セットアップ ウィザードを使用した Exchange 2013 のインストール

製品: Exchange Server 2013

このトピックでは、Microsoft Exchange Server 2013 セットアップ ウィザードを使用して Exchange 2013 メールボックスとクライアント アクセスの役割をコンピューターにインストールする方法について説明します。 2013 年の計画と展開の詳細については、「Exchange展開」を参照してください

Exchange 2013 エッジ トランスポートの役割をコンピューターにインストールする場合は、「セットアップ ウィザードを使用してExchange 2013エッジ トランスポートの役割をインストールする」を参照してください。 エッジ トランスポートの役割は、メールボックスまたはクライアント アクセス サーバーの役割と同じコンピューターにインストールできません。

ヒント

Exchange Server 展開アシスタントについて聞いたことがありますか。これは、いくつかの質問を通して特別にカスタマイズされた展開チェックリストを作成することにより、組織への Exchange 2013 の迅速な展開を支援する無料のオンライン ツールです。この詳細については、「Exchange Server 展開アシスタント」にアクセスしてください。

注意

Exchange 2013 を実行しているコンピューターにサーバーの役割をインストールした後、Exchange 2013 セットアップ ウィザードを使用して、このコンピューターにサーバーの役割を追加することはできません。 コンピューターにサーバーの役割を追加する場合は、コントロール パネルから [プログラムの追加と削除] を使用するか、コマンド プロンプト ウィンドウから Setup.exeを使用する必要があります。

インストール後に完了するタスクの詳細については、「Exchange 2013のインストール後のタスク」を参照してください。

はじめに把握しておくべき情報

  • 予想所要時間 : 60 分

  • 2013 年にリリース ノートをインストールする前に、必ずExchangeしてください。 詳細については、「リリース ノートfor Exchange 2013」を参照してください

  • 各組織では、Active Directory フォレスト内に最低でも 1 つのクライアント アクセス サーバーと 1 つのメールボックス サーバーが必要です。また、メールボックス サーバーを含む各 Active Directory サイトには、クライアント アクセス サーバーが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。サーバーの役割を分離している場合は、最初にメールボックス サーバーの役割をインストールすることをお勧めします。

  • Exchange 2013 をインストールするコンピューターには、サポートされているオペレーティング システム (service Pack 1 (SP1) または Windows Server 2012 を含む Windows Server 2008 R2 など)、十分なディスク領域、Active Directory ドメインのメンバーであり、その他の要件を満たしている必要があります。 システム要件の詳細については、「Exchange 2013 システム要件」を参照してください

  • 2013 Exchangeセットアップを実行するには、Microsoft .NET Framework 4.5、Windows Management Framework 3.0、その他の必要なソフトウェアをインストールする必要があります。 すべてのサーバー の役割の前提条件を理解するには、「2013 Exchangeを参照してください

  • 次の手順を実行するには、これまでに Active Directory スキーマを準備していない場合、使用するアカウントに Schema Admins グループのメンバーシップが委任されていることを確認する必要があります。 組織に最初の 2013 Exchangeサーバーをインストールする場合は、使用するアカウントに管理者グループのメンバーシップEnterprise必要があります。 スキーマを既に準備済みで、組織に最初の Exchange 2013 サーバーをインストールしていない場合、使用するアカウントは Exchange 2013 組織管理役割グループのメンバーである必要があります。

    委任セットアップ役割グループのメンバーである管理者は、組織の管理管理役割グループのメンバーによって以前にプロビジョニングされた Exchange 2013 サーバーを展開できます。

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。

警告

サーバーに Exchange をインストールした後は、サーバー名を変更しないでください。Exchange のサーバーの役割をインストールした後でサーバーの名前を変更することは、サポートされていません。

インストール Exchange Server 2013

組織に最初の Exchange 2013 サーバーをインストールし、Active Directory の準備手順が実行されていない場合は、使用するアカウントに Enterprise Administrators グループのメンバーシップが必要です。 Active Directory スキーマを準備していない場合、使用するアカウントは Schema Admins グループのメンバーである必要があります。 Active Directory for Exchange 2013 の詳細については、「Prepare Active Directory and domains」を参照してください。 スキーマと Active Directory の準備手順をすでに実行している場合、使用するアカウントは Delegated Setup 管理の役割グループまたは Organization Management の役割グループのメンバーである必要があります。

注意

2013 年 2013 年Exchange最新バージョンをダウンロードするには、「Updates for Exchange 2013」を参照してください。

  1. 2013 年にインストールするコンピューターにログオンExchangeします。

  2. 2013 インストール ファイルのネットワークExchangeに移動します。

  3. ダブルクリックExchange 2013 セットアップを開始するSetup.exe

    重要

    ユーザー アクセス制御 (UAC) が有効になっている場合は、右クリックして [管理者として実行] Setup.exe を選択する必要があります

  4. [更新 プログラムの確認] ページ で、セットアップをインターネットに接続し、2013 年の製品およびセキュリティ更新プログラムをダウンロードするかどうかをExchangeします。 [インターネットに接続して更新プログラムを確認する] を選択すると、セットアップ プログラムは更新プログラムをダウンロードし、それらを適用してから処理を続行します。 [後で更新プログラムを確認する] を選択すると、後から手動で更新プログラムをダウンロードしてインストールできます。 今すぐ更新プログラムをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。 続行するには、 [次へ] をクリックします。

  5. [概要] ページで、組織への Exchange のインストール プロセスを開始します。このページの指示に従ってインストールを行います。コンテンツの展開に役に立ついくつかのリンクが一覧表示されます。セットアップを続行する前にこれらのリンクにアクセスすることをお勧めします。続行するには、 [次へ] をクリックします。

  6. [使用許諾契約書] ページで、ソフトウェア ライセンス条項を確認します。条項に同意する場合は、 [使用許諾契約書に同意します] をクリックしてから、 [次へ] をクリックします。

  7. [推奨の設定] ページで、推奨設定を使用するかどうかを選択します。 [推奨の設定を使用] を選択した場合は、コンピューター ハードウェアに関するエラー レポート/情報およびユーザーによる Exchange の使用状況が、Exchange により Microsoft に自動的に送信されます。 [推奨の設定を使用しない] を選択した場合、これらの設定は無効のままになりますが、セットアップが完了した後にいつでも有効にできます。これらの設定および Microsoft に送信された情報がどのように使用されるかに関する詳細については、 [?] をクリックしてください。

  8. [サーバー の役割の選択] ページで、メールボックスの役割、クライアント アクセスの役割、両方の役割、または管理ツールをこのコンピューターにインストールするかどうかを選択します。 このインストール中にサーバーの役割をインストールしない場合は、後で追加のサーバー の役割を追加できます。 組織には、少なくとも 1 つのメールボックス役割と少なくとも 1 つのクライアント アクセス サーバーの役割がインストールされている必要があります。 同じコンピューターまたは個別のコンピューターにインストールできます。 いずれかのサーバーの役割をインストールすると、管理ツールが自動的にインストールされます。

    セットアップ ウィザードを使用して必要な Windows の前提条件をインストールするには、 [Exchange Server のインストールに必要な Windows Server の役割と機能を自動的にインストールする] を選択します。Windows の一部の機能のインストールを完了するには、コンピューターの再起動が必要となることがあります。このオプションを選択しない場合、Windows 機能を手動でインストールする必要があります。

    注意

    このオプションは Exchange で必要とされる Windows 機能のみをインストールします。 他の前提条件は手動でインストールする必要があります。 詳細については、「2013 Exchange」を参照してください

    続行するには、 [次へ] をクリックします。

  9. [インストール容量とインストール先] ページで、既定のインストール先を使用するか、 [参照] をクリックして新しいインストール先を選択します。Exchange のインストール先に使用可能なディスク容量が十分にあることを確認します。続行するには、 [次へ] をクリックします。

  10. 組織の最初のサーバー Exchange場合は、[組織] ページで、組織のExchangeを入力Exchangeします。 組織Exchangeには、次の文字のみを含めることができます。

    • このコンピューターが組織内の最初の exExchange2k10 サーバーである場合は、[Exchange 組織] ページで exExchangeNoVersion 組織の名前を入力します。exExchangeNoVersion 組織の名前には、以下の文字のみを含めることができます。

    • A ~ Z

    • a ~ z

    • 0 ~ 9

    • スペース (先頭または末尾を除く)

      注意

      組織名の長さは、64 文字以下です。組織名を省略 (空白に) することはできません。

    Active Directory 分割型アクセス許可モデルを使用する場合は、[Active Directory 分割型アクセス許可セキュリティモデルを Exchange 組織に適用する] を選択します。

    警告

    大半の組織では、Active Directory 分割型アクセス許可モデルを適用する必要はありません。Active Directory セキュリティ プリンシパルと Exchange の構成の管理を分ける必要がある場合は、役割ベースのアクセス制御 (RBAC) 分割型アクセス許可が有用です。詳細については、[?] をクリックしてください。

    続行するには、[次へ] をクリックします。

  11. メールボックスの役割をインストールする場合は、[マルウェア保護]ページで設定スキャンを有効または無効にするかどうかを選択します。 マルウェアのスキャンは、無効にしても後から有効にすることができます。 続行するには、[次へ] をクリックします。

  12. [インストールの前提条件の確認] ページで、状態を表示して、組織およびサーバーの役割の前提条件の確認が正しく完了したかどうかを確認します。 正常に完了していない場合は、2013 年にインストールする前に、報告されたエラー Exchange必要があります。 前提条件のエラーを解決しているときに、セットアップを終了する必要はありません。 報告されたエラーを解決したら [戻る] をクリックし、その後 [次へ] をクリックして、前提条件の確認を再度実行します。 報告された警告も確認してください。 すべての準備チェックが正常に完了した場合は、[次へ] を クリックして 2013 Exchangeします。

  13. [完了] ページで、 [終了] をクリックします。

  14. 2013 のインストールがExchangeコンピューターを再起動します。

  15. 2013 年 2013年のインストール後タスクでExchangeタスクを実行して、展開を完了します。

正常な動作を確認する方法

2013 年 2013 年に正常にインストールされたことを確認Exchange、「2013年のインストールExchange確認する」を参照してください。

問題がある場合は、Exchange のフォーラムで質問してください。次のフォーラム、Exchange Server にアクセスしてください。

探しているものは見つかりましたか?別の情報をお探しの場合は、検索しようとした情報に関するフィードバックを送信してください。