Information Rights Management のログ出力を有効または無効にするEnable or Disable Information Rights Management Logging

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Exchange Server 2013 では、Information Rights Management (IRM) ログを使用して IRM 操作を監視し、トラブルシューティングを行うことができます。In Exchange Server 2013, you can use Information Rights Management (IRM) logs to monitor and troubleshoot IRM operations. 既定で IRM ログが有効です。IRM logging is enabled by default.

IRM ログでは、次の共通パラメーター セットを使用します。IRM logs use the following common set of parameters:

  • Irmlogenabled: IRM ログを有効または無効にします。IrmLogEnabled: Enables or disables IRM logging. 既定値: $trueDefault: $true.

  • Irmlogmaxage: IRM ログファイルの最大保存期間を指定します。IrmLogMaxAge: Specifies the maximum age of IRM log files. 指定した期間より古いファイルは削除されます。Files older than the specified age are deleted. 既定値は次のとおりです。30日Default: 30 days.

  • Irmlogmaxdirectorysize: IRM ログが格納されているディレクトリの最大サイズを指定します。IrmLogMaxDirectorySize: Specifies the maximum size of the directory that contains IRM logs. ディレクトリが最大ファイル サイズに到達すると、最も古いログ ファイルから削除されます。When a directory reaches its maximum file size, the server deletes the oldest log files first. 既定値は次のとおりです。 250 MB。Default: 250 MB.

  • IrmLogMaxFileSize: 各 IRM ログファイルの最大サイズを指定します。IrmLogMaxFileSize: Specifies the maximum size of each IRM log file. ログファイルが指定されたサイズに達すると、新しいログファイルが作成されます。When a log file reaches the specified size, a new log file is created. 既定値は 10 MB です。Default: 10 MB.

  • IrmLogPath: IRM ログディレクトリの場所を指定します。IrmLogPath: Specifies the location of the IRM log directory. 既定値: %ExchangeInstallPath%Logging\IRMLogsDefault: %ExchangeInstallPath%Logging\IRMLogs.

IRM に関連する追加の管理タスクについては、「 Information Rights management の手順」を参照してください。For additional management tasks related to IRM, see Information Rights Management procedures.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 各手順の推定完了時間: 2-5 分。Estimated time to complete each procedure: 2-5 minutes.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「メッセージング ポリシーとコンプライアンスのアクセス許可」の「IRM ログ出力の構成」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Configure IRM logging" entry in the Messaging policy and compliance permissions topic.

  • Exchange 管理センター (EAC) を使用して、サーバーでの IRM ログ出力を有効または無効にすることはできません。You can't use the Exchange admin center (EAC) to enable or disable IRM logging on a server. シェルを使用する必要があります。You must use the Shell

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用して、サーバーで IRM ログ出力を有効にするUse the Shell to enable IRM logging on a server

この例では、メールボックス サーバーで IRM ログを有効にしています。This example enables IRM log on a Mailbox server.

Set-TransportService -Identity EXCH01 -IRMLogEnabled $true

構文およびパラメーターの詳細については、「Set-TransportService」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Set-TransportService.

シェルを使用して、サーバーで IRM ログ出力を無効にするUse the Shell to disable IRM logging on a server

この例では、メールボックス サーバーで IRM ログを無効にしています。This example disables IRM logging on a Mailbox server.

Set-TransportService -Identity EXCH01 -IRMLogEnabled $false

構文およびパラメーターの詳細については、「Set-TransportService」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Set-TransportService.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

サーバーで IRM ログが正しく有効または無効にされたことを確認するには、Get-TransportService コマンドレットを実行して IRM の設定を取得します。To verify that you have successfully enabled or disbled IRM logging on a server, run the Get-TransportService cmdlet to retrieve IRM settings.

この例では、EXCH01 サーバー上のすべての IRM ログのプロパティを取得します。This example retrieves all IRM logging properties on the server EXCH01.

Get-TransportService -Identity EXCH01 | Format-List IRMLog*