。複数の組織のメールボックスで OAB を構成した場合、OAB の各コピーにはそれぞれ異なる一意識別子が付けられていました。そのため、クライアントが異なる組織のメールボックスの場所に転送されたときには常に、OAB の完全ダウンロードが必要でした。You can configure multiple OABs to be generated by the same organization mailbox, but you can't configure an OAB to be generated by more than one organization mailbox. If you configured an OAB with multiple organization mailboxes, each copy of the OAB had a different unique identifier. So, a full OAB download was required whenever a client was proxied to a different organization mailbox location.

  • 組織内のすべての組織のメールボックスに読み取り専用コピー (シャドウ コピーとも呼ばれる) が配布されるよう、OAB を構成することができます。これはシャドウ配布とも呼ばれます。OAB のすべてのコピーが同じ一意識別子を持つため、クライアントが異なる組織のメールボックスの場所に転送されるときに OAB の完全ダウンロードは必要ありません。You can configure an OAB to allow a read-only copy (also known as a shadow copy) to be distributed to all organization mailboxes in the organization (also known as shadow distribution). All copies of the OAB have the same unique identifier, so full a OAB download isn't required when a client is proxied to a different organization mailbox location.

    通常、シャドウコピーは複数サイトの Exchange 組織でのみ必要になります。Typically, shadow copies are only required in multi-site Exchange organizations. 各サイトに組織のメールボックスを構成し、(おそらく低速の WAN リンクでの) クライアントによるサイト間の OAB ダウンロード要求を回避するよう OAB のシャドウ配布を構成します。You configure an organization mailbox in each site, and you configure shadow distribution for an OAB to help prevent cross-site OAB download requests by clients (likely over slow WAN links). 追加の組織のメールボックスを作成するには、「Exchange 管理シェルを使用して組織のメールボックスを作成する」を参照してください。To create additional organization mailboxes, see Use the Exchange Management Shell to create organization mailboxes.

    シャドウ配布については、次のセクションで詳しく説明します。Shadow distribution is described in detail in the next section.

すべての組織のメールボックスの検索、および OAB に定義されている組織のメールボックスの検索については、「Exchange 管理シェルを使用して組織のメールボックスを検索する」を参照してください。To find all organization mailboxes, and the organization mailbox that's defined for an OAB, see Use the Exchange Management Shell to find organization mailboxes.

OAB ファイルは、生成後、指定された組織のメールボックスに格納されるため、OAB ダウンロードの要求先は、組織のメールボックスのアクティブなコピーを保持するメールボックス サーバーになります。The OAB files are generated and stored in the designated organization mailbox, so the destination for OAB download requests is the Mailbox server that holds the active copy of the organization mailbox. OAB ファイルは、クライアントによって取得する%ExchangeInstallPath%ClientAccess\OAB\<OAB GUID>ために、組織のメールボックスからコピーされます。The OAB files are copied from the organization mailbox to %ExchangeInstallPath%ClientAccess\OAB\<OAB GUID> for retrieval by clients. クライアントがこのバックエンドの場所に直接接続することはありません。Clients never connect directly to this backend location. OAB に対するクライアント要求は、メール サーバーのクライアント アクセス (フロントエンド) サービスによって、このバックエンドの場所に転送されます。Client requests for the OAB are proxied by the Client Access (frontend) services on a Mailbox server to this backend location.

OAB の配布OAB distribution

既定では、Outlook クライアントは24時間ごとに OAB をダウンロードするように構成されているか、ユーザーはいつでも Outlook から手動でダウンロードを開始できます。By default, Outlook clients are configured to download the OAB every 24 hours, or users can initiate a manual download from Outlook at any time.

クライアントへの OAB の配布は、インターネットインフォメーションサービス (IIS) 仮想ディレクトリと自動検出サービスに依存します。OAB distribution to clients depends on Internet Information Services (IIS) virtual directories and the Autodiscover service. OAB へのクライアント アクセスに使用される IIS 仮想ディレクトリは、メールボックス サーバーのクライアント アクセス (フロントエンド) サービスの既定の Web サイトにあり、名前は OAB (既定の Web サイト) です。The IIS virtual directory that's used for client access to OABs is located in the default web site in the Client Access (frontend) services on the Mailbox server, and is named OAB (Default Web Site). この仮想ディレクトリは、Exchange のインストール時に自動的に作成され、URL https://<ServerName>/oabで内部クライアントを処理するようにhttps://mailbox01.contoso.com/oab構成されます (例:)。This virtual directory is automatically created when you install Exchange, and is configured to service internal clients at the URL https://<ServerName>/oab (for example, https://mailbox01.contoso.com/oab). OAB を外部クライアントに配布するには、使用する外部 URL を手動で構成する必要があります。You'll need to manually configure the external URL that's used to distribute OABs to external clients. 詳細については、「 configure mail flow and client access In Exchange servers」のステップ 4: 外部 url の構成」を参照してください。For more information, see Step 4: Configure external URLs in Configure mail flow and client access on Exchange servers.

OAB のプロパティで、OAB をクライアントに配布するために使用できる OAB 仮想ディレクトリを構成できます。既定の設定では、OAB の組織のメールボックスを保持するサーバーの OAB 仮想ディレクトリに OAB の配布を限定します。しかし、どのメールボックス サーバーのクライアント アクセス サービスも、着信 OAB ダウンロード要求を正しい場所に転送できます。そのため、すべての OAB 仮想ディレクトリが OAB ダウンロード要求を受け入れるように構成することをお勧めします。詳細については、「Exchange 管理シェルを使用して OAB ダウンロード要求を受け入れるよう組織内のすべての仮想ディレクトリを構成する」を参照してください。In the properties of the OAB, you can configure the OAB virtual directories that are available to distribute the OAB to clients. The default setting restricts OAB distribution to the OAB virtual directories on the server that holds the OAB's organization mailbox. However, the Client Access services on any Mailbox server can proxy incoming OAB download requests to the correct location. Therefore, we recommend that you configure all OAB virtual directories to accept requests to download the OAB. For instructions, see Use the Exchange Management Shell to configure any virtual directory in the organization to accept download requests for the OAB.

自動検出サービスは、構成した OAB URL を通知します。The Autodiscover service advertises the OAB URLs that you've configured. 自動検出は、すべてのバージョンの Outlook、および現在 Exchange によってすべてのモバイルデバイスでサポートされています。Autodiscover is supported by all versions of Outlook and virtually all mobile devices that are currently by Exchange. OAB の配布プロセスの要約を次に示します。Here's a summary of the OAB distribution process:

  1. Outlook は、自動検出から OAB の URL を受信し、メールボックスサーバー上のクライアントアクセス (フロントエンド) サービスに接続します。Outlook receives the OAB URL from Autodiscover, and connects to the Client Access (frontend) services on a Mailbox server.

  2. 接続を受け入れたメールボックス サーバーのクライアント アクセス サービスは、以下のステップを実行します。The Client Access services on the Mailbox server that accepted the connection performs these steps:

    1. Active Directory に対してクエリを行い、ユーザーの OAB (既定の OAB、メールボックスデータベースに対して指定されている OAB、またはメールボックスに対して指定されている oab) を生成する組織のメールボックスを検索します。Queries Active Directory to find the organization mailbox that's responsible for generating the user's OAB (the default OAB, the OAB that's specified for the mailbox database, or the OAB that's specified for the mailbox).

    2. Active Directory に対してクエリを実行して、OAB の組織のメールボックスをホストするメールボックスデータベース、およびデータベースのアクティブコピーを現在保持しているメールボックスサーバーを検索します。Queries Active Directory again to find the mailbox database that hosts the organization mailbox for the OAB, and the Mailbox server that currently holds the active copy of the database.

    3. 特定のメールボックス サーバーに OAB ダウンロード要求を転送します。Proxies the OAB download request to the identified Mailbox server.

    4. バックエンドの場所%ExchangeInstallPath%ClientAccess\OAB\<GUID>から OAB ファイルを取得し、クライアントに再びプロキシします。Retrieves the OAB files from the backend location %ExchangeInstallPath%ClientAccess\OAB\<GUID> and proxies them back to the client.

OAB のシャドウコピーが、ローカル Active Directory サイト (ユーザーが接続しているサイト) 内の組織のメールボックス内に存在する場合は、OAB をダウンロードするためにローカルメールボックスサーバーが使用されます。If a shadow copy of the OAB exists in an organization mailbox in the local Active Directory site (the site where the user is connecting from), then a local Mailbox server is used to download the OAB. しかし、組織のメールボックス間でのシャドウ コピーの同期は、オンデマンドで実行されます。However, synchronization of the shadow copy between organization mailboxes is performed on-demand. その方法は次のとおりです。Here's how it works:

  1. たとえば、組織のメールボックスに OAB の適切なシャドウ コピーがないとします。これは次の条件で発生する可能性があります。Let's say the organization mailbox doesn't have a suitable shadow copy of the OAB. This can be caused by the following conditions:

    • クライアントがシャドウ コピーのダウンロードを要求したことがない。A client has never requested a download of the shadow copy.

    • シャドウ コピーの期限が切れている。シャドウ コピーは、(手動、または既定の 8 時間の OAB 生成スケジュールで) 親 OAB の更新されたコピーがいつ生成され発行されたかを識別します。影響を受けるメールボックス サーバーは、クライアントへの古いシャドウ コピーの配布を停止します。The shadow copy is out of date. Shadow copies are aware when an updated copy of the parent OAB has been generated and published (manually, or by the default 8 hour OAB generation schedule). The affected Mailbox servers will stop distributing the outdated shadow copy to clients.

  2. 最初のクライアントがシャドウコピーをダウンロードしようとすると0x80190194 (BG_E_HTTP_ERROR_404) 、Outlook でエラーが発生します。The first client tries to download the shadow copy will receive error 0x80190194 (BG_E_HTTP_ERROR_404) in Outlook. これにより、親からシャドウ コピーへの OAB の完全コピーがトリガーされます。This will trigger a full copy of the OAB from the parent to the shadow copy. 次のイベントが報告されます。The following events are reported:

    • Event ID: 102

      Source: MSExchange OABRequestHandler

      Description: The OABRequestHandler has begun downloading the OAB <GUID> from the server <Server>.

    • Event ID: 103

      Source: MSExchange OABRequestHandler

      Description: The OABRequestHandler has finished downloading the OAB <GUID>.

  3. OABRequestHandler 、親の oab 生成メールボックスを保持するメールボックスサーバーから oab ファイルをコピーするための最大3つの即時試行を行います。The OABRequestHandler will make up to three immediate attempts to copy the OAB files from the Mailbox server that holds the parent OAB generation mailbox. 3回のOABRequestHandler試行がすべて失敗すると、は1時間後にコピーを再試行します。If all three attempts fail, the OABRequestHandler will retry the copy after one hour. 次のイベントが報告されます。The following events are reported:

    • Event ID: 104

      Source: MSExchange OABRequestHandler

      Description: Download of the OAB <GUID> failed. The job will be re-submitted. The error was: BG_ERROR_CONTEXT=BE_ERROR_CONTEXT_REMOTE_FILE; error code=0x80190194

    • Event ID: 105

      Source: MSExchange OABRequestHandler

      Description: Download of the OAB <GUID> has failed too many times. The job will not be resubmitted for the next hour.

  4. OAB がシャドウ配布用に構成されていても、ローカル Active Directory サイト (ユーザーが接続しているサイト) に組織のメールボックスが存在しない場合、クライアントアクセスサービスは、OAB のダウンロード要求を、保持するメールボックスサーバーにプロキシし直します。親の OAB の組織のメールボックス。If the OAB is configured for shadow distribution, but there's no organization mailbox in the local Active Directory site (the site where the user is connecting from), the Client Access services will proxy the OAB download request back to the Mailbox server that holds the organization mailbox for the parent OAB.

OAB の完全ダウンロードが発生する条件Conditions that cause a full OAB download

OAB を改善する場合には通常、クライアントは完全な OAB 全体ではなく、OAB の更新をダウンロードする必要があります。しかし、OAB の完全ダウンロードが必要になる場合もあります。次に例を示します。The improvements to OABs typically require clients to download OAB updates, not the full and complete OAB. However, full OAB downloads are sometimes required. For example:

  • これらChanges.oabのファイルは、完全な OAB ファイルのサイズの半分以上です。The Changes.oab files are greater than or equal to half the size of the full OAB files. Outlook では、OAB を更新するChanges.oabのに必要な圧縮ファイルの合計サイズを、サーバー上の圧縮された完全な oab ファイルの合計サイズと比較します。Outlook compares the total size of the compressed Changes.oab files that are required to update the OAB to the total size of the compressed full OAB files on the server.

  • コンピューターに OAB がない (たとえば、Outlook の初期セットアップ時)。There's no OAB on your computer (for example, during the initial setup of Outlook).

  • サーバー上で差分ファイルが見つからない。A differential file is missing on the server. 差分ファイルが見つからない原因として、次の条件が考えられます。Missing differential files can be caused by the following conditions:

    • 30日以上 Exchange メールボックスに接続するために Outlook を使用していません (既定では、差分ファイルは30日間サーバーに保存されます)。You haven't used Outlook to connect to your Exchange mailbox in more than 30 days (by default, the differential files are stored on the server for 30 days).

    • OAB のローカル コピーの更新に必要な日の差分ファイルをサーバーが生成できなかった。The server couldn't generate the differential file for a day that's required to update your local copy of the OAB.

  • OAB の最新バージョンがサーバーで利用できる (たとえば、メールボックスが Exchange 2010 からアップグレードされており、OAB のローカルコピーがバージョン3であるなど)。A more recent version of the OAB is available on the server (for example, your mailbox was upgraded from Exchange 2010, and your local copy of the OAB is version 3).

  • OAB に変更を適用しようとしたが失敗した。たとえば、サーバー上の差分ファイルが壊れていることがあります (差分ファイルの生成中にサーバーがクラッシュした場合など)。Applying changes to the OAB failed. For example, differential files are corrupted on the server (the server crashed during differential file generation).

  • コンピューター上に OAB が存在しない (たとえば、1 つ以上のローカル OAB ファイルを手動で削除した場合など)。The OAB is not present on your computer (for example, you manually deleted one or more local OAB files).

  • 前回の完全ダウンロードが失敗したため、Outlook は最初からやり直す必要があります。A previous full download failed, so Outlook has to start over.

  • 完全 OAB の手動ダウンロードを開始した。You initiated a manual download of the full OAB.

OAB の計画と展開OAB planning and deployment

単一の OAB を使用するか、複数の OAB を使用するかにかかわらず、OAB 戦略を計画および実装する際には、以下の要素を考慮してください。Whether you use a single OAB or multiple OABs, consider the following factors as you plan and implement your OAB strategy:

  • 組織内の各 OAB のサイズ。OAB のサイズは、数 MB から数百 MB までさまざまです。OAB のサイズには、次の要素が影響します。Th size of each OAB in your organization. OAB sizes can vary from a few megabytes to hundreds of megabytes. The following factors can affect the size of the OAB:

    • 組織内での証明書の使用。The usage of certificates in your organization. 公開キー基盤 (PKI) 証明書の数が増えると、OAB も大きくなります。The more public key infrastructure (PKI) certificates, the larger the OAB. PKI 証明書の規模は、1 から 3 KB です。PKI certificates range from 1 kilobyte (KB) to 3 KB. これは、OAB のサイズに最も大きな影響を与えます。They're the single largest contributor to the OAB size.

    • 組織内のメール受信者の数。The number of mail recipients in your organization.

    • 組織内のグループの数。The number of groups in your organization.

    • 各受信者オブジェクトに組織が追加するユーザー情報。たとえば、各ユーザーの住所と連絡先の完全な詳細を構成する組織もあります。User information that your organization adds to each recipient object. For example, some organizations configure full address and contact details for each user.

  • OAB のダウンロード数。The number of OAB downloads.

  • Active Directory 内の受信者オブジェクトの親識別名の変更の数と頻度。The number and frequency of parent distinguished name changes for recipient objects in Active Directory.

  • SMTP アドレスの不一致。SMTP address mismatches.

  • Active Directory に対して行った変更の全体的な数。The overall number of changes that you make to Active Directory.

  • Exchange の外部にあるメソッドを使用して Active Directory で非表示にした受信者は、OABs に表示されます (たとえば、Windows セキュリティ記述子を使用します)。Recipients that you've hidden in Active Directory by using methods outside of Exchange will be visible in OABs (for example, by using the Windows security descriptor). OABs で受信者を効果的に非表示にするには、exchange 管理センター (EAC) または Exchange 管理シェルの対応する受信者管理コマンドレットの_HiddenFromAddressListsEnabled_パラメーターで、受信者のアドレス一覧を非表示にするプロパティを構成します。To effectively hide recipients in OABs, configure the Hide from address lists property for the recipient in the Exchange admin center (EAC) or the HiddenFromAddressListsEnabled parameter in the corresponding recipient management cmdlet in the Exchange Management Shell. 詳細については、「受信者をアドレス一覧に表示しない」を参照してください。For more information, see Hide recipients from address lists. あるいは、非表示の受信者を含まないアドレス一覧を作成し、アドレス一覧を OAB に割り当て、(直接、または OAB を既定にすることによって) OAB をユーザーに割り当てることもできます。Or, you can create an address list that doesn't include the hidden recipients, assign the address list to the OAB, and assign the OAB to users (directly or by making the OAB the default). アドレス一覧の作成の詳細については、「アドレス一覧を作成する」を参照してください。For more information about creating address lists, see Create address lists.

OAB の生成を別のサーバーに移動するMove OAB generation to another server

Exchange 2010 で、OAB の生成を別のサーバーに移動するには、OAB のプロパティに別の生成サーバーを指定する必要があります。In Exchange 2010, moving OAB generation to another server required you to specify a different generation server in the properties of the OAB. しかし、Exchange 2013 では、Exchange 2016 および Exchange 2019 で、OAB の生成は、指定されたサーバーではなく、設計された組織のメールボックスで行われます。But in Exchange 2013, Exchange 2016 and Exchange 2019, OAB generation occurs in a designed organization mailbox, not on a designated server. OAB の生成を別のサーバーに移動するには、組織のメールボックスを移動する必要があります。To move OAB generation to another server, you need to move the organization mailbox. 次に例を示します。For example:

同じ組織のメールボックスを使用するように複数の OAB を構成することはできますが、複数の組織のメールボックスを使用するように OAB を構成することはできません。Remember, you can configure multiple OABs to use the same organization mailbox, but you can't configure an OAB to use more than one organization mailbox. 別の場所 (通常、異なる Active Directory サイトにある) に OAB の複数のコピーが必要な場合は、サイトに組織のメールボックスが存在することを確認し、OAB のシャドウ配布を有効にします。If you need multiple copies of the OAB in different locations (typically, in different Active Directory sites), verify that an organization mailbox is exists in the site, and enable shadow distribution for the OAB. 詳細については、「Exchange 管理シェルを使用してオフライン アドレス帳のシャドウ配布を有効にする」を参照してください。For more information, see Use the Exchange Management Shell to enable shadow distribution for offline address books.