コンテンツ フィルターを管理するManage content filtering

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

コンテンツ フィルターは、コンテンツ フィルター エージェントによって提供されます。コンテンツ フィルター エージェントは、Exchange サーバー上のすべての受信コネクタを通過するすべてのメッセージをフィルター処理します。認証されていないソースから届いたメッセージだけがフィルター処理されます。Content filtering is provided by the Content Filter agent. The Content Filter agent filters all messages that come through all Receive connectors on the Exchange server. Only messages that come from non-authenticated sources are filtered.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 各手順の推定完了時間:10 分Estimated time to complete each procedure: 10 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「スパム対策とマルウェア対策のアクセス許可」の「スパム対策機能」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Anti-spam feature" entry in the Anti-spam and anti-malware permissions topic.

  • この手順を実行するには、シェルを使用する必要があります。You can only use the Shell to perform this procedure.

  • 既定では、メールボックス サーバーのトランスポート サービスでスパム対策機能が有効になっていません。一般的には、Exchange 組織が受信メッセージの受信前にスパム対策フィルターを事前に設定しない場合に限り、スパム対策機能を有効にします。詳細については、「メールボックス サーバーのスパム対策機能を有効にする」を参照してください。By default, anti-spam features aren't enabled in the Transport service on a Mailbox server. Typically, you only enable the anti-spam features on a Mailbox server if your Exchange organization doesn't do any prior anti-spam filtering before accepting incoming messages. For more information, see Enable anti-spam functionality on Mailbox servers.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用してコンテンツ フィルターを有効または無効にするUse the Shell to enable or disable content filtering

コンテンツ フィルターを無効にするには、次のコマンドを実行します。To disable content filtering, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -Enabled $false

コンテンツ フィルターを有効にするには、次のコマンドを実行します。To enable content filtering, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -Enabled $true

注意

コンテンツフィルターを無効にすると、基になるコンテンツフィルターエージェントが引き続き有効になります。When you disable content filtering, the underlying Content Filter agent is still enabled. コンテンツフィルターエージェントを無効にするには、次Disable-TransportAgent "Content Filter Agent"のコマンドを実行します。To disable the Content Filter agent, run the command: Disable-TransportAgent "Content Filter Agent".

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

コンテンツ フィルターが正常に有効または無効にされたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully enabled or disabled content filtering, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List Enabled
    
  2. 表示されるEnabledプロパティの値を確認します。Verify the value of the Enabled property that's displayed.

シェルを使用して外部メッセージのコンテンツ フィルターを有効または無効にするUse the Shell to enable or disable content filtering for external messages

既定では、コンテンツ フィルター機能は外部メッセージに対して有効になっています。By default, content filtering functionality is enabled for external messages.

外部メッセージに対してコンテンツ フィルターを無効にするには、次のコマンドを実行します。To disable content filtering for external messages, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -ExternalMailEnabled $false

外部メッセージに対してコンテンツ フィルターを有効にするには、次のコマンドを実行します。To enable content filtering for external messages, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -ExternalMailEnabled $true

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

外部メッセージに対してコンテンツ フィルターが正常に有効または無効にされたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully enabled or disabled content filtering for external messages, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List ExternalMailEnabled
    
  2. 表示されているExternalmailenabledプロパティの値を確認します。Verify the value of the ExternalMailEnabled property that's displayed.

シェルを使用して内部メッセージのコンテンツ フィルターを有効または無効にするUse the Shell to enable or disable content filtering for internal messages

信頼のおけるパートナーや組織内からのメッセージをフィルター処理しないようにお勧めします。スパム対策フィルターを実行する際には、正当なメッセージを誤ってフィルター処理する可能性が常に存在します。正当な電子メール メッセージを誤ってフィルター処理する可能性を減らすには、信頼されていないソースや未知のソースから送信された可能性のあるメッセージに対してのみ、スパム対策エージェントが機能するように設定する必要があります。As a best practice, you should not filter messages from trusted partners or from inside your organization. When you run anti-spam filters, there's always a chance that the filters will detect false positives. To reduce the chance that filters will mishandle legitimate email messages, you should enable anti-spam agents to run only on messages from potentially untrusted and unknown sources.

内部メッセージに対してコンテンツ フィルターを有効にするには、次のコマンドを実行します。To enable content filtering for internal messages, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -InternalMailEnabled $true

内部メッセージに対してコンテンツ フィルターを無効にするには、次のコマンドを実行します。To disable content filtering for internal messages, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -InternalMailEnabled $false

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

内部メッセージに対してコンテンツ フィルターが正常に有効または無効にされたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully enabled or disabled content filtering for internal messages, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List InternalMailEnabled
    
  2. 表示されるInternalmailenabledプロパティの値を確認します。Verify the value of the InternalMailEnabled property that's displayed.

シェルを使用して受信者と送信者の例外を構成するUse the Shell to configure recipient and sender exceptions

既存の値を置き換えるには、次のコマンドを実行します。To replace the existing values, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -BypassedRecipients <recipient1,recipient2...> -BypassedSenders <sender1,sender2...> -BypassedSenderDomains <domain1,domain2...>

この例は、コンテンツ フィルターで次の例外を構成します。This example configures the following exceptions in content filtering:

  • 受信者の laura@contoso.com と julia@contoso.com は、コンテンツ フィルターによってチェックされません。The recipients laura@contoso.com and julia@contoso.com aren't checked by content filtering.

  • 送信者の steve@fabrikam.com と cindy@fabrikam.com は、コンテンツ フィルターによってチェックされません。The senders steve@fabrikam.com and cindy@fabrikam.com aren't checked by content filtering.

  • ドメイン nwtraders.com のすべての送信者とすべてのサブドメインは、コンテンツ フィルターによってチェックされません。All senders in the domain nwtraders.com and all subdomains aren't checked by content filtering.

Set-ContentFilterConfig -BypassedRecipients laura@contoso.com,julia@contoso.com -BypassedSenders steve@fabrikam.com,cindy@fabrikam.com -BypassedSenderDomains *.nwtraders.com

既存の値を変更せずにエントリを追加または削除するには、次のコマンドを実行します。To add or remove entries without modifying any existing values, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -BypassedRecipients @{Add="<recipient1>","<recipient2>"...; Remove="<recipient1>","<recipient2>"...} -BypassedSenders @{Add="<sender1>","<sender2>"...; Remove="<sender1>","<sender2>"...} -BypassedSenderDomains @{Add="<domain1>","<domain2>"...; Remove="<domain1>","<domain2>"...}

この例は、コンテンツ フィルターで次の例外を構成します。This example configures the following exceptions in content filtering:

  • tiffany@contoso.com と chris@contoso.com をコンテンツ フィルターによってチェックされない既存の受信者リストに追加します。Add tiffany@contoso.com and chris@contoso.com to the list of existing recipients who aren't checked by content filtering.

  • joe@fabrikam.com と michelle@fabrikam.com をコンテンツ フィルターによってチェックされない既存の送信者リストに追加します。Add joe@fabrikam.com and michelle@fabrikam.com to the list of existing senders who aren't checked by content filtering.

  • blueyonderairlines.com をコンテンツ フィルターによって送信者がチェックされない既存のドメインのリストに追加します。Add blueyonderairlines.com to the list of existing domains whose senders aren't checked by content filtering.

  • ドメイン woodgrovebank.com とすべてのサブドメインをコンテンツ フィルターによって送信者がチェックされない既存のドメインのリストから削除します。Remove the domain woodgrovebank.com and all subdomains from the list of existing domains whose senders aren't checked by content filtering.

Set-ContentFilterConfig -BypassedRecipients @{Add="tiffany@contoso.com","chris@contoso.com"} -BypassedSenders @{Add="joe@fabrikam.com","michelle@fabrikam.com"} -BypassedSenderDomains @{Add="blueyonderairlines.com"; Remove="*.woodgrovebank.com"}

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

受信者および送信者の例外が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured the recipient and sender exceptions, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List Bypassed*
    
  2. 表示される値が指定した設定と一致することを確認します。Verify the values displayed match the settings you specified.

シェルを使用して許可または禁止する語句を構成するUse the Shell to configure allowed and blocked phrases

許可およびブロックされる単語と語句を追加するには、次のコマンドを実行します。To add allowed and blocked words and phrases, run the following command:

Add-ContentFilterPhrase -Influence GoodWord -Phrase <Phrase> -Influence BadWord -Phrase <Phrase>

この例では、語句 "customer feedback" を含むすべてのメッセージを許可します。This example allows all messages that contain the phrase "customer feedback".

Add-ContentFilterPhrase -Influence GoodWord -Phrase "customer feedback"

この例では、語句 "stock tip" を含むすべてのメッセージをブロックします。This example blocks all messages that contain the phrase "stock tip".

Add-ContentFilterPhrase -Influence BadWord -Phrase "stock tip"

許可またはブロックされた語句を削除するには、次のコマンドを実行します。To remove allowed or blocked phrases, run the following command:

Remove-ContentFilterPhrase -Phrase <Phrase>

この例では、語句 "stock tip" を削除します。This example removes the phrase "stock tip":

Remove-ContentFilterPhrase -Phrase "stock tip"

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

許可およびブロックされた語句が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured the allowed and block phrases, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterPhrase | Format-List Influence,Phrase
    
  2. 表示される値が指定した設定と一致することを確認します。Verify the values displayed match the settings you specified.

シェルを使用して SCL のしきい値を構成するUse the Shell to configure SCL thresholds

Spam Confidence Level (SCL) のしきい値およびアクションを構成するには、次のコマンドを実行します。To configure the spam confidence level (SCL) thresholds and actions, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -SCLDeleteEnabled <$true | $false> -SCLDeleteThreshold <Value> -SCLRejectEnabled <$true | $false> -SCLRejectThreshold <Value> -SCLQuarantineEnabled <$true | $false> -SCLQuarantineThreshold <Value>

注意

削除アクションの方が拒否アクションより優先され、拒否アクションの方が検疫アクションより優先されます。したがって、SCL による削除アクションのしきい値は、SCL による拒否アクションのしきい値よりも大きい値である必要があります。同じく、拒否アクションのしきい値は、SCL による検疫アクションのしきい値よりも大きい値である必要があります。拒否アクションのみが既定で有効であり、SCL しきい値は 7 です。The Delete action takes precedence over the Reject action, and the Reject action takes precedence over the Quarantine action. Therefore, the SCL threshold for the Delete action should be greater than the SCL threshold for the Reject action, which in turn should be greater than the SCL threshold for the Quarantine action. Only the Reject action is enabled by default, and it has the SCL threshold value 7.

この例では、SCL しきい値に次の各値を構成します。This example configures the following values for the SCL thresholds:

  • 削除アクションが有効にされ、対応する SCL しきい値が 9 に設定されます。The Delete action is enabled and the corresponding SCL threshold is set to 9.

  • 拒否アクションが有効にされ、対応する SCL しきい値が 8 に設定されます。The Reject action is enabled and the corresponding SCL threshold is set to 8.

  • 検疫アクションが有効にされ、対応する SCL しきい値が 7 に設定されます。The Quarantine action is enabled and the corresponding SCL threshold is set to 7.

Set-ContentFilterConfig -SCLDeleteEnabled $true -SCLDeleteThreshold 9 -SCLRejectEnabled $true -SCLRejectThreshold 8 -SCLQuarantineEnabled $true -SCLQuarantineThreshold 7

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

SCL しきい値が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured the SCL thresholds, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List SCL*
    
  2. 表示される値が指定した設定と一致することを確認します。Verify the values displayed match the settings you specified.

シェルを使用して拒否応答を構成するUse the Shell to configure the rejection response

拒否アクションが有効になっている場合、メッセージ送信者に送信される拒否応答をカスタマイズできます。拒否応答には 240 文字まで入力できます。When the Reject action is enabled, you can customize the rejection response that's sent to the message sender. The rejection response can't exceed 240 characters.

カスタム拒否応答を構成するには、次のコマンドを実行します。To configure a custom rejection response, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -RejectionResponse "<Custom Text>"

この例では、カスタマイズした拒否応答を送信するよう、コンテンツ フィルター エージェントを構成します。This example configures the Content Filter agent to send a customized rejection response.

Set-ContentFilterConfig -RejectionResponse "Your message was rejected because it appears to be SPAM."

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

拒否応答が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured the rejection response, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List *Reject*
    
  2. 表示される値が指定した設定と一致することを確認します。Verify the values displayed match the settings you specified.

シェルを使用して Outlook 電子メールの消印を有効または無効にするUse the Shell to enable or disable Outlook Email Postmarking

Outlook 電子メール消印の検証は、受信者のメッセージングシステムが正規のメールと迷惑メールを区別するために、Microsoft Outlook が送信メッセージに適用することを実証しています。Outlook Email Postmarking validation is a computational proof that Microsoft Outlook applies to outgoing messages to help recipient messaging systems distinguish legitimate email from junk email. 消印は、Outlook 2007 以降で使用可能です。Postmarking is available in Outlook 2007 or newer. 消印を使用することで、誤検知を減らすことができます。Postmarking helps reduce false positives. Outlook 電子メールの消印は既定で有効です。Outlook Email Postmarking is enabled by default.

Outlook 電子メールの消印を無効にするには、次のコマンドを実行します。To disable Outlook Email Postmarking, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -OutlookEmailPostmarkValidationEnabled $false

Outlook 電子メールの消印を有効にするには、次のコマンドを実行します。To enable Outlook Email Postmarking, run the following command:

Set-ContentFilterConfig -OutlookEmailPostmarkValidationEnabled $true

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

Outlook 電子メールの消印が正常に構成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you have successfully configured Outlook Email Postmarking, do the following:

  1. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-ContentFilterConfig | Format-List OutlookEmailPostmarkValidationEnabled
    
  2. 表示される値が指定した設定と一致することを確認します。Verify the value displayed matches the setting you specified.