エッジ トランスポート サーバーのメール フローの手動構成Manually configure Edge Transport server mail flow

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

このトピックでは、エッジ トランスポート サーバーでメール フローが管理される方法を手動で構成変更するための手順について説明します。この手順は、特定のシナリオに対処することを想定しています。組織に手動で構成変更を加える特定の必要があるのでない限り、エッジ トランスポート サーバーを購読する時点での既定の構成を使用することを推奨します。This topic describes procedures for making manual configuration changes to how an Edge Transport Server manages mail flow. These procedures are intended to address specific scenarios; unless your organization has specific needs for making manual configuration changes, using the default configuration when subscribing Edge Transport servers is preferred.

送信コネクタの手動構成Manually configure Send connectors

送信コネクタの構成を手動で変更できます。たとえば、スマート ホストを通じて送信電子メールをルーティングする必要がある場合、送信コネクタが自動的に作成されないようにして、インターネットへの送信コネクタを手動で構成できます。You can manually modify a Send connector's configuration. For example, if you need to route outbound email through a smart host, you can suppress automatic creation of a Send connector and manually configure a Send connector to the Internet.

組織内の送信コネクタIntra-Organization Send connectors

組織内の送信コネクタは、Exchange によって自動的に計算される暗黙的で非表示の送信コネクタで、同じ組織内のメールボックス サーバー上のトランスポート サービスが明示的な送信コネクタを使用せずに相互にメッセージを中継できるようにします。エッジ サブスクリプション用として Active Directory サイトとの関連付けを持つ構成オブジェクトが Active Directory 内に存在するため、組織内の送信コネクタは、エッジ トランスポート サーバーにメッセージを中継するためにも使用されます。The Intra-Organization Send connector is an implicit and hidden Send connector that's automatically computed by Exchange and enables the Transport service on Mailbox servers within the same organization to relay messages to each other without using explicit Send connectors. Because a configuration object with an Active Directory site association exists in Active Directory for an Edge Subscription, the intra-organization Send connector will also be used to relay messages to that Edge Transport server.

購読済みの Active Directory サイト内にあるメールボックス サーバーのみが、購読済みのエッジ トランスポート サーバーとの間で直接電子メールを転送できます。複数サイトの Active Directory フォレストがあり、Exchange が複数のサイトに展開されている場合、購読済みサイト以外のサイト内のメールボックス サーバーは、送信電子メールを購読済みサイトにルーティングします。購読済みサイト内のメールボックス サーバーは、送信電子メールをエッジ トランスポート サーバーにルーティングします。Only Mailbox servers located in the subscribed Active Directory site can transfer email directly to or from the subscribed Edge Transport server. If you have a multi-site Active Directory forest and Exchange is deployed in more than one site, the Mailbox servers in non-subscribed sites will route outbound email to the subscribed site. A Mailbox server in the subscribed site will route outbound email to the Edge Transport server.

エッジ サブスクリプション指定後の追加の送信コネクタの作成Create additional Send connectors after Edge subscription

Active Directory サイトに対してエッジ トランスポート サーバーを購読すると、エッジ トランスポート サーバー上で送信コネクタを作成および変更するためのコマンドレットが無効になります。送信元サーバーとしてエッジ トランスポート サーバーを指定する送信コネクタを作成する場合は、Exchange 組織内部に送信コネクタを作成できます。送信コネクタの送信元サーバーとして 1 つ以上のエッジ サブスクリプションを指定できます。同一の送信コネクタの送信元サーバーとしてメールボックス サーバーとエッジ サブスクリプションの両方を指定することはできません。この送信コネクタは、EdgeSync によって構成データが次回同期されるときに、送信元サーバーとして構成されているエッジ トランスポート サーバー上の AD LDS インスタンスにレプリケートされます。送信元サーバーとして複数のエッジ サブスクリプションを指定した場合、その送信コネクタへの接続は、購読済みのエッジ トランスポート サーバー間で負荷分散されます。負荷分散が行われるためには、エッジ トランスポート サーバーが同じ Active Directory サイトに購読されている必要があります。異なる Active Directory サイト内のエッジ サブスクリプションが同一の送信コネクタで送信元サーバーとして構成されている場合、エッジ トランスポート サーバーは最も近い送信元サーバーのみにルーティングします。After an Edge Transport server is subscribed to an Active Directory site, cmdlets for creating and modifying Send connectors on the Edge Transport server are disabled. If you want to create a Send connector whose source server is the Edge Transport server, you can create the Send connector inside the Exchange organization. You can specify one or more Edge Subscriptions as the source server for a Send connector. You can't specify both Mailbox servers and Edge Subscriptions as source servers for the same Send connector. The Send connector will be replicated to the AD LDS instance on the Edge Transport server that's configured as a source server the next time configuration data is synchronized by EdgeSync. If you list more than one Edge Subscription as a source server, connections to that Send connector will be load balanced between the subscribed Edge Transport servers. Edge Transport servers need to be subscribed to the same Active Directory site for load balancing to occur. If Edge Subscriptions in different Active Directory sites are configured as source servers on the same Send connector, Edge Transport servers will route only to the closest source server.

以下の場合は、送信コネクタを手動で作成する必要があります。You will need to manually create Send connectors if:

  • インターネット送信コネクタまたは受信用の送信コネクタの自動作成を抑制した。You suppressed automatic creation of the Internet or inbound Send connectors.

  • 外部の中継ドメインとして構成された組織内のドメインを受け入れている。You have accepted domains in your organization that are configured as external relay domains.

送信コネクタの自動作成を抑制する理由Reasons to suppress automatic creation of Send connectors

Exchange 組織のトポロジによっては、送信コネクタの自動作成を抑制する方がいい場合があります。以下の例は、送信コネクタの自動作成を抑制する必要があるシナリオを示しています。Depending on the topology of your Exchange organization, you may decide to suppress automatic creation of Send connectors. The following examples describe scenarios that require you to suppress automatic creation of Send connectors.

メール フローのパーティション分割Partition mail flow

2 つのエッジ トランスポート サーバー間で受信メール処理と送信メール処理をパーティション分割することにした場合、1 つのエッジ トランスポート サーバーが送信メール フローの処理を担当し、もう 1 つのエッジ トランスポート サーバーが受信メール フローの処理を担当することになります。そのためには、次のようにエッジ サブスクリプションを構成します。If you decide to partition the inbound and outbound mail processing between two Edge Transport servers, one Edge Transport server is responsible for processing outbound mail flow and a second Edge Transport server is responsible for processing inbound mail flow. To do this, configure the Edge Subscriptions as follows:

  • 送信エッジ トランスポート サーバーの場合、メールボックス サーバー上で次のコマンドを実行します。For the outbound Edge Transport server, run the following command on the Mailbox server.

    New-EdgeSubscription -FileData ([byte[]]$(Get-Content -Path "C:\EdgeServerSubscription.xml" -Encoding Byte -ReadCount 0)) -Site "Site-A" -CreateInboundSendConnector $false -CreateInternetSendConnector $true
    
  • 受信エッジ トランスポート サーバーの場合、メールボックス サーバー上で次のコマンドを実行します。For the inbound Edge Transport server, run the following command on the Mailbox server.

    New-EdgeSubscription -FileData ([byte[]]$(Get-Content -Path "C:\EdgeServerSubscription.xml" -Encoding Byte -ReadCount 0)) -Site "Site-A" -CreateInboundSendConnector $true -CreateInternetSendConnector $false
    

スマート ホストへの送信電子メールのルーティングRoute outbound email to a smart host

Exchange 組織がすべての送信電子メールをスマート ホスト経由でルーティングする場合、自動的に作成される送信コネクタでは正しい構成が行われません。If your Exchange organization routes all outbound email through a smart host, the automatically created Send connector won't have the correct configuration.

インターネットへの送信コネクタの自動作成を抑制するには、メールボックス サーバー上で次のコマンドを実行します。Run the following command on the Mailbox server to suppress automatic creation of the Send connector to the Internet.

New-EdgeSubscription -FileData ([byte[]]$(Get-Content -Path "C:\EdgeServerSubscription.xml" -Encoding Byte -ReadCount 0)) -Site "Site-A" -CreateInternetSendConnector $false

エッジ サブスクリプション プロセスが完了した後で、インターネットへの送信コネクタを手動で作成します。After the Edge Subscription process is complete, manually create a Send connector to the Internet. Exchange 組織内部に送信コネクタを作成し、このコネクタの送信元サーバーとしてエッジ サブスクリプションを選択します。Create the Send connector inside the Exchange organization, and select the Edge Subscription as the source server for the connector. 使用法Customの種類を選択し、1つ以上のスマートホストを構成します。Select the Custom usage type and configure one or more smart hosts. この新しい送信コネクタは、EdgeSync が構成データを次回同期するときにエッジ トランスポート サーバー上の AD LDS インスタンスにレプリケートされます。This new Send connector will be replicated to the AD LDS instance on the Edge Transport server the next time EdgeSync synchronizes configuration data. メールボックス サーバー上で Start-EdgeSynchronization コマンドレットを実行することによって、EdgeSync の同期を強制的に直ちに開始することもできます。You can force immediate EdgeSync synchronization by running the Start-EdgeSynchronization cmdlet on a Mailbox server.

例: シェルを使用して、すべてのインターネット アドレス スペース宛てのメッセージをスマート ホスト経由でルーティングするように、購読済みのエッジ トランスポート サーバー用の送信コネクタを構成します。このタスクは、エッジ トランスポート サーバー上ではなく、Exchange 組織内部のメールボックス サーバー上で実行します。Example: Using the Shell to configure a Send connector for a subscribed Edge Transport server to route messages for all Internet address spaces through a smart host. Run this task on a Mailbox server inside the Exchange organization, not on the Edge Transport server.

New-SendConnector -Name "EdgeSync - Site-A to Internet" -Usage Custom -AddressSpaces SMTP:*;100 -DNSRoutingEnabled $false -SmartHosts 192.168.10.1 -SmartHostAuthMechanism None -SourceTransportServers EdgeSubscriptionName

重要

この例では、スマート ホストの認証機構を指定していません。自分の Exchange 組織でスマート ホスト コネクタを作成するときには、正しい認証機構を構成し、必要な資格情報をすべて指定してください。This example doesn't specify any smart host authentication mechanism. Make sure you configure the correct authentication mechanism and provide all necessary credentials when you create a smart host connector in your own Exchange organization.

外部の中継ドメイン用の送信コネクタの構成Configure Send connectors for external relay domains

外部の中継ドメインとして構成されている Exchange 組織内のドメインを受け入れている場合は、これらのアドレス スペース用の送信コネクタを手動で作成する必要があります。外部の中継ドメインに配信されるメッセージは、エッジ トランスポート サーバーによって中継されます。エッジ サブスクリプション プロセスでは、外部の中継ドメイン用の送信コネクタは自動的に作成および構成されません。このため、これらのドメイン用の送信コネクタを構成し、これらの送信コネクタの送信元サーバーとして 1 つ以上のエッジ サブスクリプションを指定する必要があります。If you have accepted domains in your Exchange organization that are configured as external relay domains, you need to manually create a Send connector for those address spaces. Messages being delivered to external relay domains are relayed by the Edge Transport server. The Edge Subscription process doesn't automatically create and configure Send connectors for external relay domains. Therefore, you need to configure Send connectors for those domains and specify one or more Edge Subscriptions as the source server for those Send connectors.

外部の中継ドメイン用の DNS MX リソース レコードは、エッジ トランスポート サーバーに解決されます。The DNS MX resource record for an external relay domain resolves to your Edge Transport server. 外部の中継ドメインに電子メールを中継する送信コネクタは、ルーティングにスマート ホストを使用するように構成できます。You can configure a Send connector that relays email to an external relay domain to use a smart host for routing. DNS ルーティングを使用するように外部の中継ドメイン用の送信コネクタを構成すると、ルーティング ループが作成されます。Configuring the Send connector for an external relay domain to use DNS routing will create a routing loop. 外部の中継ドメインの詳細については、「承認済みドメイン」を参照してください。For more information about external relay domains, see Accepted domains.