Exchange 2013 での IPv6 サポートIPv6 support in Exchange 2013

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

インターネット プロトコル Version 6 (IPv6) は、インターネット プロトコル (IP) の最新バージョンです。IPv6 は、以前のバージョンの IP である IPv4 の多くの短所を取り除くことを目的としています。Internet Protocol version 6 (IPv6) is the most recent version of the Internet Protocol (IP). IPv6 is intended to correct many of the shortcomings of IPv4, which was the previous version of the IP.

Microsoft Exchange Server 2013 では、IPv6 がサポートされるのは、IPv4 もインストールされ、有効になっている場合のみです。In Microsoft Exchange Server 2013, IPv6 is supported only when IPv4 is also installed and enabled. この構成で Exchange 2013 が展開されており、ネットワークが IPv4 と IPv6 をサポートしている場合、すべての Exchange サーバーは、IPv6 アドレスを使用するデバイス、サーバー、およびクライアントとの間でデータを送受信することができます。If Exchange 2013 is deployed in this configuration, and the network supports IPv4 and IPv6, all Exchange servers can send data to and receive data from devices, servers, and clients that use IPv6 addresses.

このトピックでは、Exchange 2013 の IPv6 アドレス指定について説明します。This topic discusses IPv6 addressing in Exchange 2013. IPv6 に関するその他の背景情報については、 ipv6を参照してください。For additional background information about IPv6, see IPv6.

Exchange 2013 コンポーネントの IPv6 サポートIPv6 support in Exchange 2013 components

次の表では、IPv6 の影響を受ける Exchange 2013 のコンポーネントについて説明します。The following table describes the components in Exchange 2013 that are affected by IPv6.

Exchange 2013 の機能と IPv6Exchange 2013 features and IPv6

機能Feature IPv6 サポートIPv6 supported CommentsComments

接続フィルター エージェントの IP 許可一覧と IP 禁止一覧IP Allow list and IP Block list in the Connection Filtering agent

ありYes

接続フィルター エージェントの IP 許可一覧プロバイダーと IP 禁止一覧プロバイダーIP Allow List providers and IP Block List providers in the Connection Filtering agent.

いいえNo

現在、IPv6 アドレスを検索するための業界標準プロトコルとして、広く受け入れられているものはありません。ほとんどの IP 禁止一覧プロバイダーは、IPv6 アドレスをサポートしていません。受信コネクタで不明 IPv6 アドレスからの匿名接続を許可すると、スパムの発信者が IP 禁止一覧プロバイダーをバイパスし、組織にスパムを送り込むことに成功する危険性が高くなります。Currently, there is no widely accepted industry standard protocol for looking up IPv6 addresses. Most IP Block List providers don't support IPv6 addresses. If you allow anonymous connections from unknown IPv6 addresses on a Receive connector, you increase the risk that spammers will bypass IP Block List providers and successfully deliver spam into your organization.

プロトコル分析エージェントにおける送信者評価Sender reputation in the Protocol Analysis agent

いいえNo

プロトコル分析エージェントは、IPv6 送信者から発信されたメッセージの送信者評価レベル (SRL) を計算しません。The Protocol Analysis agent doesn't compute the sender reputation level (SRL) for messages that originate from IPv6 senders. 送信者評価の詳細については、「送信者評価とプロトコル分析エージェント」を参照してください。For more information about sender reputation, see Sender reputation and the Protocol Analysis agent.

Sender IDSender ID

ありYes

詳細については、「 Sender ID」を参照してください。For more information, see Sender ID.

受信コネクタReceive connectors

ありYes

IPv6 アドレスは、次のコンポーネントで使用できます。IPv6 addresses are accepted for the following components:

  • ローカル IP アドレスのバインドLocal IP address bindings

  • リモート IP アドレスRemote IP addresses

  • IP アドレスの範囲IP address ranges

不明な IPv6 アドレスからの匿名接続を受け付けないように受信コネクタを構成することを強くお勧めします。IPv6 アドレスを使用している送信者からのメールを受信する必要がある組織の場合、その送信者が使用している特定の IPv6 アドレスのみにリモート IP アドレスを制限する、専用の受信コネクタを作成してください。We strongly recommend against configuring Receive connectors to accept anonymous connections from unknown IPv6 addresses. If your organization must receive mail from senders who use IPv6 addresses, create a dedicated Receive connector that restricts the remote IP addresses to the specific IPv6 addresses that those senders use.

詳細については、「受信コネクタ」を参照してください。For more information, see Receive connectors.

送信コネクタSend connectors

ありYes

IPv6 アドレスは、次のコンポーネントで使用できます。IPv6 addresses are accepted for the following components:

  • スマート ホストの IP アドレスSmart host IP addresses

  • エッジ トランスポート サーバー上に構成されている送信コネクタの SourceIPAddress パラメーターThe SourceIPAddress parameter for Send connectors configured on Edge Transport servers

注意

SourceIPAddress パラメーターに IPv6 アドレスを指定する場合は、DNS の適切な AAAA レコードとメール交換 (MX) レコードが正しく構成されていることを確認してください。If you want to specify an IPv6 address for the SourceIPAddress parameter, make sure that the appropriate DNS AAAA and mail exchange (MX) records are configured correctly. この構成は、リモート メッセージング サーバーが指定された IPv6 アドレスに対してどのような種類の逆引き参照テストを試みた場合でも、メッセージが確実に配信される助けになります。This helps ensure message delivery if a remote messaging server tries any kind of reverse lookup test on the specified IPv6 address.

詳細については、「送信コネクタ」を参照してください。For more information, see Send connectors.

受信メッセージの各種制限値Incoming message rate limits

PartialPartial

受信コネクタに対して設定できる、MaxInboundConnectionPercentagePerSource パラメーター、MaxInboundConnectionPerSource パラメーター、TarpitInterval パラメーターなどの受信メッセージの各種制限値は、グローバル IPv6 アドレスにのみ適用されます。Incoming message rate limits that you can set on a Receive connector, such as the MaxInboundConnectionPercentagePerSource parameter, the MaxInboundConnectionPerSource parameter, and the TarpitInterval parameter, only apply to a global IPv6 address. リンクローカル IPv6 アドレスとサイトローカル IPv6 アドレスは、指定された受信メッセージの各種制限値によって影響されません。Link local IPv6 addresses and site local IPv6 addresses aren't affected by any specified incoming message rate limits.

ユニファイド メッセージングUnified Messaging

ありYes

詳細については、「ユニファイドメッセージングでの IPv6 サポート」を参照してください。For more information, see IPv6 support in Unified Messaging.

データベース可用性グループ (DAG) のメンバーDatabase availability group (DAG) member

ありYes

静的 IPv6 アドレスは、Windows Server およびクラスターサービスでサポートされています。Static IPv6 addresses are supported by Windows Server and the Cluster service. ただし、静的 IPv6 アドレスを使用すると、ベスト プラクティスに従わないことになります。However, using static IPv6 addresses goes against best practices. Exchange 2013 は、セットアップ中の静的 IPv6 アドレスの構成をサポートしていません。Exchange 2013 doesn't support the configuration of static IPv6 addresses during setup.

フェールオーバー クラスターでは、ISATAP (Intra-site Automatic Tunnel Addressing Protocol) がサポートされます。この場合、DNS への動的な登録を許可する IPv6 アドレスのみがサポートされます。クラスター内ではリンクローカル アドレスを使用できません。Failover clusters support Intra-site Automatic Tunnel Addressing Protocol (ISATAP). They support only IPv6 addresses that allow for dynamic registration in DNS. Link local addresses can't be used in a cluster.

DAG ネットワーク要件の詳細については、 "「" 高可用性とサイトの復元の計画」の「ネットワーク要件」セクションを参照してください。For more information about DAG network requirements, see the "Network requirements" section in Planning for high availability and site resilience.

オペレーティング システムでプロトコルを有効または無効にするEnable or disable protocols in the operating system

Exchange 2013 サーバーは、IPv6 ネットワークを完全にサポートします。Exchange 2013 servers fully support IPv6 networks. したがって、IPv6 を使用していなくても、Exchange サーバーで IPv6 を無効にする必要はありません。Therefore, even if you aren't using IPv6, you don't need to disable IPv6 on your Exchange servers.

Exchange 2013 で IPv6 をサポートするには、すべての Exchange 2013 サーバー上に IPv4 がインストールされ、有効化されている必要があります。IPv6 support in Exchange 2013 requires IPv4 to be installed and enabled on all Exchange 2013 servers. Exchange 2013 サーバーから IPv4 をアンインストールすることはサポートされていません。Uninstalling IPv4 from your Exchange 2013 servers isn't supported.

Microsoft Windows での IPv6 サポートの詳細については、「 ipv6 For Microsoft windows: よく寄せられる質問」を参照してください。To learn more about IPv6 support in Microsoft Windows, see IPv6 for Microsoft Windows: Frequently Asked Questions.

IPv6 アドレスの基本IPv6 address basics

IPv6 アドレスの長さは 128 ビットです。このアドレスは、コロン形式 16 進表記法を使用して表されます。コロン形式 16 進表記法は、16 ビットが 8 つある、4 桁の 16 進数をコロン (:) で区切ることにより、128 ビットのアドレスを表現します。コロン形式 16 進表記法の IPv6 アドレスの例は、2001:0DB8:0000:0000:02AA:00FF:C0A8:640A のようになります。An IPv6 address is 128-bits long. The address is described by using colon-hexadecimal notation. Colon-hexadecimal notation describes the 128-bit address by using eight 16-bit, 4-digit hexadecimal numbers separated by the colon character (:). An example of an IPv6 address in colon-hexadecimal notation is 2001:0DB8:0000:0000:02AA:00FF:C0A8:640A.

IPv6 アドレスは、以下の方法を使用して表現できます。You can express an IPv6 address by using the following methods:

  • 先頭に 0を付けないようにします。 IPv6 アドレスでは、8つの4桁の16進数のうちのいずれかを省略できます。Suppress leading zeros: You can omit the leading zeros in any of the eight 4-digit hexadecimal numbers in an IPv6 address.

  • 二重コロン圧縮: 2 つのコロン (::) を使用できます。すべての0を含む連続する16ビットの16進数値を表します。Double-colon compression: You can use two colons (::) to represent contiguous 16-bit hexadecimal digits that contain all zeros. すべてが 0 の 16 進数は、IPv6 アドレスの先頭、中間、または末尾に存在する場合があります。These all-zero digits may exist at the beginning, middle, or end of the IPv6 address. 二重コロンによる要約は、1 つの IPv6 アドレス内で 1 回のみ使用できます。You can only use double-colon compression one time in an IPv6 address.

  • 末尾のドット形式10進表記法: IPv6 アドレスの最後の32ビットは、8ビットの10進数をピリオド (.) で区切り、ドット形式10進表記法で表現できます。Trailing dotted-decimal notation: You may express the last 32 bits at the end of an IPv6 address in dotted-decimal notation by separating the 8-bit digits with a period (.). 末尾のドット形式 10 進表記法は、IPv4 と互換性のあるアドレスでよく使用されます。Trailing dotted-decimal notation is frequently used with IPv4-compatible addresses.

次の表に、IPv6 アドレスの表記法と、同じものを IPv6 アドレスの構文で表記した例を示します。The following table provides examples of the IPv6 address notation and the equivalent IPv6 address syntax.

IPv6 アドレスの表記法と構文IPv6 address notation and syntax

IPv6 アドレスの表記法IPv6 address notation IPv6 アドレスの構文IPv6 address syntax

完全な IPv6 アドレスFull IPv6 address

2001: 0DB8: 0000: 0000: 02AA: 00FF: C0A8: 640A2001:0DB8:0000:0000:02AA:00FF:C0A8:640A

先頭側にある 0 の省略を使用した IPv6 アドレスIPv6 address that uses suppressed leading zeros

2001年: DB8: 0: 0: 2AA: FF: C0A8: 640A2001:DB8:0:0:2AA:FF:C0A8:640A

二重コロンによる要約を使用した IPv6 アドレスIPv6 address that uses double-colon compression

2001年: DB8:: 2AA: FF: C0A8: 640A2001:DB8::2AA:FF:C0A8:640A

末尾のドット形式 10 進表記法を使用した IPv6 アドレスIPv6 address that uses trailing dotted-decimal notation

2001年: DB8:: 2AA: FF: 192.168.100.102001:DB8::2AA:FF:192.168.100.10

IPv6 アドレスは、以下の種類に分類されます。IPv6 addresses are categorized into the following types:

  • ユニキャストアドレス: 1 つのインターフェイスにパケットが配信されます。Unicast address: A packet is delivered to one interface.

  • マルチキャストアドレス: パケットは複数のインターフェイスに配信されます。Multicast address: A packet is delivered to multiple interfaces.

  • エニィキャストアドレス: パケットは、複数のインターフェイスの中で最も近いものに配信されます。Anycast address: A packet is delivered to the nearest of multiple interfaces. インターフェイス間の距離は、ルーティング コストによって定義されます。The distance between interfaces is defined by the routing cost.

IPv6 ユニキャスト アドレスには以下のスコープを指定できます。IPv6 unicast addresses have the following possible scopes:

  • リンクローカル: IPv6 アドレスのスコープは、ローカルサブネットです。Link local: The scope of the IPv6 address is the local subnet. IPv6 リンクローカル アドレスは、自動プライベート IP アドレス指定 (APIPA) で使用される IPv4 リンクローカル アドレスと互換性があります。IPv6 link local addresses are comparable to IPv4 link local addresses used in Automatic Private IP Addressing (APIPA).

  • サイトローカル: IPv6 アドレスのスコープは、ローカル組織です。Site local: The scope of the IPv6 address is the local organization. サイトローカル アドレスは、RFC 3879 で廃止され、RFC 4193 で定義された一意のローカル アドレスに置き換えられました。Site local addresses were deprecated by RFC 3879 and replaced by unique local addresses as defined in RFC 4193. IPv6 サイトローカル アドレスと IPv6 一意ローカル アドレスは、IPv4 プライベート IP アドレスと互換性があります。IPv6 site local addresses and IPv6 unique local addresses are comparable to IPv4 private IP addresses.

  • Global: IPv6 アドレスのスコープは、世界全体です。Global: The scope of the IPv6 address is the whole world. IPv6 グローバル アドレスは、IPv4 パブリック IP アドレスと互換性があります。IPv6 global addresses are comparable to IPv4 public IP addresses.

次の表は、IPv4 の要素と IPv6 の要素を比較したものです。The following table provides a comparison of IPv4 elements and IPv6 elements.

IPv4 と IPv6 の要素の比較IPv4 vs. IPv6 elements

アイテムItem IPv4IPv4 IPv6IPv6

プライベート IP アドレスPrivate IP address

10.0.0.0/810.0.0.0/8

172.16.0.0/12172.16.0.0/12

192.168.0.0/16192.168.0.0/16

FD00::/8FD00::/8

リンクローカル アドレスLink local address

169.254.0.0/16169.254.0.0/16

FE80::/64FE80::/64

ループバック アドレスLoopback address

127.0.0.1127.0.0.1

:: 1::1

不明アドレスUnspecified address

0.0.0.00.0.0.0

::

アドレス解決Address resolution

アドレス解決プロトコル (ARP)Address Resolution Protocol (ARP)

近隣探索 (ND)Neighbor Discovery (ND)

ドメイン ネーム システム (DNS) のホスト名解決Domain Name System (DNS) host name resolution

アドレス レコード (A レコード)Address record (A record)

AAAA レコードまたは A6 レコードAAAA record or A6 record

IPv6 アドレスの詳細については、「 Ipv6 アドレスの種類」を参照してください。For more information about IPv6 addressing, see IPv6 Address Types.

サポートされる IPv6 の入力形式Supported IPv6 Address Input Formats

Exchange 2013 では、次の種類の IPv6 アドレスの入力形式がサポートされています。The following types of IPv6 address input formats are supported in Exchange 2013:

  • 単一の IPv6 アドレスA single IPv6 address

  • IPv6 アドレスの範囲An IPv6 address range

  • サブネット マスクを指定した IPv6 アドレスAn IPv6 address together with a subnet mask

  • クラスレス ドメイン間ルーティング (CIDR) 表記法でサブネット マスクを指定した IPv6 アドレスAn IPv6 address together with a subnet mask that uses Classless Interdomain Routing (CIDR) notation

次の表に、Exchange 2013 で使用可能な IPv6 アドレス入力形式の例を示します。The following table provides examples of the acceptable IPv6 address input formats in Exchange 2013.

IPv6 アドレスの例IPv6 address examples

種類Type IPv6 アドレスの例Example of an IPv6 address

単一のアドレスSingle address

2001年: DB8:: 2AA: FF: C0A8: 640A2001:DB8::2AA:FF:C0A8:640A

アドレスの範囲Address range

2001年: DB8:: 2AA: FF: C0A8: 640A-2001: DB8:: 2AA: FF: C0A8: 64142001:DB8::2AA:FF:C0A8:640A-2001:DB8::2AA:FF:C0A8:6414

サブネット マスクを指定したアドレスAddress together with subnet mask

2001年: DB8:: 2AA: FF: C0A8: 640A (FFFF: FFFF: FFFF: FFFF::)2001:DB8::2AA:FF:C0A8:640A(FFFF:FFFF:FFFF:FFFF::)

CIDR 表記法でサブネット マスクを指定したアドレスAddress together with subnet mask that uses CIDR notation

2001年: DB8:: 2AA: FF: C0A8: 640A/642001:DB8::2AA:FF:C0A8:640A/64

Exchange 2013 では、次の入力形式がサポートされています。In Exchange 2013, the following input formats are supported:

  • 先頭側にある 0 の省略Suppression of leading zeros

  • 二重コロンによる要約Double-colon compression

  • 末尾のドット形式 10 進表記法Trailing dotted-decimal notation