Office 365 を使用してメールを送信するように多機能デバイスまたはアプリケーションをセット アップする方法How to set up a multifunction device or application to send email using Office 365

前提条件: Office 365 サブスクリプション、Exchange Online プランPrerequisites: Office 365 Subscription, Exchange Online Plan

この記事では、すべてのメールボックスが Office 365 にある場合に、デバイスやビジネス アプリケーションからメールを送信する方法について説明します。たとえば、次のような場合です。This article explains how you can send email from devices and business applications when all of your mailboxes are in Office 365. For example:

  • スキャナーがあり、スキャンしたドキュメントを自分自身または他のユーザーに電子メールで送信する。You have a scanner, and you want to email scanned documents to yourself or someone else.

  • 予定を管理する基幹業務 (LOB) アプリケーションで、予定時間になったらクライアントにメールでアラームを送信する必要がある。You have a line-of-business (LOB) application that manages appointments, and you want to email reminders to clients of their appointment time.

注意

2018 年 9 月 1 日以降、Office 365 では、メールを送信するデバイスやアプリケーションに影響を与える可能性のある SMTP クライアント送信 (SMTP 認証送信とも呼ばれます) の変更が徐々に展開されています。Beginning September 1st, 2018, Office 365 is slowly rolling out changes to SMTP client submission (also known as SMTP Authenticated Submission), which may affect your devices and your applications that send emails. 詳細については、サポート技術情報の記事「SMTP 認証送信クライアントプロトコルの強化」を参照してください。For more information, see the KB article Improvements to the SMTP Authenticated Submission client protocol.

このオプションは、ほとんどの使用例をサポートしており、設定も最も簡単です。次のような場合にこのオプションを選択します。This option supports most usage scenarios and it's the easiest to set up. Choose this option when:

  • サード パーティでホストされるアプリケーション、サービス、デバイスからメールを送信する必要がある。You want to send email from a third-party hosted application, service, or device.

  • 組織の内外のユーザーにメールを送信する必要がある。You want to send email to people inside and outside your organization.

デバイスまたはアプリケーションを構成するには、SMTP クライアントの送信エンドポイント smtp.office365.com を使用して、Office 365 に直接接続します。To configure your device or application, connect directly to Office 365 using the SMTP client submission endpoint smtp.office365.com.

各デバイス/アプリケーションは、Office 365 で認証できる必要があります。Each device/application must be able to authenticate with Office 365. Office 365 での認証に使用されるアカウントのメール アドレスが、デバイス/アプリケーションからのメッセージの送信者として表示されます。The email address of the account that's used to authenticate with Office 365 will appear as the sender of messages from the device/application.

SMTP クライアントでの送信をセットアップする方法How to set up SMTP client submission

\*\*取扱説明書に従って\*\*、デバイスまたはアプリケーションで以下の設定を直接入力します (この記事とは異なる用語が使用されている場合があります)。ご使用環境が SMTP クライアントでの送信の要件を満たしている限り、以下の設定によってお使いのデバイスやアプリケーションからメールを送信できます。Enter the following settings directly on your device or in the application **as their guide instructs** (it might use different terminology than this article). As long as your scenario meets the requirements for SMTP client submission, the following settings will enable you to send email from your device or application.
デバイスやアプリケーションの設定Device or Application setting Value
サーバーまたはスマート ホストServer/smart host smtp.office365.comsmtp.office365.com
ポートPort ポート 587 (推奨) またはポート 25Port 587 (recommended) or port 25
TLS/StartTLSTLS/StartTLS EnabledEnabled
ユーザー名/メール アドレスとパスワードUsername/email address and password 使用中のホストされるメールボックスのサインイン資格情報を入力します。Enter the sign in credentials of the hosted mailbox being used

詳細については、次のセクションを展開してください。For more information, expand the following sections.

TLS とその他の暗号化オプションTLS and other encryption options

デバイス ガイドを確認するか、ベンダーに問い合わせて、デバイスがサポートする TLS のバージョンを判断します。Determine what version of TLS your device supports by checking the device guide or with the vendor. デバイスやアプリケーションで TLS 1.2 以上がサポートされていない場合は、以下の手順に従ってください。If your device or application does not support TLS 1.2 or above:

  • 代わりに、直接送信 (オプション 2) または Office 365 SMTP リレー (オプション 3) を使用して、メールを送信します (要件によって異なります)。Use direct send (Option 2) or Office 365 SMTP relay (Option 3) for sending mail instead (depending on your requirements).

  • SMTP クライアントでの送信を使用することが不可欠であり、プリンターが SSL 3.0 のみをサポートしている場合は、間接的な SMTP クライアントでの送信と呼ばれる代替の構成を設定できます。この構成では、ローカルの SMTP リレー サーバーを使用して Office 365 に接続します。この場合、設定はさらに複雑になります。手順については、「Office 365 との中継用に IIS を構成する方法」を参照してください。If it is essential to use SMTP client submission and your printer only supports SSL 3.0, you can set up an alternative configuration called Indirect SMTP client submission. This uses a local SMTP relay server to connect to Office 365. This is a much more complex setup. Instructions can be found here: How to configure IIS for relay with Office 365.

注意

デバイスでポート 465 が推奨されているか、既定になっている場合は、SMTP クライアント送信はサポートされません。If your device recommends or defaults to port 465, it does not support SMTP client submission.

SMTP クライアントでの送信のしくみHow SMTP client submission works

次の図は、お客様の環境の概要を示しています。The following diagram gives you a conceptual overview of what you're environment will look like.

多機能プリンターが SMTP クライアント送信を使用して Office 365 に接続する方法を示しています。

SMTP クライアント送信の機能Features of SMTP client submission

  • SMTP クライアント送信では、組織内のユーザーだけでなく、社外のユーザーに電子メールを送信できます。SMTP client submission allows you to send email to people in your organization as well as outside your company.

  • この方法では、組織内のユーザーに送信される電子メールのスパム チェックのほとんどを省略できます。これにより、会社の IP アドレスがスパム リストによってブロックされるのを防ぐことができます。This method bypasses most spam checks for email sent to people in your organization. This can help protect your company IP addresses from being blocked by a spam list.

  • この方法を使用すると、組織の (オンプレミス) ネットワークまたは Microsoft Azure などのサードパーティのクラウド ホスティング サービスを含む、任意の場所や IP アドレスからメールを送信できます。With this method, you can send email from any location or IP address, including your (on-premises) organization's network, or a third-party cloud hosting service, like Microsoft Azure.

SMTP クライアント送信の要件Requirements for SMTP client submission

  • 認証: デバイス上で電子メールを送信するには、ユーザー名とパスワードを構成できる必要があります。Authentication: You must be able to configure a user name and password to send email on the device.

  • メールボックス: メールの送信元となる、ライセンスのある Office 365 メールボックスが必要です。Mailbox: You must have a licensed Office 365 mailbox to send email from.

  • トランスポート層セキュリティ (TLS): デバイスで TLS バージョン 1.2 以上を使用できる必要があります。Transport Layer Security (TLS): Your device must be able to use TLS version 1.2 and above.

  • ポート: ポート 587 (推奨) またはポート 25 は必須です。これをネットワーク上でブロックしないようにする必要があります。Port: Port 587 (recommended) or port 25 is required and must be unblocked on your network. 一部のネットワーク ファイアウォールまたは ISP では、ポート (特にポート 25) をブロックをします。Some network firewalls or ISPs block ports, especially port 25.

  • DNS: DNS 名として smtp.office365.com を使用する必要があります。DNS: You must use the DNS name smtp.office365.com. IP アドレスはサポートされていませんので、Office 365 サーバーの IP アドレスを使用しないでください。Do not use an IP address for the Office 365 server, as IP Addresses are not supported.

注意

TLS については、「Exchange Online で電子メール接続をセキュリティで保護するために Office 365 で TLS を使用する方法」を参照してください。Cipher Suite Ordering を使った Exchange Online による TLS の使用方法に関する詳しい技術情報については、「Enhancing mail flow security for Exchange Online (Exchange Online のメール フロー セキュリティを強化する)」を参照してください。For information about TLS, see How Exchange Online uses TLS to secure email connections in Office 365 and for detailed technical information about how Exchange Online uses TLS with cipher suite ordering, see Enhancing mail flow security for Exchange Online.

SMTP クライアント送信の制限事項Limitations of SMTP client submission

デバイスで複数の Office 365 メールボックスのログイン資格情報を保存できる場合を除き、1 つのメール アドレスからのみメールを送信できます。Office 365 では、1 分あたりの送信メッセージ数の上限は 30、1 日あたりの受信者数の上限は 10,000 に設定されています。You can only send from one email address unless your device can store login credentials for multiple Office 365 mailboxes. Office 365 imposes a limit of 30 messages sent per minute, and a limit of 10,000 recipients per day.

オプション 2: プリンターやアプリケーションから Office 365 に直接、メールを送る (直接送信)Option 2: Send mail directly from your printer or application to Office 365 (direct send)

次のような場合にこのオプションを選択します。Choose this option when:

  • SMTP クライアントでの送信 (オプション 1) が業務上のニーズに対応していないか、使用中のデバイスと互換性がない。SMTP client submission (Option 1) is not compatible with your business needs or with your device.

  • 自分の組織内で、Office 365 のメールボックスを持っている受信者にのみメッセージを送信する必要があり、組織外のユーザーにメールを送信する必要がない。You only need to send messages to recipients in your own organization who have mailboxes in Office 365; you don't need to send email to people outside of your organization.

直接送信が最適な選択になるその他の例:Other scenarios when direct send may be your best choice:

  • デバイスやアプリケーションで各ユーザーのメール アドレスから送信する必要があり、SMTP クライアントでの送信を使用するために各ユーザーのメールボックスの資格情報を構成したくない場合。直接送信では、組織内の各ユーザーは自分のアドレスを使ってメールを送信できます。You want your device or application to send from each user's email address and do not want each user's mailbox credentials configured to use SMTP client submission. Direct send allows each user in your organization to send email using their own address.

    すべてのユーザーに対してメールボックス所有者として送信するアクセス許可を使用して 1 つのメールボックスを使用することは避けてください。この方法は、複雑になり、問題が発生する可能性があるため、サポートされていません。
    Avoid using a single mailbox with Send As permissions for all your users. This method is not supported because of complexity and potential issues.

  • バルク メールやニュースレターを送信する場合。この場合、Office 365 では、SMTP クライアントでの送信を使用することができません。直接送信では、大量のメッセージを送信することができます。You want to send bulk email or newsletters. Office 365 does not allow you to do this via SMTP client submission. Direct send allows you to send a high volume of messages.

    メールが、Office 365によって迷惑メールとしてマークされるリスクがあることに注意してください。Note that there is a risk of your email being marked as spam by Office 365. バルク メール プロバイダーの協力を得るとよいでしょう。You might want to enlist the help of a bulk email provider to assist you. たとえば、ベスト プラクティスを実践するための支援を提供したり、ドメインや IP アドレスがインターネット上の他のユーザーによってブロックされないようにサポートしたりしています。For example, they'll help you adhere to best practices, and can help ensure that your domains and IP addresses are not blocked by others on the internet.

直接送信の設定Settings for direct send

デバイスやアプリケーションで以下の設定を直接入力します。Enter the following settings on the device or in the application directly.

デバイスやアプリケーションの設定Device or application setting Value
サーバーまたはスマート ホストServer/smart host MX エンドポイント (例: contoso-com.mail.protection.outlook.com)Your MX endpoint, for example, contoso-com.mail.protection.outlook.com
ポートPort ポート 25Port 25
TLS/StartTLSTLS/StartTLS 有効Enabled
電子メール アドレスEmail address Office 365 承認済みドメインの 1 つのメール アドレス。このメール アドレスに、メールボックスがある必要はありません。Any email address for one of your Office 365 accepted domains. This email address does not need to have a mailbox.

メッセージが迷惑メールとしてフラグ設定されることを避けるには、SPF レコードを追加することをお勧めします。静的 IP アドレスから送信している場合は、次のようにドメイン レジストラーの DNS の設定で、SPF レコードに静的 IP アドレスを追加します。We recommend adding an SPF record to avoid having messages flagged as spam. If you are sending from a static IP address, add it to your SPF record in your domain registrar's DNS settings as follows:

DNS エントリDNS entry Value
SPFSPF v=spf1 ip4:<Static IP Address> include:spf.protection.outlook.com ~all

直接送信の詳しい手順Step-by-step instructions for direct send

  1. デバイスやアプリケーションが静的パブリック IP アドレスから送信できる場合は、この IP アドレスを取得し、それをメモします。他のデバイスやユーザーと静的 IP アドレスを共有できますが、社外のユーザーと IP アドレスを共有しないでください。デバイスやアプリケーションで動的または共有 IP アドレスから送信することもできますが、メッセージはスパム フィルター処理の影響を受けやすくなります。If your device or application can send from a static public IP address, obtain this IP address and make a note of it. You can share your static IP address with other devices and users, but don't share the IP address with anyone outside of your company. Your device or application can send from a dynamic or shared IP address but messages are more prone to antispam filtering.

  2. Office 365 へのサインインSign in to Office 365.

  3. ドメイン (例: contoso.com) が選択されていること確認します。Make sure your domain (for example, contoso.com) is selected. [DNS の管理] をクリックして、MX レコードを見つけます。Click Manage DNS and find the MX record. MX レコードには、次のスクリーンショットに示されているように、 contoso-com.mail.protection.outlook.com のような [ポイント先のアドレス] 値が含まれています。The MX record will have a POINTS TO ADDRESS value that looks similar to cohowineinc-com.mail.protection.outlook.com as depicted in the following screenshot. MX レコードの [ポイント先のアドレス] の値を書き留め、そしてそれを XM エンドポイントとして参照します。Make a note of the MX record POINTS TO ADDRESS value, which we refer to as your MX endpoint.

    MX レコードのポイント先アドレスの値を書き留めておいてください。

  4. デバイスに戻り、通常は [サーバー] または [スマート ホスト] という名称の設定で、手順 3 で記録した MX レコードの [ポイント先のアドレス] の値を入力します。Go back to the device, and in the settings, under what would normally be called Server or Smart Host, enter the MX record POINTS TO ADDRESS value you recorded in step 3.

    : IP アドレスはサポートされていませんので、Office 365 サーバー接続用の IP アドレスを使用しないでください。Note: Do NOT use an IP address for the Office 365 server connection, as IP addresses are not supported.

  5. デバイスの設定を構成したら、ドメイン レジストラーの Web サイトに移動して DNS レコードを更新します。Sender Policy Framework (SPF) レコードを編集します。エントリに、手順 1 で記録した IP アドレスを含めます。完成した文字列は次のようになります。Now that you are done configuring your device settings, go to your domain registrar's website to update your DNS records. Edit your sender policy framework (SPF) record. In the entry, include the IP address that you noted in step 1. The finished string looks similar to this:

    v=spf1 ip4:10.5.3.2 include:spf.protection.outlook.com ~all

    ここで、10.5.3.2 はご使用のパブリック IP アドレスです。where 10.5.3.2 is your public IP address.

    注意

    この手順をスキップすると、メールは受信者の迷惑メール フォルダーに送信される可能性があります。Skipping this step might cause email to be sent to recipients' junk mail folders.

  6. 構成をテストするには、デバイスまたはアプリケーションからテスト電子メールを送信し、受信者が受信したことを確認します。To test the configuration, send a test email from your device or application, and confirm that the recipient received it.

直接送信の動作のしくみHow direct send works

次の図では、組織のネットワーク内のデバイスやアプリケーションが、直接送信と、Office 365 メール交換 (MX) エンドポイントを使用して、組織内の受信者にメールを送信しています。MX エンドポイントを参照する必要がある場合、Office 365 では簡単に見つけることができます。In the following diagram, the application or device in your organization's network uses direct send and your Office 365 mail exchange (MX) endpoint to email recipients in your organization. It's easy to find your MX endpoint in Office 365 if you need to look it up.

多機能プリンターが Office 365 MX エンドポイントを使用して、組織内の受信者にのみ電子メールを直接送信する方法を示しています。

Office 365 に直接メールを送信するようにデバイスを構成できます。直接送信を使用すると、メールは組織で Office 365 メールボックスを持つ受信者に中継されます。直接送信は、Office 365 のメールボックスを持つ外部受信者にも使用できます。 お持ちのデバイスが Office 365 メールボックスを持っていない受信者宛てにメールの中継を試みると、メールは拒否されます。You can configure your device to send email direct to Office 365. Use direct send to relay email to recipients with Office 365 mailboxes in your organization. Direct send also works for external recipients with mailboxes in Office 365. If your device uses direct send to try to relay an email for a recipient who doesn't have an Office 365 mailbox, the email will be rejected.

注意

デバイスやアプリケーションがメール サーバーとして動作し Office 365 や他のメール プロバイダーにメッセージを配信する機能を持っている場合には、このシナリオ例で Office 365 の設定は必要ありません。If your device or application has the ability to act as a email server to deliver messages to Office 365 as well as other email providers, there are no Office 365 settings needed for this scenario. 詳細については、デバイスまたはアプリケーションの操作手順を参照してください。Consult your device or application instructions for more information.

直接送信の機能Features of direct send

  • Office 365 を使用してメールを送信しますが、専用の Office 365 メールボックスは必要ありません。Uses Office 365 to send emails, but does not require a dedicated Office 365 mailbox.

  • デバイスやアプリケーションに静的 IP アドレスは必要ありません。ただし、可能な場合はこれが推奨されます。Doesn't require your device or application to have a static IP address. However, this is recommended if possible.

  • コネクタでは動作しません。直接送信でコネクタを使用するようにデバイスを構成しないでください。これによって問題が発生する可能性があります。Doesn't work with a connector; never configure a device to use a connector with direct send, this can cause problems.

  • デバイスで TLS をサポートしている必要ありません。Doesn't require your device to support TLS.

直接送信では、SMTP クライアントでの送信よりも送信に関する制限値が高くなっています。送信者は、1 分あたり 30 件のメッセージ、1 日あたり 10,000 人の受信者という制限を受けません。Direct send has higher sending limits than SMTP client submission. Senders are not bound by the 30 messages per minute or 10,000 recipients per day limit.

直接送信の要件Requirements for direct send

  • ポート: ポート 25 が必要で、ネットワーク上でこれがブロック解除されている必要があります。Port: Port 25 is required and must be unblocked on your network.

  • 静的 IP アドレスを推奨: 自分のドメインの SPF レコードを作成できるようにするには、静的 IP アドレスの使用をお勧めします。Static IP address is recommended: A static IP address is recommended so that an SPF record can be created for your domain. これにより、メッセージにスパムとしてフラグが付くのを回避できます。This helps avoid your messages being flagged as spam.

  • ライセンス付きの Office 365 メールボックスは必要ありません。Does not require an Office 365 mailbox with a license.

直接送信の制限事項Limitations of direct send

  • 直接送信は、Yahoo や Gmail のアドレスを持つ受信者などの外部の受信者に電子メールを配信するために使用することはできません。Direct send cannot be used to deliver email to external recipients, for example, recipients with Yahoo or Gmail addresses.

  • メッセージはスパム対策チェックの対象になります。Your messages will be subject to antispam checks.

  • IP アドレスがスパム リストによってブロックされている場合、送信されたメールが中断する可能性があります。Sent mail might be disrupted if your IP addresses are blocked by a spam list.

  • Office 365 では、サービスのパフォーマンスを保護するために調整ポリシーを使用します。Office 365 uses throttling policies to protect the performance of the service.

オプション 3: Office 365 の SMTP リレーを使用してメールを送信するようにコネクタを構成するOption 3: Configure a connector to send mail using Office 365 SMTP relay

このオプションは、他のオプションよりも実装が困難です。次のような場合のみこのオプションを選択します。This option is more difficult to implement than the others. Only choose this option when:

  • SMTP クライアントでの送信 (オプション 1) が業務上のニーズに対応していないか、使用中のデバイスと互換性がない。SMTP client submission (Option 1) is not compatible with your business needs or with your device

  • 外部の受信者にメールを送信する必要があるため、直接送信 (オプション 2) を使用できない。 You can't use direct send (Option 2) because you must send email to external recipients.

SMTP リレーでは、パブリック IP アドレスまたは TLS 証明書で構成されたコネクタを使用して、Office 365 によって自動的にメールを中継できます。SMTP relay lets Office 365 relay emails on your behalf by using a connector that's configured with your public IP address or TLS a certificate. コネクタを設定するので、このオプションはより複雑になります。Setting up a connector makes this a more complicated option.

Office 365 の SMTP リレーの設定Settings for Office 365 SMTP relay

デバイスやアプリケーションの設定Device or application setting Value
サーバーまたはスマート ホストServer/smart host MX エンドポイント (例: yourdomain-com.mail.protection.outlook.com)Your MX endpoint, e.g. yourdomain-com.mail.protection.outlook.com
ポートPort ポート 25Port 25
TLS/StartTLSTLS/StartTLS 有効Enabled
電子メール アドレスEmail address Office 365 確認済みドメイン内のいずれかのメール アドレス。Any email address in one of your Office 365 verified domains. この電子メール アドレスにはメールボックスは必要ありません。This email address does not need a mailbox.

オンプレミスの組織から Office 365 (ハイブリッド環境など) にメッセージを配信するように構成されているコネクタが既にある場合、おそらく Office 365 SMTP リレー専用のコネクタを作成する必要はないでしょう。If you already have a connector that's configured to deliver messages from your on-premises organization to Office 365 (for example, a hybrid environment), you probably don't need to create a dedicated connector for Office 365 SMTP relay. コネクタを作成する必要がある場合は、次の設定を使用してこのシナリオをサポートします。If you need to create a connector, use the following settings to support this scenario:

コネクタの設定Connector setting Value
送信元From 組織の電子メール サーバーYour organization's email server
宛先To Office 365Office 365
ドメインの制約事項:IP アドレスまたはアドレスの範囲Domain restrictions: IP address/range デバイスやアプリケーションが Office 365 に接続するために使用するオンプレミスの IP アドレスまたはアドレスの範囲Your on-premises IP address or address range that the device or application will use to connect to Office 365

メッセージが迷惑メールとしてフラグ設定されることを避けるには、SPF レコードを追加することをお勧めします。静的 IP アドレスから送信している場合は、次のようにドメイン レジストラーの DNS の設定で、SPF レコードに静的 IP アドレスを追加します。We recommend adding an SPF record to avoid having messages flagged as spam. If you are sending from a static IP address, add it to your SPF record in your domain registrar's DNS settings as follows:

DNS エントリDNS entry Value
SPFSPF v=spf1 ip4:<Static IP Address> include:spf.protection.outlook.com ~all

SMTP リレーの詳細な構成手順Step-by-step configuration instructions for SMTP relay

  1. デバイスやアプリケーションが送信に使用するパブリック (静的) IP アドレスを取得します。動的 IP アドレスは、サポートも許可もされていません。他のデバイスやユーザーと静的 IP アドレスを共有できますが、社外のユーザーと IP アドレスを共有しないでください。後で使用するためにこの IP アドレスをメモしておきます。Obtain the public (static) IP address that the device or application with send from. A dynamic IP address isn't supported or allowed. You can share your static IP address with other devices and users, but don't share the IP address with anyone outside of your company. Make a note of this IP address for later.

  2. Office 365 へのサインインSign in to Office 365.

  3. [ ドメイン] を選択します。contoso.com などの自分のドメインが選択されていることを確認します。[ DNS の管理] をクリックし、MX レコードを検索します。MX レコードには、次のスクリーンショットに示されているように、cohowineinc-com.mail.protection.outlook.com などの ポイント先のアドレス値が含まれています。MX レコードの ポイント先のアドレス値をメモします。後でこの値が必要になります。Select Domains. Make sure your domain, such as contoso.com, is selected. Click Manage DNS and find the MX record. The MX record will have a POINTS TO ADDRESS value that looks similar to cohowineinc-com.mail.protection.outlook.com as depicted in the following screenshot. Make a note of the MX record POINTS TO ADDRESS value. You'll need this later.

    MX レコードのポイント先アドレスの値を書き留めておいてください。

  4. アプリケーションやデバイスが送信する宛先のドメインが確認済みであることを確認します。ドメインが確認されていない場合、メールが失われる可能性があり、Exchange Online のメッセージ追跡ツールでメールを追跡できません。Check that the domains that the application or device will send to have been verified. If the domain is not verified, emails could be lost, and you won't be able to track them with the Exchange Online message trace tool.

  5. Office 365 で、[ 管理] をクリックし、[ Exchange] をクリックして Exchange 管理センターに移動します。In Office 365, click Admin, and then click Exchange to go to the Exchange admin center.

  6. Exchange 管理センターで、[メール フロー] > [コネクタ] の順に選択します。In the Exchange admin center, go to Mail flow > Connectors.

  7. 組織用に設定するコネクタのリストを確認します。Check the list of connectors set up for your organization. 組織のメール サーバーから Office 365 へのコネクタがリストにない場合は、コネクタを作成します:If there is no connector listed from your organization's email server to Office 365, create one:

    1. ウィザードを開始するには、プラス記号 [ +] をクリックします。 最初の画面で、次のスクリーンショットに示されているオプションを選択します。To start the wizard, click the plus symbol +. On the first screen, choose the options that are depicted in the following screenshot:

      差出人として [組織のメール サーバー] を、宛先として [Office 365] を選択する

      \*\*[次へ]\*\* をクリックして、コネクタに名前を付けます。Click **Next**, and give the connector a name.
    2. 次の画面で、[送信側サーバーの IP アドレスが、組織に属するこれらの IP アドレスのいずれかに一致することを確認する] オプションを選択し、手順 1 でメモした IP アドレスを追加します。On the next screen, choose the option By verifying that the IP address of the sending server matches one of these IP addresses that belong to your organization, and add the IP address from step 1.

    3. 他のフィールドはすべて既定値のままにして、[保存] を選択します。Leave all the other fields with their default values, and select Save.

  8. これで Office 365 設定の構成が完了しました。次にドメイン レジストラーの Web サイトに移動して DNS レコードを更新します。Now that you are done with configuring your Office 365 settings, go to your domain registrar's website to update your DNS records. SPF レコードを編集します。Edit your SPF record. 手順 1 で書き留めた IP アドレスを含めます。Include the IP address that you noted in step 1. 完成した文字列は、v=spf1 ip4:10.5.3.2 include:spf.protection.outlook.com ~all のようになります。ここで、10.5.3.2 は実際のパブリック IP アドレスです。The finished string should look similar to this v=spf1 ip4:10.5.3.2 include:spf.protection.outlook.com ~all, where 10.5.3.2 is your public IP address. このステップを省略すると、受信者の迷惑メール フォルダーに電子メールが送信されることがあります。Skipping this step can cause email to be sent to recipients' junk mail folders.

  9. デバイスに戻り、設定で [サーバー] または [スマート ホスト] のエントリを探し、手順 3 で記録した MX レコード [ポイント先のアドレス] の値を入力します。Now, go back to the device, and in the settings, find the entry for Server or Smart Host, and enter the MX record POINTS TO ADDRESS value that you recorded in step 3.

  10. 構成をテストするには、デバイスやアプリケーションからテスト メールを送信し、受信者によってテスト メールが受信されたことを確認します。To test the configuration, send a test email from your device or application, and confirm that it was received by the recipient.

Office 365 の SMTP リレーのしくみHow Office 365 SMTP relay works

次の図では、組織のネットワーク内のデバイスやアプリケーションが、SMTP リレー用のコネクタを使用して、組織内の受信者にメールを送信しています。In the following diagram, the application or device in your organization's network uses a connector for SMTP relay to email recipients in your organization.

多機能プリンターが SMTP リレーを使用して Office 365 に接続する方法を示しています。

  • 構成した Office 365 コネクタは、IP アドレスを使用してデバイスやアプリケーションを Office 365 で認証します。デバイスやアプリケーションでは、アドレスが自分のドメインのいずれかを使用している限り、任意のアドレス (メールを受信できないものも含む) を使用してメールを送信できます。メール アドレスは、実際のメールボックスに関連付けられている必要はありません。たとえば、自分のドメインが contoso.com である場合は、do_not_reply@contoso.com などのアドレスから送信できます。The Office 365 connector that you configure authenticates your device or application with Office 365 using an IP address. Your device or application can send email using any address (including ones that can't receive mail), as long as the address uses one of your domains. The email address doesn't need to be associated with an actual mailbox. For example, if your domain is contoso.com, you could send from an address like do_not_reply@contoso.com.

  • Office 365 SMTP リレーでは、コネクタを使用してデバイスやアプリケーションから送信されたメールを認証します。これにより、Office 365 で、独自のメールボックスや外部の受信者にこれらのメッセージを中継できます。Office 365 SMTP リレーは、直接送信とよく似ていますが、外部の受信者にメールを送信できる点が異なります。Office 365 SMTP relay uses a connector to authenticate the mail sent from your device or application. This allows Office 365 to relay those messages to your own mailboxes as well as external recipients. Office 365 SMTP relay is very similar to direct send except that it can send mail to external recipients.

  • コネクタの構成によって複雑さが増すため、外部の受信者にメールを送信する必要がない限り、Office 365 SMTP リレーよりも直接送信をお勧めします。Office 365 SMTP リレーを使用してメールを送信するには、デバイスやアプリケーション サーバーに静的 IP アドレスまたはアドレス範囲が必要です。SMTP リレーを使用して、Microsoft Azure などのサード パーティのホスト サービスから Office 365 に直接メールを送信することはできません。Due to the added complexity of configuring a connector, direct send is recommended over Office 365 SMTP relay, unless you must send email to external recipients. To send email using Office 365 SMTP relay, your device or application server must have a static IP address or address range. You can't use SMTP relay to send email directly to Office 365 from a third-party hosted service, such as Microsoft Azure.

Office 365 の SMTP リレーの機能Features of Office 365 SMTP relay

  • Office 365 SMTP リレーでは、メールを送信するために、ライセンスを取得した Office 365 メールボックスを使用する必要がありません。Office 365 SMTP relay does not require the use of a licensed Office 365 mailbox to send emails.

  • Office 365 SMTP リレーは、SMTP クライアントでの送信よりも送信に関する制限値が高くなっています。送信者は、1 分あたり 30 件のメッセージ、1 日あたり 10,000 人の受信者という制限を受けません。Office 365 SMTP relay has higher sending limits than SMTP client submission; senders are not bound by the 30 messages per minute or 10,000 recipients per day limits.

Office 365 の SMTP リレーの要件Requirements for Office 365 SMTP relay

  • 静的 IP アドレスまたはアドレス範囲: 多くのデバイスやアプリケーションでは、認証に証明書を使用できません。Static IP address or address range: Most devices or applications are unable to use a certificate for authentication. デバイスまたはアプリケーションを認証するには、他の組織と共有されていない 1 つ以上の静的 IP アドレスを使用します。To authenticate your device or application, use one or more static IP addresses that are not shared with another organization.

  • コネクタ: デバイスやアプリケーションから送信されるメール用に、Exchange Online でコネクタを設定する必要があります。Connector: You must set up a connector in Exchange Online for email sent from your device or application.

  • ポート: ポート 25 が必須であり、ISP やネットワークによってこれがブロックされていない必要があります。Port: Port 25 is required and must not be blocked on your network or by your ISP.

  • ライセンス: SMTP リレーでは、メールを送信するために特定の Office 365 メールボックスを使用しません。Licensing: SMTP relay doesn't use a specific Office 365 mailbox to send email. ライセンスを取得したユーザーのみが、SMTP リレー用に構成されたデバイスやアプリケーションからメールを送信することが重要であるのは、このためです。This is why it's important that only licensed users send email from devices or applications configured for SMTP relay. デバイスや LOB アプリケーションを使用している送信者が Office 365 メールボックスのライセンスを持っていない場合は、Exchange Online Protection ライセンスを取得してライセンスのない各送信者に割り当てます。If you have senders using devices or LOB applications who don't have an Office 365 mailbox license, obtain and assign an Exchange Online Protection license to each unlicensed sender. これが Office 365 を使ってメールを送信できる最も安価なライセンスです。This is the least expensive license that allows you to send email via Office 365.

Office 365 の SMTP リレーの制限事項Limitations of Office 365 SMTP relay

  • IP アドレスがスパム リストによってブロックされている場合、送信されたメールが中断することがあります。Sent mail can be disrupted if your IP addresses are blocked by a spam list.

  • 送信には適切な制限が適用されます。詳細については、「送信メッセージにおける危険度の高い配信プール」を参照してください。Reasonable limits are imposed for sending. For more information, see Higher Risk Delivery Pool for Outbound Messages.

  • (証明書を使用しない限り) 共有されていない静的 IP アドレスが必要です。Requires static unshared IP addresses (unless a certificate is used).

オプションの比較Compare the options

ここでは、各構成オプションとサポートされる機能を比較します。 Here's a comparison of each configuration option and the features they support.

SMTP クライアントでの送信SMTP client submission 直接送信Direct send SMTP リレーSMTP relay
機能Features
自分のドメイン内の受信者への送信Send to recipients in your domain(s) はいYes はいYes はいYes
Office 365 を使ってインターネットに中継Relay to internet via Office 365 はいYes いいえ。直接配信のみ。No. Direct delivery only. はいYes
スパム対策をバイパスBypasses antispam はい。メールの送信先がいずれかの Office 365 メールボックスの場合。Yes, if the mail is destined for one of your Office 365 mailboxes. いいえ。(疑わしい電子メールはフィルター処理される可能性があります。)カスタム Sender Policy Framework (SPF) レコードをお勧めします。No. Suspicious emails might be filtered. We recommend a custom Sender Policy Framework (SPF) record. いいえ。(疑わしい電子メールはフィルター処理される可能性があります。カスタム SPF レコードをお勧めします。)No. Suspicious emails might be filtered. We recommend a custom SPF record.
サード パーティによってホストされるアプリケーションから送信されるメールのサポートSupports mail sent from applications hosted by a third party はいYes はい。Yes. サード パーティがあなたのドメインとして送信できるように SPF レコードを更新することをお勧めします。We recommend updating your SPF record to allow the third party to send as your domain. いいえNo
要件Requirements
開いているネットワーク ポートOpen network port ポート 587 またはポート 25Port 587 or port 25 ポート 25Port 25 ポート 25Port 25
デバイスまたはアプリケーション サーバーが TLS をサポートする必要性Device or application server must support TLS 必須Required 必須Required 必須Required
認証の必要性Requires authentication Office 365 のユーザー名とパスワードが必要Office 365 user name and password required NoneNone 1 つまたは複数の静的 IP アドレス。プリンターまたは LOB アプリケーションを実行しているサーバーに、Office 365 での認証に使用する静的 IP アドレスが必要です。One or more static IP addresses. Your printer or the server running your LOB app must have a static IP address to use for authentication with Office 365.
限界事項Limitations
制限の調整Throttling limits 1 日あたり 10,000 の受信者。1 分あたり 30 個のメッセージ。10,000 recipients per day. 30 messages per minute. Office 365 を保護するために、標準的な調整が行われます。Standard throttling is in place to protect Office 365. 適切な制限が適用されます。このサービスを使用して迷惑メールやバルク メールを送信することはできません。適切な制限の詳細については、「送信メッセージにおける危険度の高い配信プール」を参照してください。 Reasonable limits are imposed. The service can't be used to send spam or bulk mail. For more information about reasonable limits, see Higher Risk Delivery Pool for Outbound Messages.

独自のメール サーバーを使用して多機能デバイスおよびアプリケーションからメールを送信するUse your own email server to send email from multifunction devices and applications

オンプレミスのメール サーバーがある場合は、Office 365 ではなく SMTP リレーにそのサーバーを使用することを真剣に検討する必要があります。If you happen to have an on-premises email server, you should seriously consider using that server for SMTP relay instead of Office 365. 物理的なアクセス権のあるローカルのメール サーバーの場合は、ローカル ネットワーク上のデバイスやアプリケーションにより SMTP リレーの設定がはるかに簡単です。A local email server that you have physical access to is much easier to configure for SMTP relay by devices and applications on your local network. これを行う方法の詳細は、使用しているオンプレミスのメール サーバーによって異なります。The details about how to do this depend on your on-premises email server. Exchange Server の場合は、次のトピックを参照してください。For Exchange Server, see the following topics:

プリンター、スキャナー、Office 365 を使用して電子メールを送信する LOB アプリケーションの問題を修正するFix issues with printers, scanners, and LOB applications that send email using Office 365

Office 365 との中継について IIS を構成する方法How to configure IIS for relay with Office 365