Exchange 2013 の Exchange 管理者センターExchange admin center in Exchange 2013

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Exchange 管理センター (EAC) は、オンプレミス、オンライン、およびハイブリッド Exchange 展開用に最適化された Microsoft Exchange Server 2013 の web ベースの管理コンソールです。The Exchange admin center (EAC) is the web-based management console in Microsoft Exchange Server 2013 that's optimized for on-premises, online, and hybrid Exchange deployments. EAC は、exchange 管理コンソール (EMC) と exchange コントロールパネル (ECP) を置き換えます。これは、Exchange Server 2010 を管理するために使用される2つのインターフェイスです。The EAC replaces the Exchange Management Console (EMC) and the Exchange Control Panel (ECP), which were the two interfaces used to manage Exchange Server 2010.

Web ベースの EAC が提供する利点の1つは、ECP IIS 仮想ディレクトリ内からインターネットとイントラネットへのアクセスを分割できることです。One advantage a web-based EAC provides is that you can partition Internet and intranet access from within the ECP IIS virtual directory. この機能を使用すると、エンドユーザーが Outlook Web App のオプションにアクセスできるようにする一方で、ユーザーが組織の外部から EAC にインターネットアクセスできるようにするかどうかを制御できます。With this functionality, you can control whether users are allowed to have Internet access to the EAC from outside of your organization, while still allowing an end user to access Outlook Web App Options. 詳細については、「Exchange 管理センターへのアクセスをオフにする」をご覧ください。For more information, see Turn off access to the Exchange admin center.

このトピックの Exchange Online バージョンについては、こちらを参照してください。Looking for the Exchange Online version of this topic? 「Exchange Online の exchange 管理センター」を参照してください。See Exchange admin center in Exchange Online.

このトピックの Exchange Online Protection バージョンについては、以下を参照してください。Looking for the Exchange Online Protection version of this topic? 「Exchange Online Protection の exchange 管理センター」を参照してください。See Exchange admin center in Exchange Online Protection.

コンテンツContents

Accessing the EACAccessing the EAC

Common user interface elements in the EACCommon user interface elements in the EAC

Supported browsersSupported browsers

EACへのアクセスについてAccessing the EAC

EAC は web ベースの管理コンソールになったので、ECP 仮想ディレクトリの URL を使用して、web ブラウザーからコンソールにアクセスする必要があります。Because the EAC is now a web-based management console, you'll need to use the ECP virtual directory URL to access the console from your web browser. ほとんどの場合、EAC の URL は次のようになります。In most cases the EAC's URL will look similar to the following:

  • **内部 url: https://<CASServerName>/ecp **: 内部 url は、組織のファイアウォール内から EAC へのアクセスに使用されます。Internal URL: https://<CASServerName>/ecp: The internal URL is used to access the EAC from within your organization's firewall.

  • **外部 url: https://mail.contoso.com/ecp **: 外部 url は、組織のファイアウォールの外部から EAC にアクセスするために使用されます。External URL: https://mail.contoso.com/ecp: The external URL is used to access the EAC from outside of your organization's firewall. 組織によっては、EAC への外部アクセスを無効にしたい場合があります。Some organizations may want to turn off external access to the EAC. 詳細については、「 Exchange 管理センターへのアクセスをオフにする」を参照してください。For details, see Turn off access to the Exchange admin center.

EAC の内部または外部 URL を検索するには、 get-ecpvirtualdirectoryコマンドレットを使用できます。To locate the internal or external URL for the EAC, you can use the Get-EcpVirtualDirectory cmdlet. 詳細については、「 Exchange 管理センターの内部 url と外部 url を検索する」を参照してください。For details, see Find the internal and external URLs for the Exchange admin center.

Exchange 2010 と Exchange 2013 を同じ組織で実行している共存シナリオで、メールボックスが依然として Exchange 2010 メールボックスサーバーに格納されている場合、ブラウザーは既定で Exchange 2010 ECP になります。If you're in a coexistence scenario, where you're running Exchange 2010 and Exchange 2013 in the same organization, and your mailbox is still housed on the Exchange 2010 Mailbox server, the browser will default to the Exchange 2010 ECP. EAC にアクセスするには、Exchange のバージョンを URL に追加します。You can access the EAC by adding the Exchange version to the URL. たとえば、クライアントアクセスサーバー CAS15 でホストされている仮想ディレクトリを持つ EAC にアクセスするには、次の URL https://CAS15-NA/ecp/?ExchClientVer=15を使用します。For example, to access the EAC whose virtual directory is hosted on the Client Access server CAS15-NA, use the following URL: https://CAS15-NA/ecp/?ExchClientVer=15. 逆に、Exchange 2010 ECP にアクセスし、メールボックスが Exchange 2013 メールボックスサーバー上に存在する場合は、次のhttps://CAS14-NA/ecp/?ExchClientVer=14URL を使用します。Conversely, if you want to access the Exchange 2010 ECP and your mailbox resides on an Exchange 2013 Mailbox server, use the following URL: https://CAS14-NA/ecp/?ExchClientVer=14.

EAC で共通のユーザー インターフェイス要素Common user interface elements in the EAC

ここでは、EAC 全体で共通のユーザー インターフェイス要素について説明します。The section describes the user interface elements that are common across the EAC.

Exchange 管理センターExchange admin center

クロスプレミスのナビゲーションCross-premises navigation

クロスプレミスのナビゲーションでは、Exchange Online 展開とオンプレミスの Exchange 展開を簡単に切り替えることができます。The cross-premises navigation allows you to easily switch between your Exchange Online and on-premises Exchange deployments. Exchange Online 組織がない場合は、リンクを使用して Office 365 サインアップページにジャンプします。If you don't have an Exchange Online organization, the link will direct you to the Office 365 sign-up page. 詳細については、「 Exchange Server のハイブリッド展開」を参照してください。To learn more, see Exchange Server Hybrid Deployments.

機能ウィンドウFeature pane

これは、EAC で実行するほとんどのタスクのナビゲーションの第1レベルです。This is the first level of navigation for most of the tasks that you'll perform in the EAC. 機能ウィンドウは、Exchange 2010 の EMC のコンソールツリーに似ています。The feature pane is similar to the console tree from the EMC in Exchange 2010. ただし、Exchange 2013 では、機能ウィンドウはサーバーの役割とは異なり機能領域によって構成されており、必要な情報を見つけるためのクリック回数は少なくなります。However, in Exchange 2013 the feature pane is organized by feature areas as opposed to server roles, and there are fewer clicks to find what you need.

  • 受信者: メールボックス、グループ、リソースメールボックス、連絡先、共有メールボックス、およびメールボックスの移行と移動を管理します。Recipients: This is where you'll manage mailboxes, groups, resource mailboxes, contacts, shared mailboxes, and mailbox migrations and moves.

  • アクセス許可: ここで、管理者の役割、ユーザーの役割、および Outlook Web App ポリシーを管理します。Permissions: This is where you'll manage administrator roles, user roles, and Outlook Web App policies.

  • コンプライアンス管理: インプレース電子情報開示、インプレース保持、監査、データ損失防止 (DLP)、保持ポリシー、保持タグ、およびジャーナルルールを管理します。Compliance management: This is where you'll manage In-Place eDiscovery, In-Place Hold, auditing, data loss prevention (DLP), retention policies, retention tags, and journal rules.

  • [組織]: フェデレーション共有、Outlook アプリ、アドレス一覧など、Exchange 組織に関連するタスクを管理します。Organization: This is where you'll manage the tasks that pertain to your Exchange Organization, including federated sharing, Outlook Apps, and address lists.

  • 保護: ここで、組織のマルウェア対策保護を管理します。Protection: This is where you'll manage anti-malware protection for your organization.

  • メールフロー: ルール、配信レポート、承認済みドメイン、電子メールアドレスポリシー、送信コネクタと受信コネクタを管理します。Mail flow: This is where you'll manage rules, delivery reports, accepted domains, email address policies, and send and receive connectors.

  • [ Mobile]: 組織への接続を許可するモバイルデバイスを管理します。Mobile: This is where you'll manage the mobile devices that you allow to connect to your organization. モバイル デバイスのアクセスおよびモバイル デバイス メールボックス ポリシーを管理できます。You can manage mobile device access and mobile device mailbox policies.

  • パブリックフォルダー: Exchange 2010 では、パブリックフォルダー管理コンソールを使用してパブリックフォルダーを管理する必要がありました。これは、ツールボックスの EMC の外部に配置されていました。Public folders: In Exchange 2010, you had to manage public folders by using the Public Folder Management Console, which was located outside of the EMC in the Toolbox. Exchange 2013 では、パブリックフォルダーはパブリックフォルダーの機能領域内から管理できます。In Exchange 2013, public folders can be managed from within the public folders feature area.

  • ユニファイドメッセージング: ここでは、um ダイヤルプランおよび um IP ゲートウェイを管理します。Unified Messaging: This is where you'll manage UM dial plans and UM IP gateways.

  • サーバー: ここで、メールボックスとクライアントアクセスサーバー、データベース、データベース可用性グループ (dag)、仮想ディレクトリ、および証明書を管理します。Servers: This is where you'll manage your Mailbox and Client Access servers, databases, database availability groups (DAGs), virtual directories, and certificates.

  • ハイブリッド: これで、ハイブリッド組織の設定と構成ができます。Hybrid: This is where you'll set up and configure a Hybrid organization.

タブTabs

タブは、ナビゲーションの第 2 階層になります。The tabs are your second level of navigation. 各機能領域にはさまざまなタブが含まれており、それぞれのタブは完全な機能を表しています。Each of the feature areas contains various tabs, each representing a complete feature. このルールの唯一の例外は、ハイブリッド機能の領域です。The only exception to this rule is the Hybrid feature area. ハイブリッド構成ウィザードを使用して、ハイブリッド展開用に組織を最初に有効にする必要があります。You must first enable your organization for a hybrid deployment by using the Hybrid Configuration wizard.

ツールバーToolbar

ほとんどのタブは、クリックするとツールバーが表示されます。ツールバーには、特定のアクションを実行する複数のアイコンがあります。次の表は、最も一般的なアイコンとそのアクションを示しています。アイコンに関連付けられたアクションを表示するには、そのアイコンにポインターを合わせます。When you click most tabs, you'll see a toolbar. The toolbar has icons that perform a specific action. The following table describes the most common icons and their actions. To display the action associated with an icon, simply hover over the icon.

IconIcon 名前Name ActionAction

Add Icon

追加、新規Add, New

このアイコンを使用して、新しいオブジェクトを作成します。Use this icon to create a new object. これらの一部のアイコンには下方向キーが関連付けられており、これをクリックして、作成可能な追加のオブジェクトを表示できます。Some of these icons have an associated down arrow you can click to show additional objects you can create. たとえば、 [受信者] > [メールボックス] では、下方向キーをクリックすると、追加オプションとして [ユーザー メールボックス] および [リンクされたメールボックス] が表示されます。For example, in Recipients > Mailboxes, clicking the down arrow displays User mailbox and Linked mailbox as additional options.

Edit icon

編集Edit

このアイコンを使用してオブジェクトを編集します。Use this icon to edit an object.

Delete icon

削除Delete

このアイコンを使用してオブジェクトを削除します。一部の削除アイコンには下方向キーがあり、これをクリックして追加オプションを表示できます。Use this icon to delete an object. Some delete icons have a down arrow you can click to show additional options.

Search icon

検索Search

このアイコンを使用して、検索するオブジェクトの検索文字列を入力できる検索ボックスを開きます。Use this icon to open a search box in which you can type the search phrase for an object you want to find. チェックアウト[受信者> ] 詳細検索オプションを選択します。Check out [Recipients > ] Advanced search for more search options.

Refresh Icon

最新の情報に更新Refresh

このアイコンを使用してリスト ビューを更新します。Use this icon to refresh the list view.

More Options Icon

その他のオプションMore options

このアイコンを使用して、そのタブのオブジェクトに対して実行できる他のアクションを表示します。Use this icon to view more actions you can perform for that tab's objects. たとえば、このアイコンを [受信者] > [メールボックス] でクリックすると、次のオプション ( [無効にする][列の追加/削除][データを CSV ファイルにエクスポートする][メールボックスの接続]、および [高度な検索]) が表示されます。For example, in Recipients > Mailboxes clicking this icon shows the following options: Disable, Add/Remove columns, Export data to a CSV file, Connect a mailbox, and Advanced search.

Up Arrow Icon   Down Arrow Icon

上方向キーと下方向キーUp arrow and down arrow

これらのアイコンを使用して、オブジェクトの優先度を上下に移動します。Use these icons to move an object's priority up or down. たとえば、メールフロー > 電子メールアドレスポリシーで、上矢印をクリックして、電子メールアドレスポリシーの優先度を上げます。For example, in Mail flow > Email address policies click the up arrow to raise the priority of an email address policy. これらの方向キーを使用してパブリック フォルダー階層を移動し、リスト ビューのルールを上下に移動できます。You can also use these arrows to navigate the public folder hierarchy and to move rules up or down in the list view.

Copy Icon

コピーCopy

このアイコンを使用して、オブジェクトをコピーし、元のオブジェクトを変更せずに変更できるようにします。Use this icon to copy an object so you can make changes to it without changing the original object. たとえば、 [アクセス許可] > [管理者の役割] でリスト ビューから役割を選択し、このアイコンをクリックすると、既存の役割グループを基にして新しい役割グループが作成されます。For example, in Permissions > Admin roles, select a role from the list view, and then click this icon to create a new role group based on an existing one.

Remove icon

削除Remove

このアイコンを使用して、リストからアイテムを削除します。Use this icon to remove an item from a list. たとえば、[パブリック フォルダー アクセス許可] ダイアログ ボックスでユーザーを選択し、このアイコンをクリックすることにより、パブリック フォルダーへのアクセスが許可されたユーザーの一覧からユーザーを削除できます。For example, in the Public Folder Permissions dialog box, you can remove users from the list of users allowed to access the public folder by selecting the user and clicking this icon.

リスト ビューList view

タブを選ぶと、通常、リスト ビューが表示されます。When you select a tab, in most cases you'll see a list view. EAC のリストビューは、ECP に存在した制限を削除するように設計されています。The list view in EAC is designed to remove limitations that existed in ECP. ECP で表示できるオブジェクトは最大500個ですが、詳細ウィンドウに表示されていないオブジェクトを表示する場合は、検索とフィルターのオプションを使用して特定のオブジェクトを見つける必要があります。ECP can only display up to 500 objects, and if you want to view objects that aren't listed in the details pane, you need to use search and filter options to find those specific objects. Exchange 2013 では、EAC リストビュー内からの表示可能制限は、社内展開および Exchange Online の1万オブジェクトの場合、約2万オブジェクトです。In Exchange 2013, the viewable limit from within the EAC list view is approximately 20,000 objects for on-premises deployments and 10,000 objects in Exchange Online. さらに、ページングが含まれているため、結果をページ分割できます。In addition, paging is included so you can page to the results. [受信者] リスト ビューで、ページ サイズを設定したり、データを CSV ファイルにエクスポートしたりすることもできます。In the Recipients list view, you can also configure page size and export the data to a CSV file.

詳細ウィンドウDetails pane

リスト ビューからオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトに関する情報が詳細ウィンドウに表示されます。When you select an object from the list view, information about that object is displayed in the details pane. 場合によっては (受信者オブジェクトの場合など)、詳細ウィンドウにクイック管理タスクが表示されます。In some cases (for example, with recipient objects) the details pane includes quick management tasks. たとえば、受信者 >のメールボックスに移動し、リストビューからメールボックスを選択すると、詳細ウィンドウに、そのメールボックスのアーカイブを有効または無効にするためのオプションが表示されます。For example, if you navigate to Recipients > Mailboxes and select a mailbox from the list view, the details pane displays an option to enable or disable the archive for that mailbox. 詳細ウィンドウを使用して、複数のオブジェクトを一括編集することもできます。The details pane can also be used to bulk edit several objects. CTRL キーを押して一括編集するオブジェクトを選択し、[詳細] ウィンドウのオプションを使用します。Simply press the CTRL key, select the objects you want to bulk edit, and use the options in the details pane. たとえば、複数のメールボックスを選択すると、ユーザーの連絡先と組織情報、カスタム属性、メールボックスクォータ、Outlook Web App 設定などを一括で更新することができます。For example, selecting multiple mailboxes allows you to bulk update users' contact and organization information, custom attributes, mailbox quota, Outlook Web App settings, and more.

通知Notifications

EAC には、実行時間の長いプロセスの状態を表示し、プロセスの完了時に通知を提供する通知ビューアーが含まれています。The EAC includes a notification viewer that displays the status of long-running processes and provides notifications when the process completes. また、特に長時間実行されているプロセス (移動要求など) については、メール通知を受信するようにオプトインできます。In addition, for particularly long-running processes (such as a move requests), you can opt-in to receive email notifications.

[自分] タイルとヘルプMe tile and Help

[自分] タイルでは、EAC からのサインアウトおよび他のユーザーとしてサインインが行えます。The Me tile allows you to sign out of the EAC and sign in as a different user. ヘルプアイコンのヘルプアイコンのドロップダウンメニューから、次の操作を実行できます。From the Help Help Icon drop-down menu, you can perform the following actions:

  • ヘルプ: ヘルプ![アイコン]の(images/JJ150562.a32eac4e-345d-4236-a284-204390aff4ee(EXCHG.150).gif "ヘルプアイコン")をクリックして、オンラインヘルプコンテンツを表示します。Help: Click Help Icon to view the online help content.

  • ヘルプバブルを無効にする: ヘルプバブルは、作成または編集時に、オブジェクトを作成するときに、フィールドのコンテキストヘルプを表示します。Disable Help bubble: The Help bubble displays contextual help for fields when you create or edit and object. ヘルプ バブルのヘルプをオフにしたり、無効になっている場合はオンにすることができます。You can turn off the Help bubble help or turn it on if it has been disabled.

  • [著作権とプライバシー]: [プライバシー] または [著作権] リンクをクリックして、Exchange 2013 の著作権およびプライバシーに関する情報を確認します。Copyright and Privacy: Click the privacy or copyright link to read the copyright and privacy information for Exchange 2013.

サポート対象ブラウザーSupported browsers

EAC での操作性を最高にするには、「プレミアム」と表示されているオペレーティング システムとブラウザーの組み合わせを使用してください。For the best experience with the EAC, use one of the operating system and browser combinations labeled "Premium".

注意

上記の表に記載されていないオペレーティング システムとブラウザーの組み合わせは、タッチ操作を含めて、サポートされません。Other operating system and browser combinations not listed in the table are unsupported, including touch.

  • Premium:: すべての機能機能がサポートされ、完全にテストされています。Premium:: All functional features are supported and fully tested.

  • Supported:: プレミアムと同じ機能がサポートれています。Supported:: Has same functional feature support as premium. ただし、サポート対象ブラウザーに機能がなく、ブラウザーとオペレーティング システムの組み合わせでサポートされないことがあります。However, supported browsers will be missing features that the browser and operating system combination doesn't support.

  • サポート外:: ブラウザーとオペレーティングシステムがサポートされていないか、テストされていません。Unsupported:: The browser and operating system isn't supported or tested.

Web ブラウザーWeb Browser

Windows XP および Windows Server 2003Windows XP and Windows Server 2003

Windows VistaWindows Vista

Windows 7 と Windows Server 2008Windows 7 and Windows Server 2008

Windows 8 と Windows Server 2012Windows 8 and Windows Server 2012

Mac OSXMac OSX

LinuxLinux

Internet Explorer 8Internet Explorer 8

サポートSupported

サポートSupported

PremiumPremium

サポート外Unsupported

サポート外Unsupported

サポート外Unsupported

Internet Explorer 9Internet Explorer 9

サポート外Unsupported

サポートSupported

PremiumPremium

サポート外Unsupported

サポート外Unsupported

サポート外Unsupported

Internet Explorer 10 以降Internet Explorer 10 or later

サポート外Unsupported

サポートSupported

PremiumPremium

PremiumPremium

サポート外Unsupported

サポート外Unsupported

Firefox 11 以降Firefox 11 or later

サポートSupported

サポートSupported

PremiumPremium

PremiumPremium

PremiumPremium

サポートSupported

Safari 5.1 以降Safari 5.1 or later

サポート外Unsupported

サポート外Unsupported

サポート外Unsupported

サポート外Unsupported

PremiumPremium

サポート外Unsupported

Chrome 18 またはそれ以降Chrome 18 or later

サポートSupported

サポートSupported

PremiumPremium

PremiumPremium

PremiumPremium

サポート外Unsupported