メール ルーティングMail routing

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange Server 2013 組織のすべてのメールボックスサーバー上に存在するトランスポートサービスの主なタスクは、ユーザーおよび外部ソースから受信したメッセージを最終的な送信先にルーティングすることです。The primary task of the Transport service that exists on all Mailbox servers in your Microsoft Exchange Server 2013 organization is to route messages received from users and external sources to their ultimate destinations. ルーティングの決定は、メッセージの分類時に行われます。Routing decisions are made during message categorization. カテゴライザーは、すべての受信メッセージを処理するメールボックスサーバー上のトランスポートサービスのコンポーネントであり、宛先に関する情報に基づいてメッセージに対して行う処理を決定します。The categorizer is a component of the Transport service on a Mailbox server that processes all incoming messages and determines what to do with the message based on information about their destinations.

Exchange 2013 でのルーティングは、データベース可用性グループ (Dag) を完全に認識し、DAG メンバーシップをルーティング境界として使用するようになりました。Routing in Exchange 2013 is now fully aware of Database Availability Groups (DAGs), and uses DAG membership as a routing boundary. それはなぜでしょうか。Why? Exchange 2013 では、すべてのメールボックスサーバーがトランスポートサービスをホストします。In Exchange 2013, all Mailbox servers host the Transport service. そのため、メールボックスサーバーが DAG に属している場合、メッセージをルーティングするための主要なメカニズムは DAG と密接に連携しています。Therefore, when a Mailbox server belongs to a DAG, the primary mechanism for routing messages is closely aligned with the DAG. また、DAG が複数の Active Directory サイトにまたがる場合は、Active Directory サイトをプライマリルーティング境界として使用するのが非効率的です。And when a DAG spans multiple Active Directory sites, using the Active Directory site as the primary routing boundary is inefficient. また、exchange 2013 は、Dag に属していないメールボックスサーバーのルーティング境界として Active Directory サイトメンバーシップを使用し、Exchange の以前のバージョンとのルーティングの相互運用性を実現します。Exchange 2013 also uses Active Directory site membership as a routing boundary for Mailbox servers that don't belong to DAGs, and for routing interoperability with previous versions of Exchange. Exchange 2013 ルーティングに関するその他の注目すべき変更は次のとおりです。Other notable changes to Exchange 2013 routing include:

  • メールボックスサーバー上のトランスポートサービスは、メールボックスデータベースと直接通信しません。The Transport service on a Mailbox server never communicates directly with a mailbox database. 代わりに、トランスポートサービスはメールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスと通信します。Instead, the Transport service communicates with the Mailbox Transport service on the Mailbox server. メールボックストランスポートサービスのみがローカルメールボックスサーバー上のメールボックスデータベースと通信します。Only the Mailbox Transport service communicates with the mailbox database on the local Mailbox server. メールボックスサーバーが DAG のメンバーである場合、メールボックスデータベースのアクティブコピーを保持しているメールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスのみが、宛先の受信者のメッセージを受け入れます。When the Mailbox server is a member of a DAG, only the Mailbox Transport service on the Mailbox server that holds the active copy of the mailbox database accepts the message for the destination recipient.

  • リモートプロシージャコール (Rpc) は、ローカルメールボックスデータベースからメッセージを送信または受信するときに、メールボックストランスポートサービスによってのみ使用されます。Remote procedure calls (RPCs) are only used by the Mailbox Transport service when sending messages to or receiving messages from the local mailbox database. メールボックス サーバーが DAG のメンバーとなっている場合、メールボックス トランスポート サービスはメールボックス データベースのアクティブ コピーとローカルに通信するときに限り、RPC を使用します。When the Mailbox server is a member of a DAG, the Mailbox Transport service only uses RPCs to communicate locally with the active copies of the mailbox databases. 言い換えると、RPC はサーバー間の通信には使用されません。In other words, RPC is never used for cross-server communication. 代わりに、メールボックストランスポートサービスと別のメールボックスサーバーのトランスポートサービスは、常に SMTP を使用して通信します。Instead, the Mailbox Transport service and the Transport service on different Mailbox servers always communicate using SMTP.

  • Exchange 2013 は、リモートの宛先に対してより正確なキューを使用します。Exchange 2013 uses more precise queuing for remote destinations. リモート Active Directory サイト内のすべての宛先に対して1つのキューを使用する代わりに、Exchange 2013 は、個々の送信コネクタなど、Active Directory サイト内の特定の送信先のメッセージをキューに入れます。Instead of using one queue for all destinations in a remote Active Directory site, Exchange 2013 queues messages for specific destinations within the Active Directory site, such as individual Send connectors.

  • リンクされたコネクタは非推奨になりました。Linked connectors have been deprecated. リンクされたコネクタとは、送信コネクタにリンクされていた受信コネクタです。A linked connector was a Receive connector that was linked to a Send connector. 受信コネクタが受信したメッセージはすべて、自動的に送信コネクタに転送されていました。All messages received by the Receive connector were automatically forwarded to the Send connector.

ルーティング コンポーネントRouting components

Exchange 2013 メールボックスサーバー上のトランスポートサービスによってメッセージが受信された場合、メッセージを分類する必要があります。When a message is received by the Transport service on an Exchange 2013 Mailbox server, the message must be categorized. メッセージの分類の最初の段階は、受信者の解決です。The first phase of message categorization is recipient resolution. 受信者が解決された後に、最終的な送信先を決定できます。After the recipient has been resolved, the ultimate destination can be determined. 次の段階のルーティングでは、送信先への最適な到達方法を決定します。The next phase, routing, determines how to best reach that destination. Exchange 2013 でのルーティングは一般化され、ルーティング先と配信グループの概念が導入され、柔軟性が向上し、複雑さが軽減されました。Routing in Exchange 2013 has been generalized for increased flexibility and decreased complexity by introducing the concepts of routing destinations and delivery groups.

ルーティング先Routing destinations

Exchange 2013 では、メッセージの最終的な送信先はルーティング先と呼ばれます。In Exchange 2013, the ultimate destination for a message is called a routing destination. Exchange 2013 には、次のルーティング送信先が存在します。The following routing destinations exist in Exchange 2013:

  • メールボックスデータベース: これは、Exchange 組織内のメールボックスサーバー上にメールボックスがあるすべての受信者のルーティング先です。A mailbox database: This is the routing destination for any recipient with a mailbox on a Mailbox server in the Exchange organization. Exchange 2013 では、パブリックフォルダーはメールボックスの種類であるため、パブリックフォルダーの受信者へのメッセージのルーティングはメールボックス受信者へのメッセージのルーティングと同じです。In Exchange 2013, public folders are a type of mailbox, so routing messages to public folder recipients is the same as routing messages to mailbox recipients.

  • コネクタ: コネクタは、ルーティング先として使用される場合の SMTP メッセージの送信コネクタです。A connector: A connector is a Send connector for SMTP messages when used as a routing destination. 配信エージェントコネクタまたは外部コネクタは、SMTP 以外のメッセージのルーティング先として使用されます。A Delivery Agent connector or a Foreign connector is used as a routing destination for non-SMTP messages.

  • 配布グループ展開サーバー: これは、配布グループに、グループのメンバーシップ一覧を展開することを担当する展開サーバーが指定されている場合のルーティング先です。A distribution group expansion server: This is the routing destination when a distribution group has a designated expansion server that's responsible for expanding the membership list of the group. 配布グループの展開サーバーは、常にハブトランスポートサーバーまたは Exchange 2013 メールボックスサーバーです。A distribution group expansion server is always a Hub Transport server or an Exchange 2013 Mailbox server.

これらの同じルーティング先は、以前のバージョンの Exchange にも存在していることに注意してください。Note that these same routing destinations also existed in previous versions of Exchange.

配信グループDelivery groups

Exchange 2013 の各ルーティング先には、そのルーティング先にメッセージを配信する1つ以上のトランスポートサーバーのコレクションがあります。Each routing destination in Exchange 2013 has a collection of one or more transport servers that are responsible for delivering messages to that routing destination. このトランスポートサーバーのコレクションは、配信グループと呼ばれます。This collection of transport servers is called a delivery group. トランスポートサーバーは、Exchange 2013 メールボックスサーバー、またはハブトランスポートサーバーの役割がインストールされている Exchange 2010 サーバーまたは Exchange 2007 サーバーの場合があります。A transport server could be an Exchange 2013 Mailbox server, or an Exchange 2010 server or Exchange 2007 server that has the Hub Transport server role installed. ルーティング先がメールボックスデータベースの場合、配信グループ内のトランスポートサーバーは、メールボックスデータベースと同じバージョンの Exchange です。When the routing destination is a mailbox database, the transport servers in the delivery group are the same version of Exchange as the mailbox database. ルーティング先がコネクタまたは配布グループ展開サーバーの場合、配信グループには Exchange 2013 メールボックスサーバーと Exchange 2010 または Exchange 2007 ハブトランスポートサーバーが混在している可能性があります。When the routing destination is a connector or a distribution group expansion server, the delivery group may contain a mixture of Exchange 2013 Mailbox servers and Exchange 2010 or Exchange 2007 Hub Transport servers. メッセージがルーティングされる方法は、送信元トランスポートサーバーと宛先配信グループとの関係によって決まります。How the message is routed depends on the relationship between the source transport server and the destination delivery group:

  • 送信元トランスポートサーバーが宛先配信グループにある場合、ルーティング先自体がメッセージの次ホップになります。If the source transport server is in the destination delivery group, the routing destination itself is the next hop for the message. メッセージは、送信元トランスポートサーバーによって、配信グループ内のトランスポートサーバー上のメールボックスデータベースまたはコネクタに配信されます。The message is delivered by the source transport server to the mailbox database or connector on a transport server in the delivery group. 配布グループ展開サーバーがルーティング先の場合、配布グループの展開は、配布グループの展開サーバーの分類のルーティング段階に到達したときに、既に展開されています。Note that when a distribution group expansion server is the routing destination, the distribution group is already expanded by the time messages reach the routing stage of categorization on the distribution group expansion server. したがって、配布グループ展開サーバーからのルーティング先は常にメールボックスデータベースまたはコネクタです。Therefore, the routing destination from the distribution group expansion server is always a mailbox database or a connector.

  • 送信元トランスポートサーバーが宛先配信グループの外部にある場合、メッセージは宛先配信グループへの最小コストのルーティングパスに沿って中継されます。If the source transport server is outside the destination delivery group, the message is relayed along the least-cost routing path to the destination delivery group. Exchange トポロジのサイズと複雑さに応じて、メッセージが最小コストのルーティングパスにある他のトランスポートサーバーに中継されるか、メッセージが宛先配信グループのトランスポートサーバーに直接中継されます。Depending on the size and complexity of the Exchange topology, the message is relayed to other transport servers along the least cost routing path, or the message is relayed directly to a transport server in the destination delivery group.

Exchange 2013 には、次の種類の配信グループが存在します。The following types of delivery groups exist in Exchange 2013:

  • ルーティング可能な dag: これは、1つの dag に属する Exchange 2013 メールボックスサーバーのコレクションです。Routable DAG: This is a collection of Exchange 2013 Mailbox servers that belong to one DAG. DAG 内のメールボックスデータベースは、この配信グループによってサービスが提供されるルーティング先です。The mailbox databases in the DAG are the routing destinations that are serviced by this delivery group. DAG に属しているメールボックスサーバー上のトランスポートサービスにメッセージが到着した後、トランスポートサービスは、現在のメールボックスのアクティブコピーを現在保持している、DAG 内のメールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスにメッセージをルーティングします。データベース.After the message arrives at the Transport service on a Mailbox server that belongs to the DAG, the Transport service routes the message to the Mailbox Transport service on the Mailbox server in the DAG that currently holds the active copy of the destination mailbox database. 宛先のメールボックスサーバー上のメールボックストランスポートサービスは、メッセージをローカルメールボックスデータベースに配信します。The Mailbox Transport service on the destination Mailbox server then delivers the message to the local mailbox database. DAG には、異なる Active Directory サイトにあるメールボックスサーバーが含まれている場合もありますが、DAG は配信グループの境界です。Although a DAG may contain Mailbox servers located in different Active Directory sites, the DAG is the delivery group boundary.

  • メールボックス配信グループ: これは、1つの Active Directory サイトにある同じバージョンの Exchange サーバーの集合です。Mailbox delivery group: This is a collection of Exchange servers of the same version located in one Active Directory site. Active Directory サイトは、配信グループの境界です。The Active Directory site is the delivery group boundary. ルーティング先と、それらのサービスを提供する配信グループは、Active Directory サイト内の Exchange のメジャーリリースバージョンによって分離されています。The routing destinations and the delivery groups that service them are separated by the major release versions of Exchange in the Active Directory site. Exchange 2010 メールボックスサーバーにあるメールボックスデータベースは、Active Directory サイトにある Exchange 2010 ハブトランスポートサーバーによって処理されます。The mailbox databases located on Exchange 2010 Mailbox servers are serviced by the Exchange 2010 Hub Transport servers located in the Active Directory site. Exchange 2007 メールボックスサーバーにあるメールボックスデータベースは、Active Directory サイトにある Exchange 2007 ハブトランスポートサーバーによって処理されます。The mailbox databases located on Exchange 2007 Mailbox servers are serviced by the Exchange 2007 Hub Transport servers located in the Active Directory site. DAG に属さない Active Directory サイト内の Exchange 2013 メールボックスサーバーにあるメールボックスデータベースは、Active Directory サイト内の Exchange 2013 メールボックスサーバー上のトランスポートサービスによって処理されます。The mailbox databases located on Exchange 2013 Mailbox servers in Active Directory site that don't belong to a DAG are serviced by the Transport service on Exchange 2013 Mailbox servers in the Active Directory site. メッセージがメールボックスデータベースに配信される方法は、Exchange のバージョンによって異なります。How the message is delivered to the mailbox database depends on version of Exchange:

    • Exchange 2013: 送信先の Active Directory サイト内の送信先メールボックスサーバーにメッセージが到着すると、トランスポートサービスは SMTP を使用してメッセージをメールボックストランスポートサービスに転送します。Exchange 2013: After the message arrives at the destination Mailbox server in the destination Active Directory site, the Transport service uses SMTP to transfer the message to the Mailbox Transport service. その後、メールボックストランスポートサービスは、RPC を使用してローカルメールボックスデータベースにメッセージを配信します。The Mailbox Transport service then delivers the message to the local mailbox database using RPC.

    • Exchange 2010 または exchange 2007: 宛先 Active Directory サイトの同じバージョンのランダムなハブトランスポートサーバーにメッセージが到着すると、ハブトランスポートサーバーのストアドライバーは RPC を使用して、メッセージをメールボックスデータベースに書き込みます。Exchange 2010 or Exchange 2007: After the message arrives at a random Hub Transport server of the same version in the destination Active Directory site, the store driver on the Hub Transport server uses RPC to write the message to the mailbox database.

  • コネクタソースサーバー: これは、exchange 2010 または Exchange 2007 ハブトランスポートサーバー、または送信コネクタの送信元サーバー、配信エージェントコネクタ、または外部コネクタのいずれかのスコープを持つ Exchange 2013 メールボックスサーバーの集合体です。Connector source servers: This is a mixed collection of Exchange 2010 or Exchange 2007 Hub Transport servers, or Exchange 2013 Mailbox servers that are scoped as the source server for a Send connector, a Delivery Agent connector or a Foreign connector. コネクタは、このルーティンググループによって処理されるルーティング先です。The connector is the routing destination that's serviced by this routing group. コネクタのスコープが特定のサーバーに設定されている場合、コネクタによって定義された送信先にメッセージをルーティングできるのは、そのサーバーのみです。When a connector is scoped to a specific server, only that server is allowed to route messages to destination defined by the connector. この配信グループには、Exchange 2010 または Exchange 2007 ハブトランスポートサーバー、あるいは異なる Active Directory サイトにある Exchange 2013 メールボックスサーバーが含まれている場合があります。This delivery group may contain Exchange 2010 or Exchange 2007 Hub Transport servers, or Exchange 2013 Mailbox servers located in different Active Directory sites.

  • AD サイト: 状況によっては、active directory サイトがメッセージの最終的な送信先になることはありませんが、メッセージはその active directory サイトの exchange 2010 または Exchange 2007 ハブトランスポートサーバーまたは Exchange 2013 メールボックスサーバーを通過する必要があります。AD site: In some circumstances, an Active Directory site isn't the ultimate destination of a message, but the message must pass through an Exchange 2010 or Exchange 2007 Hub Transport server or Exchange 2013 Mailbox server in that Active Directory site. そのような状況は次のとおりです。Those circumstances include:

    • Active Directory サイトがハブサイトとして構成されている場合。When the Active Directory site is configured as a hub site. ハブサイトがメッセージ配信用の最小コストのルーティングパスに存在する場合、メッセージはキューに格納され、ハブサイトのトランスポートサーバーによって処理されてから、最終的な送信先に中継されます。When the hub site exists on the least-cost routing path for message delivery, the messages queue and are processed by a transport server in the hub site before they're relayed to their ultimate destination.

    • エッジトランスポートサーバーが Active Directory サイトにサブスクライブされている場合。When an Edge Transport server is subscribed to the Active Directory site. これらの購読済みエッジトランスポートサーバーは、他の Active Directory サイトから直接アクセスすることはできません。These subscribed Edge Transport servers aren't directly accessible from other Active Directory sites. エッジトランスポートサーバーは、Exchange 2013、Exchange 2010、Exchange 2007 のいずれかになることに注意してください。Note that the Edge Transport server could be Exchange 2013, Exchange 2010 or Exchange 2007.

      注意

      遅延ファンアウトは、配信グループが Active Directory サイトの場合にのみ使用されます。Delayed fan-out is only used when the delivery group is an Active Directory site. 遅延したファンアウトが、複数の受信者が最小コストのルーティングパスのいずれかの部分を共有している場合に、メッセージの送信数を減らすことが試みられます。Delayed fan-out attempts to reduce the number of message transmissions when multiple recipients share any part of the least-cost routing path.

  • サーバーリスト: 配布グループ展開サーバーとして構成されている1つ以上の exchange 2010 または Exchange 2007 ハブトランスポートサーバーまたは Exchange 2013 メールボックスサーバーのコレクションです。Server list: This is a collection of one or more Exchange 2010 or Exchange 2007 Hub Transport servers or Exchange 2013 Mailbox servers that are configured as distribution group expansion servers. 配布グループの展開サーバーは、この配信グループによってサービスを受けているルーティング先です。The distribution group expansion server is the routing destination serviced by this delivery group.

配信グループのメンバーシップは相互排他的ではありません。Delivery group membership isn't mutually exclusive. たとえば、DAG のメンバーである Exchange 2013 メールボックスサーバーを、スコープ指定された送信コネクタの送信元サーバーにすることもできます。For example, an Exchange 2013 Mailbox server that's a member of a DAG can also be the source server of a scoped Send connector. このメールボックスサーバーは、DAG 内のメールボックスデータベースのルーティング可能な DAG 配信グループに属し、スコープ指定された送信コネクタのコネクタソースサーバー配信グループにも属します。This Mailbox server would belong to the routable DAG delivery group for the mailbox databases in the DAG, and also a connector source server delivery group for the scoped Send connector.

次の表では、関係する Exchange のバージョンに基づいて、ルーティング先を配信グループにマップします。The following table maps the routing destinations to the delivery group based on the version of Exchange involved:

  Exchange 2013 メールボックスサーバーExchange 2013 Mailbox server Exchange 2010 または Exchange 2007 ハブトランスポートサーバーExchange 2010 or Exchange 2007 Hub Transport server 境界ネットワーク内のエッジトランスポートサーバーEdge Transport server in the perimeter network

DAG 内のメールボックスデータベースMailbox database in a DAG

ルーティング可能な DAGRoutable DAG

メールボックス配信グループMailbox delivery group

該当なしn/a

DAG 内にないメールボックスデータベースMailbox database not in a DAG

メールボックス配信グループMailbox delivery group

メールボックス配信グループMailbox delivery group

該当なしn/a

ConnectorConnector

コネクタの送信元サーバーConnector source servers

コネクタの送信元サーバーConnector source servers

AD サイトAD site

配布グループの展開サーバーDistribution group expansion server

サーバー リストServer list

サーバー リストServer list

該当なしn/a

キューQueues

送信側サーバーの観点から見ると、各配信キューは特定のメッセージの送信先を表します。From the perspective of the sending server, each delivery queue represents the destination for a particular message. Exchange 2013 メールボックスサーバー上のトランスポートサービスがメッセージの送信先を選択すると、宛先はNextHopSolutionKey属性として受信者にスタンプされます。When the Transport service on the Exchange 2013 Mailbox server selects the destination for a message, the destination is stamped on the recipient as the NextHopSolutionKey attribute. 1つのメッセージが複数の受信者に送信されている場合、各受信者にNextHopSolutionKey属性があります。If a single message is being sent to more than one recipient, each recipient has the NextHopSolutionKey attribute. 受信側のサーバーは、メッセージの分類も行い、配信のためにメッセージをキューに入れます。The receiving server also performs message categorization and queues the message for delivery. メッセージがキューに入れられた後には、特定のキューの配信の種類を確認して、次ホップの送信先への到達時にメッセージがもう一度中継されるかどうかを確認できます。After a message is queued, you can examine the delivery type for a particular queue to determine whether a message will be relayed again when it reaches the next hop destination. NextHopSolutionKey属性の一意の値は、それぞれ別の配信キューに対応します。Every unique value of the NextHopSolutionKey attribute corresponds to a separate delivery queue.

詳細については、「 キュー」の「NextHopSolutionKey」セクションを参照してください。For more information, see the "NextHopSolutionKey" section in the Queues topic.

メッセージのルーティングRouting messages

リモート配信グループに配信する必要のあるメッセージについては、そのルーティング パスを決定する必要があります。When a message needs to be delivered to a remote delivery group, a routing path must be determined for the message. Exchange 2013 は、次のロジックを使用して、メッセージのルーティングパスを選択します。Exchange 2013 uses the following logic to select the routing path for a message. このロジックは、基本的に Exchange 2010 から変更がありません。This logic is basically unchanged from Exchange 2010:

  1. 送信先に到達するために通過する必要のある IP サイト リンクのコストを加算して、最小コストのルーティング パスを計算します。送信先がコネクタである場合、選択されたコネクタに到達するために、アドレス スペースに割り当てられたコストが追加されます。複数のルーティング パスが考えられる場合、総コストが最も低いルーティング パスが使用されます。Calculate the least-cost routing path by adding the cost of the IP site links that must be traversed to reach the destination. If the destination is a connector, the cost assigned to the address space is added to the cost to reach the selected connector. If multiple routing paths are possible, the routing path with the lowest aggregate cost is used.

  2. 複数のルーティング パスが同じ総コストになっている場合、各パスのホップ数が評価され、ホップ数の最も少ないルーティング パスが使用されます。If more than one routing path has the same aggregate cost, the number of hops in each path is evaluated and the routing path with the least number of hops is used.

  3. それでも複数のルーティング パスが使用可能である場合、送信先の前にある Active Directory サイトに割り当てられている名前が考慮されます。送信先に最も近い Active Directory サイトの名前が英数字順で最下位になるルーティング パスが使用されます。評価されたすべてのルーティング パスで送信先に最も近いサイトが同じであった場合、さらに前のサイトの名前が考慮されます。If more than one routing path is still available, the name assigned to the Active Directory sites before the destination is considered. The routing path where the Active Directory site nearest the destination is lowest in alphanumeric order is used. If the site nearest the destination is the same for all routing paths being evaluated, an earlier site name is considered.

Exchange 2010 では、各メッセージの受信者は常に1つの Active Directory サイトに関連付けられており、移動元の Active Directory サイトから送信先 Active Directory サイトへのコストのルーティングは少なくとも1つだけです。In Exchange 2010, each message recipient is always associated with only one Active Directory site, and there is only one least cost routing from the source Active Directory site to the destination Active Directory site. Exchange 2013 では、配信グループは複数の Active Directory サイトにまたがる場合があり、これらの複数の Active Directory サイトへの最小コストのルーティングパスが複数存在する場合があります。In Exchange 2013, a delivery group may span multiple Active Directory sites, and there may be multiple least-cost routing paths to those multiple Active Directory sites. Exchange 2013 は、宛先配信グループ内の1つの Active Directory サイトをプライマリサイトとして指定します。Exchange 2013 designates a single Active Directory site in the destination delivery group as the primary site. プライマリ サイトは、前に述べたルーティング ロジックを基準にした最も近い Active Directory サイトです。The primary site is closest Active Directory site based on the routing logic described earlier. 配信グループ間でメッセージを正常にルーティングするために、Exchange 2013 は次の問題を考慮しています。To successfully route messages between delivery groups, Exchange 2013 takes the following issues into consideration:

  • 最小コストのルーティングパスに沿った1つ以上のハブサイトが存在する場合: プライマリサイトへの最小コストのルーティングパスにハブサイトが含まれている場合は、メッセージをハブサイトを経由してルーティングする必要があります。The presence of one or more hub sites along the least-cost routing path: If the least-cost routing path to the primary site contains any hub sites, the message must be routed through the hub sites. 最小コストのルーティングパスに沿った最も近いハブサイトは、タイプがAD サイトの新しい配信グループとして選択されています。これには、ハブサイト内のすべてのトランスポートサーバーが含まれます。The closest hub site along the least-cost routing path is selected as a new delivery group of the type AD site, which includes all transport servers in the hub site. メッセージがハブサイトをトラバースした後、最小コストのルーティングパスに沿ったメッセージのルーティングが続行されます。After the message traverses the hub site, routing of the message along the least-cost routing path continues. プライマリサイトがハブサイトである場合、次の理由から、プライマリサイトは引き続きハブサイトと見なされます。If the primary site happens to be a hub site, the primary site is still considered a hub site for the following reasons:

    • 宛先の配信グループが複数の Active Directory サイトにまたがる場合、ソース サーバーはハブ サイト内のサーバーにのみ接続しようとします。If the destination delivery group spans multiple Active Directory sites, the source server should only attempt to connect to the servers in the hub site.

    • ハブサイト内のサーバーのうち、実際にターゲット配信グループに属しているものを使用することをお勧めします。The servers in the hub site that actually belong to the target delivery group are preferred.

      以前のバージョンの Exchange と同様、プライマリサイトへの最小コストのルーティングパスにないハブサイトは無視されます。As in previous version of Exchange, any hub sites that aren't in the least-cost routing path to the primary site are ignored.

  • 宛先ルーティンググループで選択する対象の Exchange サーバー: 宛先の配信グループが複数の Active Directory サイトにまたがる場合、配信グループ内の特定のサーバーへのルーティングパスが異なるコストになることがあります。The target Exchange server to select in the destination routing group: When the destination delivery group spans multiple Active Directory sites, the routing path to specific servers within the delivery group may have different costs. 最も近い Active Directory サイトにあるサーバーは、最小コストのルーティングパスに基づいて配信グループの対象サーバーとして選択され、それらのサーバーが存在する Active Directory サイトがプライマリサイトとして選択されます。Servers located in the closest Active Directory site are selected as the target servers for the delivery group based on the least-cost routing path, and the Active Directory site those servers are in is selected as the primary site.

  • 宛先ルーティンググループ内のすべてのサーバーへの接続試行が失敗した場合のフォールバックオプション: 宛先の配信グループが複数の Active Directory サイトにまたがる場合、1番目のフォールバックオプションは、宛先の配信グループ内の他のすべてのサーバーになります。ターゲットサーバーとして選択されていないその他の Active Directory サイト。Fallback options when connection attempts to all servers in the destination routing group fail: If the destination delivery group spans multiple Active Directory sites, the first fallback option is all other servers in the destination delivery group in other Active Directory sites that aren't selected as target servers. サーバーの選択は、他の Active Directory サイトへのルーティングパスのコストに基づいて行われます。Server selection is made based on the cost of the routing path to those other Active Directory sites. 宛先の配信グループにローカル Active Directory サイト内のサーバーがある場合、その他のフォールバックオプションは、メッセージが可能な限りターゲットルーティング先に近い状態になっているため、他にはフォールバックオプションがありません。If the destination delivery group has any servers in the local Active Directory site, there are no other fallback options because the message is already as close to the target routing destination as possible. 宛先の配信グループのサーバーがリモート Active Directory サイトにある場合、オプションはプライマリサイト内の他のすべてのサーバーに接続しようとします。If the destination delivery group has servers in remote Active Directory sites, the option is to try to connect to all other servers in the primary site. 失敗した場合は、プライマリサイトへの最小コストのルーティングパスのバックオフパスが使用されます。If that fails, a backoff path in the least-cost routing path to the primary site is used. Exchange 2013 は、接続が確立されるまで、最小コストのルーティングパスに従って、バックオフ (ホップごと) によって、メッセージを送信先にできるだけ近い場所に配信することを試みます。Exchange 2013 tries to deliver the message as close to the destination as possible by backing off, hop by hop, along the least-cost routing path until a connection is made.

Active Directory サイト間でのメッセージのルーティングRouting messages between Active Directory sites

Exchange 2013 が Active Directory サイト間でメッセージをルーティングする方法は、Exchange 2010 と実質的に同じです。The way that Exchange 2013 routes messages between Active Directory sites is virtually the same as Exchange 2010. 詳細については、「Active Directory サイト間でメールをルーティングする」をご覧ください。For more information, see Route mail between Active Directory sites.

クライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスでのルーティングRouting in the Front End Transport service on Client Access servers

これは、Exchange 2013 組織のすべての受信および (必要に応じて) 送信外部 SMTP トラフィックのステートレスプロキシとして機能します。This acts as a stateless proxy for all inbound and (optionally) outbound external SMTP traffic for the Exchange 2013 organization. 送信メッセージの場合、トランスポートサービスは送信コネクタを使用して、クライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスと通信します。For outgoing messages, the Transport service uses Send connectors to communicate with the Front End Transport service on a Client Access server. 具体的には、該当する送信コネクタのFrontendproxyenabledパラメーターがに$true設定されている場合、または [クライアントアクセスサーバー経由のプロキシ] オプションが設定されている場合、送信メッセージはフロントエンドトランスポートサービス経由でプロキシされます。Exchange 管理センター (EAC) の送信コネクタのプロパティで選択されています。Specifically, outgoing messages are proxied through the Front End Transport service when the FrontEndProxyEnabled parameter on an applicable Send connector is set to $true, or when the Proxy through Client Access server option is selected in the Send Connector properties in the Exchange admin center (EAC). ローカル Active Directory サイト内のすべてのクライアントアクセスサーバーが選択されます。Any Client Access server in the local Active Directory site will be selected. フロントエンドトランスポートサービスには、送信コネクタがないことに注意してください。Note that the Front End Transport service doesn't have Send connectors.

受信メッセージの場合、フロントエンドトランスポートサービスは、受信者の数または種類に関係なく、メッセージの送信を受信するための、メールボックスサーバー上の1つの正常なトランスポートサービスを迅速に検出する必要があります。For incoming messages, the Front End Transport service must quickly find a single, healthy Transport service on a Mailbox server to receive the message transmission, regardless of the number or type of recipients. これに失敗すると、外部の送信者によって電子メールサービスが使用不能として認識されることになります。Failure to do so results in the email service being perceived as unavailable by the external senders. フロントエンド トランスポート サービスは、トランスポート サービスと同様に、Active Directory からの情報に基づいてルーティング テーブルを読み込み、配信グループを使用してメッセージのルーティング方法を決定します。Like the Transport service, the Front End Transport service loads routing tables based on information from Active Directory, and uses delivery groups to determine how to route messages. ただし、フロントエンド トランスポート サービスが使用するルーティング テーブルには、次のような固有の特性があります。However, the routing tables used by the Front End Transport service have the following unique characteristics:

  • メールボックスサーバーとクライアントアクセスサーバーが同じ物理サーバーにインストールされている場合でも、フロントエンドトランスポートサービスは配信グループのメンバーと見なされません。The Front End Transport service is never considered a member of a delivery group, even when the Mailbox server and the Client access server are installed on the same physical server. これにより、フロントエンドトランスポートサービスは強制的にトランスポートサービスと通信します。This forces the Front End Transport service to communicate with the Transport service only.

  • ルーティング テーブルには、送信コネクタのルートは一切含まれません。The routing tables don't contain any Send connector routes.

  • 迅速にフェールオーバーできるように、ルーティング テーブルには、ローカル Active Directory サイト内のメールボックス サーバーの特別なリストが含まれます。The routing tables contain a special list of Mailbox servers in the local Active Directory site for fast fail-over purposes.

フロントエンド トランスポート サービスでのルーティングによって、メッセージ受信者がメールボックス データベースに解決されます。フロントエンド トランスポート サービスによって使用されるメールボックス サーバーのリストは、メッセージ受信者のメールボックス データベースに基づきます。いずれの受信者もメールボックスを持たない可能性もあります (たとえば、受信者が配布グループまたはメール ユーザーである場合など)。メールボックス データベースごとに、フロントエンド トランスポート サービスは配信グループおよび関連するルーティング情報を参照します。フロントエンド トランスポート サービスによって使用される配信グループには、次のものがあります。Routing in the Front End Transport service resolves message recipients to mailbox databases. The list of Mailbox servers used by the Front End Transport service is based on the mailbox databases of the message recipients. Note that it's possible that none of the recipients have mailboxes, for example, if the recipient is a distribution group or a mail user. For each mailbox database, the Front End Transport service looks up the delivery group and the associated routing information. The delivery groups used by the Front End Transport service are:

  • ルーティング可能な DAGRoutable DAG

  • メールボックス配信グループMailbox delivery group

  • AD サイトAD site

受信者の数および種類に応じて、フロントエンド トランスポート サービスは、次のいずれかのアクションを実行します。Depending on the number and type of recipients, the Front End Transport service performs one of the following actions:

  • メールボックス受信者が 1 人のメッセージについては、ターゲット配信グループ内のメールボックス サーバーを選択し、Active Directory サイトの近接度に基づいてメールボックス サーバーを優先します。For messages with a single mailbox recipient, select a Mailbox server in the target delivery group, and give preference to the Mailbox server based on the proximity of the Active Directory site. 受信者にメッセージをルーティングするには、ハブサイトを経由してメッセージをルーティングする必要があります。Routing the message to the recipient may involve routing the message through a hub site.

  • メールボックス受信者が複数のメッセージについては、最初の 20 人の受信者を使用し、Active Directory サイトの近接度に基づいて最も近い配信グループ内のメールボックス サーバーを選択します。For messages with multiple mailbox recipients, use the first 20 recipients to select a Mailbox server in the closest delivery group, based on the proximity of the Active Directory site. メッセージの分岐はフロントエンドトランスポートでは発生しないため、メッセージ内の受信者数に関係なく、最終的に選択されるのは1つのメールボックスサーバーだけです。Note that message bifurcation doesn't occur in Front-End Transport, so only one Mailbox server is ultimately selected, regardless of number of recipients in a message.

  • メッセージに対するメールボックス受信者が存在しない場合は、ローカル Active Directory サイト内のランダム メールボックス サーバーを選択します。If the message has no mailbox recipients, select a random Mailbox server in the local Active Directory site.

メールボックス サーバー上のメールボックス トランスポート サービスでのルーティングRouting in the Mailbox Transport service on Mailbox servers

これは、メールボックストランスポート発信サービスとメールボックストランスポート配信サービスの2つの個別のサービスで構成されます。This consists of two separate services: the Mailbox Transport Submission service and Mailbox Transport Delivery service. 受信メッセージの場合、メールボックストランスポート配信サービスは、トランスポートサービスから SMTP メッセージを受信し、RPC を使用してローカルメールボックスデータベースに接続してメッセージを配信します。For incoming messages, the Mailbox Transport Delivery service receives SMTP messages from the Transport service, and connects to the local mailbox database using RPC to deliver the message. 送信メッセージの場合、メールボックストランスポート発信サービスは RPC を使用してローカルメールボックスデータベースに接続してメッセージを取得し、SMTP 経由でトランスポートサービスにメッセージを送信します。For outgoing messages, the Mailbox Transport Submission service connects to the local mailbox database using RPC to retrieve messages, and submits the messages over SMTP to the Transport service. メールボックストランスポートサービスはステートレスで、メッセージをローカルにキューに置いていません。The Mailbox Transport service is stateless, and doesn't queue any messages locally.

メールボックス トランスポート サービスは、トランスポート サービスと同様に、Active Directory からの情報に基づいてルーティング テーブルを読み込み、配信グループを使用してメッセージのルーティング方法を決定します。ただし、メールボックス トランスポート サービスのルーティングには、他と異なる点があります。Like the Transport service, the Mailbox Transport service loads routing tables based on information from Active Directory, and uses delivery groups to determine how to route messages. However, there are routing aspects that are unique to the Mailbox Transport service:

  • トランスポートサービスとメールボックストランスポートサービスは同じ Exchange 2013 メールボックスサーバー上に存在するため、メールボックストランスポートサービスは常にメールボックスサーバーと同じ配信グループに属します。Because the Transport service and the Mailbox Transport service exist on the same Exchange 2013 Mailbox server, the Mailbox Transport service always belongs to the same delivery group as the Mailbox server. この配信グループは、ローカル配信グループと呼ばれます。This delivery group is referred to as the local delivery group.

  • メールボックス トランスポート発信サービスは、それ自身のローカル配信グループ内のローカル メールボックス サーバーまたは他のメールボックス サーバー上にあるトランスポート サービスには、自動的にメッセージを送信しません。メールボックス トランスポート発信サービスは、トランスポート サービスと同じルーティング トポロジー情報へのアクセスを許可されているため、配信グループ外のメールボックス サーバー上のトランスポート サービスにメッセージを送信できます。ローカルの配信グループ内のメールボックス サーバーは、フォールバック オプションとして使用され、メールボックスではない受信者への配信に使用されます。The Mailbox Transport Submission service doesn't automatically send messages to the Transport service on the local Mailbox server or on other Mailbox servers in its own local delivery group. The Mailbox Transport Submission service has access to the same routing topology information as the Transport service, so the Mailbox Transport submission service can send messages to the Transport service on Mailbox servers outside the delivery group. The Mailbox servers in the local delivery group are used as fallback options, and for delivery to non-mailbox recipients.

  • メールボックストランスポートサービスは、Exchange 2013 メールボックスサーバー上のトランスポートサービスとのみ通信します。The Mailbox Transport service only communicates with the Transport service on Exchange 2013 Mailbox servers.

  • メールボックストランスポートサービスは、ローカルの Exchange 2013 メールボックスサーバー上のメールボックスデータベースとのみ通信します。The Mailbox Transport service only communicates with mailbox databases on the local Exchange 2013 Mailbox server. メールボックス トランスポート サービスは、他のメールボックス サーバー上にあるメールボックス データベースとは通信しません。The Mailbox Transport service never communicates with mailbox databases on other Mailbox servers.

ユーザーがメールボックスからメッセージを送信すると、メールボックス トランスポート発信サービスによってメッセージ受信者がメールボックス データベースに解決されます。メールボックス トランスポート発信サービスによって使用されるメールボックス サーバーのリストは、メッセージ受信者のメールボックス データベースに基づきます。いずれの受信者もメールボックスを持たない可能性もあります (たとえば、受信者が配布グループまたはメール ユーザーである場合など)。メールボックス データベースごとに、メールボックス トランスポート発信サービスは、配信グループおよび関連するルーティング情報を参照します。メールボックス トランスポート発信サービスによって使用される配信グループには、次のものがあります。When a user sends a message from their mailbox, the Mailbox Transport Submission service resolves the message recipients to mailbox databases. The list of Mailbox servers used by the Mailbox Transport Submission service is based on the mailbox databases of the message recipients. Note that it's possible that none of the recipients have mailboxes, for example, if the recipient is a distribution group or a mail user. For each mailbox database, the Mailbox Transport Submission service looks up the delivery group and the associated routing information. The delivery groups used by the Mailbox Transport Submission service are:

  • ルーティング可能な DAGRoutable DAG

  • メールボックス配信グループMailbox delivery group

  • AD サイトAD site

受信者の数および種類に応じて、メールボックス トランスポート発信サービスは、次のいずれかのアクションを実行します。Depending on the number and type of recipients, the Mailbox Transport Submission service performs one of the following actions:

  • メールボックス受信者が 1 人のメッセージについては、ターゲット配信グループ内のメールボックス サーバーを選択し、Active Directory サイトの近接度に基づいてメールボックス サーバーを優先します。For messages with a single mailbox recipient, select a Mailbox server in the target delivery group, and give preference to the Mailbox server based on the proximity of the Active Directory site. 受信者にメッセージをルーティングするには、ハブサイトを経由してメッセージをルーティングする必要があります。Routing the message to the recipient may involve routing the message through a hub site.

  • メールボックス受信者が複数のメッセージについては、最初の 20 人の受信者を使用し、Active Directory サイトの近接度に基づいて最も近い配信グループ内のメールボックス サーバーを選択します。For messages with multiple mailbox recipients, use the first 20 recipients to select a Mailbox server in the closest delivery group, based on the proximity of the Active Directory site.

  • メッセージに対するメールボックス受信者が存在しない場合は、ローカル配布グループ内のメールボックス サーバーを選択します。If the message has no mailbox recipients, select a Mailbox server in the local delivery group.

メールボックス トランスポート配信サービスは、トランスポート サービスからメッセージを受信する際、ローカル メールボックス データベースへのメッセージ配信を受諾または拒否します。メールボックス トランスポート配信サービスは、受信者がローカル メールボックス データベースのアクティブ コピー内に存在する場合、メッセージを配信できます。しかし、受信者がローカル メールボックス データベースのアクティブ コピー内に存在しない場合、メールボックス トランスポート配信サービスはメッセージを配信できず、トランスポート サービスに配信不能応答を送る必要があります。たとえば、最近、メールボックス データベースのアクティブ コピーが別のサーバーに移動された場合は、トランスポート サービスが、アクティブではないメールボックス データベースのコピーを現在保持しているメールボックスに、メッセージを誤って転送する可能性があります。メールボックス トランスポート配信サービスがトランスポート サービスに返す配信不能応答には、次のものがあります。When the Mailbox Transport Delivery service receives a message from the Transport service, it accepts or rejects the message for delivery to a local mailbox database. The Mailbox Transport Delivery service can deliver the message if the recipient resides in an active copy of a local mailbox database. But, if the recipient doesn't reside in an active copy of a local mailbox database, the Mailbox Transport Delivery service can't deliver the message, and must provide a non-delivery response to the Transport service. For example, if the active copy of the mailbox database recently moved to another server, the Transport service might erroneously transmit a message to a Mailbox server that now holds an inactive copy of the mailbox database. The non-delivery responses that the Mailbox Transport Delivery service returns to the Transport service include:

  • 配信の再試行Retry delivery

  • NDR を生成するGenerate an NDR

  • メッセージの再ルーティングReroute the message

エッジ トランスポート サーバー上のトランスポート サービスでのルーティングRouting in the Transport service on Edge Transport servers

エッジトランスポートサーバーが境界ネットワークにインストールされている場合、エッジトランスポートサーバー上のトランスポートサービスは、インターネットに直接接続されているすべてのメールフローに対して SMTP リレーおよびスマートホストサービスを提供します。If you have an Edge Transport server installed in your perimeter network, the Transport service on the Edge Transport server provides SMTP relay and smart host services for all Internet-facing mail flow. インターネットに送信されるメッセージは、エッジトランスポートサーバー上でローカルにキューに入れられます。Messages that come and go from the Internet are queued locally on the Edge Transport server. キューは、外部ドメインまたは送信コネクタに対応します。The queues correspond to external domains or Send connectors. 詳細については、「 キュー」の「NextHopSolutionKey」セクションを参照してください。For more information, see the "NextHopSolutionKey" section in the Queues topic.

通常、エッジ トランスポート サーバーを境界ネットワークにインストールする場合は、エッジ トランスポート サーバーを Active Directory サイトにサブスクライブします。Typically, when you install an Edge Transport server in your perimeter network, you subscribe the Edge Transport server to an Active Directory site. Active Directory サイトには、エッジトランスポートサーバーとの間でメッセージを中継するメールボックスサーバーが含まれています。The Active Directory site contains the Mailbox servers that will relay messages to and from the Edge Transport server. エッジ サブスクリプション プロセスは、エッジ トランスポート サーバーに関する Active Directory サイトのメンバーシップ関係を作成します。The Edge Subscription process creates an Active Directory site membership affiliation for the Edge Transport server. サイトの所属は、Active Directory サイトのメールボックスサーバーが、明示的な送信コネクタを構成しなくても、インターネットに配信するために、メッセージをエッジトランスポートサーバーに中継できるようにします。The site affiliation enables the Mailbox servers in the Active Directory site to relay messages to the Edge Transport server for delivery to the Internet without having to configure explicit Send connectors.

マルチサイト構成では、内部受信者から外部受信者への送信メールは、最初にサブスクライブ先の Active Directory サイトにルーティングされます。In multi-site configurations, outbound mail from internal recipients to external recipients is first routed to the subscribed Active Directory site. 対象となる Active Directory サイトは、配信グループです。The target Active Directory site is the delivery group. ルーティング先は、サブスクライブされた Active Directory サイト内の任意のメールボックス サーバー上にあるトランスポート サービス内の組織内送信コネクタです。The routing destination is the intra-organization Send connector in the Transport service on any of the Mailbox servers in the subscribed Active Directory site. 組織内送信コネクタは、すべてのメールボックスサーバー上のトランスポートサービスに存在する特別な送信コネクタです。The intra-organization Send connector is special Send connector that exists in the Transport service on every Mailbox server. この送信コネクタは、暗黙的に作成され、不可視で、管理を必要とせず、Exchange サーバー間でメッセージを中継するために使用されます。This Send connector is implicitly created, invisible, requires no management, and is used to relay messages between Exchange servers.

外部の受信者の送信メールは、メールボックスサーバーからエッジトランスポートサーバーにルーティングされます。Outbound mail for external recipients is routed from the Mailbox server to the Edge Transport server. クライアントアクセスサーバーは、サブスクライブされたエッジトランスポートサーバーへのメールのルーティングには関係ありません。The Client Access server is not involved in routing mail to a subscribed Edge Transport server. メールは、メールボックスサーバー上のトランスポートサービスの組織内の送信コネクタから、エッジトランスポートサーバー上のトランスポートサービスの受信コネクタに送信されます。Mail is transmitted from the intra-organization Send connector in the Transport service on the Mailbox server to a Receive connector in the Transport service on the Edge Transport server. 購読済みのエッジトランスポートサーバーでは、既定の受信コネクタは、サブスクライブ先の Active Directory サイト内の内部のメールボックスサーバーからの接続、およびインターネットからの匿名の接続をリッスンするように構成されます。On a subscribed Edge Transport server, the default Receive connector is configured to listen for connections from internal Mailbox servers in the subscribed Active Directory site and anonymous connections from the Internet. エッジトランスポートサーバー上のトランスポートサービスによってメッセージが分類されると、エッジサブスクリプションの間に作成された専用の送信コネクタを使用して、メッセージはインターネットへの配信のためにローカルにキューに入れられます。After the message is categorized by the Transport service on the Edge Transport server, the message is queued locally for delivery to the Internet by using the dedicated Send connector that's created during the Edge Subscription.

外部受信者からの受信メールは、既定の受信コネクタを介してエッジトランスポートに到着し、メッセージは分類され、配信のためにキューに入れられます。Inbound mail from external recipients arrives on the Edge Transport through the default Receive connector, and the messages are categorized and queued for delivery. メッセージは、Exchange 組織にメールを送信するためにエッジサブスクリプションによって作成された専用の送信コネクタを介して中継されます。The messages are relayed through the dedicated Send connector that's created by the Edge Subscription to send mail into the Exchange organization. メッセージが次に表示される場所は、内部 Exchange サーバーの構成方法によって異なります。Where the messages go next depends on how the internal Exchange servers are configured.

  • メールボックスサーバーとクライアントアクセスサーバーが同じコンピューターにインストールされている場合: この構成では、受信メールフローにクライアントアクセスサーバーが使用されます。Mailbox server and Client Access server installed on the same computer: In this configuration, the Client Access server is used for inbound mail flow. エッジトランスポートサーバー上のトランスポートサービスの送信コネクタから、クライアントアクセスサーバー上のフロントエンドトランスポートサービスの既定の受信コネクタにメールが流れ、メールボックス上のトランスポートサービスの既定の受信コネクタに送信されます。server.Mail flows from the Send connector in the Transport service on the Edge Transport server to the default Receive connector in the Front End Transport service on the Client Access server, and then to the default Receive connector in the Transport service on the Mailbox server.

  • メールボックスサーバーとクライアントアクセスサーバーが別のコンピューターにインストールされている場合: この構成では、クライアントアクセスサーバーは受信メールフロー用にバイパスされます。Mailbox server and Client Access server installed on different computers: In this configuration, the Client Access server is bypassed for inbound mail flow. エッジトランスポートサーバー上のトランスポートサービスの送信コネクタから、メールボックスサーバー上のトランスポートサービスの既定の受信コネクタにメールが流れます。Mail flows from the Send connector in the Transport service on the Edge Transport server to the default Receive connector in the Transport service on the Mailbox server.

境界ネットワークに Exchange 2007 または Exchange 2010 エッジトランスポートサーバーがインストールされている場合、受信および送信のメールフローは、常にエッジトランスポートサーバーとメールボックスサーバーの間で直接発生します。If you have an Exchange 2007 or Exchange 2010 Edge Transport server installed in the perimeter network, inbound and outbound mail flow always occurs directly between the Edge Transport server and the Mailbox server. クライアントアクセスサーバーは使用されていません。The Client Access server isn't used.