Exchange Server のサポート一覧Exchange Server Supportability Matrix

に適用されます: 2016年を Exchange Server 2007 の Exchange Server、Exchange Server 2010 では、Exchange Server 2013 年Applies to: Exchange Server 2007, Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016

この Exchange Server Server のサポート一覧は、サポートされる Microsoft Exchange のバージョンで、任意の構成で使用可能なサポート レベルや必要なコンポーネントに関する情報を Microsoft Exchange 管理者が容易に見つけることができるようにまとめたものです。The Exchange Server Supportability Matrix provides a central source for Microsoft Exchange administrators to easily locate information about the level of support available for any configuration or required component for supported versions of Microsoft Exchange.

リリース モデルRelease model

次の表では、サポートされている Exchange の各バージョンのリリース モデルを識別します。リリース モデルは、X の文字で識別されます。The following table identifies the release model for each supported version of Exchange. The release model is identified by an X character.

Exchange の Exchange 2013 より前のバージョンでは、各更新プログラムのロールアップ パッケージは、製品全体に関する累積更新プログラムとなります。このため、更新プログラムのロールアップ パッケージを Exchange Server 2010 に適用すると、その更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれるすべての修正が適用されます。これには、以前の更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれていたすべての修正が含まれます。Exchange の以前のバージョン用に更新プログラムまたは修正プログラムが作成される場合、その更新プログラムまたは修正プログラムに含まれる 1 つ以上のバイナリ ファイルは累積的です。ファイルの内容に関して累積的です。ただし、Exchange 製品全体に関して累積的ではありません。詳細については、「Exchange 2010 サービス」を参照してください。For versions of Exchange prior to Exchange 2013, each update rollup package is cumulative with regard to the whole product. Therefore, if you apply an update rollup package to Exchange Server 2010, you apply all the fixes contained in that update rollup package. This includes all the fixes contained in each earlier update rollup package. When an update or a hotfix for earlier versions of Exchange is created, one or more of the binary files included in the update or included in the hotfix are cumulative. They are cumulative with regard to the contents of the files. However, they aren't cumulative with regard to the whole Exchange product. For more information, see Exchange 2010 Servicing.

Exchange 2013 年には、修正プログラムを提供し、サービス ・ パックする方法を変更します。優先度中心の修正プログラムではなく解放および更新プログラムのロールアップのモデル、Exchange の以前のバージョンで使用されている Exchange 2013 およびそれ以降のバージョンが今すぐスケジュールに従った提供モデルに準拠します。このモデルでは、累積的な更新は 3 か月ごとに解放されます。製品のアップグレードや service pack のリリースのように、Exchange のバージョンの完全な更新としては、累積的な更新 (CU) およびそれ以降の Exchange 2013 が解放されます。詳細については、 Exchange 2013 の更新プログラムを参照してください。With Exchange 2013, we changed the way we deliver hotfixes and service packs. Instead of the priority-driven hotfix release and update rollup model used by previous versions of Exchange, Exchange 2013 and later versions now adhere to a scheduled delivery model. In this model, cumulative updates are released every three months. A cumulative update (CU) for Exchange 2013 and later is released as a full refresh of that version of Exchange, similar to a product upgrade or a service pack release. For more information, see Updates for Exchange 2013.

サービス リリース モデルServicing release model Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013Exchange 2013 Exchange 2010Exchange 2010

累積的な更新プログラムCumulative updates

XX

XX

更新プログラムのロールアップUpdate rollups

XX

セキュリティ修正プログラムを個別に配信Security Hotfixes delivered separately

XX

XX

サポート ライフサイクルSupport lifecycle

詳細については特定のバージョンのサポート ライフ サイクルの交換、または Microsoft Windows サーバーまたはクライアントのオペレーティング システムのマイクロソフト サポート ライフ サイクルページを参照してください。マイクロソフト サポート ライフ サイクルに関する詳細については、マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシーの FAQを参照してください。For more information about the support lifecycle for a specific version of Exchange, or of the Microsoft Windows server or client operating systems, see the Microsoft Support Lifecycle page. For more information about the Microsoft Support Lifecycle, see the Microsoft Support Lifecycle Policy FAQ.

Exchange Server 2007 サポート終了Exchange Server 2007 End-of life

Exchange 2007 には、2017 年 4 月 11日 1 つのマイクロソフト ライフ サイクル ポリシーでサポートの最後に到達しました。アラームを設定するには後、その日付が表示されません、新しいセキュリティ更新プログラム セキュリティ以外の更新を解放またはサポート オプションまたは技術的な内容の更新をオンラインに支払われます。さらに、Office 365 の導入を迅速化、クラウドの使用頻度が上がるように Office 製品のカスタム サポート オプションはできません。Exchange Server と Office スイートに含まれますSharePoint サーバーです。Office Communications Server です。Lync Server です。Skype ビジネス サーバーです。Project Server と Visio です。Exchange 2007 用のサポートの日付の最後に到達した、お客様の移行を完了し、プランをアップグレードするをお勧めします。マイクロソフトおよびマイクロソフト認定パートナーがMicrosoft FastTrackをクラウド移行、およびソフトウェア アシュアランスの導入とサービスの計画の設置などで提供されている展開のメリットを活用することをお勧めアップグレードします。Exchange 2007 reached end of support on April 11, 2017, per the Microsoft Lifecycle Policy. As a reminder, after that date there will be no new security updates, non-security updates, free or paid assisted support options or online technical content updates. Furthermore, as adoption of Office 365 accelerates and cloud usage increases, custom support options for Office products will not be available. This includes Exchange Server as well as Office Suites; SharePoint Server; Office Communications Server; Lync Server; Skype for Business Server; Project Server and Visio. Having reached the end of support date for Exchange 2007, we encourage customers to complete their migration and upgrade plans. We recommend customers to leverage deployment benefits provided by Microsoft and Microsoft Certified Partners including Microsoft FastTrack for cloud migrations, and Software Assurance Deployment & Planning Services for on-premises upgrades.

サポートされているオペレーティング システムのプラットフォームSupported operating system platforms

次の表は、Exchange の各バージョンが動作するオペレーティング システム プラットフォームを示しています。サポートされるプラットフォームは X で示しています。The following table identifies the operating system platforms on which each version of Exchange can run. Supported platforms are identified by an X character.

重要

以下の表に記載されていない Windows サーバーおよび Windows クライアントのリリースは、Exchange のいずれのバージョンおよびリリースでも使用できません。 Releases of Windows Server and Windows client that aren't listed in the table below are not supported for use with any version or release of Exchange.

オペレーティング システム プラットフォームOperating system platform Exchange 2016 CU3 以降Exchange 2016 CU3 and later Exchange 2016 CU2 以前Exchange 2016 CU2 and earlier Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 and later Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

Windows Vista SP2Windows Vista SP2

X1X1

Windows Server 2008 SP2Windows Server 2008 SP2

XX

Windows Server 2008 R2 SP1Windows Server 2008 R2 SP1

XX

XX

Windows 7 SP1Windows 7 SP1

X1X1

X1X1

Windows 8Windows 8

X1X1

X1X1

Windows 8.1Windows 8.1

X1X1

X1X1

X1X1

Windows 10Windows 10

X1X1

X1X1

Windows Server 2012Windows Server 2012

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2

XX

XX

XX

Windows Server 2016Windows Server 2016

XX

1Exchange 管理ツールのみ1Only for Exchange management tools

サポートされる Active Directory 環境Supported Active Directory environments

次の表は、Exchange の各バージョンが通信できる Active Directory 環境を示します。サポートされる環境は X で示しています。Active Directory サーバーとは、書き込み可能なグローバル カタログ サーバーと書き込み可能なドメイン コントローラーの両方を指します。読み取り専用グローバル カタログ サーバーと読み取り専用ドメイン コントローラーはサポートされていません。The following table identifies the Active Directory environments with which each version of Exchange can communicate. Supported environments are identified by an X character. An Active Directory server refers to both writable global catalog servers and to writable domain controllers. Read-only global catalog servers and read-only domain controllers aren't supported.

オペレーティング システム環境Operating system environment Exchange 2016 CU3 以降Exchange 2016 CU3 and later Exchange 2016 CU2 以前Exchange 2016 CU2 and earlier Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 and later Exchange 2010 の SP3 RU22 以降Exchange 2010 SP3 RU22 or later Exchange 2010 の SP3 RU5 - RU21Exchange 2010 SP3 RU5 - RU21

Windows Server 2003 SP2 Active Directory サーバーWindows Server 2003 SP2 Active Directory servers

XX

XX

XX

Windows Server 2008 SP2 Active Directory サーバーWindows Server 2008 SP2 Active Directory servers

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2008 R2 SP1 Active Directory サーバーWindows Server 2008 R2 SP1 Active Directory servers

XX

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2012 Active Directory サーバーWindows Server 2012 Active Directory servers

XX

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2012 R2 Active Directory サーバーWindows Server 2012 R2 Active Directory servers

XX

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2016 Active Directory サーバーWindows Server 2016 Active Directory servers

XX

XX

XX

XX

フォレストの機能レベルForest functional level Exchange 2016 CU3 以降Exchange 2016 CU3 and later Exchange 2016 CU2 以前Exchange 2016 CU2 and earlier Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 and later Exchange 2010 の SP3 RU22 以降Exchange 2010 SP3 RU22 or later Exchange 2010 の SP3 RU5 - RU21Exchange 2010 SP3 RU5 - RU21

Windows Server 2003 のフォレストの機能レベルWindows Server 2003 forest functional level

XX

XX

XX

Windows Server 2008 のフォレストの機能レベルWindows Server 2008 forest functional level

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2008 R2 SP1 のフォレストの機能レベルWindows Server 2008 R2 SP1 forest functional level

XX

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2012 のフォレストの機能レベルWindows Server 2012 forest functional level

XX

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2012 R2 のフォレストの機能レベルWindows Server 2012 R2 forest functional level

XX

XX

XX

XX

XX

Windows Server 2016 のフォレストの機能レベルWindows Server 2016 forest functional level

XX

XX

XX

XX

Outlook Web App または Outlook on the web のプレミアム バージョンで使用がサポートされる Web ブラウザーWeb browsers supported for use with the premium version of Outlook Web App or Outlook on the web

次の表に、プレミアム バージョンの Outlook Web App または Outlook on the web と組み合わせて使用するためにサポートされている Web ブラウザーを示します。サポートされているブラウザーは X で識別されます。The following table identifies the Web browsers supported for use together with the premium version of Outlook Web App or Outlook on the web. Supported browsers are identified by an X character.

ブラウザーBrowser Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 and later Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

Microsoft EdgeMicrosoft Edge

現在のリリースの Microsoft EdgeCurrent release of Microsoft Edge

該当なしN/A

該当なしN/A

Internet ExplorerInternet Explorer

現在のまたは 1 つ前のリリースの Internet ExplorerCurrent or immediately previous release of Internet Explorer

該当なしN/A

該当なしN/A

Internet Explorer 11Internet Explorer 11

XX

XX

Internet Explorer 10Internet Explorer 10

XX

XX

Internet Explorer 9Internet Explorer 9

XX

XX

Internet Explorer 8Internet Explorer 8

XX

XX

Internet Explorer 7Internet Explorer 7

XX

FirefoxFirefox

現在のまたは 1 つ前のリリースの FirefoxCurrent or immediately previous release of Firefox

該当なしN/A

該当なしN/A

Firefox 3.0.1 以降Firefox 3.0.1 or later

XX

Firefox 12 以降Firefox 12 or later

XX

XX

SafariSafari

現在のリリースの SafariCurrent release of Safari

該当なしN/A

該当なしN/A

Safari 3.1 以降Safari 3.1 or later

XX

Safari 5.0 以降Safari 5.0 or later

XX

XX

ChromeChrome

現在のリリースの ChromeCurrent release of Chrome

該当なしN/A

該当なしN/A

Chrome 3.0.195 またはそれ以降Chrome 3.0.195 or later

XX

Chrome 18 またはそれ以降Chrome 18 or later

XX

XX

ベーシック バージョンの Outlook Web App または Outlook on the web で使用するためにサポートされている Web ブラウザーWeb browsers supported for use with the basic version of Outlook Web App or Outlook on the web

次の表に、ライト (ベーシック) バージョンの Outlook Web App または Outlook on the web と組み合わせて使用するためにサポートされている Web ブラウザーを示します。サポートされているブラウザーは X で識別されます。The following table identifies the Web browsers supported for use together with the light (basic) version of Outlook Web App or Outlook on the web. . Supported browsers are identified by an X character.

注意

Outlook Web App 基本 (Outlook Web App のライト) がサポートされているモバイル ブラウザーで使用するためです。ただし、モバイル ブラウザーでレンダリングまたは認証の問題が発生した場合は、サポートされているブラウザーの完全なクライアントの Outlook Web App のライトを使用して問題を再現できるかどうかを確認します。たとえば、サファリ、クロム、または Internet Explorer で Outlook Web App のライトの使用をテストします。完全なクライアントの問題を再現できない場合は、ヘルプについては、モバイル デバイスの製造元に問い合わせることをお勧めします。これらの場合に、適切な仕入先と共同作業します。Outlook Web App Basic (Outlook Web App Light) is supported for use in mobile browsers. However, if rendering or authentication issues occur in a mobile browser, determine whether the issue can be reproduced by using Outlook Web App Light in the full client of a supported browser. For example, test the use of Outlook Web App Light in Safari, Chrome, or Internet Explorer. If the issue can’t be reproduced in the full client, we recommend that you contact the mobile device vendor for help. In these cases, we collaborate with the vendor as appropriate.

ブラウザーBrowser Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013Exchange 2013 Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

Microsoft EdgeMicrosoft Edge

現在のリリースの Microsoft EdgeCurrent release of Microsoft Edge

Internet ExplorerInternet Explorer

現在のまたは 1 つ前のリリースの Internet ExplorerCurrent or immediately previous release of Internet Explorer

該当なしN/A

該当なしN/A

Internet Explorer 11Internet Explorer 11

XX

XX

Internet Explorer 10Internet Explorer 10

XX

XX

Internet Explorer 9Internet Explorer 9

XX

XX

Internet Explorer 8Internet Explorer 8

XX

XX

Internet Explorer 7Internet Explorer 7

XX

XX

SafariSafari

現在のリリースの SafariCurrent release of Safari

XX

XX

FirefoxFirefox

現在のまたは 1 つ前のリリースの FirefoxCurrent or immediately previous release of Firefox

XX

XX

ChromeChrome

現在のリリースの ChromeCurrent release of Chrome

該当なしN/A

該当なしN/A

OperaOpera

XX

XX

Outlook Web App または Outlook on the web で S/MIME を使用するためにサポートされている Web ブラウザーWeb browsers supported for use of S/MIME with Outlook Web App or Outlook on the web

次の表に、Outlook Web App または Outlook on the web と組み合わせて S/MIME を使用するためにサポートされている Web ブラウザーを示します。サポートされているブラウザーは X で識別されます。The following table identifies the Web browsers supported for the use of S/MIME together with Outlook Web App or Outlook on the web. Supported browsers are identified by an X character.

ブラウザーBrowser Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 and later Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

Microsoft EdgeMicrosoft Edge

現在のリリースの Microsoft EdgeCurrent release of Microsoft Edge

Internet ExplorerInternet Explorer

現在のまたは 1 つ前のリリースの Internet ExplorerCurrent or immediately previous release of Internet Explorer

該当なしN/A

該当なしN/A

Internet Explorer 11Internet Explorer 11

XX

XX

Internet Explorer 10Internet Explorer 10

XX

XX

Internet Explorer 9Internet Explorer 9

XX

XX

Internet Explorer 8Internet Explorer 8

XX

Internet Explorer 7Internet Explorer 7

XX

クライアントClients

次の表は、Exchange の各バージョンとの使用がサポートされているメールボックス クライアントを示しています。サポートされるクライアントは X で示しています。The following table identifies the mailbox clients that are supported for use together with each version of Exchange. Supported clients are identified by an X character.

クライアントClient Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 and later Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

Outlook 2007Outlook 2007

X1X1

XX

Outlook 2010Outlook 2010

X4X4

X2X2

XX

Outlook 2013Outlook 2013

X4X4

XX

XX

Outlook 2016Outlook 2016

X4X4

XX

XX

Outlook for Mac for Office 365Outlook for Mac for Office 365

X4X4

XX

XX

Windows Phone 7Windows Phone 7

XX

XX

Windows Phone 7.5Windows Phone 7.5

XX

XX

Windows Phone 8Windows Phone 8

XX

XX

XX

Windows Phone 8.1Windows Phone 8.1

XX

XX

XX

Windows Mobile 10Windows Mobile 10

XX

XX

XX

Entourage 2008 (EWS)Entourage 2008 (EWS)

X3X3

X3X3

X3X3

1Outlook 2007 Service Pack 3 と最新の公開更新プログラムが必要です。1Requires Outlook 2007 Service Pack 3 and the latest public update.

2Outlook 2010 Service Pack 1 と最新の公開更新プログラムが必要です。2Requires Outlook 2010 Service Pack 1 and the latest public update.

3EWS のみ。Exchange 2010 で DAV はサポートされていません。3EWS only. There is no DAV support for Exchange 2010.

4最新の Office Service Pack と公開更新プログラムでサポートされます。4Supported with the latest Office service pack and public updates.

ツールTools

次の表は、Microsoft Exchange Inter-Organization Replication (組織間のレプリケーション) ツール (Exscfg.exe、Exssrv.exe) と一緒に使用できる Microsoft Exchange のバージョンを示しています。このツールは、Exchange 組織間のパブリック フォルダー情報 (空き時間情報を含む) をレプリケートするために使用します。詳細については、Microsoft Exchange Server の組織間のレプリケーションを参照してください。サポートされるバージョンは X で示しています。The following table identifies the version of Microsoft Exchange that can be used together with the Microsoft Exchange Inter-Organization Replication tool (Exscfg.exe; Exssrv.exe). The tool is used to replicate public folder information (including free/busy information) between Exchange organizations. For more information, see Microsoft Exchange Server Inter-Organization Replication. Supported versions are identified by an X character.

ツールTool Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 and later Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

Inter-Organization Replication (組織間のレプリケーション) ツールInter-Organization Replication tool

XX

Microsoft .NET FrameworkMicrosoft .NET Framework

次の表は、各バージョンの Exchange と共に使用できる Microsoft.NET Framework のバージョンを識別します。サポートされているバージョンは、X 文字で識別されます。The following table identifies the version of the Microsoft .NET Framework that can be used together with each version of Exchange. Supported versions are identified by an X character.

重要

以下の表に記載されていない .NET Framework のリリースは、どのバージョンとリリースの Exchange によっても一切サポートされていません。 これには, .NET Framework のマイナー修正レベルのリリースが含まれます。Releases of .NET Framework that aren't listed in the table below are not supported on any version or release of Exchange. This includes minor and patch-level releases of .NET Framework.

注意

サポートされていない CU から Exchange を現在の CU にアップグレードするときに、中間 CU が利用できない場合、まず Exchange でサポートされている最新バージョンの .NET にアップグレードして、その後すぐに現在の CU にアップグレードする必要があります。この方法では、Exchange サーバーを最新の状態およびサポートされている最新の CU 上で保つ必要がなくなるわけではありません。When upgrading Exchange from an unsupported CU to the current CU and no intermediate CUs are available, you should upgrade to the latest version of .NET that's supported by Exchange first and then immediately upgrade to the current CU. This method doesn't replace the need to keep your Exchange servers up to date and on the latest, supported, CU.
マイクロソフトは、この方法を使用すればアップグレードの失敗が発生しないとは主張しません。アップグレードに失敗した場合、Microsoft サポート サービスにお問い合わせいただく場合があります。 Microsoft makes no claim that an upgrade failure will not occur using this method, which may result in the need to contact Microsoft Support Services.

.NET Framework.NET Framework Exchange 2016 CU8 & CU9Exchange 2016 CU8 & CU9 Exchange 2016 CU5 - CU7Exchange 2016 CU5 - CU7 Exchange 2013 CU19 & CU20Exchange 2013 CU19 & CU20 Exchange 2013 CU16 - CU18Exchange 2013 CU16 - CU18 Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

.NET Framework 3.5.NET Framework 3.5

X1X1

.NET Framework 3.5 SP1.NET Framework 3.5 SP1

XX

.NET Framework 4.0.NET Framework 4.0

X1、2X1,2

.NET Framework 4.5.NET Framework 4.5

X1、2X1,2

.NET Framework 4.6.2.NET Framework 4.6.2

XX

XX

XX

XX

.NET Framework 4.7.1.NET Framework 4.7.1

XX

XX

1Windows Server 2012 を使用している場合は、Exchange 2010 SP3 を利用する前に, .NET Framework 3.5 をインストールする必要があります。1 If you are using Windows Server 2012, the .NET Framework 3.5 must be installed before you can use Exchange 2010 SP3.

2 つの Exchange 2010 では、.NET Framework 3.5 の .NET および.NET Framework 3.5 SP1 の .NET ライブラリのみを使用します。コンピューターにインストールされている場合、.NET Framework 4.5 の .NET ライブラリを使用しません。.NET Framework 3.5 の .NET または .NET の.NET Framework 3.5 SP1 がコンピューターにもインストールしている限りは、いずれかのメジャーまたはマイナー バージョン (たとえば、.NET の.NET Framework 4.5.1 .NET.NET Framework 4.5.2、や)、.NET.NET Framework 4.5 のインストールがサポートされます。2 Exchange 2010 uses only the .NET .NET Framework 3.5 and .NET .NET Framework 3.5 SP1 libraries. It doesn't use the .NET .NET Framework 4.5 libraries if they're installed on the computer. We support the installation of any major or minor version of .NET .NET Framework 4.5 (for example, .NET .NET Framework 4.5.1, .NET .NET Framework 4.5.2, and so on) as long as .NET .NET Framework 3.5 or .NET .NET Framework 3.5 SP1 are also installed on the computer.

Windows PowerShellWindows PowerShell

Exchange 2010 には、サポートされているすべてのオペレーティング システムに Windows PowerShell 2.0 が必要です。Exchange 2013 およびそれ以降のバージョンは、セットアップによって適用される前提条件の規則で指定しない限り、システムと共に出荷される PowerShell のバージョンを必要があります。Exchange は、PowerShell またはオペレーティング システムの任意のバージョンの Windows Management Framework のアドオンの使用をサポートしていません。サイド バイ サイドの操作をサポートして、PowerShell の他のインストールされているバージョンがある場合、Exchange は必要なバージョンのみを使用します。Exchange 2010 requires Windows PowerShell 2.0 on all supported operating systems. Exchange 2013 and later versions require the version of PowerShell that is shipped together with the system, unless otherwise specified by a Setup-enforced prerequisite rule. Exchange does not support the use of the Windows Management Framework add-ons on any version of PowerShell or operating system. If there are other installed versions of PowerShell that support side-by-side operation, Exchange will use only the version that it requires.

Microsoft 管理コンソールMicrosoft Management Console

次の表は、Exchange の各バージョンと一緒に使用できる Microsoft 管理コンソール (MMC) のバージョンを示したものです。サポートされるバージョンは X で示しています。The following table identifies the version of Microsoft Management Console (MMC) that can be used together with each version of Exchange. Supported versions are identified by an X character.

MMCMMC Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 or later Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

MMC 3.0MMC 3.0

XX

XX

XX

Windows インストーラーWindows Installer

次の表は、Exchange の各バージョンと一緒に使用できる Windows インストーラーのバージョンを示したものです。サポートされるバージョンは X で示しています。The following table identifies the version of Windows Installer that is used together with each version of Exchange. Supported versions are identified by an X character.

Windows インストーラーWindows Installer Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013 SP1 以降Exchange 2013 SP1 and later Exchange 2010 SP3Exchange 2010 SP3

Windows インストーラー 4.5Windows Installer 4.5

XX

XX

XX

Windows インストーラー 5.0Windows Installer 5.0

XX

XX