Exchange 2013 クライアント アクセス サーバーの構成Exchange 2013 Client Access server configuration

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Exchange 2013 クライアント アクセス サーバーをインストールした後、さまざまな構成タスクを実行できます。Exchange 2013 内のクライアント アクセス サーバーはクライアント プロトコルの処理を扱いませんが、仮想ディレクトリ設定および証明書設定など、いくつかの設定をクライアント アクセス サーバーに適用する必要があります。After you've installed the Exchange 2013 Client Access server, there are a variety of configuration tasks that you can perform. Although the Client Access server in Exchange 2013 doesn't handle processing for the client protocols, several settings need to be applied to the Client Access server, including virtual directory settings and certificate settings.

サーバー証明書の構成Configuring server certificates

Exchange 2013 で、証明書ウィザードを使用して証明機関からデジタル証明書を要求できます。デジタル証明書を要求した後、それをクライアント アクセス サーバーにインストールする必要があります。In Exchange 2013, you can use the Certificate Wizard to request a digital certificate from a certification authority. After you've requested a digital certificate, you'll need to install it on the Client Access server.

組織のメールボックス サーバーには、デジタル証明書をインストールする必要はありません。自己署名証明書は、既定でメールボックス サーバーにインストールされるため、それを置き換える必要はありません。組織内のクライアント アクセス サーバーは、メールボックス サーバー上の自己署名証明書を暗黙的に信頼します。詳細については、「Exchange 2013 証明書管理 UI」を参照してください。You don't need to install digital certificates on the Mailbox servers in your organization. A self-signed certificate is installed by default on the Mailbox servers, and it doesn't need to be replaced. The Client Access servers in your organization implicitly trust the self-signed certificate on the Mailbox servers. For more information, see Exchange 2013 certificate management UI.

仮想ディレクトリの構成Configuring virtual directories

オフラインアドレス帳 (OAB)、Exchange Web サービス、Exchange ActiveSync、Outlook Web App、および Exchange 管理センターの仮想ディレクトリで構成できる設定がいくつかあります。There are several settings that you can configure on the virtual directories for the Offline Address Book (OAB), Exchange Web Services, Exchange ActiveSync, Outlook Web App, and the Exchange admin center. 仮想ディレクトリの管理については、「仮想ディレクトリの管理」を参照してください。For additional information about virtual directory management, see Virtual directory management. 次のコマンドを使用して、仮想ディレクトリを構成できます。You can configure the virtual directories using the following commands.

  • Exchange 2013 では、Outlook Anywhere 構成用の HTTP 接続設定が 2 セット用意されているため、管理者は内部と外部の両方のエンドポイントを構成できます。Exchange 2013 provides two sets of HTTP connectivity settings for Outlook Anywhere configuration so that administrators may configure both an internal and external endpoint.

    接続用の単一の URL を使用して Outlook Anywhere を構成するには、Exchange 管理シェルで次のコマンドを使用して、ホスト名を入力し、SSL が必要かどうかを指定し、Authpackage を設定する必要があります。To configure Outlook Anywhere with a single URL for connectivity, you must provide the host name, indicate whether SSL is required, and specify an authpackage using the following command in the Exchange Management Shell:

    Get-OutlookAnywhere | Set-OutlookAnywhere -InternalHostname "internalServer.contoso.com" -InternalClientAuthenticationMethod Ntlm -InternalClientsRequireSsl $true -IISAuthenticationMethods Negotiate,NTLM,Basic
    

    Exchange 管理シェルで次のコマンドを使用して、外部から到達可能なエンドポイントを指定することもできます。You may also specify an externally reachable endpoint by using the following command in the Exchange Management Shell:

    Get-OutlookAnywhere | Set-OutlookAnywhere -InternalHostname "internalServer.contoso.com" -InternalClientAuthenticationMethod Ntlm -InternalClientsRequireSsl $true -ExternalHostname "externalServer.company.com" -ExternalClientAuthenticationMethod Basic -ExternalClientsRequireSsl $true -IISAuthenticationMethods Negotiate,NTLM,Basic
    

    ヒント

    Exchange 2013 は Outlook Anywhere HTTP 認証のネゴシエートをサポートしていますが、環境内のすべてのサーバーで Exchange 2013 が動作している場合以外は使用しないでください。While Exchange 2013 supports Negotiate for Outlook Anywhere HTTP authentication, this should only be used when all servers in the environment are running Exchange 2013.

  • Exchange ActiveSync を構成するには、次のコマンドを実行します。To configure Exchange ActiveSync, run the following command.

    Set-ActiveSyncVirtualDirectory -Identity "<CAS2013>\Microsoft-Server-ActiveSync (Default Web Site)" -ExternalUrl "https://mail.contoso.com/Microsoft-Server-ActiveSync"
    
  • Exchange Web サービス仮想ディレクトリを構成するには、次のコマンドを実行します。To configure the Exchange Web Services virtual directory, run the following command.

    Set-WebServicesVirtualDirectory -Identity "<CAS2013>\EWS (Default Web Site)" -ExternalUrl https://mail.contoso.com/EWS/Exchange.asmx
    
  • オフライン アドレス帳を構成するには、次のコマンドを実行します。To configure the Offline Address Book, run the following command.

    Set-OABVirtualDirectory -Identity "<CAS2013>\OAB (Default Web Site)" -ExternalUrl "https://mail.contoso.com/OAB"
    
  • サービス接続ポイントを構成するには、次のコマンドを実行します。To configure the Service Connection Point, run the following command.

    Set-ClientAccessServer -Identity <CAS2013> -AutoDiscoverServiceInternalURI https://autodiscover.contoso.com/AutoDiscover/AutoDiscover.xml
    

Exchange 2007 および 2010 クライアント アクセスからのアップグレードUpgrade from Exchange 2007 and 2010 Client Access

このセクションを通じて、Exchange 2013 クライアント アクセス サーバーでプロトコルへの外部アクセスを構成します。上記の仮想ディレクトリの構成セクションに記載されている Exchange 管理シェルのコマンド、および次のコマンドを実行します。Use this section to help you configure external access to protocols on the Exchange 2013 Client Access server. Run the Exchange Management Shell commands in the configuring virtual directories section above, as well as the commands below.

Exchange 2013 の仮想ディレクトリを構成するには、次のコマンドを実行する必要があります。You'll have to run the following commands to configure the virtual directories for Exchange 2013.

  1. Outlook Web App の外部 URL を構成するには、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。To configure an external URL for Outlook Web App, run the following command in Exchange Management Shell.

    Set-OwaVirtualDirectory "<CAS2013>\OWA (Default Web Site)" -ExternalUrl https://mail.contoso.com/OWA
    

    Outlook Web App の仮想ディレクトリを設定したら、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。Run the following commands at a command prompt after you set the Outlook Web App virtual directory.

    Net stop IISAdmin /y
    
    Net start W3SVC
    
  2. 外部 EAC アクセスを構成するには、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。To configure external EAC access, run the following command in Exchange Management Shell.

    Set-EcpVirtualDirectory "<CAS2013>\ECP (Default Web Site)" -ExternalUrl https://mail.contoso.com/ECP -InternalURL https://mail.contoso.com/ECP
    
  3. 可用性サービスを構成するには、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。To configure the Availability service, run the following command in Exchange Management Shell.

    Set-WebServicesVirtualDirectory -Identity "<CAS2013>\EWS (Default Web Site)" -ExternalURL https://mail.contoso.com/EWS/Exchange.asmx
    

外部 URL が Exchange ActiveSync または Outlook Web App に対して正しく構成されていることを確認する場合は、マイクロソフトが提供する無料の Web ベース ツールであるリモート接続アナライザーを使用できます。リモート接続アナライザーは、ここ にあります。To verify that the external URL has been configured correctly for Exchange ActiveSync or Outlook Web App, you can use the Remote Connectivity Analyzer, a free Web-based tool provided by Microsoft. You can find the Remote Connectivity Analyzer here.

認証が Exchange ActiveSync または Outlook Web App で正しく構成されていることを確認する場合にも、ExRCA を使用できます。To verify that authentication has been configured correctly for Exchange ActiveSync or Outlook Web App, you can also use ExRCA.

直接ファイル アクセスが Outlook Web App で正しく構成されていることを確認するには、共有のコンピューターのオプションを使用して、ユーザーとして Outlook Web App にログオンし、電子メール メッセージに添付されたファイルにアクセスして保存します。To verify that direct file access has been configured correctly for Outlook Web App, log on as a user to Outlook Web App using the public computer option and then try to access and save a file attached to an email message.

Exchange 2007 クライアント アクセス サーバー上のプロトコルを構成するConfigure protocols on the Exchange 2007 Client Access servers

Exchange 2007 の仮想ディレクトリを構成するには、次のコマンドを実行する必要があります。You'll have to run the following commands to configure the virtual directories for Exchange 2007.

  • Exchange ActiveSync 仮想ディレクトリで外部 URL を構成するには、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。To configure the external URL on the Exchange ActiveSync virtual directory, run the following command in Exchange Management Shell.

    Set-ActiveSyncVirtualDirectory -Identity "<CAS2007>\Microsoft-Server-ActiveSync (Default Web Site)" -ExternalUrl https://mail.contoso.com/Microsoft-Server-ActiveSync
    
  • Outlook Web App 仮想ディレクトリで外部 URL を構成するには、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。To configure the external URL on the Outlook Web App virtual directory, run the following command in Exchange Management Shell.

    Set-OwaVirtualDirectory -Identity "<CAS2007>\owa (Default Web Site)" -ExternalUrl https://legacy.contoso.com/owa