Exchange 2013 記憶域構成オプションExchange 2013 storage configuration options

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange Server 2013 のメールボックスサーバーの役割の記憶域オプションと要件を理解することは、メールボックスサーバーのストレージ設計ソリューションにとって重要な部分です。Understanding storage options and requirements for the Mailbox server role in Microsoft Exchange Server 2013 is an important part of your Mailbox server storage design solution.

記憶域アーキテクチャStorage architectures

次の表では、サポートされている記憶域アーキテクチャを説明し、それぞれの種類の記憶域アーキテクチャに関するベスト プラクティスの指示を適切な場所に提供します。The following table describes supported storage architectures and provides best practice guidance for each type of storage architecture where appropriate.

サポートされている記憶域アーキテクチャSupported storage architectures

記憶域アーキテクチャStorage architecture 説明Description ベスト プラクティスBest practice

直接接続型ストレージ (DAS)Direct-attached storage (DAS)

DAS は、間に記憶域ネットワークを介しない、サーバーまたはワークステーションに直接に接続されたデジタル記憶域システムです。たとえば、DAS トランスポートには Serial Attached SCSI (Small Computer System Interface) および Serial Attached Advanced Technology Attachment (ATA) が含まれます。DAS is a digital storage system directly attached to a server or workstation, without a storage network in between. For example, DAS transports include Serial Attached Small Computer System Interface (SCSI) and Serial Attached Advanced Technology Attachment (ATA).

注意事項なし。Not available.

ストレージ エリア ネットワーク (SAN):iSCSI (Internet Small Computer System Interface)Storage area network (SAN): Internet Small Computer System Interface (iSCSI)

SAN は、リモート コンピューターの記憶装置 (ディスク アレイおよびテープ ライブラリなど) を、オペレーティング システムにローカルに接続されたデバイスとして表示されるように、サーバーに接続するアーキテクチャです (たとえば、ブロック ストレージ)。iSCSI SAN は SCSI コマンドを IP パッケージに内包して、標準のネットワーク インフラストラクチャをストレージ トランスポートとして使用します (たとえば、イーサネット)。SAN is an architecture to attach remote computer storage devices (such as disk arrays and tape libraries) to servers in such a way that the devices appear as locally attached to the operating system (for example, block storage). iSCSI SANs encapsulate SCSI commands within IP packets and use standard networking infrastructure as the storage transport (for example, Ethernet).

Exchange のデータをバックアップする物理ディスクは、他のアプリケーションと共有しないでください。Don't share physical disks backing up Exchange data with other applications.

専用のストレージ ネットワークを使用します。Use dedicated storage networks.

スタンドアロン構成に対して複数のネットワーク パスを使用します。Use multiple network paths for stand-alone configurations.

SAN:ファイバー チャネルSAN: Fibre Channel

ファイバー チャネル SAN は SCSI コマンドをファイバー チャネル パケットに内包して、通常は専用のファイバー チャネル ネットワークをストレージ トランスポートとして利用します。Fibre Channel SANs encapsulate SCSI commands within Fibre Channel packets and generally utilize specialized Fibre Channel networks as the storage transport.

Exchange のデータをバックアップする物理ディスクは、他のアプリケーションと共有しないでください。Don't share physical disks backing up Exchange data with other applications.

スタンドアロン構成に対して複数のファイバー チャネル ネットワーク パスを使用します。Use multiple Fibre Channel network paths for stand-alone configurations.

ストレージ ベンダーの、ファイバー チャネル ホスト バス アダプター (HBA) をチューニングするためのベスト プラクティスに従ってください。たとえば、キューの深さおよびキューの対象などです。Follow storage vendor's best practices for tuning Fibre Channel host bus adapters (HBAs), for example, Queue Depth and Queue Target.

NAS (ネットワーク接続ストレージ) ユニットは、ネットワークに接続された自己完結型コンピューターで、ネットワークの他のデバイスに対してファイル ベースのデータ ストレージ サービスを提供することだけを目的としています。A network-attached storage (NAS) unit is a self-contained computer connected to a network, with the sole purpose of supplying file-based data storage services to other devices on the network. NAS ユニット上のオペレーティング システムとソフトウェアによって、データ ストレージ、ファイル システム、ファイル アクセスなどの機能と、これらの機能の管理 (ファイル ストレージなど) の管理が実現されます。The operating system and other software on the NAS unit provide the functionality of data storage, file systems, and access to files, and the management of these functionalities (for example, file storage).

Exchange データのストレージとして Exchange で使用されるすべてのストレージは、「exchange の2013 仮想化」で説明されて2013いる SMB 3.0 シナリオに含まれていないため、exchange のデータを格納するために、ブロックレベルのストレージである必要があります。All storage used by Exchange for storage of Exchange data must be block-level storage because Exchange 2013 doesn't support the use of NAS volumes, other than in the SMB 3.0 scenario outlined in the topic Exchange 2013 virtualization. また、仮想化環境では、ハイパーバイザによるブロックレベルのストレージとしてゲストに提示される NAS ストレージはサポートされていません。Also, in a virtualized environment, NAS storage that's presented to the guest as block-level storage via the hypervisor isn't supported.

記憶域層の使用は、システムのパフォーマンスに悪影響を与えるためお勧めしません。このため、記憶域コントローラーが「より高速な」記憶域に最もアクセスの多いファイルを自動的に移動できないようにしてください。Using storage tiers is not recommended, as it could adversely affect system performance. For this reason, do not allow the storage controller to automatically move the most accessed files to "faster" storage.

物理ディスクの種類Physical disk types

次の表では、サポートされている物理ディスクの種類の一覧と、それぞれの物理ディスクの種類に対してベスト プラクティスの指示を適切な場所に提供します。The following table provides a list of supported physical disk types and provides best practice guidance for each physical disk type where appropriate.

サポートされている物理ディスクの種類Supported physical disk types

物理ディスクの種類Physical disk type 説明Description サポートまたはベスト プラクティスSupported or best practice

Serial ATA (SATA)Serial ATA (SATA)

SATA は、ATA および IDE (Integrated Device Electronics) 用のシリアル インターフェイスです。SATA ディスクは、さまざまなフォーム ファクター、速度、および容量で利用できます。SATA is a serial interface for ATA and integrated device electronics (IDE) disks. SATA disks are available in a variety of form factors, speeds, and capacities.

一般的に、以下の設計要件がある場合は、Exchange 2013 メールボックスストレージに SATA ディスクを選択します。In general, choose SATA disks for Exchange 2013 mailbox storage when you have the following design requirements:

  • 大容量High capacity

  • 中程度のパフォーマンスModerate performance

  • 中程度の電源使用率Moderate power utilization

サポート: 512 バイトセクターディスク (Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2)。Supported:  512-byte sector disks for Windows Server 2008 and Windows Server 2008 R2. また、以下の条件で Windows Server 2008 R2 では 512e ディスクもサポートされています。In addition, 512e disks are supported for Windows Server 2008 R2 with the following:

  • Microsoft サポート技術情報の文書番号 982018「Windows 7 および Windows Server 2008 R2 と Advanced Format Disk の互換性を向上させる更新プログラムを入手できます」で説明されている修正プログラム。The hotfix described in Microsoft Knowledge Base article 982018, An update that improves the compatibility of Windows 7 and Windows Server 2008 R2 with Advanced Format Disks is available.

  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) と Exchange Server 2010 SP1.Windows Server 2008 R2 with Service Pack 1 (SP1) and Exchange Server 2010 SP1.

Exchange 2013 以降では、ネイティブの 4 キロバイト (KB) セクター ディスクと 512e ディスクをサポートしています。サポートには、データベースのすべてのコピーが同じ物理ディスク タイプ上にある必要があります。たとえば、あるデータベースの 1 つのコピーが 512 バイト セクターのディスク上にあり、同じデータベースのもう 1 つのコピーが 512e ディスクまたは 4K ディスク上にある場合、その構成はサポートされません。Exchange 2013 and later supports native 4-kilobyte (KB) sector disks and 512e disks. Support requires that all copies of a database reside on the same physical disk type. For example, it is not a supported configuration to host one copy of a given database on a 512-byte sector disk and another copy of that same database on a 512e disk or 4K disk.

ベスト プラクティス:熱、振動、および信頼性の点において一般的により良い特性を持つエンタープライズ クラスの SATA ディスクを考慮してください。Best practice: Consider enterprise class SATA disks, which generally have better heat, vibration, and reliability characteristics.

Serial Attached SCSISerial Attached SCSI

Serial Attached SCSI は、SCSI ディスク用のシリアル インターフェイスです。Serial Attached SCSI ディスクは、さまざまなフォーム ファクター、速度、および容量で利用できます。Serial Attached SCSI is a serial interface for SCSI disks. Serial Attached SCSI disks are available in a variety of form factors, speeds, and capacities.

一般的に、以下の設計要件がある場合は、Exchange 2013 メールボックスストレージにシリアル接続された SCSI ディスクを選択します。In general, choose Serial Attached SCSI disks for Exchange 2013 mailbox storage when you have the following design requirements:

  • 中程度の容量Moderate capacity

  • 高パフォーマンスHigh performance

  • 中程度の電源使用率Moderate power utilization

サポート: 512 バイトセクターディスク (Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2)。Supported:  512-byte sector disks for Windows Server 2008 and Windows Server 2008 R2. また、以下の条件で Windows Server 2008 R2 では 512e ディスクもサポートされています。In addition, 512e disks are supported for Windows Server 2008 R2 with the following:

  • Microsoft サポート技術情報の文書番号 982018「Windows 7 および Windows Server 2008 R2 と Advanced Format Disk の互換性を向上させる更新プログラムを入手できます」で説明されている修正プログラム。The hotfix described in Microsoft Knowledge Base article 982018, An update that improves the compatibility of Windows 7 and Windows Server 2008 R2 with Advanced Format Disks is available.

  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) と Exchange Server 2010 SP1.Windows Server 2008 R2 with Service Pack 1 (SP1) and Exchange Server 2010 SP1.

Exchange 2013 以降では、ネイティブの 4 キロバイト (KB) セクター ディスクと 512e ディスクをサポートしています。サポートには、データベースのすべてのコピーが同じ物理ディスク タイプ上にある必要があります。たとえば、あるデータベースの 1 つのコピーが 512 バイト セクターのディスク上にあり、同じデータベースのもう 1 つのコピーが 512e ディスクまたは 4K ディスク上にある場合、その構成はサポートされません。Exchange 2013 and later supports native 4-kilobyte (KB) sector disks and 512e disks. Support requires that all copies of a database reside on the same physical disk type. For example, it is not a supported configuration to host one copy of a given database on a 512-byte sector disk and another copy of that same database on a 512e disk or 4K disk.

ベスト プラクティス:UPS なしで使用する場合は、物理的なディスク書き込みキャッシュを無効にする必要があります。Best practice: Physical disk-write caching must be disabled when used without a UPS.

ファイバー チャネルFibre Channel

ファイバー チャネルは、ディスクをファイバー チャネル ベースの SAN に接続するために使用される電気的インターフェイスです。ファイバー チャネル ディスクは、さまざまな速度と容量で利用できます。Fibre Channel is an electrical interface used to connect disks to Fibre Channel-based SANs. Fibre Channel disks are available in a variety of speeds and capacities.

一般的に、以下の設計要件がある場合は、Exchange 2013 メールボックスの記憶域としてファイバーチャネルディスクを選択します。In general, choose Fibre Channel disks for Exchange 2013 mailbox storage when you have the following design requirements:

  • 中程度の容量Moderate capacity

  • 高パフォーマンスHigh performance

  • SAN 接続SAN connectivity

サポート: 512 バイトセクターディスク (Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2)。Supported:  512-byte sector disks for Windows Server 2008 and Windows Server 2008 R2. また、以下の条件で Windows Server 2008 R2 では 512e ディスクもサポートされています。In addition, 512e disks are supported for Windows Server 2008 R2 with the following:

  • Microsoft サポート技術情報の文書番号 982018「Windows 7 および Windows Server 2008 R2 と Advanced Format Disk の互換性を向上させる更新プログラムを入手できます」で説明されている修正プログラム。The hotfix described in Microsoft Knowledge Base article 982018, An update that improves the compatibility of Windows 7 and Windows Server 2008 R2 with Advanced Format Disks is available.

  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) と Exchange Server 2010 SP1.Windows Server 2008 R2 with Service Pack 1 (SP1) and Exchange Server 2010 SP1.

Exchange 2013 以降では、ネイティブの 4 キロバイト (KB) セクター ディスクと 512e ディスクをサポートしています。サポートには、データベースのすべてのコピーが同じ物理ディスク タイプ上にある必要があります。たとえば、あるデータベースの 1 つのコピーが 512 バイト セクターのディスク上にあり、同じデータベースのもう 1 つのコピーが 512e ディスクまたは 4K ディスク上にある場合、その構成はサポートされません。Exchange 2013 and later supports native 4-kilobyte (KB) sector disks and 512e disks. Support requires that all copies of a database reside on the same physical disk type. For example, it is not a supported configuration to host one copy of a given database on a 512-byte sector disk and another copy of that same database on a 512e disk or 4K disk.

ベスト プラクティス:UPS なしで使用する場合は、物理的なディスク書き込みキャッシュを無効にする必要があります。Best practice: Physical disk-write caching must be disabled when used without a UPS.

ソリッド ステート ドライブ (SSD) (フラッシュ ディスク)Solid-state drive (SSD) (flash disk)

SSD は、永続データを格納するためにソリッド ステート メモリを使用するデータ記憶域デバイスです。SSD はハード ディスク ドライブ インターフェイスをエミュレートします。SSD ディスクは、さまざまな速度 (異なる I/O パフォーマンス機能) と容量で利用できます。An SSD is a data storage device that uses solid-state memory to store persistent data. An SSD emulates a hard disk drive interface. SSD disks are available in a variety of speeds (different I/O performance capabilities) and capacities.

一般的に、以下の設計要件がある場合は、Exchange 2013 メールボックスストレージとして SSD ディスクを選択します。In general, choose SSD disks for Exchange 2013 mailbox storage when you have the following design requirements:

  • 低容量Low capacity

  • 非常に高いパフォーマンスExtremely high performance

サポート: 512 バイトセクターディスク (Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2)。Supported:  512-byte sector disks for Windows Server 2008 and Windows Server 2008 R2. また、以下の条件で Windows Server 2008 R2 では 512e ディスクもサポートされています。In addition, 512e disks are supported for Windows Server 2008 R2 with the following:

  • Microsoft サポート技術情報の文書番号 982018「Windows 7 および Windows Server 2008 R2 と Advanced Format Disk の互換性を向上させる更新プログラムを入手できます」で説明されている修正プログラム。The hotfix described in Microsoft Knowledge Base article 982018, An update that improves the compatibility of Windows 7 and Windows Server 2008 R2 with Advanced Format Disks is available.

  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) と Exchange Server 2010 SP1.Windows Server 2008 R2 with Service Pack 1 (SP1) and Exchange Server 2010 SP1.

Exchange 2013 以降では、ネイティブの 4 キロバイト (KB) セクター ディスクと 512e ディスクをサポートしています。サポートには、データベースのすべてのコピーが同じ物理ディスク タイプ上にある必要があります。たとえば、あるデータベースの 1 つのコピーが 512 バイト セクターのディスク上にあり、同じデータベースのもう 1 つのコピーが 512e ディスクまたは 4K ディスク上にある場合、その構成はサポートされません。Exchange 2013 and later supports native 4-kilobyte (KB) sector disks and 512e disks. Support requires that all copies of a database reside on the same physical disk type. For example, it is not a supported configuration to host one copy of a given database on a 512-byte sector disk and another copy of that same database on a 512e disk or 4K disk.

ベスト プラクティス:UPS なしで使用する場合は、物理的なディスク書き込みキャッシュを無効にする必要があります。Best practice: Physical disk-write caching must be disabled when used without a UPS.

一般に、Exchange 2013 メールボックスサーバーは、SSD ストレージのパフォーマンス特性を必要としません。In general, Exchange 2013 Mailbox servers don't require the performance characteristics of SSD storage.

ディスクの種類の選択時に考慮する要因Factors to consider when choosing disk types

Exchange 2013 storage のディスクの種類を選択するときには、いくつかのトレードオフがあります。There are several trade-offs when choosing disk types for Exchange 2013 storage. 正しいディスクは、パフォーマンス (シーケンシャルおよびランダム) と、容量、信頼性、電源使用率、および資本コストのバランスがとれているものです。The correct disk is one that balances performance (both sequential and random) with capacity, reliability, power utilization, and capital cost. 次の、サポートされている物理ディスクの種類の表は、それらの要因を考慮に入れる場合に役立つ情報を提供します。The following table of supported physical disk types provides information to help you when considering these factors.

パフォーマンスの観点から、負荷がかかった状態でディスクが 20 ミリ秒以下の読み取りおよび書き込みの平均待ち時間を維持できることを条件として、Exchange の記憶域に大型で低速のディスクを使用しても問題ありません。From a performance perspective, using large, slower disks for Exchange storage is okay, provided the disks can maintain an average read and write latency of 20ms or less under load.

ディスクの種類の選択の要因Factors in disk type choice

ディスクの回転速度 (RPM)Disk speed (RPM) ディスクのフォーム ファクターDisk form factor インターフェイスまたはトランスポートInterface or transport 容量Capacity ランダム I/O パフォーマンスRandom I/O performance シーケンシャル I/O パフォーマンスSequential I/O performance 電源使用率Power utilization

5,4005,400

2.5 インチ2.5-inch

SATASATA

平均Average

悪いPoor

悪いPoor

優秀Excellent

5,4005,400

3.5 インチ3.5-inch

SATASATA

優秀Excellent

悪いPoor

悪いPoor

平均以上Above average

7,2007,200

2.5 インチ2.5-inch

SATASATA

AverageAverage

AverageAverage

AverageAverage

優秀Excellent

7,2007,200

2.5 インチ2.5-inch

Serial Attached SCSISerial Attached SCSI

AverageAverage

AverageAverage

平均以上Above average

優秀Excellent

7,2007,200

3.5 インチ3.5-inch

SATASATA

優秀Excellent

AverageAverage

平均以上Above average

平均以上Above average

7,2007,200

3.5 インチ3.5-inch

Serial Attached SCSISerial Attached SCSI

優秀Excellent

AverageAverage

平均以上Above average

平均以上Above average

7,2007,200

3.5 インチ3.5-inch

ファイバー チャネルFibre Channel

優秀Excellent

AverageAverage

平均以上Above average

AverageAverage

10,00010,000

2.5 インチ2.5-inch

Serial Attached SCSISerial Attached SCSI

平均以下Below average

優秀Excellent

平均以上Above average

平均以上Above average

10,00010,000

3.5 インチ3.5-inch

SATASATA

AverageAverage

AverageAverage

平均以上Above average

平均以上Above average

10,00010,000

3.5 インチ3.5-inch

Serial Attached SCSISerial Attached SCSI

AverageAverage

平均以上Above average

平均以上Above average

平均以下Below average

10,00010,000

3.5 インチ3.5-inch

ファイバー チャネルFibre Channel

平均Average

平均以上Above average

平均以上Above average

平均以下Below average

15,00015,000

2.5 インチ2.5-inch

Serial Attached SCSISerial Attached SCSI

悪いPoor

優秀Excellent

優秀Excellent

平均Average

15,00015,000

3.5 インチ3.5-inch

Serial Attached SCSISerial Attached SCSI

AverageAverage

優秀Excellent

優秀Excellent

平均以下Below average

15,00015,000

3.5 インチ3.5-inch

ファイバー チャネルFibre Channel

平均Average

優秀Excellent

優秀Excellent

悪いPoor

SSD:エンタープライズ クラスSSD: enterprise class

該当なしNot applicable

SATA、Serial Attached SCSI、ファイバー チャネルSATA, Serial Attached SCSI, Fibre Channel

悪いPoor

優秀Excellent

優秀Excellent

優秀Excellent

サポート対象記憶域の構成に関するベスト プラクティスBest practices for supported storage configurations

このセクションでは、サポートされているディスクおよびアレイコントローラー構成に関するベストプラクティスについて説明します。This section provides best practice information about supported disk and array controller configurations.

独立したディスク (RAID) の冗長配列は、個々のディスク (複数のディスク間でデータをストライピングすることにより) のパフォーマンス特性を向上させ、個々のディスク障害からの保護を提供するためによく使用されます。Redundant Array of Independent Disks (RAID) is often used to both improve the performance characteristics of individual disks (by striping data across several disks) as well as to provide protection from individual disk failures. Exchange 2013 の高可用性の向上により、Exchange 2013 のストレージ設計に必要なコンポーネントとして、RAID は使用できません。With the advancements in Exchange 2013 high availability, RAID is not a required component for Exchange 2013 storage design. ただし、RAID は、スタンドアロンサーバーの Exchange 2013 ストレージ設計の重要なコンポーネント、および記憶域のフォールトトレランスを必要とするソリューションには依然として不可欠です。However, RAID is still an essential component of Exchange 2013 storage design for standalone servers as well as solutions that require storage fault tolerance.

オペレーティング システム、システム、ページファイル ボリュームOperating System, System, or Pagefile Volume

オペレーティング システム、システム、ページファイル ボリュームの推奨構成は、このデータ型を保護するための RAID テクノロジの使用です。推奨 RAID 構成は、RAID-1 または RAID-1/0 ですが、すべての RAID の種類がサポートされます。The recommended configuration for an operating system, system or pagefile volume is to utilize RAID technology to protect this data type. The recommended RAID configuration is either RAID-1 or RAID-1/0, however all RAID types are supported.

分離したメールボックス データベースとログ ボリュームSeparated Mailbox Database and Log Volumes

スタンドアロンのメールボックス サーバーの役割のアーキテクチャを展開している場合、メールボックス データベースおよびログ ボリュームには RAID テクノロジが必要です。メールボックス ボリューム用の推奨 RAID 構成は、RAID-1/0 (特に 5.4K または 7.2K ディスクを使用している場合) ですが、すべての RAID の種類がサポートされます。ログ ボリュームには、RAID-1 または RAID-1/0 が推奨 RAID 構成です。If you are deploying a standalone Mailbox server role architecture, RAID technology is required for the mailbox database and log volumes. The recommended RAID configuration for mailbox volumes is RAID-1/0 (especially if you are using 5.4K or 7.2K disks); however all RAID types are supported. For log volumes, RAID-1 or RAID-1/0 is the recommended RAID configuration.

オペレーティング システム、ページファイル、または Exchange データ ボリューム用に RAID-5 または RAID-6 構成を使用している場合は、以下に注意してください。When using RAID-5 or RAID-6 configurations for the operating system, pagefile, or Exchange data volumes, note the following:

  • RAID-50 や RAID-51 などの派生を含む RAID-5 構成でのディスク数は、アレイ グループ、および優先度の高いスクラブとサーフェイス スキャンを有効化したアレイ コントローラーごとに 7 ディスクまでとします。RAID-5 configurations, including variations such as RAID-50 and RAID-51, should have no more than 7 disks per array group and array controller high-priority scrubbing and surface scanning enabled.

  • RAID-6 構成は、優先度の高いスクラブおよびサーフェイス スキャンを有効化したアレイ コントローラーを備えるものとします。RAID-6 configurations should have array controller high-priority scrubbing and surface scanning enabled.

JBOD は3つ以上の高可用性データベースコピーを持つ高可用性アーキテクチャでサポートされていますが、ログとメールボックスデータベースのボリュームは分離されているため、JBOD を使用することはお勧めしません。While JBOD is supported in high availability architectures that have 3 or more highly available database copies, because the log and mailbox database volumes are separated, JBOD is not recommended.

メールボックス データベースおよびログ ボリュームのコロケーションMailbox Database and Log Volume Co-Location

メールボックス データベースおよびログ ボリュームのコロケーションは、スタンドアロン アーキテクチャではお勧めできません。高可用性アーキテクチャでは、このシナリオには 2 つの可能性があります。Mailbox database and log volume co-location is not recommended in standalone architectures. In high availability architectures, there are two possibilities for this scenario:

  1. ボリュームごとに単一のデータベースSingle database per volume

  2. ボリュームごとに複数のデータベースMultiple databases per volume

ボリュームごとに単一のデータベースSingle Database Per Volume

Exchange の観点から見ると、JBOD はデータベースとそれに関連するログの両方が単一のディスクに格納されていることを意味します。From an Exchange perspective, JBOD means having both the database and its associated logs stored on a single disk. JBOD に展開するには、少なくとも3つの高可用性データベースコピーを展開する必要があります。To deploy on JBOD, you must deploy a minimum of three highly available database copies. 単一ディスクの使用は、ディスクに障害が発生するとそのディスク上のデータベース コピーが失われるため、単一障害点となります。Utilizing a single disk is a single point of failure, because when the disk fails, the database copy residing on that disk is lost. 最低 3 つのデータベース コピーを持つことにより、1 つのコピー (または 1 つのディスク) で障害が発生した場合に他の 2 つのコピーによってフォールト トレランスが実現されます。Having a minimum of three database copies ensures fault tolerance by having two additional copies in the event that one copy (or one disk) fails. ただし、3 つの高可用性データベース コピーの配置は、時間差データベース コピーの使用と同様、ストレージの設計に影響します。However, placement of three highly available database copies, as well as the use of lagged database copies, can affect storage design. 以下の表は、RAID または JBOD に関する考慮事項のガイドラインを示します。The following table shows guidelines for RAID or JBOD considerations.

RAID または JBOD に関する考慮事項RAID or JBOD Considerations

データセンター サーバーDatacenter servers 2 つの高可用性コピー (合計)Two highly available copies (total) 3 つの高可用性コピー (合計)Three highly available copies (total) データ センターごとに 2 つ以上の高可用性コピーTwo or more highly available copies per datacenter 1 つの時間差コピーOne lagged copy データ センターごとに 2 つ以上の時間差コピーTwo or more lagged copies per datacenter

プライマリ データセンター サーバーPrimary datacenter servers

RAIDRAID

RAID または JBOD (2 つのコピー)RAID or JBOD (2 copies)

RAID または JBODRAID or JBOD

RAIDRAID

RAID または JBODRAID or JBOD

セカンダリ データセンター サーバーSecondary datacenter servers

RAIDRAID

RAID (1 つのコピー)RAID (1 copy)

RAID または JBODRAID or JBOD

RAIDRAID

RAID または JBODRAID or JBOD

プライマリ データセンター サーバーで JBOD 上に展開するには、DAG 内に 3 つ以上の高可用性データベース コピーが必要です。高可用性データベース コピーをホストしているサーバーと同じサーバー上で時間差コピーを混在させる場合 (たとえば、専用の時間差データベース コピー サーバーを使用しない場合) には、少なくとも 2 つの時間差データベース コピーが必要になります。To deploy on JBOD with the primary datacenter servers, you need three or more highly available database copies within the DAG. If mixing lagged copies on the same server hosting highly available database copies (for example, not using dedicated lagged database copy servers), you need at least two lagged database copies.

セカンダリ データセンター サーバーで JBOD を使用するには、セカンダリ データセンターに少なくとも 2 つの高可用性データベース コピーが必要です。セカンダリ データセンターのコピーを失っても、WAN を通じて再シードする必要が生じたり、セカンダリ データセンターをアクティブ化する場合に単一障害点になったりすることはありません。高可用性データベース コピーをホストしているサーバーと同じサーバー上で時間差データベース コピーを混在させる場合 (たとえば、専用の時間差データベース コピー サーバーを使用しない場合) には、少なくとも 2 つの時間差データベース コピーが必要になります。For the secondary datacenter servers to use JBOD, you should have at least two highly available database copies in the secondary datacenter. The loss of a copy in the secondary datacenter won't result in requiring a reseed across the WAN or having a single point of failure in the event the secondary datacenter is activated. If mixing lagged database copies on the same server hosting highly available database copies (for example, not using dedicated lagged database copy servers), you need at least two lagged database copies.

専用の時間差データベース コピー サーバーでは、JBOD を使用するためにデータセンター内に少なくとも 2 つの時間差データベース コピーが必要です。データベース コピーが足りない場合、ディスクの障害により時間差データベース コピーおよび保護メカニズムが失われます。For dedicated lagged database copy servers, you should have at least two lagged database copies within a datacenter to use JBOD. Otherwise, the loss of disk results in the loss of the lagged database copy, as well as the loss of the protection mechanism.

ボリュームごとに複数のデータベースMultiple Databases Per Volume

ボリュームごとに複数のデータベースは、アクティブコピーとパッシブコピー (時間差コピーを含む) を1つのディスク上に混在させることができるようにする Exchange 2013 で利用可能な新しい JBOD シナリオです。これにより、ディスク使用率の向上が可能になります。Multiple databases per volume is a new JBOD scenario available in Exchange 2013 that allows for active and passive copies (including lagged copies) to be mixed on a single disk, enabling better disk utilization. ただし、この手法で時間差データベース コピーを展開するには、自動の時間差データベース コピーのログ ファイルを無視する、を有効にする必要があります。However, to deploy lagged copies in this manner, automatic lagged copy log file play down must be enabled. 次の表は、ボリュームごとの複数のデータベースの JBOD を検討するためのガイドラインを示します。The following table shows guidelines for JBOD considerations for multiple databases per volume.

JBOD の考慮事項JBOD Considerations

データセンター サーバーDatacenter Servers 3 つ以上のコピー (合計)3 or more copies (total) データ センターごとに 2 つ以上のコピーTwo or more copies per datacenter

プライマリ データセンター サーバーPrimary datacenter servers

JBODJBOD

JBODJBOD

セカンダリ データセンター サーバーSecondary datacenter servers

該当なしN/A

JBODJBOD

次の表に、Exchange 2013 用のストレージアレイ構成に関するガイダンスを示します。The following table provides guidance about storage array configurations for Exchange 2013.

Exchange 2013 メールボックスサーバーの役割でサポートされている RAID の種類Supported RAID types for the Exchange 2013 Mailbox server role

RAID の種類RAID type 説明Description サポートまたはベスト プラクティスSupported or best practice

ディスク アレイの RAID ストライプ サイズ (KB)Disk array RAID stripe size (KB)

ストライプ サイズは、RAID セット内におけるディスクあたりのデータ分布の単位です。ストライプ サイズはブロック サイズとも呼ばれます。The stripe size is the per disk unit of data distribution within a RAID set. Stripe size is also referred to as block size.

ベスト プラクティス:256 KB 以上。ストレージ ベンダーのベスト プラクティスに従ってください。Best practice: 256 KB or greater. Follow storage vendor best practices.

ストレージ アレイのキャッシュ設定Storage array cache settings

キャッシュ設定は、バッテリでバックアップされたキャッシュ アレイ コント ローラーによって提供されます。The cache settings are provided by a battery-backed caching array controller.

ベストプラクティス: RAID または JBOD 構成のいずれかで、DAS ストレージコントローラーの書き込みキャッシュ (バッテリまたはフラッシュバックアップキャッシュ) を 100% に設定します。Best practice: 100 percent write cache (battery or flash-backed cache) for DAS storage controllers in either a RAID or JBOD configuration. SAN などの他の種類のストレージソリューションについては、75% の書き込みキャッシュ、25% の読み取りキャッシュ (バッテリまたはフラッシュバックキャッシュ) があります。75 percent write cache, 25 percent read cache (battery or flash-backed cache) for other types of storage solutions such as SAN. SAN ベンダーが自社のプラットフォーム上のキャッシュ構成に関する別のベスト プラクティスを公開している場合は、SAN ベンダーの指示に従ってください。If your SAN vendor has different best practices for cache configuration on their platform, follow the guidance of your SAN vendor.

物理ディスク書き込みキャッシュPhysical disk write caching

キャッシュの設定は、個々のディスクそれぞれです。The settings for the cache are on each individual disk.

サポート:UPS なしで使用する場合は、物理的なディスク書き込みキャッシュを無効にする必要があります。Supported: Physical disk write caching must be disabled when used without a UPS.

次の表では、データベースおよびログ ファイルの選択についてのガイドを提供します。The following table provides guidance about database and log file choices.

Exchange 2013 メールボックスサーバーの役割に対するデータベースおよびログファイルの選択Database and log file choices for the Exchange 2013 Mailbox server role

データベースとログ ファイルのオプションDatabase and log file options 説明Description スタンドアロン:サポートまたはベスト プラクティスStand-alone: supported or best practice 高可用性:サポートまたはベスト プラクティスHigh availability: supported or best practice

ファイルの配置:ログの独立性あたりのデータベースFile placement: database per log isolation

ログの独立性あたりのデータベースは、データベース ファイルとログを同じメールボックス データベースから、異なる物理ディスクからなる異なるボリュームに配置することを意味します。Database per log isolation refers to placing the database file and logs from the same mailbox database onto different volumes backed by different physical disks.

ベスト プラクティス:回復性のため、データベース (.edb) ファイルおよびログを同じデータベースから、異なる物理ディスクからなる異なるボリュームに移動します。Best practice: For recoverability, move database (.edb) file and logs from the same database to different volumes backed by different physical disks.

サポート:ログとデータベースの独立性は必要ありません。Supported: Isolation of logs and databases isn't required.

ファイルの配置:ボリュームあたりのデータベース ファイルFile placement: database files per volume

ボリュームあたりのデータベース ファイルは、ディスク ボリューム内またはディスク ボリュームにまたがってデータベース ファイルを分散させる方法を意味します。Database files per volume refers to how you distribute database files within or across disk volumes.

ベスト プラクティス:バックアップの方法を基にします。Best practice: Based on your backup methodology.

サポート:JBDO を使用している場合は、データベースとログ ファイル用の別々のディレクトリを含む単一のボリュームを作成します。Supported: When using JBOD, create a single volume with separate directories for database(s) and for log files.

ファイルの配置:ボリュームあたりのログ ストリームFile placement: log streams per volume

ボリュームあたりのログ ストリームは、ディスク ボリューム内またはディスク ボリュームにまたがってデータベース ファイルを分散させる方法を意味します。Log streams per volume refers to how you distribute database log files within or across disk volumes.

ベスト プラクティス:バックアップの方法を基にします。Best practice: Based on your backup methodology.

サポート:JBDO を使用している場合は、データベースとログ ファイル用の別々のディレクトリを含む単一のボリュームを作成します。Supported: When using JBOD, create a single volume with separate directories for database(s) and for log files.

ベスト プラクティス:JBOD を使用している場合は、各ボリュームで複数のデータベースを活用します。Best practice: When using JBOD, leverage multiple databases per volume.

データベースのサイズDatabase size

データベースのサイズとは、ディスク データベース (.edb) ファイルのサイズを意味します。Database size refers to the disk database (.edb) file size.

サポート:約 16 TB。Supported: Approximately 16 terabytes.

ベスト プラクティス:Best practice:

  • 200 GB (ギガバイト) 以下。200 gigabytes (GB) or less.

  • 計算された最大データベース サイズの 120% を準備。Provision for 120 percent of calculated maximum database size.

サポート:約 16 TB。Supported: Approximately 16 terabytes.

ベスト プラクティス:Best practice:

  • 2 TB 以下。2 terabytes or less.

  • 計算された最大データベース サイズの 120% を準備。Provision for 120 percent of calculated maximum database size.

ログの切り詰め方法Log truncation method

ログの切り詰め方法とは、古いデータベースのログ ファイルの切り詰めと削除のプロセスです。次の 2 つのメカニズムがあります。Log truncation method is the process for truncating and deleting old database log files. There are two mechanisms:

  • 循環ログ。Exchange がログを削除します。Circular logging, in which Exchange deletes the logs.

  • ログの切り詰め。完全または増分のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) バックアップが正常終了した後に発生します。Log truncation, which occurs after a successful full or incremental Volume Shadow Copy Service (VSS) backup.

ベスト プラクティス:Best practice:

  • ログの切り詰めにはバックアップ ログを使用します (たとえば、循環ログが無効)。Use backups for log truncation (for example, circular logging disabled).

  • 3 日間分のログ生成の容量を準備します。Provision for three days of log generation capacity.

ベスト プラクティス:Best practice:

  • Exchange のネイティブ データ保護機能を使用する展開では、循環ログを有効にします。Enable circular logging for deployments that use Exchange native data protection features.

  • ログ生成容量の再生の時間差を 3 日間超える分を準備します。Provision for three days beyond replay lag setting of log generation capacity.

次の表では、Windows のディスクの種類に関するガイドを提供します。The following table provides guidance about Windows disk types.

Exchange 2013 メールボックスサーバーの役割用の Windows ディスクの種類Windows disk types for the Exchange 2013 Mailbox server role

Windows ディスクの種類Windows disk type 説明Description スタンドアロン:サポートまたはベスト プラクティスStand-alone: supported or best practice 高可用性:サポートまたはベスト プラクティスHigh availability: supported or best practice

ベーシック ディスクBasic disk

基本記憶域用に初期化されたディスクをベーシック ディスクと呼びます。ベーシック ディスクには、プライマリ パーティション、拡張パーティション、論理ドライブなどのベーシック ボリュームが含まれます。A disk initialized for basic storage is called a basic disk. A basic disk contains basic volumes, such as primary partitions, extended partitions, and logical drives.

サポートされています。Supported.

ベスト プラクティス:ベーシック ディスクを使用します。Best practice: Use basic disks.

サポートされています。Supported.

ベスト プラクティス:ベーシック ディスクを使用します。Best practice: Use basic disks.

ダイナミック ディスクDynamic disk

動的記憶域用に初期化されたディスクをダイナミック ディスクと呼びます。ダイナミック ディスクには、シンプル ボリューム、スパン ボリューム、ストライプ ボリューム、ミラー ボリューム、RAID-5 ボリュームなどのダイナミック ボリュームが含まれます。A disk initialized for dynamic storage is called a dynamic disk. A dynamic disk contains dynamic volumes, such as simple volumes, spanned volumes, striped volumes, mirrored volumes, and RAID-5 volumes.

サポートされています。Supported.

サポートされています。Supported.

次の表では、ボリューム構成のガイドを提供します。The following table provides guidance on volume configurations.

Exchange 2013 メールボックスサーバーの役割のボリューム構成Volume configurations for the Exchange 2013 Mailbox server role

ボリューム構成Volume configuration 説明Description スタンドアロン:サポートまたはベスト プラクティスStand-alone: supported or best practice 高可用性:サポートまたはベスト プラクティスHigh availability: supported or best practice

GUID パーティション テーブル (GPT)GUID partition table (GPT)

GPT は、古いマスター ブート レコード (MBR) のパーティション分割のスキーマを拡張するディスク アーキテクチャです。NTFS でフォーマットされたパーティションの最大サイズは 256 TB です。GPT is a disk architecture that expands on the older master boot record (MBR) partitioning scheme. The maximum NTFS formatted partition size is 256 terabytes.

サポートされています。Supported.

ベスト プラクティス:GPT パーティションを使用します。Best practice: Use GPT partitions.

サポートされています。Supported.

ベスト プラクティス:GPT パーティションを使用します。Best practice: Use GPT partitions.

MBRMBR

MBR (パーティション セクター) は 512 バイトのブート セクターで、ハード ディスクなどのパーティション分割された記憶装置の最初のセクター (LBA Sector 0) です。NTFS でフォーマットされたパーティションの最大サイズは 2 TB です。An MBR, or partition sector, is the 512-byte boot sector that is the first sector (LBA Sector 0) of a partitioned data storage device such as a hard disk. The maximum NTFS formatted partition size is 2 terabytes.

サポートされています。Supported.

サポートされています。Supported.

パーティションの配置Partition alignment

パーティションの配置とは、最適なパフォーマンスのためにセクター境界にパーティションを配置することを意味します。Partition alignment refers to aligning partitions on sector boundaries for optimal performance.

サポート:Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2012 の既定値は 1 メガバイト (MB) です。Supported: The Windows Server 2008 R2 and Windows Server 2012 default is 1 megabyte (MB).

サポート:Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2012 の既定値は 1 MB です。Supported: The Windows Server 2008 R2 and Windows Server 2012 default is 1 MB.

ボリューム パスVolume path

ボリューム パスは、ボリュームのアクセス方法を意味します。Volume path refers to how a volume is accessed.

サポート:ドライブ文字またはマウント ポイント。Supported: Drive letter or mount point.

ベスト プラクティス:マウント ポイントのホスト ボリュームは RAID が有効になっている必要があります。Best practice: Mount point host volume must be RAID enabled.

サポート:ドライブ文字またはマウント ポイント。Supported: Drive letter or mount point.

ベスト プラクティス:マウント ポイントのホスト ボリュームは RAID が有効になっている必要があります。Best practice: Mount point host volume must be RAID-enabled.

ファイル システムFile system

ファイル システムはコンピューターのファイルを格納して整理する方法で、ファイルが格納しているデータの検索とファイルへのアクセスを容易にします。File system is a method for storing and organizing computer files and the data they contain to make it easy to find and access the files.

サポート:NTFS および ReFS。Supported: NTFS and ReFS.

サポート:NTFS および ReFS。Supported: NTFS and ReFS.

NTFS の最適化NTFS defragmentation

NTFS の最適化は、Windows ファイル システムの断片化の量を減らす処理です。これは、ディスクの内容を物理的に整理して、各ファイルの欠片を近くにまとめて連続的になるように格納することで実現します。NTFS defragmentation is a process that reduces the amount of fragmentation in Windows file systems. It does this by physically organizing the contents of the disk to store the pieces of each file close together and contiguously.

サポートされています。Supported.

ベスト プラクティス: 必要ではなく、推奨しません。Windows Server 2012 では、自動ディスク最適化およびデフラグ機能を無効にすることもお勧めします。Best practice: Not required and not recommended. On Windows Server 2012, we also recommend disabling the automatic disk optimization and defragmentation feature.

サポートされています。Supported.

ベスト プラクティス: 必要ではなく、推奨しません。Windows Server 2012 では、自動ディスク最適化およびデフラグ機能を無効にすることもお勧めします。Best practice: Not required and not recommended. On Windows Server 2012, we also recommend disabling the automatic disk optimization and defragmentation feature.

NTFS アロケーション ユニット サイズNTFS allocation unit size

NTFS アロケーション ユニット サイズは、ファイルを保持するために割り当てることができるディスク領域の最小量を表します。NTFS allocation unit size represents the smallest amount of disk space that can be allocated to hold a file.

サポート:すべてのアロケーション ユニット サイズ。Supported: All allocation unit sizes.

ベスト プラクティス:.edb ファイルとログ ファイル ボリュームの両方に 64 KB。Best practice: 64 KB for both .edb and log file volumes.

サポート:すべてのアロケーション ユニット サイズ。Supported: All allocation unit sizes.

ベスト プラクティス:.edb ファイルとログ ファイル ボリュームの両方に 64 KB。Best practice: 64 KB for both .edb and log file volumes.

NTFS 圧縮NTFS compression

NTFS 圧縮は、ハード ディスクに格納されるファイルの実際のサイズを減らす処理です。NTFS compression is the process of reducing the actual size of a file stored on the hard disk.

サポート:Exchange データベースまたはログ ファイルはサポートしていません。Supported: Not supported for Exchange database or log files.

サポート:Exchange データベースまたはログ ファイルはサポートしていません。Supported: Not supported for Exchange database or log files.

NTFS 暗号化ファイル システム (EFS)NTFS Encrypting File System (EFS)

EFS では、個々のファイル、フォルダー、またはデータ ドライブ全体をユーザーが暗号化できます。EFS は業界標準のアルゴリズムと公開キー暗号を介した強力な暗号化を提供するため、攻撃者がシステム セキュリティをバイパスした場合でも暗号化されたファイルの機密性は維持されます。EFS enables users to encrypt individual files, folders, or entire data drives. Because EFS provides strong encryption through industry-standard algorithms and public key cryptography, encrypted files are confidential even if an attacker bypasses system security.

サポート:Exchange データベースまたはログ ファイルはサポートしていません。Supported: Not supported for Exchange database or log files.

Exchange データベースまたはログ ファイルはサポートしていません。Not supported for Exchange database or log files.

Windows BitLocker (ボリューム暗号化)Windows BitLocker (volume encryption)

Windows BitLocker は、Windows Server 2008 のデータ保護機能です。BitLocker は、紛失したり盗難にあったコンピューターからデータが盗まれたり漏えいしたりしないように保護し、コンピューターを使用停止するときに、より安全にデータを削除できるようにします。Windows BitLocker is a data protection feature in Windows Server 2008. BitLocker protects against data theft or exposure on computers that are lost or stolen, and it offers more secure data deletion when computers are decommissioned.

サポート:すべての Exchange データベースとログ ファイル。Supported: All Exchange database and log files.

サポート:すべての Exchange データベースとログ ファイル。Windows フェールオーバー クラスターには Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 R2 SP1 および以下の修正プログラムが必要:「コンピューターがフェールオーバー クラスター ノードの場合、Windows Server 2008 R2 のディスク ボリュームで BitLocker を有効にできません」が必要です。以前のバージョンの Windows を実行している Windows フェールオーバー クラスターでは、BitLocker が有効な Exchange ボリュームをサポートしません。 Supported: All Exchange database and log files. Windows failover clusters require Windows Server 2008 R2 or Windows Server 2008 R2 SP1 and the following hotfix: You cannot enable BitLocker on a disk volume in Windows Server 2008 R2 if the computer is a failover cluster node. Exchange volumes with Bitlocker enabled are not supported on Windows failover clusters running earlier versions of Windows.

Windows 7 BitLocker 暗号化の詳細については、「Windows 7 の BitLocker ドライブの暗号化:よく寄せられる質問」をご覧ください。For more information about Windows 7 BitLocker encryption, see BitLocker Drive Encryption in Windows 7: Frequently Asked Questions.

サーバー メッセージ ブロック (SMB) 3.0Server Message Block (SMB) 3.0

サーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルは、(TCP/IP や他のネットワーク プロトコル上の) ネットワーク ファイル共有プロトコルであり、コンピューター上のアプリケーションでリモート サーバー上のファイルやリソースにアクセスするためのプロトコルです。またサーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルにより、SMB クライアント要求を受信する構成にしたサーバー プログラムともアプリケーションで通信できます。Windows Server 2012 では、以下の機能を備えた 3.0 バージョンの新しい SMB プロトコルを導入しました。The Server Message Block (SMB) protocol is a network file sharing protocol (on top of TCP/IP or other network protocols) that allows applications on a computer to access files and resources on a remote server. It also allows applications to communicate with any server program that is set up to receive an SMB client request. Windows Server 2012 introduces the new 3.0 version of the SMB protocol with the following features:

  • SMB 透過フェールオーバーSMB Transparent failover

  • SMB スケールアウトSMB Scaleout

  • SMB マルチチャネルSMB Multichannel

  • SMB ダイレクトSMB Direct

  • SMB 暗号化SMB Encryption

  • SMB ファイル共有のための VSSVSS for SMB file shares

  • SMB ディレクトリ リースSMB Directory Leasing

  • SMB PowerShellSMB PowerShell

限定サポート。サポート対象シナリオは、SMB 3.0 共有の VHD でディスクをホストするハードウェア仮想化展開です。これらの VHD を、ホストはハイパーバイザーで認識します。詳細については、「Exchange 2013 仮想化」を参照してください。 Limited Support. Supported scenario is a hardware virtualized deployment where the disks are hosted on VHDs on an SMB 3.0 share. These VHDs are presented to the host via a hypervisor. For more information, see Exchange 2013 virtualization.

限定サポート。サポート対象シナリオは、SMB 3.0 共有の VHD でディスクをホストするハードウェア仮想化展開です。これらの VHD を、ホストはハイパーバイザーで認識します。詳細については、「Exchange 2013 仮想化」を参照してください。 Limited Support. Supported scenario is a hardware virtualized deployment where the disks are hosted on VHDs on an SMB 3.0 share. These VHDs are presented to the host via a hypervisor. For more information, see Exchange 2013 virtualization.

記憶域スペースStorage Spaces

記憶域スペースは、Windows Server 2012 に仮想化機能を提供する新しいストレージ ソリューションです。記憶域スペースにより、物理ディスクをストレージ プールに編成できるほか、ディスクを追加するだけで容易に拡張できます。これらのディスクは USB、SATA、SAS のいずれかを通して接続できます。記憶域スペースは、シン プロビジョニングや基礎となる物理メディアの故障に対する回復性といった強力な機能を備え、物理ディスクと同じように機能する仮想ディスク (スペース) も利用します。詳細については、「記憶域スペースの概要」をご覧ください。 Storage Spaces is a new storage solution that delivers virtualization capabilities for Windows Server 2012. Storage Spaces allow you to organize physical disks into storage pools, which can be easily expanded by simply adding disks. These disks can be connected either through USB, SATA or SAS. It also utilizes virtual disks (spaces), which behave just like physical disks, with associated powerful capabilities such as thin provisioning, as well as resiliency to failures of underlying physical media. For more information on Storage Spaces, see Storage Spaces Overview.

サポートされています。Supported. このトピックに記載されている物理ディスク タイプと同じ制限。Same restrictions as for physical disk types outlined in this topic.

サポートされています。このトピックに記載されている物理ディスク タイプと同じ制限。Supported. Same restrictions as for physical disk types outlined in this topic.

Resilient File System (ReFS)Resilient File System (ReFS)

ReFS は、NTFS の基礎に基づいて構築された Windows Server 2012 用の新しくエンジニアリングされたファイルシステムです。ReFS is a newly engineered file system for Windows Server 2012 that is built on the foundations of NTFS. ReFS では NTFS との高度な互換性を維持しながら、強化されたデータの検証および自動修正テクニック、また特に記憶域スペース機能と一緒に使用された場合の破損に対する統合されたエンドツーエンドの回復性を提供します。ReFS maintains high degree of compatibility with NTFS while providing enhanced data verification and auto-correction techniques as well as an integrated end-to-end resiliency to corruptions especially when used in conjunction with the storage spaces feature. ReFS の詳細については、「Resilient File System の概要」をご覧ください。For more information on ReFS, see Resilient File System Overview.

Exchange データベースファイル、ログファイル、およびコンテンツインデックス作成ファイルを含むボリュームでサポートされています。Supported for volumes containing Exchange database files, log files and content indexing files. Windows Server 2012 に展開する場合は、Windows Server 2012 に次の修正プログラムがインストールされていることを確認してください。If deploying on Windows Server 2012, ensure the following hotfixes are installed on Windows Server 2012:

ReFS は、OS ボリュームではサポートされていません。ReFS is not supported for OS volumes.

ベストプラクティス: Exchange データベース (.edb) ファイルまたはこれらのファイルをホストするボリュームに対して、データの整合性機能を無効にする必要があります。Best practice: Data integrity features must be disabled for the Exchange database (.edb) files or the volume that hosts these files.

Exchange データベースファイル、ログファイル、およびコンテンツインデックス作成ファイルを含むボリュームでサポートされています。Supported for volumes containing Exchange database files, log files and content indexing files. Windows Server 2012 に展開する場合は、Windows Server 2012 に次の修正プログラムがインストールされていることを確認してください。If deploying on Windows Server 2012, ensure the following hotfixes are installed on Windows Server 2012:

ReFS は、OS ボリュームではサポートされていません。ReFS is not supported for OS volumes.

ベストプラクティス: Exchange データベース (.edb) ファイルまたはこれらのファイルをホストするボリュームに対して、データの整合性機能を無効にする必要があります。Best practice: Data integrity features must be disabled for the Exchange database (.edb) files or the volume that hosts these files.

データ重複除去Data De-Duplication

データ重複除去は Windows Server 2012 の記憶域使用を最適化する新しいテクニックです。これはデータの再現性や整合性を損なうことなく重複を発見して除去する方法です。この目的は、ファイルを小さな可変サイズのチャンクに分割して、重複チャンクを特定し、各チャンクの単一コピーを維持することによって、より少ないスペースにより多くのデータを保存することです。チャンクの重複コピーは単一コピーへの参照に置き換えられ、チャンクはコンテナー ファイルにまとめられ、コンテナーはさらにスペースを最適化するために圧縮されます。Data deduplication is a new technique to optimize storage utilization for Windows Server 2012. It is a method of finding and removing duplication within data without compromising its fidelity or integrity. The goal is to store more data in less space by segmenting files into small variable-sized chunks, identifying duplicate chunks, and maintaining a single copy of each chunk. Redundant copies of the chunk are replaced by a reference to the single copy, the chunks are organized into container files, and the containers are compressed for further space optimization.

Exchange データベース ファイルに対するサポートなし。メモ: 完全にオフラインの Exchange データベース ファイル (バックアップやアーカイブ用) に対して使用できます。Not Supported for Exchange database files. Note: Can be used for Exchange database files that are completely offline (used as backups or archives).

Exchange データベース ファイルに対するサポートなし。メモ: 完全にオフラインの Exchange データベース ファイル (バックアップやアーカイブ用) に対して使用できます。Not Supported for Exchange database files. Note: Can be used for Exchange database files that are completely offline (used as backups or archives).